本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
高原バスが行く
e0030537_210745.jpg
今年は、ヒコーキに乗って遠くへ行くことはできませんでした。
その代わり・・というわけではありませんが、以前から一度行ってみたかった、立山黒部アルペーンルートを辿ってきました。

以前は、なんとなく避けていた普通の(あるいは定番の)観光地というものに、最近は逆に行ってみたいと思うようになりました。それだけ、余裕が出てきた証拠、逆に普通に対する憧れなのかもしれません。

アルペンルートは地鉄電車に乗るたびに気になっていた場所です。この数年間、企てるものの電車がない、宿がない、バスがない、天気が悪化等々の理由でなかなか行くことができませんでした。今回、漸く実現したというのが正直な思いです。
e0030537_21772.jpg
時期は9月末の連休。本来は、もっとオフシーズンにのんびりと行きたかったのですが、結局、紅葉シーズンがはじまる時期となってしまいました。乗り物の混雑は激しいものでしたが、立山駅~美女平のケーブルを除けば、比較的スムーズに行くことができたと思います。

さて、立山駅~扇沢をつなぐ6っつの乗り物の中で、最も長い距離なのが、高原バス。富山地方鉄道系列の立山黒部貫光(観光ではない点に注意)の運行で、美女平と室堂の間を結びます。

車窓に映る雄大な自然がウリですから、その環境対策として日野HIMRを大量に投入しているようです。この種の政策は、松本電鉄の上高地方面があまりに有名ですが、ここも負けてはいないと思いました。
e0030537_2441875.jpg
その前の主力がこの車両。日野の貸切シャーシ、それも短いタイプ(U-RU2FNBB)に富士7HDを架装したもの。その上、非冷房という、なんとも個性的なクルマです。


「立山黒部」とワンセットで語られるこの観光ルート。しかし、実際には「立山」と「黒部」では全く違うんだなあ・・ということを感じました。

地鉄と富山県が主体となって開発した立山側は、雄大な立山や剣岳などを背景にした自然を楽しむようになってます。信仰の対象だった山に誰でも近づけるようにしたいという思いを、そこに感じました。
一方、関西電力が開発した黒部側は、自然に挑む人間の姿を見るものです。
黒部ダムのスケールのデカさは、一見の価値があります。

ご他聞にもれず、年々観光客が減っていますが、一方で台湾の観光客にとっては人気のコースで年々増加しているそうです。
日本国内でここにしかないトロリーバスや、支柱のないロープウェーなど、乗り物マニアの人なら、絶対に損はしないと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-29 03:06 | バスのある風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caw99100.exblog.jp/tb/7013116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。