本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:言いたい放題( 75 )
年末の雑感 ~時の流れに身をまかせ~
今年も1年、いろいろなところで、いろいろなものを見ることができる状況であったことに
そして、いろいろな方に会えたことに、改めて感謝を。
周囲から脅された後厄も、なんとか無事に終わりそうです。
e0030537_00460043.jpg
ということで、今年のまとめを。

1)サイト
・鉄道関係
漸く、神奈川電鉄のリニューアル版を公開することと相成りました。
しかし、ほんとうに「とりあえず作っただけ」状態。何とかしたいのはやまやまですが、やはり問題は時間。また、地図にしても車両にしても「見せ方」をいろいろ考える必要があります。こういう手間は好きな人には苦で無いでしょうが、シロウトはサイトを作らなくなるよなあ・・・ということを感じています。
それは、誰もがホームページビルダーで気軽にサイトを作って公開していた頃に比べると、技術的に高度化してしまったこともあるのかな・・とも思うところです。

・富士重工製路線バスのページ
 更新回数が6回で終わり、製造中止から13年が経過して、いよいよ最終段階だなあ・・と感じるところです。その割には壱岐交通のような車齢22年目という以前では考えられなかった移籍例、あるいは長電のような想定外の移籍例もありましたが。
 そんなこともあり、従来、少数派だけで行ってきた型式別の採用事業者リストを、KC-UA系KC-LV系など、メジャーな型式でも作成しました(変更履歴には掲載せず)。続いてU-UA・U-LVに取り掛かってはいるものの、さすがに台数が多く難攻しています。
 そして、今年はこのような訂正を行うことになりました。改めて、専門用語の使い方について用心しなければならないと戒めるきっかけにもなりました。

2)模型
 実績は、フリーが2両、神奈電が4両、山形交通高畠線が2両の計8両で、「やや不良」といったところ。
買いためた鉄コレの整備は、結局、富山地鉄について8両分行っただけで放棄してしまいました。
神奈電2巡目も、だんだん気分が乗らなくなってきており、なんとか川造を作って打ち止めとしようかと思案しているところです。むしろ、山形県の高畠に22年ぶりに行ったことが作成のきっかけになるなど、そういう直感を大切にしたいとも感じます。

3) 外回り
 今年は離島訪問で、久しぶりに新しい島、壱岐が加わり、また東北地方だけをゆっくり行こうなど、従来とちょっと違ったことが多かった思います。一方で、関東近県が低調で、神奈川県が川崎と小田原だけ、千葉県に至っては夜に柏で降りただけという具合でした。
京都や名古屋には複数回チャレンジして失敗。何度行っても撮れないものは撮れないなど、いろいろな懸案事項が片付かなかったなあ・・という気がしています。。

 鉄道やバスに加えて、最近は寺社仏閣めぐりが加わっているのが実情。今年は、ほぼ鉄・バスの要素を排除して諏訪大社の4社を廻ったことが印象に残りました。

4)ニュース雑感
 熊本地震、岩手県沿岸と北海道を襲った水害、鳥取県中部・茨城県北部・福島県沖など各地で相次いだ強い地震、そして糸魚川の大火と、胸が痛くなるニュースが相次ぎました。それも、自分が行ったことがある地名が出てくると、より強くなると感じています。
 今年は熊本城に行きたい・・と思って九州旅行の計画を立てていた最中に熊本地震が発生、また東北地方を旅行中に台風に遭い、列車代行タクシーで切り抜けるなどということもありました。今年起きた災害のニュースはいずれも他人事に思えず、この国で暮らす以上、自分のこととして考えなくてはならないと思うところです。

5)そのほか
 サイトを公開して17年。ブログを公開して11年。「サイトやブログというのは反響が少なく孤独である」というのは私の実感ですが、今年はこれまでと変わってネットの向こう側で読んでくださる方々と、実際にお会いする機会が何度かありました。直接感想を頂けることは、大変にありがたいことで、これまで作ってきたことへの自信につながり、そしてこの先も維持して行きたい、というモチベーションになっています。
e0030537_00461028.jpg

今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
きたる2017年が皆様にとって福と幸いに溢れる一年でありますように。
[PR]
by hiro_hrkz | 2016-12-31 01:40 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
年末の雑感 ~Sincerely~
今年も1年無事に過ごせたこと。
そして、いろいろな方にお会いできたことに感謝。
厄年は、一筋縄ではいきませんでしたが、なんとか乗り切れそうです。
e0030537_01364672.jpg
それでは、今年のまとめ。

1)サイト
・鉄道関係
 結局、神奈川電鉄やり直しはサイト構築までいきませんでした。
路線はほぼ確定したのですが・・・。
30年近く前の世界を扱うのですから、どんなふうにまとめるか思案のしどころ。。

ところで、これに合わせて、実物の個人サイトはどうなっているんだろう・・・と、検索をしてみたのですが、やはり現在は、ブログどころかツイッターなどの時代ですね。引っ掛かるのは事業者公式サイトが多く、個人サイトによる情報発信は非常に低調であることを実感するに終わりました。「架空の鉄道」をサイトで表現する際に、ファンサイトではなく「会社公式」タイプを志向するのも、このような背景があるのかもしれないと感じます。

・富士重工製路線バスのページ
 まさか18年ものが移籍するなど、驚くような事例もあったのですが、比較的落ち着いていたようには感じます。最も、各地で新塗装の例が報告されたものの、追いかけることができず。いずれも持ち越しです。
 それにしても、首都圏で新7E架装車の廃車が進んでいるものの、移籍事例は思ったよりも少ないという印象。特に、東武のKL-LV280L1前中間ノンステの事例が少ないのが意外というか残念というか・・・。

2)模型
 出来高は11両+神奈電平塚中央駅2期分。このうち神奈電新シリーズは10両で、5年で44両となりました。残りの1両は鉄コレの秋田中央交通。そろそろ買いためた鉄コレ(とMODEMOの江ノ電)を整備していきたいなあ・・・と思っています。
余談ですが、目が疲れるようになりました。面相筆の先がわからない・・・ああ、寄る年波には勝てず。

3)外回り
 北陸新幹線が開業した今年。私も、北陸3県と長野県北部へ行きました。
また、どういうわけか同じ方面への再訪が多く、広島県2回、関西3回、茨城県3回となった一方で、
九州は黒崎に半日だけ、白河・勿来以北も無し、関東地方でも群馬県は0回という状況。
東北地方や群馬県に1度も行かなかったのは19年ぶりくらい・・・いろいろ事情はあったのですが。

行った先でトラブルが発生することも多かったですね。
箱根に行こうとロマンスカーに乗ったら、偽厚木で人身事故→町田で運転打ち切り。
高松に行こうと難波から高速バスに乗るつもりが、大鳴門橋でトラック横転→岡山経由の在来線で迂回。
静岡に行ったら、線路に自転車が投げ入れられて、帰りの電車が来ない・・・・。
高速バスのコンセントがぶっ壊れた・・・。
 
これらもやっぱり厄年だから?後厄のほうが怖いぞ!と周りからは散々言われているのですが。

4)ニュース雑感
 海外からの訪問客がどっさり増えたことを、各地で実感した1年。それは旅先での宿泊場所が確保しにくいこと、そして値段が高騰したことでも実感し、旅がやりにくくなったという印象になりました。
 一方で、駅で頭の中が「???」になっている外国の方を見ることも何度か。乗り換えアプリはJR線なのに、地下鉄の改札に来てしまった。あるいは、JRに乗るのに、手許には地下鉄の路線図。私たち日本人は「一つの街に複数の鉄道・バス事業者があり、それぞれに運賃を払い、路線図も別」という認識がありますが、諸外国の方には、この点を理解してもらうだけで大変なことなのだと思います。
 拙い英語で、何度かフォローしたこともありますが、「〇〇駅は改札外乗り換えだからオレンジ色の自動改札を通って・・・」なんて説明するのは無理! せめて、サインシステムだけでも全事業者・自治体横断で統一できないか、あるいは地域内の一般交通機関フリーの一日乗車券はできないものか(・・・たとえば、ドイツなどは両方ともありますね)等々、考えさせらることが何度かありました。

5)その他
 私事ながら、1月で8年ほど勤めた現場を離れることとなり、その後は案件を巡り波乱含みの展開となりました。従って予定が立てるのが難しく、外回りは上記の結果となった次第。しかし、安泰と思っていたところが、その後修羅場となっているのを見ると、いろいろ思うところではあります。
e0030537_01365323.jpg
今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
きたる2016年が皆様にとって福と幸いに溢れる一年でありますように。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-12-31 02:32 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
10年の雑感 ~とはずがたり~
お陰様で、拙ブログ「資料館の書庫から」を開設してから10年を迎えることができました。
先ずは、サイトをご覧頂いている皆様に感謝申し上げる次第です。

この10年間でブログの記事数は1274回分(最近は、旧い記事の画像を差し替えたりしてもいます)。
6年前、本館開設10年のときに書きましたが、もとは転職の間、2か月のヒマつぶしとしてはじめたものです。
それが、よくここまで続いたと我ながら思います・・・続きましたということは、他の部分で苦戦していることもあるわけですが・・・


ブログを閉鎖しようという思いが時々あがってくるのですが
一方で、書ける状況が少しでも続いてほしいというのも偽らざる気持ちです。
e0030537_23314746.jpg
画像を1枚。2005年に登場した新京成電鉄のN800形 モハN811・・・2015年4月 習志野にて。
新京成800といえば、未だにNのつかないほうを思い出しますが、これも登場して10年になるのですね。

それでは、今後とも御愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

-厄年の文月廿日に-

この10年間のデータと編集方針を纏めてみました。基本的につまらない内容ですが・・・
[PR]
by hiro_hrkz | 2015-07-20 01:32 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
臨時の雑感 ~ひとひら(桜桃記)~
e0030537_01223949.jpg
今年の東京の桜は何ともタイミングが悪くて、先週末は日曜日が曇り。
そして月曜日に桜が満開となり木曜日~金曜日に風と雨でだいぶ散ってしまい、実に勤め人泣かせでした。
とりあえず、土曜日には、いつもの西武新宿線新井薬師前~沼袋の中野通りの踏切で撮影してみましたが、こんな感じ。もう半分以上の桜は散っていました。
とはいえ、実は、桜が満開だと、この新井小学校前の踏切から撮影はしにくくなります。
e0030537_01225361.jpg
2012年に撮影したのがこちら。桜の花で車両が見えなくなってしまうので、下から撮影しています。
最も、歩道橋の上は人が多すぎて、どうにもならない・・というのもありますが。
しかし、以前はこんなことは無かったよなあ・・・ということで、22年前、1993年の画像を引っ張りだしてみました。
e0030537_01230336.jpg
20年あれば、生まれた子供は成人となるわけですが、桜の樹も随分と成長するのだというのがわかります。
走っている電車は当時、置き換え真っ只中だった701系。
周辺の景色は、マンションが増えたほかは、あまり変わっていません。
e0030537_01233443.jpg
かように長年、楽しんでいるこの景色ですが、逆に言えば、都内でも特に鉄道の立体化が遅れている西武新宿線・・・というのを象徴しているのかもしれません。
現在、中野区内では西武新宿線と立体交差している道路は、環七のみ。朝ラッシュ時は「万里の長城」と化し、開かずの踏切を乗り越えて中央線沿線に向かう人々は、毎朝、時間の読めない勝負を強いられているわけです。夕方も4本待ちくらいはザラです(中井と沼袋に追い越し線がある関係で、どうしても列車同士が近接する)。

ここに限って言えば、中野通り(都道420号線)も板橋仲宿~鮫洲の全区間着工・開通の目途が立ち、環状6.5号線として機能する日が近づいています。新宿線の地下化が決定・着工し、この景色が無くなるのは寂しいことですが、それよりも西武新宿線を越えて移動する人の動きが(中野通りに限らず)改善されることが重要だと私は思います。
ノスタルジーで、地下化を無駄と言ってほしくないのです。
e0030537_01232393.jpg
西武鉄道新宿線 新井薬師前~沼袋
1枚目:2015年4月 2枚目・4枚目:2012年4月 3枚目:1993年4月 5枚目:2011年4月

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-04-05 01:58 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(6)
年末の雑感 ~春夏秋冬~
今年も1年、無事に過ごせたこと、そしていろいろな場所に行けたことに改めて感謝。
年齢とは裏腹に惑ってばかりではありますが。
e0030537_243088.jpg
今年は、つべこべ言わずに、とっとと総括へ。

1)サイト
・鉄道関係
 神奈川電鉄のやり直しは路線の方も行っていますが、細かな手直しがずっと続いている状態。今昔マップweb版、地図・空中写真閲覧サービス(昔の情報)、地理院地図(標高)、マピオンのキョリ測(距離)と各種サイトの充実はうれしいものの、より深い沼に嵌ってしまったようです。
・・・・まさか、あの場所が谷だったとは・・・。

・富士重工製路線バスのページ
 驚くような移籍事例も減り、特定輸送を追いかける気力も無くなってきた昨今、全般的に低調だったと思います。一方で、目ぼしい車両は難易度の高い車両が多くなり、これまた追いかけるのが大変な状況に。
そろそろ、全般的なまとめを行う段階になったのかなあ・・と思います。できれば、どこかで発表したいと思いつつ。

2)模型
 今年の完成実績は、神奈電のみ10両。神奈電新シリーズは、トータル34両となりました。
現在着手中の車輛が7両、製作目標が5両で、これで一区切りとしたいと思っています。
一方、久しぶりの地面作成。レイアウト用アイテムの充実が著しい今日ですが、
それでもGMのストラクチャー製品には夢が詰まっていると感じました・・・これも2期工事を行わないと。

3)外回り
 沖縄県は、どういうわけか2回行くことになり、うち1回はLCC利用・宮古島再訪となりました。
撮りたいものが撮れなかったために七戸十和田に2回行くなど相変らず狂ったことも・・・それがきっかけで下北半島へ行き収穫も、今年いちばんだったのですが。
久しぶりの北海道~最初で最後の「北斗星」乗車、関西方面では六甲山に行ったりもしましたが、行動範囲は割とピンポイントで、日本海を見ない1年となりました。

4)ニュース雑感
 今年の漢字は「嘘」だと思ったんだけどなあ・・・あの三人はいろいろと目立ちましたねえ。
最も、こういう騒動は決して対岸の火事ではないのだなあ・・・とも思います。
身近なところで起きた不正事件が、関係のないところにも火の粉として降りかかってくる。
過去に何度となく経験したことですが。
来年は厄年ですし、一日一日をより大切に、そして注意深く生きていきたいものです。

5)そのほか
実は、拙ブログのアクセス数。このところ漸減傾向で、ピーク時の7割程度(もともとそんなに訪問者数は多くないのですが)になっています。他所様のところでも、似たような話は聞きますし、ブログという発信形態が曲がり角に来ているのかもしれません。速報性がツイッターなどに劣るゆえなのだとは思いますが、一方でネット上の情報がより刹那的になり、情報を「読ませるもの」にする、あるいは蓄積したりすることを行わなくなってきたのは少々気にかかる部分でもあります。
e0030537_1265420.jpg
今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
きたる2015年が皆様にとって福と幸いに溢れる一年でありますように。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-12-31 02:07 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
年末の雑感 ~思えば遠くへ来たもんだ~
人生の節目という言葉を、はっきりと意識するようになったこの1年。
ここまで来てしまったんだなあ・・・という思いに囚われる年末となりました。
e0030537_1352027.jpg
たぶん、自分が思い描いていたのとは、大きく異なる人生になってしまったのだと思います。
それが、こうしてブログを書き綴れることを可能にしているのだとすれば、
どこか割り切れないものを感じるこの頃です。

ということで、今年の総括。

1)サイト
・鉄道関係
 神奈川電鉄再始動・・・徐々に進めているものの、公開までは時間がかかりそうです。
海外旅行記もすでに10年前となってしまい、現状と比較すると、その移り変わりに時間を感じるところです。

・富士重工製路線バスのページ
 新規移籍先は、殆ど無かったもの、相変らずチョロQは想定外の動きが多かったですね。 
移籍する車種も、想定外のケースがいくつか存在しましたが、この先は新7EのUDばかりになるわけで
終わりが近づいていることを、より強く意識するようになりました。
そういえば、自発的な撮影よりも、誰かに誘われて・・・ということが増えた1年だったと思います。

2)模型
 今年の完成実績は、神奈電が11両に、とれいん誌に掲載された旭川電気軌道が1両で合計12両。
昨年より1両増え、また神奈電新シリーズは、これでトータル24両となりました。
好調な模型製作の一方で、あまり他の方の作品を見る機会が無かったのが、残念な1年でした。

3)外回り
 離島シリーズ。今年は長崎県は上五島をセレクト。
当然、バスが目当てでしたが、少ない本数のバスをやりくりしてたどり着いた頭ヶ島天主堂と切支丹墓が
心に残る旅となりました。そのほか、庄内交通のMP目当てで鶴岡に行ったり、あるいはマイレージ期限切れを前に、慌てて松山・高知に行ったりと、それなりに短期ばかりながらも、結構動きまわったなあ・・・と思うところです。 海外はまたしてもお預け。あとは北海道も・・・。

4)ニュース雑感
 いくつかのドラマが話題になった1年でしたが、私も御多聞にもれずNHKの「あまちゃん」に嵌ってしまい、最終的には11月に久慈へ行くほどでした(そしてTOMIXの北鉄のお座敷列車も都内の模型屋をハシゴしてなんとか購入)。人間、嵌ってしまうと際限が無くなるなあ・・・という、鉄・バス趣味者なら多くの方が自覚されている?症状を、全く別の分野で味わうとは・・・いやまあ、「ふたりっ子」「ちゅらさん」も結構嵌りましたので、このあたりの前科がないわけじゃないんですが。

5)その他
 この「○○の雑感」のカテゴリ名、よく変わっているのと、最近はあまり書かないこともあって殆どの方は気が付かれていないとは思いますが、"意見には個人差があります"から"言論の自由"に変更しています。思うところあって、ですが、自分の意見と相反する意見の発言を妨げていないか、時々確認する必要があると、感じています。
e0030537_1345562.jpg
今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
2014年・甲午が皆様にとって、福と幸の多き一年でありますように。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-12-31 02:37 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
月末の雑感 ~言葉は風になる~
一つだけ気になったことがあるので、少々書いておこうと思う。

現在、情報は、誰にも平等に只で振るまわれるものと思ってはいまいか?
ネットの時代になり、みんなが情報発信することによって、たしかにいろいろな情報が溢れるようになった。
それは、発信者個々の「見せたい」という思いゆえなのか、只でみることができることが多いと思う。

しかし、真に価値ある情報というのは、基本的に只ではない。
お金を払って得るか、個人的な関係をそれまでに築いた上で相手が漏らしてくれる・・・そういう性質のものである。
それは、少しでも考えてみればわかる。もとの情報を得るためには、お金がかかる。労力がかかる。下手すれば命に関わることもある。

鉄道やバスの世界でも、趣味者が、みたままの情報を書くとしても、それにはそれなりの労力が関わっていると考えてよい。遠隔地の情報であれば、出費はかさむ。あるいは、発信者の個人的なツテによる情報であることもある。いずれも、それなりのコストがかかっているわけだし、万人に公開できる性質のものであるとも限らない。

只で貴重な情報が得られるというのは、発信者の自己顕示という側面もあるが、
本来は発信者の好意だと考えてよい、と、私は思う。

一方で、私は、バスなり鉄道の情報というのは、持ちつ持たれつだと思っている。
そもそも、人様の財産を勝手に紹介しているのだから、そこで他者に金銭等対価を要求できるようなシロモノでもないとも考えている。

それでも、他人に情報を要求するのであれば、それなりのアプローチを考えて欲しい・・・と、思う。
「持ちつ持たれつ」、なのだから・・・・。
ほんの僅かなことで、心象は変わるものです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-05-31 23:59 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
臨時の雑感 ~ゆく河の流れは絶えずして~
今日は、2013年3月28日。
ということで、2003年3月28日、富士重工が車体を製造した最後のバスが出荷されてから
丁度、10年が経つことになる。
e0030537_026546.jpg
・東濃鉄道に納入された最終号車 日デKL-RA552RBN +富士1M 2008年3月 京都市下京区(京都駅)

 当時は正直、追いかけるものが無くなると思っていたが、この10年、計算外に富士重工のバスのバリエーションを追求できたことを意外に感じている。一方で、その後、西日本車体も無くなり、UDのバス自体がなくなるということまでは想像ができなかった。それは、バリエーションの拡大というのが移籍車両によって生じている=新車の激減と路線バスの崩壊ということに関連しており、素直に喜べる話ではないのだなあ、とも思う。

 折りしも、南関東では新7Eを架装したKL-UAやKL-LVの廃車がはじまっている。あれだけどこでも見ることができた南関東の富士重工製路線バスというものの終焉が近づいていることが解る。ただ、これは私の予想より若干遅かった。かつて7~10年で廃車にしていた事業者があったが、殆どの事業者が車齢12年まで使うようになったからである。西武バスのP-U33+7Eが8年程度で放出されて宮城交通に行ったのも、既に昔の話である。
 そして、地方ではP-末期の車齢23年以上のバスがかなりの数、残っている。私がサイトを開設した1999年当時は、かの沖縄の730車が21年目。滋賀交通に最後の現役の三菱MR系が在籍しているということで注目されていたが、それが23年目だった。
 車齢は、(一部排ガス規制域の事業者を除き)やはり全般的に伸びている。

 そのような状況ゆえ、"富士重工の新バリエーション"の登場も、思ったよりも長く余波が続いている、と思うが、それもそろそろ終焉かな、と感じる。ただし、この期に及んで、追いかけるのが困難なところに"新バリエーション"が最近も登場しているのは頭が痛い。もっとも、まだ追求の余地は残っているのは趣味者としてはありがたいことなのかもしれない。
e0030537_2184857.jpg
・2011年8月 
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-03-28 01:08 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
年末の雑感 ~ねぇ ここにいて~
毎年のように「飛躍の年にしたい」という願いとは裏腹に
終わってみれば、今年も停滞の1年という印象しかないように感じています。
e0030537_0554615.jpg
ありきたりなのですが、「もう若くない」という言葉を、いろいろと実感するようになってきました。
それとは裏腹の自分の未熟さに焦燥し、せめて、ほんの少しでいいから、時がここにいてほしい・・・そんな思いを抱く今日この頃です。

ということで今年の総括。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-12-31 02:07 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
月末の雑感 ~まっくら森の歌~
今回の九州行。
志布志、鹿屋、鹿児島、指宿、川内と鹿児島県内に多くの時間を割いたが、
もともとの目的は、屋久島(と種子島)に行くことであった。
主要四島と橋などで繋がっていない離島としては、個人的に11番目の上陸となる。
e0030537_157972.jpg
現在、屋久島へ向かうポピュラーな手段は、鹿児島市街にある南埠頭から出航するジェットフォイルである。
ここには、いわさきグループ(鹿児島交通系)の「トッピー」が就航していたが、そこに種子島の市丸グループが「ロケット」を就航させて、正に死闘が繰り広げられる事態となった。それが、この4月より両者の共同出資した会社に移管して、漸く手打ちとなったのである。
とはいえ、未だ日が浅いためか、ロケットに乗ればロケットのことしか言わないし、一方のトッピーに乗船しないと、いわさきのタクシーの案内をしないなど、未だ呉越同舟のような感じだった。

さて、屋久島までは鹿児島南埠頭から約2時間。
とびうおの如く、正に海の上を飛んでゆくわけで、たしかに120kmをこの時間なら相当に速い。
ただ、これら鹿児島の離島航路に乗る際の注意点というのが、錦江湾から外洋に出たところ・・・つまりは大隅海峡の辺り。
以前、鹿児島~奄美~那覇の航路に乗ったときもそうだったのだが、潮の流れが複雑になるのか、とにかく揺れた。ちなみに、私が乗る一週間前あたりにクジラと衝突したのもそのあたりである(・・・私が乗った数日前はクジラの代わりに、もっと大きなものが通って騒ぎになったのだが)。

屋久島には北に宮之浦、南に安房(あんぼう)という大きな集落があるが、
私が乗った船は、宮之浦港着の便であった。
e0030537_057240.jpg
上陸すると、こんなクラッシクな待合室がお出迎え。
ちなみに、右に停泊しているのは、種子島・屋久島と口永良部島(人口147人)を結ぶ屋久島町営フェリーの「太陽」である。とにかく、鹿児島には本土の人は先ず知らないような島がたくさんある。

屋久島は、いわずと知れた世界自然遺産の島である。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-31 01:45 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)