本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:鉄道(非電化)( 62 )
松浦鉄道 MR-100形
1980年代に国鉄地方交通線を転換した第3セクター鉄道は、その大半が非電化であったため、富士重工もしくは新潟鉄工所製の気動車を導入することになります。
このうち、新潟鉄工所は従来の鉄道車両の技法を用いつつ全長を18m以下にした車両を供給しました。
当初は国鉄型に準じていたものでしたが、エンジン配置・変速機・台車等は次第にオリジナルのものにかわってゆきます。
1987年製の錦川鉄道NT-2000で、車体長が15.8m、ドアがバスの部品流用、エンジンが横置き搭載(機関そのものは新潟6H13AS 250PS)、台車が住友NP120DまたはNP120Tで2軸駆動(軸距1800mm)、変速機が新潟TACN22-11**というのが一つの標準として確立します。
e0030537_00384804.jpg
松浦鉄道 MR-123 2002年9月 早岐

このタイプは、その後、松浦鉄道、くま川鉄道、高千穂鉄道と九州地区の転換線で採用されました。
画像は、その一つ。松浦鉄道の車両です。同社は1988年の開業にあわせて、前面貫通型のMR-100を17両、
非貫通のMR-200を5両、更に非貫通でイベント対応のMR-300を2両、合計24両を導入しました。
斜め塗りを多用した塗装に、当時の流行を感じるところです。
車内はセミクロスシート・トイレ無し。そういえば、この頃の3セク用向け気動車は、富士・新潟ともに、遮光幕ではなく普通のカーテンを採用していましたね。

その後、2007~2012年にMR-600に置き換えられて廃車になり、ミャンマーに譲渡されたようです。
高千穂は廃線、錦川は2008年、くま川も2014年には代替されています。
気動車の寿命は短めといいたいところですが、このタイプを導入したもう一つの事例、つまりJR西日本のキハ120形200番台の更新が先日実施されたというニュースを聞くと、事業者次第・・・手を入れるだけの技術力があるかないかという見方もできるのかな・・・と思う次第です。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-07-23 01:40 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(2)
渋川のスイッチャー
群馬県の上越線渋川駅。
この駅の東側には、関東電化工業の渋川工場があり、かつては貨物用の引込線が拡がっていました。
貨車の入れ替えは日本通運が担当しており、何両かのスイッチャーが存在していました。
e0030537_22020598.jpg
e0030537_22020419.jpg
・1997年8月 渋川

まずは、この車両から。
かつてはどこでも見ることができた、国鉄の貨車移動機ですね。
これは10t機。1971年 協三工業製です。
既にボロボロで、窓ガラスはガムテープで補修されていました。
e0030537_22020590.jpg
e0030537_22020349.jpg
・1998年5月 渋川

一方、こちらは、いかにも専用線のスイッチャーという感じの車両。
日立製の20or25t機です。下回りはロッド式となっています。
こちらも、側面の手摺がひん曲がっていたりしていて、どうもここは手荒な扱いをうけていたのかな・・・と思うところです。
e0030537_22020433.jpg
・1997年8月 渋川

そして、もう1両は日車製の10t機。
日車のスイッチャーは過去にも何種類か紹介していますが、これは最小クラス。
車体・足回りとも、これより重いタイプと共通しているだけに寸詰まりで、どことなくユーモラスな感じも受けます。

貨車も2つほど
渋川の専用線は、石油とカセイソーダのタンク車を多く見かけましたが、他にも、ここならではというものがありました。
e0030537_23230582.jpg
関東電化工業所有のタキ200形タキ214。
トリクロールエチレン専用です。
e0030537_23232079.jpg
一方、JRの黒貨車・トラ70000は神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅常備。
積荷は工業塩でした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2017-03-20 23:32 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
福島臨海鉄道 DD352
東日本を中心に点在する臨海鉄道。
その多くは、「国鉄の貨物輸送の一部を行う」という性質と、貨物主体で重量級の車両の使用に問題がないことからか、国鉄のDD13に類似した55tクラスのディーゼル機関車を使用しています。
しかし、構内入替等に殆どの事業者で、これよりも小さい機関車を保有していました。
e0030537_22234762.jpg
・福島臨海鉄道 DD352 1996年9月 小名浜

福島県の浜通り地方、泉~小名浜を運行する福島臨海鉄道には、こんな35t機が存在していました。
1962年日本車輌製で、セミセンターキャブ。どうも、前後でボンネットの高さが違って見えます。
最大寸法は11050×2600×3700mm(長×幅×高)で、期間はDMH17SBでした。

自社発注ではなく、もとは八幡製鉄(→新日本製鉄)の車両。通称「くろがね線」や製鉄所構内の専用鉄道の為に多数のディーゼル機を持っていた同社は、他の専用線や鉄道会社に多数の車両が移籍していますね。

撮影した1996年9月の時点で、既に使われていなかったのか、構内の奥(海側)に台車を外されたDD50と共に置かれていました。この画像は、その時の写真を引き伸ばしたものであるあため、状態が悪いことはご容赦のほどを。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-11-23 22:07 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
鹿島鉄道 キハ430形
関東鉄道鉾田線~鹿島鉄道の気動車といえば、北海道の炭鉄出身や、それを置き換えたKR-500など各種がありましたが、その中でも1973年から廃線まで長期在籍したのが、もと加越能鉄道キハ120形125・126のキハ430形431・432でした。

関東鉄道はその成立後、輸送力の増強と総括制可能な車両を求めて、廃止になった鉄道などから、なりふり構わぬ車両の購入を行います。その一つに、1972年9月に廃止になった加越能鉄道加越線があり、5両が譲渡されました。

その中でキハ120形は、1957年東急車輛製。車庫火災による車両不足を補てんするための増備でした。「120」という形式が馬力を表すのは、いかにも富山地鉄系列らしいところ。全長16500mmという寸法は、国鉄キハ04とほぼ同じで、関鉄がこの時期に購入した車両としては、特段小さい車両でした(他には、国鉄キハ04→遠鉄→北鉄のキハ461・462が存在)。ということで、鉾田線に廻されたのも当然の処遇といったところでしょうか。

3年はやく製造された東武鉄道キハ2000形と同型とはよく言うものの、側面の窓回りをはじめ、屋上のベンチレータ、車内の座席配置、ステップの深さ、さらには正面の窓の大きさも異なりそう・・ということで、同「系」程度の表現にとどめておいたほうがよさそうです。
e0030537_14351892.jpg
e0030537_00561666.jpg
・鹿島鉄道 キハ432 上:1994年8月 下:1996年9月 石岡

関鉄入線後は、ヘッドライトをシールドビーム化した程度だったようですが、1980年代初頭?に前面の尾灯間にあった警笛穴を埋めます。そして、1987年2月には、前面の窓が小さくなり、雨どいの位置が下がって張り上げ屋根から普通の屋根に、そして縦の樋が新設されて随分とイメージが変わりました・・・軽快な感じから、もっさりとした雰囲気になったなあ・・・というところです。

その後、時代が平成に変わりKR-500形が登場すると、画像のようにキハ430形は同じ塗装になりました。
当時、どんな反響があったのかは忘れましたが、前述の更新改造による鈍重さを打ち消すような明るい雰囲気で、似合っていたように思います。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-07-13 02:03 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
奥多摩のスイッチャー
e0030537_00462206.jpg
東京都三多摩の立川から多摩川沿いに走る青梅線。いまは、ほぼ通勤電車しか見かけませんが、この路線の存在理由たらしめていたのが沿線で採掘される石灰石の輸送でした。その採掘地点は多摩川を溯り、最終的には日原で採掘したものを氷川(奥多摩)から搬出するようになります。

さて、青梅線は浅野財閥に関係する私鉄を第二次大戦中に強制買収したものですが、このうち御嶽から先は建設中の奥多摩電気鉄道を買収したもので、完成した時から国有の青梅線でした。一方、鉄道を買収された浅野系の各私鉄は、その後も法人としては長く存続します。奥多摩電鉄は1944年に奥多摩工業に社名を変更し、その後日原での石灰石採掘や氷川での加工を行うことになります。

さて、氷川(奥多摩駅)では工場までの専用線がありました。というよりも、工場があるのは奥多摩駅の目と鼻の先で、駅構内そのものが工場の一部という雰囲気でもありました。
e0030537_00463455.jpg
e0030537_00461433.jpg
奥多摩工業は何台かのスイッチャーを保有していました。
私が撮影していたのは、日立製の35t?機で、2エンジン搭載のタイプ。車番は206とあります。
ここの車両が特徴はその高さで、キャブの天地方向が切り詰められていて屋根が平たいこと、および庇が深いことにあります。
1両単独で撮影したものでは気が付きにくいですが、貨車と連結すると一目瞭然ですね。
e0030537_00462718.jpg
その理由は、工場の石灰石積み出し口の高さが低いことにありました。
積載状態のホキ2500と高さがあまり変わらないのも、そのためです。

青梅線の石灰石列車は1998年8月に廃止。
奥多摩工業は現在も操業を続けている一方、奥多摩駅構内の線路は多くが剥がされ駐車場になっています。

・いずれも1997年6月 撮影

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-24 01:34 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
有田鉄道 キハ58001
先月発売された鉄道ピクトリアルアーカイブ33。
今回は関東の「私鉄車両めぐり」ということで期待していたのですが、全般的に最もメジャーな江ノ電に割かれた量が多かったのが、少々残念に感じます。もちろんその中身は貴重なのですが、上毛のデハ181や旧国払下げ車、あるいは秩父鉄道で早期に廃車になったクハニ29あたりについて、もっと触れて欲しかったなあ・・・というのが正直なところです。

さて、今回は関東ですが山梨県の私鉄も収録されています。
ということで、読み進めるうちに思い出したのが、この車両。
e0030537_01423034.jpg
・有田鉄道 キハ58001 1989年8月 金屋口

有田鉄道のキハ58・・・言わずと知れた話ですが、もと富士急行の車両です。
まず1961年12月に片運転台のキハ58001と58002が、1963年4月には両運転台のキハ58003が製造されました。メーカーは、電車と同じく日本車輛ですが、そちらが支店製なのに対し、これは本店製になっています。

電化私鉄である富士急が国鉄型気動車を製造したのは、国鉄経由で新宿に直通する急行を運転するにあたり、国鉄中央東線内では気動車列車に併結する必要があったため。富士山麓電鉄→富士急には国鉄の列車直通が戦前より行われていましたが、富士急の車両が国鉄の乗り入れたのは、これが唯一の存在です。

直通急行「かわぐち」の運転開始は1962年4月のこと。
 当時、中央東線(と篠ノ井線)の電化は上諏訪まで達していたので、生まれながらにして「全区間架線下DC」となりました。最も、同年内には電化区間は辰野へ、1965年には松本まで完了します。急行アルプスも電車化が進み、気動車は非電化区間への大糸線南小谷以北および小海線直通列車などが僅かに残るだけ。
 結果、河口湖よりもはるかに遠方へ行く列車との併結とならざるを得ず、当初目的の「東京から観光客を富士五湖へ運ぶ」というわけには行かなくなりました。結局、1975年にはこれら非電化区間直通急行そのものが廃止になってしまい、こちらも同時に失業。3両揃って、和歌山の有田鉄道へ売却されました。同社では便所・洗面所を撤去の上、1976年から使用を開始しています。
 富士急での在籍期間は、結局13年ちょっとでした。もし、もうちょっと直通急行の計画・実現が遅かったら、165系電車でも新造したのか・・・運行内容も変わっていただろうか、などと考えてしまうところです。

 ツインエンジンのキハ58なのは、急勾配区間を抱えるからなのでしょう。とはいえ、三つ峠附近の連続40‰勾配では、スピードはいかほどだったのか気になるところです。一方、全線が平坦で距離も短い有田鉄道では、不経済なだけ。1980年にはエンジンを各車1機づつ降ろしています。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-02-11 02:32 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(2)
二本木のスイッチャー
新潟県の上越地方には、化学工場あるいはセメント工場等が各種存在しています。
鉄道の引込線も多数存在し、私有貨車を使った車扱貨物が遅くまで存在していました。

信越本線の二本木駅はスイッチバック式の駅構内で知られますが、
ここには日本曹達の主力工場である二本木工場が存在します。
2007年に貨物取扱が廃止されましたが、引込線は日本通運のスイッチャーが入替を行っていました。
e0030537_18323540.jpg
撮影していたのは、日立製の4軸35t機。1エンジンタイプです。
専用線ではあちこちで見られたタイプですが、台車の軸距がやたらと短い感じがします。
日通オレンジではなく、青の車体で手すり等が黄色という鮮やかなものになっていました。

尚、苦しいアングルなのは、停車中の普通列車の車内から撮影しているため。
e0030537_18324505.jpg
貨車も1枚。
カセイソーダ用のタキ4200形タキ14261。日本曹達の主力車種のひとつでした。
日本曹達といえば、この雪ウサギの社章が特徴ですが、私有貨車でもひときわ印象的なものだったと思います。
 
・いずれも1999年9月 撮影

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-23 00:20 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
弘南鉄道黒石線 キハ2230
最近は影が薄くなりましたが、かつて弘南鉄道というと、頑張るローカル私鉄という視点で取り上げられることが多かったように思います。
その理由が、廃止の危機にあるローカル線を引き取ったこと。具体的には大鰐線と黒石線がそれにあたります。

うち、国鉄の特定地方交通線を1984年11月に引き受けた黒石線は、1960年代には既に引き取りたいという意向がありました。最終的には、国鉄奥羽本線と自社の弘南線を使って環状運転を行うという構想でしたが、傍目には自社のライバル線を勢いづかせてどうするんだ?という感も無きにしもあらず。結局のところ中途半端な路線となり、1998年3月限りで廃線になりました。
e0030537_00590312.jpg
・弘南鉄道黒石線 キハ2230 1995年8月 黒石

さて、特定地方交通線を既存の純民間の鉄道会社が引き受けた唯一の例となった弘南黒石線ですが、他の国鉄転換3セクが軒並み新車を導入したのに対して、こちらは国鉄のキハ22を3両ほど譲り受けて使用することになりました。

国鉄転換線としては、三陸鉄道、樽見鉄道、神岡鉄道に次ぐ4例目だったこともあるかもしれません。が、結果論として、他者の中古車を使い続けたのは、同じくバス会社が引き受けた唯一の例である下北交通くらいで、このあたりはコスト感覚の差を伺わせるところでもあります。最も、保守や燃費、軌道への影響などを考えると、国鉄車の継続使用は得策ではないと思いますが。

車内は便所が撤去された程度。当然、弘南カラーに塗り替えられましたが、私鉄電車の色に塗られた国鉄気動車というのは、なんとなく、フリーランスの模型か架空鉄道の車両でも見ている気分になりますね。
老朽化で1995年に2両が小坂精練キハ2100形に代替されています。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-23 01:28 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(2)
南阿蘇鉄道のトロッコ列車
純粋な(ほぼ)民間資本のローカル私鉄は殆どに乗ったのですが、国鉄転換線になるとあまり乗ったことがありません・・・今回とりあげる南阿蘇鉄道も、この1度きり撮影したのみ。それも阿蘇方面から熊本に戻る際、時間調整で立野駅で降りたついでのことでした。

時刻表上、トロッコ列車が来ることは知っていたはずで、もと国鉄キハ52のMT-2105がくっついていることを期待していた記憶があります。しかし、やってきたのは「貨物列車の入れ替え」だったので、思わずポカーンとしたのでした。
e0030537_21543392.jpg
・南阿蘇鉄道 DB101ほか 1994年9月 立野
e0030537_21544470.jpg
・南阿蘇鉄道 トラ70002 1994年9月 立野
e0030537_21545436.jpg
・南阿蘇鉄道 DB102 1994年9月 立野

中間の客車2両は、よくある2軸の無蓋貨車に屋根をつけたもの・・・某有名キャラクターがついているのが気になるところではありますが。
その両端につくのは、これまたかつて駅でよく見た国鉄標準の貨車移動機。10tの型式F6と呼ばれるタイプです。通常、機械扱いであるものを鉄道車両にした例は幾つかありますが、17kmもある本線を走行する例は殆ど無いはずです。
最も、移動機そのままというわけではなく、歯車比と車輪径の変更で最高速度を25km/hに向上し、貫通制動の取り付けを行っています。また総括制御ができるようにしたとあります・・・トラ70000には引き通し線が設けられていることになりますが、そこまでは当時は観察しておらず詳細は解らず。
なお、書類上は1986年に協三工業製造となっています。

その後、代替車が入線したことにより2007年に廃車になったものの、北九州市の門司港地区で貨物線を観光路線(門司港レトロ観光列車 )として復活させる際に白羽の矢が立ち、同線の第2種鉄道事業者となった平成筑豊鉄道に譲渡されています。
e0030537_2312193.jpg
・平成筑豊鉄道 DB101 2012年5月 出光美術館附近
[PR]
by hiro_hrkz | 2015-02-09 23:04 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
関東鉄道常総線 キハ316
関東鉄道は1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道と合併して誕生しました。
うち、常総筑波鉄道は昭和30年代には日車東京支店製の新型気動車を多数導入しましたが、合併後は北海道の炭鉱鉄道など廃止路線から中古車両の導入に切り替わりました。そして、廃止路線もなくなった1970年代後半に入り、ようやく機関・台車等は国鉄の廃車から流用しながらも車体を新製した車両を導入するようになります。
e0030537_164666.jpg
・関東鉄道常総線 キハ316 1994年8月 新取手

常総線に登場したのはキハ310形。国鉄キハ10系の改造扱いで、1977~1979年に製造されました。
最初の2両は、2年早く更新されていた竜ヶ崎線キハ520と同じく大栄車両が、残りは新潟鉄工所が施工しています。
前面は、キハ600・610以降の関鉄顔を踏襲していますが、側面はステップレスの3扉両開き扉装備と、電車っぽいものとなりました。客用扉の窓の天地寸法が小さ目なのが、ポイント。
一方で、連結面の貫通扉はあっても貫通ホロがなかったのは、この頃の関鉄の標準的な仕様。一般気動車に冷房なんて考えられなかった時代なので、当然ながら非冷房車です。

キハ10系の台車や機関を流用していましたが、乗り心地の悪さで有名だったDT19/TR49は1983年にDT22/TR51に更新されています。また、国鉄キハ30系を大量導入し、貫通路が整備された車両が増えたため、この車両も前面・連結面ともに貫通幌が整備されています。
画像は、丁度そのころに撮影したもの。

その後、大栄で施工したキハ311・312が1996年に廃車になったほかは、冷房化・機関更新などの改造をうけており、前面もキハ0形に準じたライト位置・方向幕取り付けが行われて、イメージが変わったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-22 01:24 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)