本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~「10年はやく」は今日のこと~
この趣味をやっていると、10年・・・いや20年はやく産まれたかった・・という感想を誰しも持つという。私もそのクチで、高井薫平氏と湯口徹氏の著作(とカラーブックスの軽便鉄道)にあこがれを持ち、そこに掲載された鉄道の廃線跡や保存車を巡って、あちこちへ足を運んだ。その度に、冒頭の言葉を何度も思い出した。

しかし、あらためて過去のアルバムを見てみると、これでも未だ、実際に見ることができたモノが多いことに、気がつく。東京の大手私鉄では京成を除き釣りかけ電車が存在していた。だいぶ減っていたとはいえ、地方私鉄も現在よりも多く、また戦前に製造された電車に乗ることも、(路銀さえどうにかなれば)苦ではなかった。

その道中で乗るJRの車両は、国鉄形があたりまえだったし、北海道では夜行列車が宿泊場所変わりというのも、ごく普通のことだった。
あたりまえすぎて、記録をとっていないものも多い。

自分では、どうってことのない経験だと思っていた。だが、、後の世代から見ると、羨ましがられるものである・・・と気がついたのは最近のことである。
国鉄の分割民営化から間もなく20年。大垣夜行の「ながら」化から11年。
旧型電車ばかりだった琴電長尾線に600が入ってから9年、鉄道よりサイクルの短いバスに関しては言わずもがな。
思えば、いま20歳前後の人でも記憶すら妖しいものも多い。ようするに、彼らにとっての「10年早く」を私達が経験していた・・ということなのである。時代は繰り返す。

それらに思いをめぐらすと、一つの結論にたどり着く。
・・・今見られるものは、今しか見られないのである。

だからこそ、見られるのなら、是非とも、多くのものを見てみたい。
暫らくたってから、それが重要だったことに気がつくし、逆にマトモな記憶がないことに
ガッカリすることも多い。
そして、見たものの比較の中で、自分が何をどういう理由で興味があるのか・・気付くのである。

実は、「富士重工製路線バスのページ」は、そうした禍根が元になっている。
あれだけたくさんのバリエーションがあった首都圏の富士5Eも、興味を持つタイミングが悪かったため、その多くを撮り逃している。実物を見た印象も薄い。
それを取り戻すかのように、地方へ5Eがいると聞けば飛んでいった結果がサイトである。

さて、まだまだ禍根はある。
鉄道やバス以外について、見ることができなかった(若しくは経験しなかった)という後悔の念を抱くことも多々ある。
時間は待ってくれない。
だからこそ今日を大切にしたい・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-31 01:21 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(3)
越後柏崎観光バス いすゞU-LV324L +西工58MC
「もう、何が移籍しても驚かんぞ!」と思っていても、更に驚くような車両が移籍する昨今。
これもそんな事例の一つでしょうか?

越後交通系列には、2004年の中越地震後に、阪急バスから三菱MP+西工58MCが入り、あっと言わせましたが、今回はまた別の事業者から58MCが入りました。
側面の方向幕部分が特徴ある大きさとなっているこの車両。もと伊丹市交通局の車両です。
これまた今までになかった事業者からの移籍例ですね。
伊丹といえば、淡路交通からキュービックバスを譲りうけたりしていただけに、時の流れ(と排ガス規制の強化)を感じずにはいられません。
e0030537_0355631.jpg

越後柏崎観光バス いすゞU-LV324L +西工58MC 2007年1月 新潟県十日町市

今回も各地で驚く移籍例をみることができました。追って紹介したいと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-28 00:37 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
住吉のクロッシング
全盛期には全国各地にあった、路面電車同士の複線交差というのも、
いまは高知のはりまや橋と、ここだけになりました。

・・・・というフレーズは、私が子供の頃から変わっていないのですが。

大阪市の南郊、神社で有名な住吉の街でX字にクロスするのが阪堺電車。
住吉公園や恵比寿町方面の電車が思いのほか少なく、
クロスする電車を同時に撮影するのは、なかなか難しいですね。
1993年に訪問した際に、なんとか撮影できました。

住吉公園へ向うのはダイキンエアコンの広告塗装となったモ307、1927年川崎造船製の古豪で、モ157を連結運転可能に改造したもの。一方、浜寺に向かうのは、当時、新製後間もないモ708。シックなオリジナル塗装が、なかなか似合っていました。
e0030537_2342038.jpg

阪堺電気軌道 モ307(右)、モ708 1993年9月 住吉

そういえば、阪堺電車の連結運転の画像で、あまり見かけませんね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-27 23:38 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
道南バス 日デKC-RM250GSN +富士8E
富士重工7E・8Eの時代になると、非冷房車は数が少ないですが、
それでも、若干の採用事例が見られます。
しかし、KC-でも非冷房車を採用したのは、(自家用を除けば)この道南バス程度でしょうね。
室蘭のあたりは気候の関係上、冷房が必要とされる日は少なく、
むしろ車両の床高さなど、別の面でのサービス充実を図ろうとしたことが
伺えます。
e0030537_00062652.jpg
・道南バス 日デKC-RM250GSN +富士8E 2002年6月 北海道室蘭市

KC-RMの高出力車というのも、ポイントですね。

※2015.6.23 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-23 00:25 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
オーストリア連邦鉄道(ÖBB) 4020系電車
日本国内では釣り掛け電車というと過去のモノ・・というイメージが強いですが
海外では、別に古いモノというわけではありません。
ということで、海外にいけば釣りかけサウンドを手軽に楽しむことができるところが
たくさんあります。
その一つが、オーストリア。ウィーンのSバーンの主力、連邦鉄道の4020系電車は、
電動機出力等の関係で釣り掛け式を採用しています。
考えかたとしては、機関車が釣りかけ式であるのに近いといえましょう。
e0030537_23171978.jpg

オーストリア連邦鉄道(ÖBB) 4020 013 2004年9月 Gumpold Skirchen

最近は新車も入りはじめたようですが、相変わらずこれが殆どのようで。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-21 23:19 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
九州産業交通 三菱U-MP628M +呉羽
前回、日野の初期ワンステを取り上げたので
本日は三菱の初期ワンステを。

他のメーカーと異なり、民間事業者で(僅かながらも)採用例があったのが三菱車。
この一つが、九州産業交通でした。
熊本市内4社で車イス対応車両を導入した時、産交はこの車両を選択しました。

画像は、その4社共通の全面フィルムによる外装
「モンタナバス」になっていたときのものです。
e0030537_20445740.jpg

九州産業交通 三菱U-MP628M +呉羽 1998年9月 熊本県熊本市

ちなみに、市営は日野のワンステ、熊電はJP、熊本バスはLV+58MCを導入しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-15 20:57 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道 デキ2
東芝の私鉄用電機といえば、俗に「海南島」などと呼ばれる戦時30~45t車が
思い出されます。が、それよりも小振りなこんな車輛もありました。
福井鉄道デキ2で、1949年製。
雰囲気は、どちらかといえば、日鉄自型っぽい感じがじます。

この車輛、もとは三井三池鉄道が発注した車輛。しかし、戦後混乱期の当時、製造枠の獲得がままならず、鉄道監督局の斡旋を受けて譲り受けたものです。
弘南鉄道ED301と経緯は同じですね。
e0030537_0494175.jpg

福井鉄道 デキ2 1993年3月 西武生

「西武生工場」・・・どうしても「せいぶナマこうじょう」と読んでしまいますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-13 00:50 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(3)
関東自動車 日野U-HU2ML +日野車体
1990年代前半、東京都交通局の要請ではじまった、ワンステップバスは
当時、事実上の特注車ということもあり高価でした。したがって、その導入事例は
ごく一部の公営交通程度で、「稀少車種」の部類に入ります。
しかも、構造的には「特殊車種」。

こんな車輛であっても、近年は移籍車輛として世の中に出まわるようになりました。
そのひとつ、大阪市交通局のHUワンステップ車が、栃木県の関東自動車に
移籍しています。この1年ほど、関東自動車は、もと大阪市の車輛を積極的に導入していますが、正直、こんなクルマまでやってくるとは・・・。
e0030537_0474373.jpg

関東自動車 日野U-HU2ML +日野車体 2006年12月 栃木県宇都宮市

そろそろ、日デJPあたりが出まわりだしてもおかしくない年なんですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-09 00:49 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
目蒲線
平成も19年目。元年に生まれた子供が18歳を迎えるわけですね。
いよいよ社会に本格的に出てくることになるのは、不思議な感じがします。
その彼らが生まれた頃、私は受験生でした。
書類の訂正が、結構大変だったのをおもいだします。

さて、平成元年といえば、忘れられないのが東急旧型車の廃車。
受験も無事終わり、3月に蒲田で撮影していました。
この時、旧型車は目蒲線に集中させ、こればかりが走っていましたが、
今のように情報がスグに手に入る時代ではなく、現地でようやく知る状況。

画像は、川崎車輛製の3450で唯一前面の貫通化が実施されなかった3460。
メジャーな貫通式のほうは、きちんと撮影できていませんでした。
少々残念なところですが、まあこのあたりの電車は然るべき人が然るべきアングルで
たくさん撮影しているでしょうから、そう嘆くことではないのかもしれません。
e0030537_02035983.jpg
・東京急行電鉄目蒲線 デハ3460ほか 1989年3月 蒲田

東急の3000や5000と聴けば、やはり緑の電車を思い出してしまいますね。

※2015.10.10 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-08 02:10 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(12)
秋田中央交通 いすゞU-LV218K +アイケー
珍しく、先ずは画像から。
e0030537_2064018.jpg
秋田中央交通 いすゞU-LV218K +アイケー 1997年11月 秋田県南秋田郡五城目町

えー、那覇交通郊外線ではありません(笑)。
この車両は前後2扉ですが、路線用途ではなく、スクールバス専用車です。
それも、もともとは自治体が購入した車両だったはず。
そのために、サンプルカラーそのままとなっているようです。

2年前には、路上ですれ違いましたが、この塗装は変わっていませんでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-01-07 20:11 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)