本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
年末の雑感 ~佳き人・佳き夢・佳き出会い~
今年は、巷では鉄道ブームという前提で話が進んでいたようですが、
この種のブームに定番の「商売の為に無理矢理盛り上げている」感が結局は拭えませんでした。
鉄子だのヲタ宣言だの、あるいは面白くもない本が並んでいる現実に、金のニオイと、焦りと、どことない嘲笑を感じ、物凄く居心地の悪い1年でもありました
(何かと「てっぱくに行った?」と聞かれるのは、一種の拷問ですよ・・・)。
「ブームに乗るな、乗ったら逃げろ」とは某模型メーカー社長の名言ですが、この場合逃げるわけにもいかず、じっと終焉を待つしかないのかもしれません。

個人的には、公私ともども人の有難さを感じる一年でした。
自分は生かされているんだ、ということ。
そして、目標となる人との出会い・・・現実的な夢を見られるようになることが、いかに大切であるか、ということ。
当たり前のことなのかもしれませんが、それを改めて感じた日々でした。

では
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-31 02:12 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(5)
高原バスが行く
e0030537_210745.jpg
今年は、ヒコーキに乗って遠くへ行くことはできませんでした。
その代わり・・というわけではありませんが、以前から一度行ってみたかった、立山黒部アルペーンルートを辿ってきました。

以前は、なんとなく避けていた普通の(あるいは定番の)観光地というものに、最近は逆に行ってみたいと思うようになりました。それだけ、余裕が出てきた証拠、逆に普通に対する憧れなのかもしれません。

アルペンルートは地鉄電車に乗るたびに気になっていた場所です。この数年間、企てるものの電車がない、宿がない、バスがない、天気が悪化等々の理由でなかなか行くことができませんでした。今回、漸く実現したというのが正直な思いです。
e0030537_21772.jpg
時期は9月末の連休。本来は、もっとオフシーズンにのんびりと行きたかったのですが、結局、紅葉シーズンがはじまる時期となってしまいました。乗り物の混雑は激しいものでしたが、立山駅~美女平のケーブルを除けば、比較的スムーズに行くことができたと思います。

さて、立山駅~扇沢をつなぐ6っつの乗り物の中で、最も長い距離なのが、高原バス。富山地方鉄道系列の立山黒部貫光(観光ではない点に注意)の運行で、美女平と室堂の間を結びます。

車窓に映る雄大な自然がウリですから、その環境対策として日野HIMRを大量に投入しているようです。この種の政策は、松本電鉄の上高地方面があまりに有名ですが、ここも負けてはいないと思いました。
e0030537_2441875.jpg
その前の主力がこの車両。日野の貸切シャーシ、それも短いタイプ(U-RU2FNBB)に富士7HDを架装したもの。その上、非冷房という、なんとも個性的なクルマです。


「立山黒部」とワンセットで語られるこの観光ルート。しかし、実際には「立山」と「黒部」では全く違うんだなあ・・ということを感じました。

地鉄と富山県が主体となって開発した立山側は、雄大な立山や剣岳などを背景にした自然を楽しむようになってます。信仰の対象だった山に誰でも近づけるようにしたいという思いを、そこに感じました。
一方、関西電力が開発した黒部側は、自然に挑む人間の姿を見るものです。
黒部ダムのスケールのデカさは、一見の価値があります。

ご他聞にもれず、年々観光客が減っていますが、一方で台湾の観光客にとっては人気のコースで年々増加しているそうです。
日本国内でここにしかないトロリーバスや、支柱のないロープウェーなど、乗り物マニアの人なら、絶対に損はしないと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-29 03:06 | バスのある風景 | Trackback | Comments(0)
高松琴平電気鉄道志度線 65
今年11月に廃車になった琴電の65。
1998年に、長らく編成を組んでいた850が廃車になってからは、走る機会が少なかっただけに、逆によく生き延びたものだと思います。昨年、長尾線に転属、それもジャンパ栓付け替えなどの上で方向転換したと聞いたときは、なおのこと驚かされたものです。
本日は、9年前の志度線での画像を。
e0030537_1204264.jpg
・高松琴平電鉄志度線 65+22+21 1998年9月 今橋

このときの志度線は、30型もしくはcMc+Tcが終日走り、ラッシュ時には瓦町側に20型を増結するのが基本でした。ところがこの日の朝、今橋に行くと、20型の重連が稼動しているではありませんか。しかも増結は65。
 20の重連そのものは、旧瓦町の時代はそれなりに見られたのですが、志度線閉じ込め後は珍しいものでした。
e0030537_121133.jpg
・高松琴平電鉄志度線 65 1998年9月 今橋

イレギュラーな編成が見られたことも充分な思い出ですが、加えて、65のパンタ側がはじめて撮影できたのが嬉しかったものです。
長らくパンタ側に850を連結していたため、撮影は不可能でしたから。

この頃のアルバムを見ると、すっかり過去の話になってしまったのだなあ・・と改めて思います。
そして、このときに知り合った方々を軸に、今もいろいろなご縁が続いていることに、感謝すると共に、自分にとって、まさに琴電を追いかけた10年だったんだなあ・・と感じているところです。

※2015.2.23 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-28 23:42 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
十勝バス いすゞK-CCM370 +川重
バス会社により車種選択パターンというのは様々ですが、中には販社を抱えているなどの理由で、特定メーカーの車両ばかりを採用している事業者もあります。
このようなところで、なぜか1台だけ他のメーカーの車両がいて、ファンを戸惑わせることも。

その一例が、十勝バス。
ここは日野ばかりを導入しているのですが、なぜか1台だけいすゞのCCMが在籍していたことがあります。採用当時、北海道で中型車は珍しい存在だったはずなので、その分異端ぶりに磨きがかかっていました。
e0030537_1212858.jpg
十勝バス いすゞK-CCM370 +川重 2002年6月 北海道帯広市

あまり動いていなかったようで、意外に多くのファンに目撃されているようです。
このときは既に廃車になっているかな・・と思って車庫を訪ねたのですが、それに反してピカピカの状態、しかも帯広200ナンバーをつけて構内に留置されていました。

なお、貸切タイプですが、このときは乗合用になっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-23 01:25 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
近江鉄道八日市線 新八日市駅
以前、近江鉄道の八日市駅を取り上げましたが、今回はそのお隣、新八日市駅です。
八日市線が湖南鉄道として開業したころ、その本社屋としてもつかわれたもの。
地方私鉄の駅舎としては比較的知られているほうだと思いますが、先月、漸くこの駅の外観をみることができました。
e0030537_1231729.jpg
e0030537_1234293.jpg
2007年11月

こういう役場の建物といった感じの駅舎は、たとえば頚城鉄道の新黒井駅などかつては、わりとあちこちにあったようですが、いまは数少ないものになりました。この建物も見るからに老朽化が進んでおり、このままでは、いつ危機的な状況を迎えても不思議ではないと思いました。
e0030537_1275496.jpg

湖南鉄道は、かつて近江鉄道のライバルだった鉄道会社。戦時中の合併後、ここと八日市を急カーブで結ぶ路線が敷設され路線が繋がりました。その八日市線が、いま近江鉄道鉄道線の稼ぎ頭なんですから、世の中とは不思議なものです。

そういえば、八日市線は、一時期は現在の京阪石山坂本線等を経営していた琵琶湖鉄道汽船の一路線でした。世が世なら京阪電車の一部になっていた可能性もあるわけで、昭和30年代の京阪vs近江の拡張競争を思うと、これまた何かしらの因縁を感じるものです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-20 01:37 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
東観光バス(境町巡回バス) 日デKK-RN252CSN +西工96MC
登場後まもなくチョロQという渾名をマニアからもらって、各地で導入された日デRN。
どちらかといえば、一般の路線バスよりも当時全国で導入の動きがあった自治体主導の福祉バスで好まれたように思います。

したがって、えらくマイナーな自治体で導入されていることもあり、思わぬところで遭遇することもしばしば。これもそのひとつです。
e0030537_132489.jpg
東観光バス(境町巡回バス) 日デKK-RN252CSN +西工96MC 2004年10月 群馬県佐波郡境町

群馬県の太田と伊勢崎の中間に位置する境町。
ここには巡回バス「さわやか」が3系統あり、地元の観光バス会社、東観光バスが受託・運行しています。3台のバスが在籍していますが、その中の1台が、この西工架装のRNです。
無料なので運賃箱がついていないのが、目につく程度のいたってオーソドックスな仕様です。
まあ、ここには、これよりももっと強烈なRNが1台在籍しているのですが・・。

平成の大合併により、(新)伊勢崎市の一部となりましたが、運行は継続されているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-17 01:43 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
北陸鉄道石川線 モハ3751
車両メーカーでも、「日車」や「川重」という有名どころは聞けばすぐわかると思います。
あるいは「酒井」や「日鉄自」など、通が聞けばすぐにわかる会社というのもあります。
しかし、世の中にはそのどちらにも入らない、知る人ぞ知る零細事業者が、1950年代くらいまでは点在していました。

広瀬車両もそのひとつ。大阪の堺に1950年頃に存在したメーカーですが細かいことはよくわかっていません。阪堺電鉄(いわゆる新阪堺)を引き継いだ、大阪市電阪堺線の三宝車庫の隣に存在し、大阪市電の車両などを製造していました。なお、この会社の近くには木南車両も存在したとのこと。

広瀬車両の名が、それでもある程度は知られているのは、北陸鉄道向けに製造した車両が存在していたことに他ならないでしょう。そのひとつ、モハ3751は1951年製。もとは温泉郷を走る加南線向けに製造したクロスシート・HL制御のモハ5001でした。1964年に石川線に転属後、制御器とモーターを換装し、モハ3751になりました。
e0030537_19275761.jpg
北陸鉄道石川線 モハ3751 1996年9月 鶴来

1984年に大規模な更新工事を受け、だいぶ雰囲気が変わっています。
ただ、前面のHゴムなど、いかにも北陸鉄道の電車・・という感じは失われていませんね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-16 19:31 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
北九州市交通局 日デP-U32L +富士5E
今年のバス趣味界で、とくに感じたのは富士重工5Eボディーが、過去のものとして認識されつつあるということ。
私には、全くそんな認識がないのですが、7Eでさえ最初の製造から19年ということを思えば、まあ妥当なところなんでしょう。近頃は、特に追いかけているわけでもないので、どのような状況か把握できていませんが、宇都宮あたりでも随分数が減ったように思います。
だからといって、「残存勢力何台、今撮っておけ・乗っておけ」などと煽るのは、個人的には性に合わない話でして・・・。

そんなことをいろいろ考えたので、本日は普段は本館で取り上げているため
こちらではあまり扱わない5Eの画像を。

富士5Eで、個人的にお気に入りだったのが、北九州市交のU32。
5Eは丸目が好きなのですが、これはちょっと例外で、アウターガラスや3連テールなどと共に、角目であることが、逆にカッコよくまとまっていると感じています。
加えて、方向幕の英文が洒落た書体になっているのもポイント加算ですね。
e0030537_0554482.jpg
e0030537_0555513.jpg
・北九州市交通局 日デP-U32L +富士5E 1999年8月 北九州市若松区

ほとんどが西工の北九州市交の中では、非常に目立つ存在ですが、
なにせ頭数が少ないため、遭遇する機会は、そうそうありません。
私も、見たのはこの一度きり。
バスも、一期一会なことが多いですね。

※2015.1.16 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-12 00:49 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
越後交通長岡線 ED401
東洋電機+東洋工機製の箱型電機というと、丸みが多く、そしてどこか胴長な感じの車体に特徴があります。ひとことでいえば、「ずんぐり」であり、どこか垢抜けないそのスタイルは、地方私鉄には、むしろ合っていたのかもしれません。

この越後交通ED401は1967年製。
東洋の箱電では、最後につくられた車両だと思います。
塗装は、もと定山渓鉄道→長野電鉄のEDにあわせて空色になっていました。
e0030537_23493657.jpg
越後交通長岡線 ED401 1995年3月 西長岡

東洋の機関車のもうひとつの特徴は、台車が国鉄、それもDT12等を履いていることがあげられます。こういう古部品の流用は、東洋工機の前身、日本鉄道自動車のお家芸を受け継いだものだったのかもしれませんね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-09 23:54 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(2)
宇部市交通局 三菱K-MP118K
宇部市は、JR本山支線に乗りに行くなど、数度訪れているはずなのですが、バスを撮影したのは、約10年前の1回きりしかありません。したがって、ここの市営バスを撮影したのも、そのときだけ。隣の船木鉄道は、小野田や厚狭、美祢などで何度か撮影しているのですが・・・。

宇部市交は、小郡(現在の新下関)まで乗り入れる優等バスが有名ですが、一般の路線バスは
中型車と軸距4.7~4.8m級の大型車というごくごくノーマルな組み合わせ。
中扉が狭幅の折戸で、このあとスケルトンの時代になっても途中まで押し通したのが、特徴といえば特徴・・といったところでしょう。

画像は、そんな宇部市標準仕様のブルドック。
もっとも福岡県のお隣ですから、西工のバスをたくさんみかけました。
e0030537_0463824.jpg
・宇部市交通局 三菱K-MP118K 1998年9月 山口県宇部市

宇部市といえば、宇部駅と市街地の間が大変離れていることで有名。
中心地には宇部線の主要駅である宇部新川がありまして、市営バスもここをターミナルとしています。
もっとも、中国大陸に行くと、駅と市街地が60kmも離れている例が存在するそうですが。

※2014年9月10日 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2007-12-07 02:08 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)