本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~一部≠全部~
以前、某無料百科事典を憂う文章をここに書いたが、
その某事典の中で、こんな表現をみたことがある

「西工を好んで導入する事業者が多い。代表例として(中略)トップドアワンステップバスを導入した両備バスなどがある。」(こちら より)

これは現在修正されているが、最初に書き込んだ人は、何故こんな文章を書いたのか、非常に疑問なのである。
というのは、実際には両備が西工を導入したのは、この25年に限れば、高速バスで共同運行するN社に合わせて、三菱製の高速車を入れた時程度で、それ以外は、ごく一部を除き西工架装の車は入っていないのである
(子会社の岡山電気軌道は一大ユーザーだったが)。
e0030537_23441100.jpg
・両備バス 1990年7月 西大寺

実際に岡山へ行かないまでも、両備の画像ならネットで検索すれば、それなりにヒットする。
それなのに、こんな初歩的な間違いが発生し、長らくほったらかしにされていた
(2005年5月2日10:05~2006年2月16日12:18)のは疑問である。※1

結局のところ、情報収集を怠っているか、分析能力が未熟か・・ということになる。
このうち、現在深刻なのは、後者のほうではないか・・と思う。

たしかにネットの時代になり情報は増えた。外国の情報も言語を厭わなければ入ってくる。
しかし、それは決して「万遍なく」という状況にはなく、質の点でも量の点でも偏りが大きい。
客観的なデータと、主観的な感想が、それとは解らずに混在している。

これをきちんと整理・再編成の上、処理するものだが、
多くは、目に飛びこんで来た時の感覚で処理してしまい、さらに2次的に伝えているのではなかろうか?
もちろん、それは主観的なものと解る表現であれば問題はない。
だが、そのまま客観化・一般化してしまうと、とたんに怪しくなる。

こんな例がある。
「○○製の車体は、××が悪い。と、その工場の整備士さんが言っていた。
 実際、某社の○○製車両には、そのような不具合が発見される。
 だから、○○の車体は、全国的に評判が悪い。」

はっきり言えば、前者は個人的な感想である。
中間は、それを裏付ける症状が発見された事例である。
だからといって、これだけでは、そのメーカーだけに特徴的な事例なのかは解らない。

もちろん、それぞれは意見として、また発生現象として尊重されねばならないが
最後に、定説・一般化してしまうのは詭弁もいいところである。


当然の話だが、ネット上の表現物の多くは、アマチュアが書いているものである。
そして、書物のように編集者がいるわけでもなければ、新聞のようにチェックする人間もいない※2)。

上手くいけば自分の意見が誰にも邪魔されずに伝わるが、
逆に、公表前のレビューがない故に、危険な表現・誤った表現が基で誤解する可能性も高いわけだ。
従って読み取りも慎重であって然るべきなのである。

More
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-30 18:55 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(6)
一畑電気鉄道 デハ72
今は、京王と南海電車が走る、山陰唯一の電鉄。一畑電車。
しかし、10数年前までは吊り掛け電車が爆走していました。

画像は、デハ71形。武蔵野鉄道デハ5571~5574→西武鉄道モハ301~304で1942年、木南車両製。どことなく雰囲気は青梅電鉄のクハ700あたりに通じるものがあるとおもいます。
1964年に、窓配置を変更の上入線。車内はクロスシートが備えられ、特急・急行でも使用されました。
e0030537_2343016.jpg
・一畑電気鉄道デハ72 1993年8月 津ノ森

このころ、一畑は列車削減を行っており、昼間の列車が80~90分程度の間隔でした。
したがって、撮影は非常にしずらかったのを覚えています。
それなのに、宍道湖がよく見える駅で降りてしまい、ロクに列車撮影ができなかったのはご愛嬌・・。
この時は、貴重な電車が残っていたのに、ロクな写真を撮っていないのが、未だ残念です。

※2014年8月30日 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-29 23:45 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
椎名観光バス 日デU-UA440HSN +富士7E
多重移籍シリーズ、ラストは北関東から。

茨城県のジェイアールバス関東は、高萩・水戸・土浦に拠点がありますが、
いずれもローカル路線は縮小があいついでいます。
このうち高萩地区は川尻(現:十王)駅発着のローカル路線を、地元の椎名観光バスが
引き継ぎました。今年春には、高萩駅発着の路線も同社に移管され、高萩のJR一般路線バスは消滅しました。

で、今年の移管に際してJRから車両が移籍しましたが、
これが高萩在籍のクルマではなく、他の支店から持ってきたものでした。
その1両がこれ
e0030537_1433132.jpg

椎名観光バス 日デU-UA440HSN +富士7E 2006年8月 茨城県高萩市

一見、ただのJRバスの7Eに見えますが、屋根を見ると四角い箱が載っております。
そもそも、WBが4.7mで日デということは・・・。

つまり、この車両はもと東京都交通局の車両です。
長野県の小諸支店で使われていましたが、椎名観光へ再度の移籍をしました。
他の事例を知っていると、これはちょっと意外な感じがしました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-28 01:49 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
新潟交通 モハ2229+モハ2230
鉄コレ第3弾、まもなく発売記念。

いやー、新潟交通電鉄線の車両がプラ製品で揃う時代が来るなんて思いもしませんでした。
長生きはするものです(????)。
あとは小田急1400があれば・・・・。

閑話休題。
この1958年川車製のWNドライブ車を、新潟交通が譲りうけたのは、
たしか、1985年に列車増発か何かを行ったという記憶がありますが、定かではありません。
いずれにしても、最後まで小田急塗装を維持したのが面白いところですが、
前面が変わった2229は兎も角、2230も青帯の角に丸みがないなど、ちょっとオリジナルとは異なっています。
e0030537_227187.jpg
・新潟交通モハ2229(上) 1998年11月 東関屋
e0030537_227873.jpg
・新潟交通モハ2230(下) 1999年2月 東関屋

この車両は、車内のスピーカーのデザインが凝っていたのを思い出します。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-20 00:47 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
南越後観光バス 三菱P-MP218K +呉羽
近年、大量の移籍車両を導入した越後交通グループ。
その前所有者も、たいへん多岐に渡っているのが特徴です。

今回のお題は、エアロスターK。同社では自社発注車でメジャーな車両です。
e0030537_014182.jpg

南越後観光バス 三菱P-MP218K +呉羽 2006年8月 新潟県十日町市

一見して、もと川崎市交通局のP-MPと解ったものの、ナンバープレートを見たとたん悩むことにになります。
というのも、この車両は、この1年程度のうちに導入されたものですが、川崎市のP-MPは、5年程度前に既に全滅しており、時期が合いません。
そもそも、越後交通グループに移籍した川崎市MPは、角ライトのU-車でハイライトカラーの車両が、六日町営業所に在籍するのみでした。

後に、画像を見比べた結果、1)後部の方向幕が撤去されている、2)側面のスピーカーの位置から、名鉄東部観光(←三河交通 =サンライズバス)の再譲渡車と推測しました。果たして・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-19 00:21 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
江ノ島電鉄 304
江ノ電というと、緑の飾らない電車じゃないとダメ・・というのは
どうも大多数の共通認識のような気がします。
10形などは、どうも今一つぱっとしないといいますか。
逆に、新500が拍手喝采(少なくとも自分の廻りでは)だったのは、うなずける話です。

ただ、贅沢を言えば、やはり江ノ電らしい江ノ電は300形なんですよね。
それも更新前の302・303あたりが・・。
e0030537_22114697.jpg

・江ノ島電鉄304 1999年5月 七里ヶ浜~峰ヶ原信号所

でも、今回とりあげるのは、その300形の中では、どちらかといえば影の薄い感のある304F。
スマートでピカ一の305F、ゲテモノなら306F。そういった特徴がないだけに、何か印象が薄い感は否めません。ただ、廃車の時は流石に人が集まりましたが。
なお、うしろのピンクの車両は1151 NONNOの広告車です。

※2014.10.27 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-18 01:24 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(2)
昭和自動車 日野P-RJ172CA +日野車体
多重移籍シリーズの2回目。
昭和自動車の前原営業所に在籍するP-RJ_CAです。
e0030537_0251954.jpg

昭和自動車 日野P-RJ172CA +日野車体 2001年9月 福岡県前原市

昭和には様々なRJが在籍していますが、この車両は路線型では数少ないメトロ窓車です。
この車両、もともとは、千葉県の阪東自動車の車両です。
その後、たしかこの中型車を使用していた印旛方面の路線が廃止になり、
同じ東武系列で群馬県の十王自動車に移籍しました。
e0030537_0253814.jpg

十王自動車 日野P-RJ172CA +日野車体 2000年7月 群馬県伊勢崎市

しかし、十王は、阪東自動車から短いスパンで車両を購入していたため
この車両も何年も使わないうちに廃車。
この時、まだ車齢12年程度だったので、昭和自動車に移籍しました。

東武系列は、こういった車両のタライマワシが他にもありますね。
東武系列を渡りあるいた阪東→茨急→東野のRC301。
あるいは、当車と同じ事情を抱えた、阪東→十王→くしろバスのU-HT2MMAAなど。

昭和バスの福岡地区は、以前は姪浜~天神で朝には束になって走っていたのですが
福岡~前原の高速バスの載せ変えと同時に一般路線が徐々に崩壊し、ついには路線大削減に至ったのは残念な話です。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-17 00:43 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
豊橋鉄道渥美線 デワ11
鉄道線用の木造単車のデワは模型ではよく見かけますが、
実例となると、そんなには多くないことに気がつきます。
その中で、長生きしたゆえに見る機会が多かったのは静岡鉄道のものと、この豊橋鉄道のデワ11ですね。

とはいえ、この車両は、もともと電動貨車だったわけではありません。
渥美電鉄は1923年の開業にあたり日本車両製のボギー車と単車を同数そろえるという、ちょっと変わった構成になっていました。

その単車、デハ101~103が、この前身。
名鉄合併でモハ1~3になった後、戦時中の貨物輸送量増大に合わせ、電動貨車(モワ31~33)に改造されました。そのうちの33が1966年の大改番でデワ11になりました。

屋根が深く、どことなく落ちついた感じがするのは、もと旅客車であることが原因かもしれません。
e0030537_1393486.jpg

豊橋鉄道渥美線 デワ11 1996年8月 高師

これも、今は沿線のどこかで保存されているそうですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-15 01:54 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
下北交通 いすゞU-LV324M +アイケー
輸送機械の世界では、お払い箱になったものでも、別の事業者に譲渡され再度使われるというのは普通の事例です。鉄道車両のように寿命が長いものでは、複数回の譲渡が行われるのは珍しくありません。

これが、路線バスの場合、耐用年数の関係で、複数回の譲渡(多重移籍)例は珍しいものでした。
ところが、最近、こうした譲渡車両の移籍時の車齢が上昇しており、また路線バス事業を廻る情勢の変化で、幾つかの例が見られるようになりました。
今回から、その数例を紹介したいと思います。

先ずは下北交通のLVです。
こちらでも触れましたが、同社は三菱中心ながらも、特定輸送用などで他メーカーの車両も若干ではありますが保有しています。むつの営業所にお邪魔すると、意外に多様な車種が並んでおり、驚きました。
e0030537_1273394.jpg

下北交通 いすゞU-LV324M +アイケー 2005年9月 青森県むつ市

その中に、このLVが止っていました。すぐに、もと淡路交通の車両であることは解りました。
が、ナンバーから類推される移籍年では、淡交側の廃車は既に前中扉になっており不自然です。この車両、現在、移籍車市場を賑わせる南海電鉄(南海バス)経由でやってきたものでした。

リースゆえ5年程度で廃車にする淡路交通の特殊事情、そして南海で廃車になる頃には
移籍車両の車齢高騰が発生したために再度の移籍が可能だったと、捉えることができますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-14 01:32 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
西日本鉄道大牟田線 モ1101
急行電車こと西鉄大牟田線の車両は、他の大手私鉄・地方私鉄のどことも通じない
独特のスタイルに魅力があります。
特に、車体幅の狭さ(2670mm)が、それを強調していると思います。

その大牟田線の華は、なんといっても特急電車。
西鉄初の高性能車である1000(1100、1200)形も1957年に、これに投入されました。
私は、3扉普通格下/冷房化後の姿しか知りませんが
初期高性能車独特の丸みが、いい味を出しているなあ・・と感じました。
e0030537_22153982.jpg
・西日本鉄道 モ1101 1994年9月 三沢

もっときちんとした写真を撮りたかったんですが・・サヨナラ運転には行けませんでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2006-09-12 00:14 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(3)