本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~「限定」に弱い典型的な・・・~
なんだか、今月はやたら疲れた。
先月末から、なにかとあちこちへ行くことになった故だが、
その内容は「限定品-限定運転-限定品-限定品」と、限定のオンパレード。

好きでやっていることだから仕方ない。
でも、自嘲のひとつやふたつ、したくなる。

むかしは、限定にも、さよなら運転にも見向きもしなかった(・・そんな金はなかった)のだが、何時からこんな風になったんだろう。
まあ、おおよそ、そういうものと無縁だったところで、そういうものが乱発するようになったのが直接の原因であり・・。つまりは、いざ自分のことになると、前言をひっくりかえす典型だったわけである。

しかし、この言葉にしづらい違和感というかモヤモヤ感というか。
まあ、限定品はともかくとして、限定運転に関しては10年が経ち、20年が経ったそのとき、普段の記録のほうが生きてくるようにも思う。

そう、限定なんてどうでもよくて、思い立つままに旅立ち、普段の列車を楽しむことができればいい。、
しかし、そう思えるほど私は聖人ではない・・・・。これからも、誘惑に割り切れない感情を持ちながら趣味をやってゆくんだろう。

沖縄や北海道で限定品が発売されたら、どうなるんだ。
正直、怖い。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-30 00:23 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
伊豆箱根鉄道駿豆線 モハ1005
伊豆箱根鉄道は中堅私鉄の割りに、自社発注の電車が入るのは遅く、1960年代に入ってからのこと。このあたりは、親会社の西武鉄道と非常に似たものを感じます。
その新造車は1000形。西武所沢工場製の車体に、旧型国電系の電装品を組み合わせた、これまた西武系らしい電車です。

さて1000系は1編成毎に、形態が異なっていました。
この1005は第3編成で1969年製。前面方向幕がオデコの部分に移り、側面は戸袋窓つき、車内はロングシートという構成でした。
e0030537_211763.jpg
伊豆箱根鉄道駿豆線 モハ1005 1997年3月 三島

一見、西武701系そっくりに見えるのですが、前面は湘南形ではなく裾側が引っ込んだ形状になっています。真横から見ると「く」の字で、東急7200系あたりに近い形状でした。
ほかにも、張り上げ屋根を採用するなど、あちこちに違いが見られ、もと西武701系の1100形と並ぶと、その差が歴然としていました。

なお、撮影時には、台車を、その西武701系の廃車発生品に変更し、カルダン駆動化されていました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-28 02:17 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
羽後交通 いすゞK-CJM470 +川重
いまや、北海道から沖縄まで、全国に流通する、もと川崎鶴見臨港バスの車両。
しかし、モノコック~P-初期の時代は、移籍市場そのものが小さく、臨港バスのそれも
また目立つ存在ではありませんでした。

10年ほど前に、もと臨港車が割と多く移籍していたのは、羽後交通だったと思います。
川重架装のCJM数種類がやってきました。その後、P-LVが1台入ったところで止まるのですが、現在は再び勢力が拡大しているようです。
e0030537_0451934.jpg
羽後交通 いすゞK-CJM470 +川重 1997年11月 秋田県大曲市

さて、羽後交通の車体色は首都圏の某バス会社似・・とよく言われます。
しかし、もともとは、この車両のような藤色といった感じの色でした。
のちに、その某バス会社の車両が入りだしてから色あいが濃くなり、現在のマルーンになったように思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-25 00:48 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
静岡鉄道清水市内線 クモハ65
保存車両を探していると、見当違いの場所に置かれていて、あわてることがあります。
静鉄清水市内線の電車もそのひとつ。
「フェルケール博物館」の保有ということで、地図で調べたところ静清線の新清水駅からそう遠くないところ。そこで、同駅からノコノコ歩いていきました。しかし、博物館の前に立ったとき、直感的に「ここではない」と感じ中には入らず。

ここで「清水港線の跡に保存されている」という情報を思い出し、三保のほうへとひたすら歩いていったのでした。約20~25分ほど歩いて、不安になったころ、いきなり道路端に、国鉄の旧形客車と貨車移動機とともに置かれているのを発見し、無事見ることができました。
e0030537_242195.jpg
静岡鉄道清水市内線 クモハ65 1995年3月 静岡県清水市

この車両はもと西武鉄道荻窪軌道線の38で、1936年に譲り受けたもの。モハ80として使用され、戦後の1956年には、このノーシル・ノーヘッダーの車体を新造しモハ65になりました。のちに駿遠線に登場するDD501と、全体的な雰囲気が似てますね。

さて、清水市内線は、駿遠線藤枝口と共に、静鉄の中では1960~70年代前半の写真が比較的多く残っているほうだと思います。一方で、静清線は・・・・旧型車について、暗黒大陸となっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-24 02:57 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
水間鉄道 日野U-HT2MMAA +西工58MC
以前は、随分雑多な車両構成の感が強かった大阪南部の水間鉄道。
今年の夏、西日本を飛び石でまわった際に、倒産後はじめて寄ってみました。

6月の記事でお寄せ頂いた情報のとおり、駅前にいる限り、貝塚市の補助で買ったエルガミオしか見ず。しかし、車庫に行ってみると、今度は、もと資本関係のあった南海からの移籍車がゴロゴロしていました。
e0030537_2292868.jpg
水間鉄道 日野U-HT2MMAA +西工58MC 2007年8月 大阪府貝塚市

車種は、これ以外に三菱U-MP218M +三菱、日野U-RJ3HJAA +日野車体、日野U-HT2MMAA +日野車体が入っていました。
いずれも、窓下の波模様を消して赤と青のボーダーを入れただけのため、雨樋の上にはオレンジの線が残っています。和泉ナンバーの車両は、登録番号も変えていないようでした。
なお、既に廃車が進んでおり、一部は九州の事業者に再移籍したものもあります。

それにしても、あれだけいた富士7E・8E、あるいはアイケーのLRが綺麗さっぱりなくなっているのはびっくりしました。日デRMなど、内装が割りとよい車両だったんですが・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-21 02:35 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
会津鉄道の気動車
よく、「幹線の列車、都会の通勤電車、ローカル線のどれが好き?」なんて聞き方がありますが、私の場合「ローカル私鉄」が好きなのであって、「ローカル線」だと、途端に興味が下がります。不等号であらわすと、興味の度合いは

ローカル私鉄(電化)=路面電車>大手私鉄>ローカル私鉄(非電化)=地下鉄>海外=専用線>JR通勤線>JR幹線>JRローカル線

と、こんな感じになります。

実際、JRのローカル線は、殆ど乗っておらず、関東地方でさえ、吾妻線、久留里線、水郡線(常陸大宮方面)、鹿島線は乗っていません。これは特定地方交通線転換の3セク各社も同じで、路線なり車両なりに興味を持って乗ったのは、LEカーが在籍する三木鉄道だけだったりします。

そんな中で、例外的に乗ってみたくなってしまったのが会津鉄道。
まあ、こんな編成の写真を見てしまったからなんですが・・・。
e0030537_23391488.jpg
会津鉄道 AT-401 + AT-301 + AT-103 2007年8月 芦ノ牧温泉

JRキハ40改造の展望車 ・・・便所は車椅子対応。
JRキハ30改造のオープンカー・・・しかもドアが1箇所残っている不思議な構造。
新潟鉄工所NDC改造のお座敷車・・・
どれをとっても模型のフリーランスもびっくりな無茶苦茶な車両。
それが、1本の編成を組んで走る凄さは、純粋な地方私鉄では考えづらく、第3セクターだからできたものだとおもいます。

加えて、これですね。
e0030537_2352102.jpg
2007年8月 芦ノ牧温泉

もと名鉄の北アルプス用キハ8500形。この車両が陣容に加わったことで、俄然私鉄という感じがするようになったとおもいます。

登山道国道として知られる国道289号線の甲子トンネルが開通し、より経営環境が厳しくなるかもしれません。この車両が、東武の複々線を爆走して浅草まで乗り入れてきてほしい・・・というのはマニアの勝手な願いに過ぎないのでしょうが・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-17 23:55 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
日田バス 三菱U-MK218F +MBM
もと天領として知られる大分県西部の山間の町、日田。
ここを地盤に路線を拡げているが日田バスです。

日田は、大分県よりむしろ福岡県筑後地方との結びつきが強い土地ですが、この事業者も、西鉄の子会社です。というより、実質的には「西鉄バス日田」といった感じですね。

そんなわけで、興味を持つこともなく、また旅の途中で寄る機会もなく、長いこと縁がなかったのですが、数年前に福岡空港から大分へ行く際に、同行の方に無理矢理立ち寄ってもらって、ようやく実物を見ることができました。
e0030537_225479.jpg
日田バス 三菱U-MK218F +MBM 2005年6月 大分県日田市

しかし、オリジナルの青い塗装の車両はこれだけ。ほかはリエッセやMJ、そして高速車ばかりで
なんとなく期待はずれでした。P-RJ_CAの西工58MCなども在籍していたようですが、既に廃車ということで、車両の更新サイクルが早いことに驚いたものです。

さて、この車両は、中型でも短尺車。日田バスは中型を、このサイズを導入していました。
メーカ指定のMBMを載せている点が、訳ありそうに思えてくるのは、部外者の勝手な思い込みのせい?
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-16 02:15 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
種車を確保
11月は、マターリと過ごす予定だったのに、蓋を開けたら東奔西走。

・・・ということで、「未来の首都」へ、ニュードリーム号と、ぷらっとこだまで行ってきました。
もちろん、目的は↓コレ。
e0030537_23343269.jpg
(携帯電話の画像でスミマセン)

鉄コレ名古屋市交300形限定品。
これで高松琴平電気鉄道模型シリーズの延長戦が決定です(笑・・・えない)。

琴電は、ご他聞にもれず旧型電車で嵌ったクチですが、ここの模型を揃えてゆくと、やはり600や700も欲しくなるものです。しかし、これまで、自作、GM西武451からの改造、GM京急2000からの改造等を試したものの納得の行くできにはなりませんでした。ということで、いよいよ本命の登場、これなら数種のバリエーションも作成可能です。

さて、拙ブログですが、アクセス解析の検索ワードを見ると、「鉄コレ 改造」が、毎月上位に入っています。
そこで、今回は、琴電600・700形の写真を集めてみました。ついでに・・といいながら、かなりの枚数を撮影しておりましたが、何故か1編成だけまともに撮影していない・・やはりめぐり合わせの運不運というのはあるようです。

高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-11 23:53 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback(1) | Comments(9)
矢島タクシー 日デKC-RM211ESN +富士8E
北関東の栃木・群馬の両県には、かつて東武鉄道のバスが巨大な路線網を持っていましたが、平野部ということもありモータリゼーションの急速な進展で、あっという間に路線が消えてゆきました。
とりわけ群馬県東部~栃木県南部の両毛地区は、東武系の事業者にすら引き継がれなかったものが大半です。そのため、各自治体では様々な形でのバスなどの交通機関を検討することになります。

富士重工の生産部門があることで知られる群馬県太田市。ここでは、市主導で「シティーライナーおおた」という路線バスを運行しており、市内を結ぶ路線は「そよかぜ」、近隣自治体と結ぶ路線は「あおぞら」という愛称が付けられています。

この運行を行うのが、矢島タクシー。車両は日産ディーゼル+富士重工の中型・小型車が導入されました。
e0030537_2511420.jpg
矢島タクシー 日デKC-RM211ESN +富士8E  2004年10月 群馬県太田市

こちらは「あおぞら」用の車両。青空なのに黄色い塗装とは解せない気もしますが・・。
2005年に、太田市は周辺市町村と合併して(新)太田市となったため、「そよかぜ」に名前が変わったものが多数あります。
e0030537_2423144.jpg
矢島タクシー 日デKC-RM211ESN +富士8E  2004年10月 群馬県太田市

一方、こちらは「そよかぜ」用。
この車両、右側面の窓配置に特徴があります。
e0030537_2461460.jpg
左側面撮影後に気づき、あわてて撮影したため、ロクなアングルではありませんが・・・。
非常口が真ん中についています。富士8Eでこのような配置は、他に日本中央バス(前橋市)の自転車搭載車で見られる程度で、なんらかの意図・企画があってなのか、気になるところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-10 02:51 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
蒲原鉄道 モハ41+モハ31
模型で古い電車/気動車のフリーランスを作る際、種車のイメージを変更するために、前面の窓の枚数を変更することがあります。しかし、ここに落とし穴が・・・。

実は、電車の前面窓の枚数は、戦前までは大半が奇数(3枚もしくは5枚)であり、偶数は省線52や京阪1000のような流線形電車で4枚の例がある程度。2枚窓が電車の世界で主流になるのは、1950年に、いわゆる湘南形が登場した後のことになります。

一方で気動車の場合、3枚窓の車両も多く存在しますが、佐久鉄道キホハ、日車半流のような2枚窓、播丹鉄道レカ/鉄道省キハ41000のような4枚窓、鉄道省キハ42000のような6枚窓など、全般的には偶数であることが多いように感じます。
e0030537_22391037.jpg
・蒲原鉄道 モハ41(右)+モハ31 1999年9月 五泉~今泉

画像の蒲原鉄道モハ31、41は、偶数窓ですが、製造は31が1952年、41が1954年で、やはり湘南形登場後であります。東京電機工業なる聞きなれないメーカーの製造。もとは同じ車体でしたが、41は1963年に西武所沢工場で車体延長の上、3扉化されています。

※2014.2.9 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-11-07 00:14 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)