本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
今年も
あと残すところ僅かとなりました。
紅白→行く年くる年を見ながら、模型を作って年越しとなりそうです・・・。

今年は、個人的に転職の実行という、ターニングポイントの1年でした。
台湾への渡航などもいい思い出ですが、一方で7年連続の北海道渡航記録が
途絶えてしまったのは無念。

私の地方私鉄廻りの最初の訪問地であった日立電鉄が廃線になり、
また、同じ年に初訪問し以後、何度となく尋ねた名鉄の岐阜600V線全線廃止にも
時の流れを感じます。

公共交通関連の悲しい事件が目立ってしまったのも大変残念です。
海外に目を向ければ、ニュルンベルクの鉄道博物館火災、ロンドンのテロはショックでした。

一方で、つくばエクスプレスの開業は、まさに「革命」。
あの駅名だけは、どうにも・・・なのですが。

来年こそ、本当にいい1年になりますように・・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-31 23:31 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
伊豆東海バス(東海自動車) いすゞP-LV314N +川重
ということで、本日はその東海バスの写真。

この頃は小田急と神奈中の移籍車に、分社前後から入りはじめた
都営からの移籍車輌が増え始めた頃です。
この車輌は、もと神奈中のキュービックバス。
もう引退しているのでしょうか?

e0030537_23533899.jpg
伊豆東海バス(東海自動車) いすゞP-LV314N +川重 2000年12月 静岡県伊東市

この塗装のほうが、現在のものに比べ好きです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-30 23:56 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
伊豆急行 クモハ103ほか
一時期、毎年の「撮り収め」が東海自動車グループになっていたことがありました。
その時は、伊東、下田への移動時に、必ず伊豆急100系電車に乗れるようにしていました。

今更、私が語るまでもない車輌ですが、その2扉固定クロスシートや
多車種の車輌が繋がって走るところは、やはりこの電車の大きな魅力だったと思います。
100系引退後は、伊豆半島から足が遠ざかっています。
今は、撮り収めは、栃木や茨城が多いですね。
e0030537_161819.jpg
・伊豆急行 クモハ103 (以下7連) 2000年12月 伊豆多賀

GMのキットは6連分持っていますが、1両組んだ時点で、気力が失せました・・・。

※2015.2.23 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-29 23:15 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(1)
亀の井バス 日野K-RD301 +西工53MC
よく考えるとハンペンの画像は一枚も使っていませんでしたね。
ということで、こんな写真を引っ張り出してきました。

まだ、バスのことを余り解っていない頃ですので、
この車輌が稀代の珍車であることなど知る由もありませんでした。
それにしても、よくぞ撮影していた・・と思います。
e0030537_1145134.jpg
・亀の井バス 日野K-RD301 +西工53MC 1995年8月 大分県別府市(亀川駅)

大分は、今も昔も玄人好みの珍車が多いですね。

ところで、バスコレ方面で、96MCのことを「MC」という人が増えましたが、
それでは、58MC、53MC、42MCはどうするのかと・・・・。
これは富士重工で言ったら、5Eや7Eを「E」と言っているようなもので、
なんとも奇妙な略称に聞こえます。

※2015.2.8 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-28 00:37 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
銚子電鉄
私が銚子にはじめて行ったのは1990年。
既に内野工務店の傘下に入り、塗装変更がはじまっていましたが、
どうにか、旧塗装車を見ることができました。

銚子は、貴重な戦前の車両が在籍しているのですが、
どうしても現行塗装が気に入らず、足が遠のいてしまいます。
e0030537_010980.jpg
・銚子電鉄デハ702 、301 1990年8月 仲ノ町

こんな風景も物凄く簡単に作れる時代になったわけですね。

※2014.10.29 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-25 02:34 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
君にMerry Xmas
クリスマスっぽいバスの写真なんて
撮影しているわけはなく。
e0030537_1395695.jpg
昨年の11月、都営地下鉄新宿線10-000系撮影の帰りに新宿西口で写したもの。

それにしても、東交の写真は撮らなくなったなあ。
やはり、私は2000年以降に製造されたバスに、あまり興味がないようです。

一方で、JTBの昭和30年代のバス写真集。思わず買ってしまいました。
よくわかっていなかった昔のバス塗装が解り、大変貴重な資料です。
結構、誤解されてきた部分も多かったわけですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-24 01:45 | バスのある風景 | Trackback | Comments(0)
お主もワムよのぉ・・・・。
街はクリスマス。
クリスマスといえばワムのラスト・クリスマス。
ワムといえば・・・ということで、こんな車輌を。

津軽鉄道の津軽五所川原駅でホームに据え置きになっている貨車。
ホーム側は沿線案内の板がついていますが、
反対側から見れば、このような好ましい木造貨車。

流石に「ワム」というだけあって、
地方私鉄らしい「ワ」より一回り大きいようです。
e0030537_013894.jpg
・津軽鉄道ワム5 1994年2月 津軽五所川原

しかし、雪の晴天の日に黒貨車なんて、最凶の組み合わせもいいところ・・・。

※2014.10.29 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-22 01:27 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
路線車と貸切車
これまで、何人かの方から「富士重工製路線バスのページ」に続き「富士重工製貸切バスのページ」を・・・と言われたことがある。しかし、私自身、もともと路線バスから、この趣味に入ったこともあり、貸切車に関しては、ほぼ門外漢だった。ゆえに、とても作る事ができる状態にはなかった。

その後、あらゆるバス会社に行き、路線車のついでに見ているうちに、漸く貸切系の車輌も理解できるようにはなってきたが、未だによく解らない部分も多い。

そうしているうちに、一つ、気付いたことがある。
「路線車と貸切車を総合的に眺めないと、事業者単位のメーカー別車種構成の特徴を見ることはできない」
ということである。
路線が、ある特定メーカーばかりだからといって、貸切や高速までそのメーカーばかりとは限らない、あるいはその逆である。

たとえば頸城自動車(新潟)は、路線車はダントツでいすゞが採用されている。しかし、貸切車・長距離路線車は三菱(それも富士架装)が多く、そこに他メーカーが少しづつ加わる。だから、路線車では異端に思える三菱車も、事業者全体で見れば、特別なものではないのである。

それはコーチビルダーに関しても同じである。
今回画像を挙げた、長電バスは、路線車の富士架装は3Eまでで5E以降は皆無である。
しかし、一方で、貸切ではその後R3や7Sを導入している。
同じような傾向は、福島の常磐交通自動車などでも見られる。

いずれにしても、路線車だけ、あるいは貸切車だけを見て、その事業者全体のメーカー別導入傾向を判定してはいけないのである。

e0030537_1242578.jpg
長電バス 三菱 P-MS715N +富士15型R3 2002年12月 長野県長野市

・・・自戒の念もこめて。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-21 01:27 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
琴電、コトデン、ことでん
土日、高松に行ってきました。
駅に行ったら、なんとなく切符が取れてしまったので・・・。

これで、1993年以降13年連続、合計24回目。
いちばん多い時は年4回行った年もありました。
しかし、高松は遠い・・。

まあ、いろいろありましたが、いよいよ来年は旧型車全滅。
久しぶりに行く回数が増えるかもしれません。
e0030537_23485587.jpg

これは、今日の仏生山(携帯電話のカメラで撮影)

300、500、120に取りつけられた板は、
それぞれ、こんぴら2号(1010)、りつりん号(12000)、こんぴら号(10000)のものです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-18 23:51 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
東へ西へ
以前も書きましたが、三菱MKなどは自家用・特定用としても大量に採用されていました。
これらが地方のバス会社で第2の職場を得た時、マニアは、その出所について頭を悩ますことになるわけです。

そうした事例でも、特徴ある車体を持つ場合はなんとか解る事もあります。
ブルーライン交通(山口県)と頸城自動車(新潟県)で見かけたP-MK117Jです。
当初は気がつきませんでしたが、この2台、仕様がほぼ同一です。

その後、八方手を尽くして情報を捜し求めた結果、どうやら和歌山県のユタカ交通の特定車だった模様。他に、信南交通(長野県)や熊本電鉄にも移籍しているようです。
e0030537_150572.jpg
e0030537_1512946.jpg
ブルーライン交通 三菱U-MK117J +呉羽 2002年7月 山口県美祢市
頸城自動車 三菱P-MK117J +呉羽 2005年10月 新潟県上越市

中折戸のバスは、どうも妖しいのが多い。
[PR]
by hiro_hrkz | 2005-12-15 02:00 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)