本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~情報の信頼~
ネットの世界では、自分の知りたいことは検索エンジンで調べるのが
常套である。ところが、最近、これがうまく行かない。
ネット上の無料百科事典ことwikipediaから、内容をコピペした
得体の知れない「増殖サイト」がやたら引っかかるのである。

おまけにブログなど検索結果だけを表示する増殖サイトも多々引っかかる。
一方で、まともなページはリンク切れやら文字化けが続出。
アルゴリズムがどうなっているか知らないが、信頼性にかかわる問題ではないのか?

閑話休題。そのwikipediaの内容であるが、自由に書き換えることができる故に、
ネイチャーとブリタニカが正面衝突したように海外でも論議の対象となっている。

私は鉄道・バス関連に関して、幾つか読んだが
森羅万象の普遍的記述を行う百科事典なのに
事実誤認、未確認事項、内輪ネタ、主観的記述のオンパレードに頭が痛くなった。
更に絡めるべき必要のないネタ(声優だのなんだの)が書かれていたりする。
これでは「ヲタの知識のハケ口」である。

もっと、書いた人物が特定できる個人サイトならこれでも問題ないが、
匿名での編集が主体であり、ログインユーザーにしてもその文責の履歴が問われない
(ユーザー単位での履歴を見ることができないのは問題でしょう)のであれば、
wikipediaは証拠の提示が不可な、ガセネタの宝庫・・として認識せざるを得ない。

その上でwikipediaを使うのであれば未だいいのだが、
問題はwikipediaを信頼できるソースとして扱うことが多々見られるのである。

匿名主体、ガセの宝庫といえば、「嘘を嘘と見抜けない・・・」云々でお馴染の某チャンネルと同等ということだ。いや、論戦過程が見える分、某chのほうがマシとさえ思えるのである。
しかし、ダーティーなイメージの某chを情報源として持ってくれば笑止千万だが、
wikipediaをソースとして持ってきても、何も言われない現状(最近は指摘する人が増えましたが)は、それが鵜呑みにされる可能性とともに、怖い。

本来、全ての情報は、自分で正誤を確かめるという行為が必要である。
しかし、それは大変な作業であるため、通常は情報の正誤を、情報源に対する信頼で判断することになる。普段はそれでもいいのかもしれないが、時として足を止めてほしい。

大手メディア各社の報道の中に、事実誤認が多いことは、
自分の仕事上の専門分野を報道されたときに実感することが多い。
そして、人々の記憶に間違ったまま収まることになんともいえない無力さを感じる。

情報に足元をすくわれる危険性があるのは、なにも某議員だけではないのである。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-31 01:30 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
少し愛して 長~く愛して
・・という広告でお馴染み(古!)の会社の工場(山梨県北杜市白州町)に行ってきました。
(まあ、「先生、キスしたことありますか?」でも「恋は遠い日の花火ではない」でもいいんですが。でも「女房を酔わせてどうするつもり?」はダメです。)

こんなところには鉄的・バス的物件なんてものは存在する訳がない・・と思っていたら、
意外なものがお出迎え。
e0030537_145560.jpg

なんと、(U-)LV870Lワンステップバスの3扉車。(最後部ドアは締切り)
1990年度に東京都交通局が導入した都市型超低床車と同じ仕様で、一部ボックス式の座席もそのまま。
屋上の通風器類の配置が東交とは異なりますから、もともとサンプル車か何かなのでしょうね。
固定式の窓は改造と思われます。

この他に2台のバスを見ましたが、いずれもキュービック。
うち1台はもと東京都営のU-LV324Kで、同様に窓を固定式に、また車内の座席を一部三方式に改造しています。
もう一台はナンバーなしの構内専用車。側面がT字窓のP-LVでしたが、近づくことができず素性はわかりませんでした。
e0030537_1205443.jpg
もと都営のU-LV324Kと、サンプル?のLV870L

工場内が広いので、これらのバスを使って見学を行います。
ウ井スキーと天然水で見学コースが異なりますので、時間に余裕のある方は両方見られるとよいでしょう。鳥の絵が書いてあるのは、工場一帯をバードサンクチュアリ(野鳥の聖域)としているため。

それにしても工場見学・・・・大人の社会科見学は楽しいですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-29 01:30 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
栗原電鉄 ED201
日本の軌間が1067~1435mmの鉄軌道では、台車・車輪の改造で異軌間への転出例があります。しかし、762mmは規格が異なりすぎて、ほとんど例がありません。
その数少ない実施例の一つが栗原電鉄のED201~203でした。
1950年 中日本重工製。1955、57年改造。

戦後の電化ブームの時、762mm軌間の場合、同時に改軌した例も多いのですが、
ここは、5年のブランクが生じてしまいました。
車体の小ささと台車、パンタの大きさがアンバランスですね。
ちなみに電車は下津井電鉄に譲渡されましたが、これが改軌された姿も見てみたかったような・・・。
e0030537_22335860.jpg
・栗原電鉄 ED201 1994年2月 若柳

台湾の台東線のように大型規格であれば、サブロクへの改軌もさほど違和感はないのですが。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-27 23:27 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(2)
群馬バス いすゞK-CDM410 +北村
いすゞ+北村というと、大型車か小型車ばかりが連想されますが、
数は少ないながらも中型車に架装した例がありました。

小型車(K-DBR370等)と同じ流れの角張ったボディーが特徴で、
特に屋根肩が三角形に切り取られた部分が印象的です。
川重のものが丸みをもったボディーだっただけに、余計対照的でした。

ところで、この車輌。私は、あまり見かけた記憶がありません。
蒲原鉄道、関東鉄道、そしてこの群馬バス程度です。
その上、廻り合わせが悪く、ドア側のカタログ形写真を撮影していないのが悔やまれます。
e0030537_01264225.jpg
e0030537_01264702.jpg
・群馬バス いすゞK-CDM410 +北村 1997年8月 群馬県高崎市

淘汰も、川重に比べ早かった記憶があります。

※2016.3.23 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-26 21:52 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
富山大橋
富山ライトレールも車輌搬入がはじまり、いよいよ開業へのカウントダウンがはじまったようです。将来、既存の富山地鉄市内線との接続も楽しみです。

地鉄市内線の撮影地といえば、神通川に架かる富山大橋。
かつては、この袂から発着していた射水線に直通していました。
鉄道模型趣味1981年3月~4月に掲載された、同線の詳細なシーナリーガイドが印象的(・・この記事を書いた中心人物は、レイルマガジンの名取編集長だそうです)で、廃線跡を辿ったりもしました。

デ5010がこの橋を渡る姿を見てみたかったものです。

e0030537_07412.jpg

富山地方鉄道富山市内線デ7000(番号不詳) 2004年5月 安野屋~新富山

しかし、こうやってカメラを構えた時に限って、広告電車がやってくるのは仕様か・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-25 00:12 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(1)
姫路市交通局 日デKC-UA460KAM +富士7E
九州以上の富士重工不毛地帯だった関西の乗合事業者。
西工が強いことに加え、UDが少ないのも理由でしょうね。

それでも、UDのノンステップ車は当初、富士重のみだったゆえに
購入したという例もいくつかありました。
その一つが、姫路市交通局。
兵庫県内の富士重工は大変少ないので貴重な存在です。
e0030537_2357410.jpg
姫路市交通局 日デKC-UA460KAM +富士7E 2005年4月 兵庫県姫路市

姫路市営はリアのスタイルに特徴がありますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-22 23:58 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
鹿島鉄道の貨物列車
いつでも撮れると思っていたら、いつのまにか無くなっていた典型が
鹿島の貨物列車です。
e0030537_04367.jpg
・鹿島鉄道 DD13 171 ほか 1999年2月 浜~玉造町

自衛隊が顧客でしたから、私鉄貨物の中では最も安泰な部類だと
勝手に思い込んでいました。
パイプラインの老朽化・・という理由は予想外でした。

※2014.1.20 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-19 23:57 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
日本交通 三菱K-MP518N
日本交通は、戦後参入事業者でありながら、戦時統合事業者に
匹敵する路線網を広げた珍しい事例ですね。

鳥取県の事業者が「日ノ丸」と「日交」と、どちらもまるで我が国を代表するような名称なのは
偶然でしょうが、似たような名前の事業者が東京にもあるのも面白い話で。

日交は三菱が主体ですね。
このキリッとした塗装は、結構気に入っています。
e0030537_095596.jpg
・日本交通 三菱K-MP518N 1998年9月 鳥取県米子市

鳥取は県東部に行ったことがありません。
兵庫県北部と合わせて、行きたいですね。

※2014.1.20 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-17 00:25 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
熊本電気鉄道 モハ101
保存車・放置車に興味を持っていた時に尋ねたものの一つ。
交通センターからバスにゆられて菊池まで。
古いピクで菊池駅跡に、熊本電鉄オリジナルのモハ101が保存されていることを知ったからです。

が、現地にあったのは保存とは名ばかりの放置された車輌。
案の定、撮影後1年以内に解体されたそうです。
e0030537_131407.jpg
e0030537_1315298.jpg
e0030537_13241.jpg
・熊本電気鉄道 モハ101(保存) 1995年8月 菊池駅跡(熊本県菊池市)

この日は体調不良で、このあと、藤崎宮前に着いた時にはギブアップ、上通の薬局に直行・・。

※2015.2.23 画像を追加・交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-15 00:20 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(2)
高知県交通 日野RC301? +日野車体
高知県交通は富士3Eが現役の事業者として有名です。
しかし、一方で日野の大型車は、早めに消えてしまいました。

UDは大型・中型とも路線車が中心なのに対し、
日野は中型路線車と貸切・高速車が中心ですから、もともと少数派だったことも要因でしょうね。
この車輌は、中ドアの狭さやサブエンジンクーラーなどが、3EのK-U31K等と共通の仕様になっていることがわかります。
e0030537_00364377.jpg
・高知県交通 日野RC301? +日野車体 1996年10月 高知県高知市

RTも在籍していたそうです。

※2015.10.14 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2006-03-12 23:44 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)