本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~少しは自分で調べて~
「東横イン」騒ぎに乗じて、東急インに抗議している人がいる。
それどころか東急グループの姿勢を批判するものまで。
しかし、東横インは東急グループとは何ら関係がない。
つまり、思い込みを元にした攻撃(・・確信犯的誤爆)を行っているのである。失笑を禁じえないが、
少なくとも、批評を行うのなら、最低限の事実関係は調べてから行うものである。

ところで、この最低限の事実関係の確認、私達、マニアが鉄道やバスについて記述する時も
あらためて重要なことだと感じている。
たとえば、廃止になった仙北鉄道ついて、よく「塩釜交通(または古川交通)を前身とする宮城バスに吸収」されたという記述を見かける。しかし実際は、宮城県北の大バス会社だった仙北鉄道が宮城バスに改名の上、系列の(旧)宮城バスを吸収したのである。この間違いを交通経済学出身で地方私鉄関係の著述では随一の人物が行っているのだから、言わずもがなである。
とはいえ、私もこの誤解を長いことしていた。気がついたのはweb上で宮城県の人に指摘されたからであり、その上で改めて宮城交通の歴史を調べて理解ができた。

これに限らず、鉄道という名がつく事業者=鉄道中心の事業者という考え、あるいは鉄道の雰囲気で会社の規模まで判断してしまう例は、いまだ鉄道趣味者の中に多いように思う。
e0030537_23434764.jpg
宮城バスの文字が残る 宮城交通石巻営業所 2000年4月

バスといえば、無邪気に「(撤退以前は)富士重工は東日本に、西日本車体は西日本に」という表現も見うけられる。しかし、富士重工を採用した事業者は南関東・東海を中心にした東日本に多いもののの、その分布は全国である。一方の西工にしても、特例を除けば、確かに京都市交通局を東限とする地域に導入された。

だが、その詳細を見れば、九州は全域での導入があるが、中国・四国地方に目を転じれば、山陽は、広交や岡電のようなヘビーユーザーがある一方で、福山周辺各社のように西工が殆ど入ってない地域があり、まだらな印象である。そして、四国・山陰では殆ど導入例がない。さらに近畿地方でも、公営各社や阪急、南海、阪神、神姫バスなどでの導入がある一方、京阪や近鉄、奈良交通などでは見ることができない。

したがって、条件反射的に「東日本、西日本~」と言っていいのか、考える必要はありそうである。

さて、自分のサイトを改めて見てみると・・・思い込みで書いているところが、やっぱり見られる。
全体的に見なおした方が良さそうだ・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-31 23:15 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
十和田観光電鉄 クハ4406
ノーシルノーヘッダーというと、それだけで新しい電車という気がしてしまうのは、
新工法ステンレス車が闊歩する現代と、相当ズレているんだろうなあ・・と。
e0030537_23555040.jpg
・十和田観光電鉄 クハ4406 1994年2月 十和田市駅

そういう、個人的に「新しい」感じのする電車といえば、十和田観光のモハ3401とクハ4406もそうですね。
この2両、同系に感じますが、並べてみたら随分雰囲気が異なっていたのを思い出します。
前者が1955年 帝国車輌製、後者が1962年 川崎車輌製ですから、当然といえば当然ですが。
最後まで、東北式車番を使用していたことも、今となっては思い出話ですね。

そういえば、バスは白地なのに対して、電車はクリーム地だったんですね。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-30 00:43 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
くしろバス いすゞBU10 +川重
道東の要衝、釧路市と周辺町村に路線を広げるのが、くしろバス。
しかし、この社名になったのは、1989年のこと。それまでは「東邦交通」と称していました。
この旧社名、道東の地理的位置を端的に表していて、個人的には現在の平仮名社名より
いいと思うんですが。

趣味的には、近年はあちこちから車輌が移籍しているところが注目されますが、
私は、ちょと前の、BUが現役の事業者という印象が強くあります。
e0030537_05066.jpg
・くしろバス BU10 1994年2月 北海道釧路市

個人的には、黄色のくしろバス初代塗装より、東邦交通時代の赤系塗装のほうが好きでした。
釧路といえば中心商業地の崩壊が全国でも特に酷いのが残念です。

※2014.6.13 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-29 23:26 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(7)
青柳町
函館に行くたび、必ず立ち寄る場所。それが、この青柳町~谷地頭。
有名な場所なのでご存知の方が多いと思いますが、
函館山の付根で、この青柳町が峠の頂上のような感じになります。
したがって両方向とも急勾配で、特に谷地頭側は撮影地として知られています。

この独特の雰囲気は何度行ってもいいですね。
逆に、観光地的に有名な、船見坂や洋館のある「どっく前」方面は、
3回ほどしか乗った事がありません。
e0030537_2350150.jpg
・函館市交通局 8001 1994年2月 青柳町

定番の谷地頭温泉に浸かり、ミッドナイトで札幌に行ったのも、既に過去の話。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-27 03:00 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
井笠鉄道 いすゞU-LR232J +富士8E
意外に知られていないのが、KC-LRに富士8Eを架装した車輌はメジャーですが、
U-LRに8Eを架装した車輌はマイナーであること。
神奈中グループなんぞに在籍しているので全国にそれなりにいるだろう・・と思っていると痛い目に遭います。
とはいえ、私も最初は、U-LRは8E架装が普通だと思っていましたが、撮り歩くにつれて6Eがデフォルトだった時代が長いことが解りました。
e0030537_02325189.jpg
・井笠鉄道 いすゞU-LR232J +富士8E 2003年3月 岡山県笠岡市

その貴重なU-LR+8Eのうち1台が岡山県西に路線を広げる井笠鉄道に在籍しています。
現在までに私が見た中で、U-LR+8Eでは唯一のエアサス車。
この時は、笠岡~寄島で使用されていました。

※2016.12.18 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-25 00:55 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
富山地方鉄道 岩峅寺駅
久々の駅舎ものを一つ。

富山地方鉄道は、寺田や五百石など、趣のある古い駅舎が残っていて楽しいところです。
(問題は、それを巡ろうとすると、電車の本数が少ない+運賃が高いことですが)。

その一つが、上滝線と立山線が合流する岩峅寺(いわくらじ)駅。
e0030537_031713.jpg
e0030537_032872.jpg
e0030537_034357.jpg

近くに神社があり、それを模したものと考えられますが、
東京育ちの私が、真っ先に思い出したのは、そう

「銭湯」

かつて、自宅から徒歩15分の範囲に、実に8軒もありましたが、
それらは皆、こういった大きな入母屋付き。
この様式は、東京の銭湯に多い・・というか特有なのですが、
経営者に富山県出身者が多かったと聞くと、どこか納得のできる話であります。

あ、次の街コレには銭湯がありますね・・・・
e0030537_041643.jpg

・いずれも1999年6月撮影

※2014.10.28 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-24 00:40 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(2)
熊本バス 三菱U-MP218M +呉羽
熊本バスというと、貸切格下のトップドアやら、西工架装のやけに腰高なHTを
思い出しますが、一方で、鹿児島市交やら北九州市交など、あまり例のない事業者から
車輌が移籍しています。

その中で、漸くメジャー?なところからやってきたのが、この、もと京浜急行のMP。
京急出身車は、以前は南部や日ノ丸など比較的限られていたと思いますが、
このところ、随分増えてきた様に思います。
導入が早かったワンステップ車というのも、人気の内訳なんでしょうね。
e0030537_0363833.jpg
熊本バス U-MP218M +呉羽車体 2005年6月 熊本県熊本市

そういえば、バスで橙色系の塗装は少ないように思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-23 00:39 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
凸型電機
鉄コレ第一弾で、調理方法に困っている人が案外多いのが名鉄の電機。
キャブが大きく、ボンネットと幅が同じなのを見て、ふとこの車輌を思い出しました。
e0030537_233385.jpg

2004年夏に、ドイツに行った際に撮影したもの。
カールスルーエ近郊を走るアルブタール鉄道が、メーターゲージだった時代に使用されていたもののようで、アルブタール駅構内に保存されています。

何分説明板等が全くないため、メーカーや製造年等はわかりません。
こんな公園のような緑の多い駅構内というのもいいなあ、と思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-22 23:08 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
臼津交通(大分バス) 日野K-RJ172AA +日野車体
大分バスの臼杵・津久見地区分社会社の臼津交通といえば、富士6Eの一つ目RJや、RKが有名ですが、日野車体を載せたRJも少々特徴のある車輌。
e0030537_01581909.jpg

・臼津交通(大分バス) 日野K-RJ172AA +日野車体 2001年9月 大分県臼杵市

サブエンジンクーラーで、RJの初期車体であるため、方向幕が中途半端にぽっこり飛び出しています。
大分バスは、一見普通に見えるバスがとんでもない珍車だったりすることが多いですね。

※2016.08.07 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-21 21:28 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
私有貨車のこと
仕事の都合で、新子安に行きました。
新子安と言えば、某プロジェクトXでお馴染みのビクターの工場がありますが、
その陸側にあるのが、貨物線の新興(旧:入江)駅。

地方私鉄→保存車・廃線と辿った後、就職する前後の1年程度ですが、私有貨車やら専用線に興味を持っていた時期がありました。(こういう状況になってもEF65やらDD51が牽く本線貨物になんぞ興味を持たないのが、自分らしいというかなんというか)。
その頃のアルバムを見ると、千鳥町に南四日市、安中、東名古屋港、秋田港なんぞにも行ってたんだなあ・・と。まあ、大概バス掛け持ちで、そのままバスオンリーになってゆくわけなんですが。

その中には、この新興駅も。しかし、久しぶりに陸橋からみた構内は、旧新興方面の線路ともども草に埋もれていて、使われなくなったことを、はじめて知りました。
その新興駅で撮影した一枚を。
かつて中央線の塩尻との間で活躍していたアルミナ専用車です。
e0030537_0411071.jpg

ホキ3002(昭和電工所有) 1997年5月 新興

結局、軸重が重すぎるものは、水が合わないんでしょうな・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-01-20 00:43 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(0)