本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 無賃乗車お断りさん..
by hiro_hrkz at 22:51
B35ブルドッグボディの..
by 無賃乗車お断り at 20:52
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
上田交通 ED251
ということで、今月の表紙の車両が本日のお題。
日本鉄道自動車製の凸型4軸電機は実例が少ないのですが、
大きめの窓と小柄な寸法で、模型(16番)の世界では、それなりに知られた存在だと思います。
そのなかでも最初に製造され、後の車両の標準になるのが、この車両です。
e0030537_23293125.jpg
・上田交通ED251(保存) 1995年3月 長野県小県郡丸子町・工業百年記念公園  

上田交通ED251、もとは宇部電気鉄道(現在のJR小野田線の一部)のデキ11で1937年製です。
宇部電鉄は宇部鉄道と合併後、1943年に戦時買収され、この車両も国有鉄道のものとなります。
旧・宇部電鉄区間は直流600V電化でしたが、度重なる路線変更の後、1951年3月に1500Vに昇圧
その際に、同型機(富岩鉄道ロコ2→国鉄ED26 1)が存在し直流600V電化の富山港線に転出しています。
1952年の戦時買収電機の一斉改番で漸く、国鉄形式のED25 1となりました。
e0030537_23403978.jpg
宇部時代の諸元はよく解らないのですが、自重は25t。
台車は、もとは他の日鉄自型凸電と同じく、板台枠のものを穿いていましたが、富山港線時代に、もと伊那電気鉄道デハ201のブリルと交換されています。
また、パンタグラフもPS-13に交換されました。
e0030537_23452929.jpg
1960年に廃車になったあとは、上田丸子電鉄(のちの上田交通)に譲渡されます。
3路線で唯一電機があった丸子線に投入され貨物牽引で使用されましたが、1969年の廃線後は別所線に転属。その後は工事列車等で若干使われる程度となり、1986年10月の別所線昇圧で廃車になりました。その後暫くして丸子町内の公園に保存され現在に至っています。

国鉄時代は、キャブの妻面の窓間にナンバープレートがあったのですが、これは上田入線後にはなくなっています。また、側面は窓下にナンバープレートがあり、これは上田に譲渡後、廃車まで変わらなかったのですが、保存後はペンキ書きとなってます。
パンタグラフは、別所線転属後に、再度交換されています。
なお、テールランプの数が、片エンドは1灯、もう一方は2灯となっていますが、これは丸子線時代からそのような配置になっていた模様。

丸子での保存状態は良好なようです。
ただ、案内板の記述内容が、先述の国鉄ED26 1と一部混同した内容になっているのが残念なところです。
e0030537_23552488.jpg
・旧 丸子駅前。 この道は「駅前通り」のままだった。1995年3月。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-01-02 23:57 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caw99100.exblog.jp/tb/19455832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by So What? at 2013-01-04 22:40 x
「工業百年記念公園」の場所がわからず、電鉄タクシー事務所のおばちゃんに訊いたら親切に教えてくれた記憶が。
所在地名が正確すぎてわからないのも問題ですね、「丸子町文化会館前」でいいのにw
Commented by hiro_hrkz at 2013-01-05 23:11
>>So What? さん
いま、改めてネットで調べてみましたが、地図だと、この公園名は出てきませんね。
私は、行くときにどこかで丸子町文化会館というのは知っていたのですが、その文化会館そのものがわからないというオチで・・・(笑)。
現地に行ったら、なんとかたどり着けました。