本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
福島交通飯坂線 医王寺前駅
e0030537_00291757.jpg
福島市の郊外を走る福島交通飯坂線・・・通称「飯電」。全線単線で全長9.2kmと短い路線ですが、起終点含めて12駅のうち5駅で交換が可能で、朝ラッシュ時には10分間隔で電車を走らせていた頃もありました(現在は15分間隔)。そんな交換駅のうち、もっとも飯坂温泉よりにあるのが医王寺前駅です。
e0030537_00291663.jpg
e0030537_00291607.jpg
e0030537_01002229.jpg
島式1面2線と書けば、ごくありきたりですが、画像でもわかるように、まるでNゲージのミニレイアウト用の如く幅の狭いホームとなっています。ベンチに人が座ったら、それだけで余裕がなくなりそうです。ホームの屋根・柱のうち中間の一部だけ構造が異なっている点が気になるところ。
e0030537_00291660.jpg
e0030537_00291765.jpg
ホームへの出入り口は福島駅寄りにあり、そのまま踏切の真ん中に繋がっています。
そして、この上下線間に非常に小さな駅舎があります。幅は窓口一つ分といったところ。
その上に時刻表と運賃表を幅いっぱいに掲げていますが、スペースは苦しく2段重ねで凌いでます。
券売機を置くスペースなどあろうはずはなく、ホーム上に備えられています。

現在でも朝夕は駅員が配置されているため状態はよく、冷房つき。
そして建屋の後には、仮設タイプのトイレも置かれており(・・・これは職員用でしょう)、うまく詰め込んだなあ・・・と思うところです。

・いずれも2016年8月 撮影。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-09-23 01:20 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
阿寒バス 日デU-UA440LAN +富士7B
道東に路線を持つ阿寒バスは日野、ふそう、日デの3メーカーの車両を採用していましたが、この中で日デは数が少なく移籍車ばかり。とくに路線系シャーシのクルマは数えるほどしかありません。
e0030537_02440204.jpg
e0030537_00473090.jpg
・阿寒バス 日デU-UA440LAN +富士7B 2003年9月 弟子屈(北海道川上郡弟子屈町)

このうちU-UA系は1990年9月製造の1台が移籍しましたが、車体は富士7Eではなく7Bでした。
もとは神奈川中央交通の契約輸送専用車です。神奈中の7BというとKC-UA521への架装例が有名ですが、U-UAはこれ1台のみ(他にU-LVが契約先?から移籍)。
このあたりの年式の神奈中の車両は、廃車時の車齢が市場に出回るクルマに比べてが高いこともあり、一時期的に国内への移籍例が少なくなっています。この車両は契約先の都合なのか12年程度で廃車になったため、移籍することができました。

サスペンションは当時の神奈中(の契約輸送用)としては珍しくエアサスであり、阿寒バスには適した車両だと思います。
移籍にあっては当然、乗合向けの改造をしていますが、前面の行き先表示は方向幕ではなく、ダッシュボードの左側面よりに板を差し込むさ電照式の小さなものが設けられました。

いまも変わらず摩周営業所(弟子屈)に配置されているようです。
余談ですが、富士7E架装の丹頂カラーを見てみたかったなあ・・と思います。
e0030537_00473005.jpg
e0030537_00473069.jpg
・撮影当時の弟子屈にて。バスセンターとはありますが、既に閉鎖されていました。




[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-09-17 01:54 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
伊予鉄道 600形
伊予鉄道の鉄道線の電車は、1967年の横河原線電化で西武鉄道から川造形を購入するまでは、全て自社発注車でした。しかし、昭和30年代に投入されたのは600形1編成2両のみ。このあたりはコンスタントに新車が投入された市内電車とは対照的です。それは当時の車両構成を考えれば当然なのですが。

ともあれ、この600形は1958年ナニワ工機製。
自社発注車で唯一の張殻構造の車体を持つ新性能車でした。
e0030537_23101274.jpg
・伊予鉄道 モハ601 1990年8月 古町
e0030537_23100333.jpg
e0030537_23101992.jpg
・伊予鉄道 モハ602 上:1993年8月 下:1996年10月 古町

車体寸法は長さ18000×幅2600mm(最大寸法は18800×2700mm)。私鉄中型車としては車体が細い一方で長いといえますね。
中央運転台で、前面は中央の窓が幅広の3枚窓構成。同じ時期にナニワ工機が作った地方私鉄向けの電車に当時の流行のせいか2枚窓(例1例2)が多いことを考えると特異な点です。これは伊予鉄が運転台の位置に拘ったゆえと思いますが、前面の見付けは、同時期に同じメーカーでつくられた路面電車との共通点を感じるところです。
客用扉の幅は1000mmと狭めで、落成当初はステップつき。また、連結面は幅広貫通路である一方、窓はありませんでした。

電気機器類は、それまでの伊予鉄の電車と同じく三菱製。従って、制御器は単位スイッチ式間接自動のABF-104-6ED、主電動機はMB-3032-C(端子電圧300V・定格出力75kw)を1両に2機搭載し、2両でMM´ユニット方式(1C4Mで直並列制御)となっています。制動方式は、発電制動・中継弁つき自動空気ブレーキ(AMAR-D)で、これも自動ブレーキの在来車との共通性を考えての選択でしょう。
台車は、軸バネがウィングバネ・枕バネが上下揺れ枕式でコイルばねの日車ND-104となっています。国鉄DT21に類似していますが、台車枠の側面に丸い穴が開いているの点に、この時期の日車製台車(例・NA-4)の特徴が表れていますね。
e0030537_23095634.jpg
さて、2両編成で落成した600形ですが、やがて伊予鉄は関東の私鉄から大量の車両を購入し3両編成が標準となっていきます。在来車も3連となりますが、その中で600形は併結できる車両がなく次第に運用しにくい存在になっていたようです。
そんな状況の中、1979年に長野電鉄から車両を購入・改造して3両固定編成となりました。
e0030537_23095893.jpg
・伊予鉄道 モハ603 1993年8月 古町

伊予鉄モハ603となったのは、もと長野電鉄1100形。木造車(モハ1、クハ61、クハ51 いずれももと信濃鉄道→国鉄)の機器を流用して1961年に日本車輛で3両が製造されました。長野市中心部の地下化に伴い廃車となり、モハ1101とクハ1151が豊橋鉄道に譲渡されモ1811+ク2811に、モハ1102が伊予鉄に譲渡されました。
車体の長さは600形と同じ18000mm(最大長1880mm)ですが、車体幅は100mm広い2700mm(最大2744mm)。前面はもともと貫通路付でしたが、改造されて601と同じようになっています。これは3両化にあたり運転台を撤去した602から移植したものなのか気になるところです。

機器類も、もとが釣り合い梁台車+吊り掛け駆動・HL制御・直通制動であったため、根こそぎ交換されています。
これには1977年に機器を交換したモハ303・304と共通するものが使われています。すなわち、制御装置は電動カム軸式の三菱ABFM-104-75MDA、主電動機は三菱MB-3054-D2(端子電圧375V・75kw)を4基搭載し、やはり1C4M制御となっています。制動装置は601・602に合わせてAR-D。台車はダイレクトマウント式で枕バネがコイルバネという住友FS504を履いてます。

なお、モハ602は運転台を撤去していますが、それだけにとどまらず、従来からの連結面と同様の切妻構造に変更しており、こちらもそれなりに大きな改造となっています。

それにしても、既に3扉が主力となっている状況での2扉車の購入、そして下回りの全面交換と前面の大改造などという大手術をしてよく導入したものだと思います。当時、大手私鉄でもこんな新しい車両は、まず放出されておらず(・・京成が他社に譲渡していれば別だったのでしょうが)、良好な案件ではあったのでしょう。

鉄道線用では600以来の自社発注となる610形に置き換えられ、1995年に廃車。
603は直ぐに解体されましたが、残る2両は保存する意図があったのか、その後も長い間、古町駅構内に留め置かれていました。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-09-10 00:57 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
茨城観光自動車 日野P-RT225AA +日野車体
e0030537_23374781.jpg
2001年に廃業した茨城観光自動車(通称・茨観)。
その車種構成は一部にいすゞ若しくはふそうがありましたが、基本的には日野の大型車を採用していました。
このうち、昭和58年排ガス規制(P-)の大型車は、エンジンを垂直搭載したP-RT225AAばかりでした。お隣りの関東鉄道は水平式のP-HT223AAばかりなので、対照的な感じがしたものです。
e0030537_23374745.jpg
・茨城観光自動車 日野P-RT225AA +日野車体 1999年1月 茨城県土浦市
e0030537_23374806.jpg
・茨城観光自動車 日野P-RT225AA +日野車体 1997年8月 土浦駅前(茨城県土浦市)
e0030537_23374801.jpg
・茨城観光自動車 日野P-RT225AA +日野車体 2001年5月 竜ヶ崎駅前(茨城県龍ヶ崎市)
e0030537_23374853.jpg
・茨城観光自動車 日野P-RT225AA +日野車体 2001年5月 牛久駅前(茨城県牛久市)

アルバムを漁ったところ、この4台の画像(土浦22あ535、721、722、810)が出てきました。
いちばん上の535(昭和59年式?)だけが前面方向幕廻りが板金処理で、行き先表示のほかに運賃表示が設けられています。
これは、K-RE?などモノコック車の仕様をそのまま引き継いだものでした。
残りは昭和59~60年式ですが、この3台の間に差は見られません。なおナンバーが離れているのは、つくば科学万博輸送のバスが登録されて進むのが早かった(たとえば、かの連節バスは土浦22あ600~700番台)ためです。
どの車両もウィングマークと車種名ロゴ入り。気になるのは、側面の出入り口表示が窓のサイズよりも一回り小さいものを貼っていたことですが、今となってはその理由も解り様がありません。

茨観といえば前面方向幕の表示も一種独特で、わざわざ「行」とかかれてあり、また一部は「〇〇方面行」などとなっていました。その下にカッコ書きで複数の経由地が書かれており、なんともせせこましく感じたものでした。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-09-05 00:20 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
製作中のもの 2017年8月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_23551674.jpg
鉄道コレクションの秋田内陸縦貫鉄道AN8900の発売予告をみたとき、
パンタグラフつけて、ちょっとした展望電車になりそうだなあ・・・と思ったのがはじまり。
発売と同時に買ってきて、早速色を落したのですが、真夏の休工期間に入ったため殆ど工事は進んでいません。

右の緑のほうは、客用扉を乗務員扉後ろにも取り付け片側2扉にするために切り継ぎ。
一方、左の赤というか白いほうは、より展望車ふうにするため客用扉を車体真ん中に持ってくるために切り継ぎ中です・・・これは、おそらく「スズキュー」のレッドアローとオシ16を合体させた電車をGM秋葉原でみた影響でしょう(笑)・・。

長さは種車より若干短く18mになる予定です。
客用扉は折戸を予定・・私鉄の優等電車というと、そのイメージが強いので。
窓の位置が高く、そこらへんが少々イメージと合わないのですが、どうなることやら。

なお、秋はいろいろ事情があって工作がより進まなくなりそうです。年内に完成させることができれば・・・と思います。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-08-31 00:00 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
岩手県北自動車 いすゞKC-LR333J +IBUS
岩手県北自動車は、2009年にみちのり傘下で再スタートをしてからは車種のメーカー縛りがなくなり
それまでの日野・日デに加えて、ふそう・いすゞもいろいろと入ってくるようになりました。
このうち、いすゞについては貸切車を随分前に取り上げていますが、路線車についても順次移籍が続いています。
e0030537_22414515.jpg
・岩手県北自動車 いすゞKC-LR333J +IBUS 2013年11月 盛岡バスセンター

画像はKC-LRのワンステップ車。もとは京浜急行で、同社からの移籍車第一弾(の1台)です。
平成6年排ガス規制(KC-)のいすゞ路線車はこれ1台だけで、その後はエルガの移籍が続いています。
沼宮内営業所に所属していましたが、どうやら転属した模様です。
あちらもいろいろと変ってゆくのでしょうね。


[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-08-25 23:19 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
遠州鉄道 30形モハ51+クハ61
長期にわたって製造された、遠州鉄道の30形電車ですが、最終編成である1980年製のモハ51・クハ61は、他の編成との差がいろいろとあり、実質的に別の形式として考えても差し支えない存在です。
e0030537_01085009.jpg
・遠州鉄道 モハ51 1990年8月 西鹿島
e0030537_01090338.jpg
・遠州鉄道 クハ61  1999年3月 自動車学校前~さぎの宮

基本的には、1978年に製造されたモハ25・クハ85を踏襲していますが、同じなのは窓配置くらいのもの。前面は大きく変わり、湘南型をベースに当時の流行だった?窓ガラスまわりが一段凹んだ造形で、前照灯・尾灯は窓下へ。
車体側面の裾のRも大きく取られています。そして、連結面は客室断面ほぼそのままの超広幅貫通路を止めて、幅1000㎜のごくノーマルなタイプになっています。これは冷房効果を考えてのこと。なお冷房機そのものは、25・85と同じく三菱CU124(能力 10500kcal/h)×3です。

下回りも大きく変わっています。
吊り掛け駆動から中空軸平行ドライブになり、主電動機は日車NE90(定格出力112kw)×4から東洋TDK8095-A(端子電圧375V・定格出力120kw)×4になりました。
30形の台車は、円筒案内式の軸箱支持にトーションバー(ねじり棒)式の枕バネを持つ日車ND-507から、ペデスタル式の軸箱支持にインダイレクトマウント方式の空気バネを枕バネを持つND-306(ND-306T)に一部が移行しています。この編成は、さらにダイレクトマウント方式に変化したND-309(ND-309T)となりました。

主制御器は電動カム軸式ですが、日車NC-188Aから東洋ACDF-M4120-777Bに変わりました。ただし、制動方式は電空併用の自動ブレーキ(AMAR-D)で、ジャンパーも共通なので在来車との併結は可能です。
e0030537_01091505.jpg
・遠州鉄道 モハ51+クハ61+モハ28+クハ82  1999年3月 自動車学校前~さぎの宮

このタイプは1編成で終わり、3年後の増備は新形式の1000形になりました。
1000形は車体造形と塗装が大幅に変わっていますが、台車、主電動機、主制御器、冷房機などはこの51+61と共通となっています。ただしブレーキが全電気指令式のHRD-1-Dになったため、こちらとの併結ができません。

51+61は、30形と1000形の橋渡しのような存在といえそうですね。

参考文献 鉄道ファン239号(1981年3月号)、274号(1984年2月号)

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-08-20 15:45 | 鉄道(その後の電車) | Trackback | Comments(0)
しずてつジャストライン 日デKL-JP252NAN +西工96MC
静岡鉄道のバスは長いこと、いすゞ・日野・三菱の3社でほぼ固められていて、日デは貸切車で僅かに存在するだけでした。それを変えたのは、KL-JP系ノンステップ車の発売でした。これで日デが勢力を拡大してゆくことになります。
e0030537_16403120.jpg
・しずてつジャストライン 日デKL-JP252NAN +西工96MC 2013年8月 静岡駅前
e0030537_17160282.jpg
・しずてつジャストライン 日デKL-JP252NAN +西工96MC 2008年9月 静岡駅前
e0030537_16403165.jpg
・しずてつジャストライン 日デKL-JP252NAN +西工96MC 2013年8月 静岡駅前
e0030537_16403115.jpg
・しずてつジャストライン 日デKL-JP252NAN +西工96MC 2009年12月 静岡駅前

KL-JP系ですから、車体は当然、西工。同社は逢坂山の東にありながら、「カマボコ」の時代に西工を導入した実績があり、久しぶりの登場となりました。

画像は上から、2000年式、2001年式、2002年式その1、同その2です。
増備を重ねる度に少しずつ変わっており、
・側面の行き先表示は2000年式は戸袋前なのに対し、2001年式以降は中扉後ろに、
・エアコンは、まずゼクセルで2002年式その1でモデルチェンジ、2002年式その2はデンソー、
・中扉は下半分にも窓があるものから、2002年式その2で省略されたものに
それぞれ変化しています。
最も、中扉下の窓は、その後広告が貼られて潰されている例もあるのですが。

2000年式6台、2001年式1台、そして2002年式は実に23台が導入され、合計30台の大勢力となりました。
その後の増備は、通常の大型車のKL-UAとなります。

[PR]
# by hiro_hrkz | 2017-08-12 17:26 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)