本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
大連のバス
バスで海外モノに興味がある人は小数派だと思います。
かく言う私も、型式・メーカーなどは全くわかりませんが、実際目の当りにすると興味が涌くもの。しかも、情報がゼロゆえに、それらは全てが新しい発見であります。

大連は、路面電車に関する情報ならある程度流れていますが、バスに関してはゼロ。
その状態で現地に行ったので、驚きの連続でした。
昔、NHKスペシャルあたりに出てきた、地味な色のバスは殆ど存在せず、
多くの車両が広告塗装のド派手なもの。
車種も豊富で、来るバス来るバス全てが違うと思えるほどでした。

そして、2階建てバスが走っていること。これには、一番驚きました。
それも結構な量です。
都市鉄道と路面電車が合わせて4路線しかないここでは、バスが主役(というか輸送量にインフラが追いついていない)というわけです。

さて、こんなバスですが、結局乗ったのは、路面電車201路の代行バスだけでした。
どこへ連れていかれるか、よくわからないというのもありますが、それ以上に困惑したのが
夜になっても車内灯を点灯しないこと。しかも超満員・・・おっかなくて乗れません。
また、冷房付き車両でも、どのクルマも使っていませんでした。ちなみに街は夏日。
e0030537_2631100.jpg
e0030537_26502.jpg
e0030537_271184.jpg
e0030537_273551.jpg
(上から)
・1枚目:大連の隠れた名物、2階建てバス。中山広場~中山路等で、よく見ました。
・2枚目:一方で、こんなリエッセもどきの小型車も多数走っています。
・3枚目:フロントエンジン?のバス。前後ドアの大型車は小数派。
・4枚目:こちらは新しいバス。なお、座席は合成樹脂製。

一番下は、「宝砿力水特」・・つまりポカリスエットの広告車。
ちなみに雪碧と書いて「スプライト」、酷兒は「Qoo」のことです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-10-07 02:18 | バス(その他) | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://caw99100.exblog.jp/tb/4277256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MAKIKYU at 2007-02-08 19:35 x
はじめまして、MAKIKYUと申します。
ネットサーフィンをしている最中にこちらへ辿り着きました。
内外の通好みな鉄道車両やバスを色々扱っていて見応えのあるページですね。

ところで大連はこちらも一昨年と昨年に訪問する機会があり、路線バスにも乗車しましたが、大連に限らず中国のバスは情報が少ないものの、バラエティに富んでいてなかなか面白いですね。

こちらは大連でも幾つかの路線バスに乗車しましたが、エンジンが前(運転席脇)にあるバスに乗車したのは大連が初めて(中国で最初に入国した都市でもありますが…)で、余りに非力な走りと凄まじい走行音には驚かされたものです。

あと昨年は201路の代行バス(牡丹製の新型)にも乗車しましたが、如何にも社会主義国を思わせるボロ電車が運休という情報を知らずに訪問し、電停に我が物顔でやって来るバスを見たときは残念なものでした。
Commented by hiro_hrkz at 2007-02-09 00:17
>>MAKIKYUさん
はじめまして。

中国のバスなどは、情報が全くといっていいほどありませんから
その分、楽しみや驚きも大きいと思います。
キャブオーバー車は非力なんですね。ガソリンエンジンと思しき車両もいくつか見ました。

201路の電車は、202路の北河口と、203路の民主広場車庫にそれぞれ留置されていました。「鉄の箱」といった感じの7000番台車は、私も是非とも乗ってみたかったのですが・・・。
Commented by MAKIKYU at 2007-02-09 23:08 x
こんばんは。

中国のキャブオーバー車はボロい車両が多い事から大抵は非力ですが、中には中型車クラスでこの地にしては軽快な走りをする車も存在します。(写真の長江キャブオーバーも恐らくその手の車両かと…)

またガソリンエンジン車も数多く、これは走行中に揮発性の嫌な臭いが立ちこめ、如何にも中国といった感じ(少なくとも日本や韓国のバスではありえない臭い)ですが、こういった車両は大半が非空調車で窓全快ですので、尚の事ダメージは大きいです。

あと201路で走っていた車両(こちらは丸みを帯びた方しか乗車した事がありません)ですが、角型の「鉄の箱」(人によっては装甲車と評している人も…)は一昨年長春を訪問した際にも色違いの同型が走っており、こちらへ出向けば今でも乗車可能かと思います。(ここは他にも日本時代の旧型や軽快電車スタイルの車両など色々あって面白いです)
Commented by hiro_hrkz at 2007-02-10 01:07
>>MAKIKYUさん
人が満載で、力を出せない・・と思しき車両もあったように思います。
長春は是非、行ってみたいですね。
いつの日か昔日の内鮮満連絡ルートを辿ることが夢です。
Commented by えど at 2016-09-28 15:49 x
アメリカのバスはATが多いです。迫力もあります。