本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
夢のカリフォルニア(2)
先ずは、下記のサイト(米国)の冒頭にある写真をご覧頂きたい。
http://www.erha.org/erhastore/html/erhastore1b.html

パシフィックエレクトリック(PE)が、電車代替用に1950年に投入したGM製の(←10.31追記 読み間違いでした)バスである。

はて、どこかで見た事がある塗り訳である。
そう、東京の中央線・西武線沿線をテリトリーとする関東バスの塗装である。
私にとって、最も身近なバス会社でもある。

実は、未だ、創刊間もないバスラマ・インターナショナル誌で、このことは紹介されていた。
ただ、その時は貧乏な予備校生。
結局立ち読みだけだったので、カリフォルニアのバスを真似たということしか記憶に残っておらず、記事のある画像もパンフレットの白黒の絵だけだったので、塗装もよくわかっていなかった。


それから時は流れ、共に欧州を旅したH1氏と、とりとめもない話をしていた時のこと。
関東バスの塗装を話題にしたところ、それがPEのバスだよ・・といわれた。
後に、PEに興味のある彼が所蔵している洋書の写真集を見せてもらったところ、このバスの画像が確かに載っていた。

従来、アメリカということで、星条旗の色だと考えていたが、本家は銀地に赤の塗装。
関東バスでは青いストライプの部分は、エッチング?の飾り模様である。
ちなみにフロントの羽マークまで、そっくりであるが、
関東バスの社紋は真中の「花丸」部分だけ(箪笥のカンが10個で「カントウ」という意味)である。

なお、「富士重工のバス達」(ぽると出版)に掲載されている写真を参照すると、既に1950年代前半に関東バスはこの塗装になっていたことがわかり、車体色もより本家に近かった模様。
e0030537_1184034.jpg
・関東バス 日デP-U32K +富士5E 1999年2月 東京都中野区

しかしまあ、米国やドイツの鉄ヲタサイトの力の入れ様は凄い・・・。

※2015.1.16 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-30 01:00 | そのほか | Trackback | Comments(0)
夢のカリフォルニア
ママス アンド パパス による表題の曲がヒットしたのは1965年のこと。

それから4年前、そのカリフォルニアはロサンゼルスの地を走っていた電車が廃止された。
それが、「パシフィックエレクトリック(PE)」である。
全長 実に800Km。日本では「ロスの路面電車」としか紹介されないが、実際は市内線と都市間電車が連結された形態で、その姿は正当派のインタアーバンであった。
純然たる路面電車用車輌のほかに、レッドカーと呼ばれる高床式の電車もいて
猛スピードで専用線をカッ飛んでいたという。
福井鉄道を極端にスケールを大きくしたものと思えば、丁度いいかもしれない。


私は、アメリカの電車はどうも大味な感じで好きではない。が、ひょんなことから米国の電鉄黄金期の画像をみるにつけ、そこに日本の電車のルーツを認識することになった。
思えば、日本の電車は、東洋電機と提携したイングリッシュ・エレクトリックを除けば、
GEやWHといった米国の技術的影響下にあった。窓枠のついた車体なども米国流儀で
欧州の古典車輌とは似ても似つかない。
国鉄スハ32、キハ41000、東急3450、東京地下鉄道1000、大阪市電1600・・そういった車輌のお手本となったものは、みな米国にある。
戦後になっても軽量車体や台車などで欧州の影響がでてくるが、やはり米国の車輌を手本にしてPCCや小田急SE車、営団300などが登場した。・・・・・・・・まあ、日本だってイロイロぱくった訳である。

さて、このパシフィックエレクトリックの強い影響を今に引きずる会社が二つある。
一つは京浜急行、車体が伝統の赤色というのはPEの影響であろう。
そしてもう一つの赤い私鉄電車・・・名鉄である。
ローマン体の車番や、電気機関車の黒に前面がゼブラ塗装というのは正にアメリカのインタアーバンそのもの。
(試しにGoogleで「Pacific Electric Railway」と検索してみてください)。
思えば、名古屋の市内線から郊外電車に発達した名鉄は、正当派の和製インタアーバンだったのかもしれない。
PEが消えた1961年に、真っ赤なパノラマカーが登場したのも何かの因縁だろう。
e0030537_401481.jpg

カリフォルニアの電鉄は夢のような存在だったのだろう。
今、日本は世界に冠たる電車王国であるが、今後の衰退まで、PEなどと同じにはなって欲しくない。


ところで、日本にはさらにもう一つ、パシフィックエレクトリックの面影を今に伝えるモノがある。
それは・・・・
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-29 04:06 | そのほか | Trackback(1) | Comments(0)
あれから10年、それから15年(その2)
神奈川電鉄の路線がはじめてカタチになったのは1990年のこと、
姫路とか宇都宮とか、いろいろやってみた上で平塚・厚木に落ちついた。
そのあと、自作・改造の模型電車ばかり50輌。しかも大半は大学入学後に
作りなおしているから、よくもまああれだけのプラを切りぬいたものだと自分でも思う。

その上で、沿線となるべき場所を歩いたり・・・。
自分の趣味の中の情熱が神奈川電鉄に相当割り振られていたのであろう。

架空の話しを作り上げるには、先ず本人の情熱が肝心。
最も、その情熱を人に伝えるのは大変に難しい話である。
趣味の先輩に言われた
「設定ばかりで何も伝わらない心象鉄道は見せられるだけで苦痛」
という言葉は、今でも心に留めている。

で、その情熱が、完全に落ちてしまっているのが昨今である。
模型は、神奈電のあとはコトデンばかり作っていたし、
その鉄道趣味にしても、今、何に興味があるかはサイトを見てもらえれば・・・という状況。

まあ、日本にもベルリンやシカゴのような第3軌条式鉄道網があったら・・とか、
戦前の京城に省線(庁線?)が走っていたら・・・といった想像はしてみますが、
それは、ただの思いつきであって、もっと練り上げたいとは思わなくなってしまった。

だからといって、完全に枯渇しているかといえば、そうではないのも事実。
実は、津久井総線をバッサリ切って別の路線に振りかえる腹積もりで、
先月末、そのあたりを歩いてきた。どうにかカタチにできれば、と思っている。
(逆にこれがカタチにならなければ、今後も放置が続く・・ということ)

ただ、「私鉄電車のプロファイル」をデバイダでプラ板に写し取り、
2万5千分の1地形図とにらめっこしていた頃の情熱はない。
ある意味、無理矢理延命装置を付けているような状態かもしれない。
でも、やっぱり捨て去ることはできないでいます。

e0030537_10951.jpg

今度は、ここを通って・・・但し、起点がどこになるか今だ不明という状況・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-28 01:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
あれから10年、それから15年(その1)
1995年は、いろんなことがあった。
今でも昨日のことのように思うが、もう10年前だ。

さて、自分にとっても1995年は大きな年だった。
某トワイライトゾーンへの投稿が初採用され、某改造コンテストで最低ランクではあるが賞をいただき、そして9月~11月の3ヶ月に渡って某鉄道模型誌に、某神奈電の記事が掲載されたのである。私の鉄道趣味が外に向かいだした時でもある。

当時のことを思い出すと、不思議で仕方がない。
何故、あのような実績もない人間の脳内妄想が、伝統ある模型誌に3ヶ月連続という破格のかたちで掲載されたのか・・・。エキセントリックな車種選択が幸いしたのだろうか。
あこがれの鯨川も湘交も1回きりの読みきりだった・・・というのに、である。


私にとっては、大学を卒業するまで、この神奈電は逆に大学鉄研内での人間関係悪化の遠因にもなり、正直重荷になっていた時期もある。
だが、人の縁とは不思議なもので、あれから3年縁切寺・・・ではなく、この模型が縁になった人間関係もいろいろできて、今、私は趣味関係では極めて良好な状態にある。

その一方で、「神奈川電気鉄道」の更新はぴたっと止まってしまった。
なんどか弄くっている路線網に対し、いよいよ破綻というか、完全なる転向をしなければ
この先どこにも進めない状態になってしまったのである。

そして、もう一つ・・・・
e0030537_162532.jpg

相模川を渡る小田急電車。 ここのホームから厚木方面の景色が気に入っている。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-27 01:09 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
伊予鉄道 モハ115、モハ113
川造形・・・なんて言葉も既に死語と化した気配ですが、
昭和戦前形の中でも、その重量感あるスタイルと共に、ひときわ目立つ存在だと思います。

川造といえば、阪急の900や東急の3200、長野電鉄あたりも知られていますが、
私達の世代で目撃したものとなれば、やはりもと西武鉄道の151形が地方に転出した例だと
思います。

伊予鉄道は、横河原線の電化に際し、この電車をいれました。
通常、西武から地方に転出した川造車は前面をHゴム化してしまったわけですが、
伊予の場合は開閉可能なサッシ窓になっているのが特徴です。在来車に合わせたためでしょうか?

以降、伊予鉄道は長野電鉄からやってきた603までは、みな西武所沢工場経由で車輌を
購入することになります。ただし、西武の旧型国電は入線せず、京急、京王、小田急、相鉄から
関東窓配置(C3-d1D4D4D2)の電車を整備しての転売となり、伊予鉄はこのタイプの博物館となっていた時代があります。
e0030537_21525425.jpg
e0030537_2153386.jpg

伊予鉄道 モハ115(上)、モハ113 1990年8月 梅津寺

のちに「東京ラブストーリー」の舞台として有名になる駅ですね。

※2014.10.29 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-24 03:07 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
バスコレただいま改造中
e0030537_3323121.jpg
このブログ、当初は模型ネタもいろいろUPしていこうと考えていたのですが、
何せ未だ携帯電話付属以外にデジカメを持っていないので、なかなかできませんでした。
今回は模型を直接スキャナで読み取るという、古典的な手法を使っています。

さて、今が旬のバスコレ。巷では間もなく発売される第7弾で盛りあがっているようですが、
KK-,KL-以降の車輌はあまり興味がない私は、これまで買ったものを改造して遊ぼうと思っています。

バスコレの改造は多くが今年に入って完成し、これまでのところ、
・ブルドック:1台(コトデンバスK-MP118N)、
・BU(路線):5台(東邦交通BU10K、十和田観光電鉄BU10、奈良交通BU35KP、那覇交通BU04(市内線と郊外線貸切色))
・BXD30:1台(奈良交通タイプ)
・5E:6台(羽後交通N-U36K、関東自動車P-U32K、日東交通P-U32K、小湊鐵道P-RT225AA、広島バスP-MP518M、大分バスP-HU275BA)

以上13台が完成しています。鉄道模型の車輌に比べ、随分気楽に作る事ができますが、ややこしい塗装が多いのが頭痛の種。
いずれにしても、好きな車種であるBU後期+川重と富士5Eの発売で、火が付いたようです。

上の写真は5E改造シリーズ第2弾として作っているものです。
製品に前後ドア車がない上、その種になる関東バスの3扉は、よりによって
吸気口部分のガーニッシュが省略されていること、
また、7台から5.5台を作る為に、切り継ぎは、パズルの様相を見せています。

ちなみに、上から
「西工の街の5E、洛西のHU22、大森の電車扉、桑名の特急車、戸塚の特大車」

ということになります。(この他、直江津の9m大型を作成中)。
4台目はトップドア車ですが、工作の関係上、中ドア部分はあとで改造します。
(そうしないと車体が弛んでしまうため)

ちなみに、次期構想として、ナニワの特殊窓配置や、京成鼠園の3扉、大田原のHT、時計台の街の長尺を予定していますが、相変わらずのパズル切り継ぎとなりそうです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-23 02:52 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
北海道北見バス 三菱P-MK116J +呉羽
ブルーリボンのサンプルカラーといっても、最近は正当派は殆ど見なくなってしまいましたね。
これは北海道北見バスの車輌。この頃は、ブルーリボンカラー、北見バスカラー、北海道北見バスカラーの3っつが入り乱れていました。

車輌はMK116J。
ただし、前扉直後の窓が大きく、次が固定窓になっている窓配置は、あまり見かけないもの。
北海道らしく非冷房です。
e0030537_22354519.jpg
・北海道北見バス 三菱P-MK116J +呉羽 2000年5月 北海道北見市

この日、お目当ての車輌はクラの中。翌年リベンジするハメに。

※ 2011.01.10 内容を修正しました。
※ 2014.08.04 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-22 22:06 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
阪急電鉄京都線 2309
阪急2300系・・先頭パンタに方向板という、正当派阪急電車の元祖でしたが、
さすがに登場後45年といわれると・・・・まあ、それを思わせない手入れは最高です。

子供の頃、この顔がズラーっと阪急梅田に並び
人々が端から端まで並んだ自動改札をどんどん抜けて行く光景を本かTVで見た時、
「関西ってすげー」と思ったものです。
東京の電車にはなかったそんな風景は、ある意味憧れでもあったわけで・・・。
いや、今でもあの梅田駅の風景は関東では見られません。

そんな関西民鉄の善き時代のクルマだったと思います。
名車2800を見られなかった私にとっては、その代償・・という意味もあるのですが。
e0030537_21573392.jpg
・阪急電鉄2309 1998年7月 松尾

とかなんとかいいつつ、どうも阪急の電車は見分けがつかない・・・・・・。
今年もP6見られなかった。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-21 02:00 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
岩国市交通局 日野P-RR172BA +日野車体
インターネットの時代になり、遠隔地の情報は簡単に手に入るようになり、
なによりバスマニアの急増を感じるものではあります。
しかし、一方で、全く情報が入ってこない事業者というのもあります。
この岩国の市営バスも、その一つですね。バスの街 広島の近くながら・・・という気もしますが。

1つ目RJ・RRで角目2灯といえば、東日本なら箱根登山・東海、西日本なら尼崎市営・大分バスといったところでしょうが、こんなところにもいたんですね。
e0030537_1554473.jpg
・岩国市交通局 日野P-RR172BA +日野車体 1998年9月 山口県岩国市

たしか、エアサスだと思ったので表題のようにしましたが、自信はありません。
「発見する楽しみ」という点では、ネット時代前のほうが面白かった様に思います。

※2014.04.06 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-20 03:10 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
長崎電気軌道 蛍茶屋終点
長崎といえば坂のある街。
路面電車も、公会堂前から諏訪神社を経て坂を登ると蛍茶屋の終点。
山が立ちふさがり、これより先には進めないことが体感的にわかりますが、
一方で斜面に立ち並ぶ住宅に、長崎にいるという思いが強くなるのもこの場所です。

入線している電車は201形203と211形213。
そういえば、西日本の路面電車の模型作品はあまり見かけませんね。
長崎の車は、なかなか好ましい車輌なんですが。
e0030537_1172398.jpg
・1999年8月

♪蛍茶屋から鳴滝までは~中川抜けてく川端柳・・・・元ネタわかる人いるんかしら。

※2015.1.6 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-10-18 00:48 | 路面電車・低床電車 | Trackback(1) | Comments(5)