本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:模型・神奈電・架空の鉄道( 102 )
桃と林檎と温泉電車
世の中は新年度ですが、なんとか1両が完成しました。
e0030537_01301040.jpg
e0030537_01301075.jpg
福島交通飯坂線・・・飯坂電車の1200形モハ1202です。
かつて、同じ1200形でも狭窓のモハ1211を作成しており、7年5か月目にしてようやく連結相手ができました。

前回の記事で加工途中の画像を何枚か並べていますが、ベースとしたのは鉄道コレクション第16弾の遠鉄30形クハ86。まず切り継ぎと戸袋窓の拡大で10枚の客用窓を並べた後で、両端を切断。裾に0.5mm厚のプラ板を接着して、窓の位置をあげています。そこに第6弾の小田急1600の扉附近を切り継ぎました。
そして、車体をカラ竹割にして、幅を詰めています。屋根も遠鉄のそれを使っていますが、車体に貼り付けたあとで全体的に削って整形しています。

前面は、狭窓車よりもカーブがきついのでグリーンマックスのキハ04キットのお面を使用。例によって芯にしたようなもので、ディテールは削り取って、新たに窓枠・窓柱を新設しています。
テールライトは銀河の半流旧国用、ヘッドライトは同じく新型電機用。

塗装は、クリーム1号と京急のバーミリオンであるのは、当然ながら前作と同じ。
窓ガラスも窓枠をクリーム1号に塗っていますが、これが細くて難儀しました・・・はい、齢〇〇年を過ぎて、細かいものが見づらくなってきまして・・・面相筆でどこ塗っているのかわからない!。
運転台の側窓は適当なものがないので、透明プラ板に窓枠を描いてはめこんであります。
e0030537_01301063.jpg
e0030537_01301014.jpg
前作と連結することが前提なので、こちらには動力を組み込んでいません。
台車は、実物は雨宮H1ですが、当然製品などないので、鉄コレのブリルを履かせています。

実物よりも、(側面の)窓の天地寸法が大きいことから、どこまで雰囲気を出せるのか不安でしたが、
色を塗ってしまえばまぎれもなく「いいでん」に見えるので、ほっとしているとこれです。

さて、ここまできたら皆様のご想像通り、中間に1両挟まねばなりません。
いちおう考えてはいるのですが・・・。さすがにまた7年経たないと・・・ということはないようにしたいと・・・・

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-04-06 02:02 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
製作中のもの 2017年2月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01250847.jpg
これを
e0030537_01251628.jpg
こうして
e0030537_01251990.jpg
こうすると
e0030537_01254828.jpg
こうなって
e0030537_01255595.jpg
こう。

次回までには完成させたいところです。

[PR]
by hiro_hrkz | 2017-02-26 01:31 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_01410659.jpg
大晦日を迎える前に、車両が完成しました。
秋には完成するだろう・・・と思っていましたが、ここまでずれ込んでしまいました。
e0030537_01411448.jpg
e0030537_01411861.jpg
まずは、神奈川電鉄の車両から。昨年は、東芝戦時型でしたが、今年はWH+BWタイプの凸電、デキ281です。
過去、製作過程を報告しているように、ワールド工芸のABS樹脂のキットを組んだものです。
東芝戦時型よりは組みやすいものでした。
塗装は、阪急マルーンのツヤを落したもので手すり類が艶消しの白なのは前作と一緒です。パンタグラフはトミックスのPG16を銀色に塗っています。
e0030537_01412436.jpg
今回も旧作との並びを。
無動力でユーレイに押されるタイプでした。
鎧戸はランナー引き伸ばし線を1本づつ並べるなどヒマなことをやっていますが、ボロボロなのは否めないところ。
但し、KTOのC11の従台車を流用している点は、キットの台車よりも立体感等がありよいなあ、と思っています。
こんな車両でもプラキットがあり、しかも動力が入っていて走るというのは、凄い時代になったんだなあ・・・と思ってしまうところです。
e0030537_01414210.jpg
もう一つは、山形交通高畠線のED2とモハ1。保存車をこの夏に22年ぶりに見て作成を思い立ちましたが、こちらも思いのほか、完成まで時間がかかってしまいました。
e0030537_01412982.jpg
e0030537_01413329.jpg
こちらも、製作過程で報告しているように、ホビダスの遠州鉄道ED282を改造したもの。
首振りの関係で、台車は1mmほど前にずらして取り付けています。
車輪は、Bトレインショーティーのコンテナ貨車用を使おうとしましたが、車軸が段付きになっており、その部分が台車内枠にあたるため、走行抵抗が著しく上昇してしまうことが判明。結局、キットの車軸に上記Bトレの車輪を組み合わせることで解決しました。
塗装は、クレオスの29・艦底色にGMの赤2号を若干加えたもの。屋根はタミヤのAS-2・明灰白色(日本海軍)です。
パンタグラフはトミックスのPG-16を黒色に塗ったものです。
e0030537_01413681.jpg
e0030537_01413988.jpg
もう1両は、高畠線電化開業時に用意されたモハ1。西武所沢工場で改造され荷物室が撤去されたあとがプロトタイプです。
扉などは実物とは異なっています。
鉄コレの事業者特注・富士山麓電鉄モ1がベースです。

塗装は、当初ED2と同じ艦底色+赤2号とGMのクリーム4号で塗り分けてみたのですが、イメージと合わずGMの近鉄マルーンとクリーム4号で塗りなおしました。が、これに失敗し再塗装を行いました。肌荒れが激しいのですが、修正する気力も既になく・・・といったところ。屋根はタミヤの明灰白色です。
客用扉の窓は、鉄コレの東武78型の戸袋窓(と思われるもの)をはめ込みました。

台車は、実物は蒲原鉄道モハ11や庄内交通モハ1と同系のものですが、似たものがないので、ブリルを取り付けています。パンタグラフはこちらも、トミックスのPG16を黒く塗ったものです。

ところで、高畠線の電車の写真を見比べていてふと思ったことが。
ときどき車両の方向が変わっているのです。高畠駅構内に非電化時代の転車台があったので、それで行ったのでしょう。
e0030537_01414628.jpg
昨年末に完成したのも、やはり奥羽本線から分岐する秋田中央交通のデワでした。
以前作成した羽後交通デハ7タイプと合わせて、「みちのくの田舎電車」もいろいろと揃ってきました。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-12-29 18:54 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度+製作中のもの 2016年11月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01353558.jpg
えー、今月こそは完成作をと思っていたのですが、重なる休日出勤に、塗装できる日に限って雨が降るという法則で、あと一歩のところでタイムアウトでした。最初は夏が終わるまでには完成させるつもりだったのですがね・・・。
e0030537_01354467.jpg
一方、高畠のこちらもボンネットに手摺を、デッキには銀河モデルの掴み棒を植えて下塗りまで行ったところで終わりました。ここにきて、台車の車輪をどうしようかと思案しているところです。最初はKATOの中空軸写真を使おうかと思ったのですが、軸の先端を削るなんて無理・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2016-11-30 01:45 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
神奈電をもう一度+製作中のもの 2016年10月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01262717.jpg
なんだか、秋がすっ飛んで一気に冬が来たような今日この頃ですが・・・ということで、今月も大した進捗は無く。ワールド工芸のWH型凸電は、デッキまわりを完成させて塗装前まで持ってきました。カプラー開放テコは結局、直系0.4mmの真鍮線から作成しています。
ヘッドライトは銀河の旧国100wですが、もうちょっと車体側のほうがよかったなあ・・・と思っているところです。
e0030537_01264694.jpg
一方、高畠線のモハ1は、配管を終えて塗装前工程へ。また、今回はこの時点で下回りをこさえました。以前作成した羽後交通デハ7ふうには鉄コレ用の12m級動力を延長改造したものを取り付けていましたが、これを14m級に交換し、浮いた動力を短縮改造しています。延長する際に若干床板が垂下したのが原因なのか、調子が悪かったのですが、今回の短縮後はそれなりに走るようになりました。
サーフェイサーを塗ったところで、とりあえず中断しています。そして、
e0030537_01263037.jpg
ED2の作成を開始しました。
各部品の合いが非常によく、ストレスなくくむことができましたが、ディテールはあっさりしたものなので、この先も手摺や握り棒を追加してゆく予定です。
遠鉄ED281とは細部が異なるので、キャブ中央の窓を埋め、ボンネットの端面のディテールを削除、ヘッドライト取り付け用の穴も埋めています。
e0030537_01522746.jpg
モハ1とペアで走らせるのが前提であるため、こちらは非動力車。床板は、GMの板キットのそれから切り出したボルスター部分を埋め込み、台車もその上部をプラ板で埋め、床板の固定部分を切り落とすなどしています。ただ、台車先頭部の構造上、若干前よりにずらさないと、台車が充分に首を振れないのは確実なようです。



[PR]
by hiro_hrkz | 2016-10-31 01:56 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度+製作中のもの 2016年9月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01522084.jpg
葉月よりも息苦しくなる長月って一体なんなんだ・・・ということで、今月も進捗は芳しくなく。
ワールド工芸のWH型凸電は、漸くここまで来ました。あとはデッキの手摺を取り付けて塗装をすれば・・という状況ですが、ここにきて問題になったのがカプラー開放テコ。製品のものは実感さに欠けるので自作しようと思っています。
・・・銀河あたりからパーツが出ているかと思ったら、そうでもないようで。
e0030537_01522768.jpg
一方の高畠線モハは、もう片方の側面の切り継ぎも終わり、縮めた屋根と合わせてハコになりました。
切り継ぎは片側面で5か所+屋根1か所ですが、扉の両脇は雨どいで隠れるので処理は手抜き・・・・。
手抜きといえば、ドアは製品のままにしようかと思ったのですが、やはり木製とプレス扉ではだいぶ雰囲気が異なるので、くり抜いてプラ板から作ったものに差し替えています。ただし、プレスの表現は正直面倒なので、省略します。
動力をどうするのかが、これまた問題ですね。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-09-30 00:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度+製作中のもの 2016年8月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01332776.jpg
今年の関東地方の夏は、7月は暑い日があったものの8月はそれほど上がらなかったような気がします(そして雨)。そんな状況ですが、公私様々なことが重なって進捗状況は宜しくなく、工作したのは実質2日程度であります。
結局、電車は塗装する気が起きずほったらかし。WH型凸電は、キャブに屋根が載って、台枠ができて、手摺が植わって・・・と、いちおうは工作を進めていますが、ほんとうに一応進んだ程度でおわりました・・・これが1日分。

では、もう1日はどうしたかというと・・・
e0030537_01332917.jpg
22年目の山形交通高畠駅再訪の余波は模型にも及び、保存されているモハ1を作ろうと、カッターを握りしめることとなりました(苦笑)。
ベースとなったのは、富士急が限定発売した鉄コレの富士山麓モハ1・・河口湖駅前に保存されているアレです。共に同時期に日本車輌で製造された車両ゆえ似通っている。特に前面は改造無しでも行けそう・・というのが理由ですが、そもそもこれを購入したころから高畠のモハができそうだよなあ・・・という構想はあり、今回漸く実現に向けて進んだというか。
なお、構想のまま葬りさられようとしている鉄コレの山が押入れには・・・・

さて、側面は、窓の大きさや扉の幅は富士山麓で大差なさそうですが、窓配置は全く違うので、雨どいより下を一度切り離して切り継いでいます。ただ、今月は、乗務員扉~客用扉間の窓のうち2枚を扉間に切り継いだところでおしまい・・・赤いプラはどうも工作しにくいように思います。

e0030537_01333123.jpgそして、高畠線といえば電機+貨車+電車の編成ですが、こちらは高畠に保存されているED1ではなく、このネコパブリッシングが出した遠鉄ED282から、出自が同じもと豊川・鳳来寺のED2を作ろうと考えています。
というか、このキットも、最初から遠鉄ではなく山交として作ることを考えていたもの。台車の首振りはどうするか・・・など考えることはいろいろあるので、完成は何時になるのやら。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-08-31 00:00 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度 2016年7月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_21593695.jpg
昭和30年代の自社発注車の追加分。ディテールの取り付けが終わり、これから下地塗装・・・の段階でストップしています。これからの灼熱シーズン、塗装をするのは厳しいので、秋がくるまでこのままかもしれません。
e0030537_21592147.jpg
さて、JNMAで購入した唯一のものが、ワールド工芸のED22バリエーション用パーツでした。ということで、続いて本体も購入。あわせて神奈川電鉄デキ281にするべく製作を開始しました。それにしても、東芝戦時型ですら動力化に驚きましたが、WH+BWの凸型電機も自走するというのはビックリします(しかも、JNMAで路モジ上で走らせた限り、東芝戦時型の快調なこと・・・)。
 デキ281は、自社発注機ということにしていますが、WH+BWではなく、愛電デキ372~や蒲原ED1と同様のコピー機という想定です。そのうち、蒲原ED1も製品化されそうな予感もしますが・・・。模型の方は、国鉄ED22および松本電鉄ED301用のパーツを選択して製作をすすめています。
e0030537_21592769.jpg
 キャブのディテールの堀りの浅さが気になるのは東芝戦時型も同じですが、それ以外は良好で、手摺も附属・その取り付け穴も示されていて、(素材を除けば)比較的製作しやすいかなあ・・・と思います。
夏の終わりまでに完成させたいのですが、おそらくは暑さによって結果は変わりそう。はたしてどうなるのやら。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-07-31 22:16 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
おつかれさまでした。
e0030537_22581824.jpg
今年も、JNMAフェスティバル(第22回 2016年7月3日開催)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
e0030537_22583062.jpg
e0030537_22590577.jpg
長らく使用してきた都産貿浜松町館の再開発・建替に伴い、浅草は浅草寺二天門前にある都産貿台東館に会場を移しての開催となった今回。路面モジュールも若干の面積縮小ということで、持ち込んだモジュールは平塚中央駅の駅舎より1区画だけとしました。一方、配置場所は半島状に突き出た単線区間の突端という、このモジュールには最適な場所を充ててもらったので、いちばんよかったかもしれません。
e0030537_22583636.jpg
持ち込んだ車両は少な目で、昨年夏以降に作成したものを中心に秦野・大山線の車両を中心にこんな陣容となりました。また、昨年、ワールド工芸の東芝戦時型を組み立てたこともあり、20年以上前の旧作の電気機関車各種も一緒に持ち込みました。
最も、今年は縮小の事前アナウンスの結果ゆえか空地が想像以上に広かったのですが、一方で常連出展者の欠席や、出展者各自の持ち込みも少なく、車両関連はより閑散としていたかな・・・と思います。
 個人的にショックだったのは、もと定鉄モ2301の3801が2年持たずに経年変化で車体が「ご懐妊」となってしまったこと。GMと鉄コレで素材の差が影響したのかどうか・・・どう補修したものやら。頭を抱えております。
e0030537_22581234.jpg
機関車とおなじ箱に入っていたこれも、久しぶりにレールの上に乗り、今回の終電車としてデワに押されてモジュール上を快走・・・もとい怪走しました。

さて、会場でご覧になった方は、平塚中央の駅の端っこにBトレサイズの2両編成が留まっていることに気がつかれた方もいらっしゃるかと思います。これ、実は私の作品ではなく、路モジ出展者の友人がとある中古屋で売られているの目撃し、思わず買ったものとのこと。並べてみると、色は全く同じ(西武のベージュと中央線のオレンジ)で、なお驚愕しました。実に不思議な縁で、やってきたものだと思います。

今回は、久しぶりに物販の方にも参加しました。諸般の事情があって、鉄コレの一部を放出せざるを得なくなったためなのですが、売れ残ったものを見るとなるほどな・・・という面々。以前なら鉄コレだったら(値段を下げれば)とりあえず捌けたことを思うと、モノが行き届いて飽和状態になっているのだなあ、とも感じます。だいたい残っている面々は、どこのブースでも似たような感じでしたし。

一方で、今回はネットの向こう側からこのサイトなどを見てくださった方と、いろいろお話ができたのが、なにより嬉しいものでした。ブログというのは非常に孤独なもので、実際の反響が聴けるのは非常にありがたいことです。

来年も会場でお会いできることを楽しみにしております。
冷房の効きはよくなりましたが、気温はもっと低めがいいかな・・。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-07-04 23:31 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度 2016年6月
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_23555134.jpg
なんとか、浅草寺二天門前での催事を前に3両が完成しました。既にお伝えしてきたとおり、神奈電の2巡目。つまり、この5年間で製作した車両と同一形式のものです。ただ、完全に同じなのはつまらないので、少しづつ変化をつけてみました。
e0030537_23554437.jpg
神奈電再開シリーズで最初に落成したのが、もと宮城電鉄モハ800形→国鉄モハ2320形の3620形でしたが、2巡目もこの車両から、ということになりました。
種車は鉄コレ第一弾の日鉄自12mであることには変わりませんが、こちらは前面の貫通扉を埋めたことにしています。前回落成後、独特の狭い貫通扉を見ていたら、埋めた方が合理的だなあ・・・と思ったの理由。実物では、国鉄時代に更新修繕を受け、運転室の拡張とグローブベンチレータへの変更が実施されたモハ2320が、非貫通になっています。
 完成後に並べてみると、その点よりも、屋上配管のカーブにより雰囲気が変わってしまったのが少々不本意な点ではあります。
そのほか、パンタ側はダミーカプラーにしています。ほんとうならブレーキホースやジャンパを取り付けて、もっとディテールアップしたいところではありますが・・・。
e0030537_23555650.jpg
続いて、これも再開シリーズ第一陣の1両だった、鉄道省キハ41000改の3600形。
基本的には第一陣とは変わりありませんがベースが同和片上のキハだったので、前面のライトの撤去などが多少の手間となりました。台車は前作がU型イコライザタイプだったのに対し、こちらは弓型イコライザにして変化をつけています。
これも、パンタ側はダミーカプラーとしましたが、その胴受けが車体と密着せず隙間が生じているのが残念な点です。床板ごと切り離して車体に接着しようかとも考えていますが。
e0030537_23560531.jpg
そして最後は、富士山麓電鉄モハ1の車体を流用して誕生した1510形。
 鉄コレ12弾の上田がベースであることなど全く変わりませんが、客用扉は製品のまんまとしました。ありていにいえば「手抜き」なんですが、これで、時代設定が前回落成のものよりも若干前ということになりました(同じ時代にステンレス製扉と木製扉でもいいのですが)。
 台車はブリルなのは共通ですが、前作は鉄コレ用なのに対し、今回はGMの製品を使用。従ってこちらのほうが軸距が短くなっています。

それにしても4年経っても全く進歩していないことが露呈しているといいますか
なにより自分の老朽化で細部の工作がやり辛くなってきたことを実感するのであります。


[PR]
by hiro_hrkz | 2016-06-30 00:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)