本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~雲路の果ての、その果てへ~
鉄道マニアは地理に強いとよく言うが、それは鉄道にゆかりのある場所に限っての話で
それ以外になると、途端に弱くなる。そして行かない。
だから多くの鉄道マニアにとって沖縄は地理的にも疎く、遠いところとなる。

かくいう自分も、沖縄県は一番最後に踏破した都道府県となった。2000年2月のことである。
当時はバス系サイトの氾濫期で各々がこぞって新しい情報を出していた。その中で730車と多数の移籍車が走る沖縄は面白い!と、マニアの羨望の眼差しが向けられはじめた頃である。

はじめて飛行機に乗って訪れた土地。
勢理客、牧港、謝苅・・・と難しい地名、サトウキビ畑、なにもかもがコンクリで出来た建物群など。
本土とは異なる自然や文化は、バス以上に印象に残った。
「雲路の果て」は、その当時いろいろ書き込んでいた掲示板で、沖縄のネタを書いたときのタイトルである。雲の上を飛んでいったことをあらわしたものだが、実は沖縄出身のCoccoの歌のタイトルを借りたもの。

それから、8年。3度目の沖縄は、折角行くなら・・と、もう一歩遠くへと足を運んだ。

・・・八重山諸島・・・
東経124度に位置するこの島々は、かつて本土との時差が1時間あった。
緯度は北緯24度。台湾の台北市より南に位置し、台中市や太魯閣とほぼ同じである。
そして、八重山の中心である石垣島と沖縄本島の間は東京~大阪に匹敵する400kmの距離があるが、台湾との距離は300kmに満たない。

かように、私たちの頭の中にある「日本列島」とは、東京の感覚で歪められていることを、この数字は実感させてくれる。


着陸後の猛烈な逆噴射で迎えられる石垣島。
しかし、離党桟橋周辺しか行かなかった今回の旅では、観光に活路を見出す地方都市という印象以上のものは感じなかった。白保など、島内巡りができなかったのは残念。

小浜島・・・ちゅらさんの舞台となったゆえに、一度行ってみたかった場所。
なにもなかったけど、なにもないからよかった。
こんな島では自然にケータイの電源を切りたくなる。

西表島・・・水牛車よりマングローブとシダの森に感動。
そしてイリオモテヤマネコの剥製を見た野生生物保護センターでは、自然を楽しむだけでなく、いま置かれている状態を理解することも必要なんだと感じた。

また、時に日に照らされ白くなり、また雨に打たれ黒ずむコンクリートの建物群は
本土より台湾のそれに近い印象を持った。
石西礁湖でバトルを繰り広げる高速艇は、のんびりした南国のイメージと正反対で海の気性そのままなのが面白い。

島というのは、本土と切り離された分、独特のものが形成されるようだ。
よく鉄道マニアが鉄道に飽きると、バスか飛行機に嵌るらしいが、
離島というのもひとつの選択肢だろう。

鉄道沿線だけが日本ではない。
もっといろいろな島に行ってみたい・・と思う。
未知の世界が待っている。
e0030537_0462782.jpg

小浜島の細崎(くばざき)から見た西表島。この海峡はヨナラ水道と呼ばれ、マンタを見られる場所として知られる。海底には西表島からの水道管と、石垣島から各島を繋ぐ送電ケーブルがある。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-31 00:49 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
総武流山電鉄 クモハ1201
西武といえば湘南フェイス・・・なんて思っているのはオッサンの証拠・・なのかもしれませんが。
しかし、この正真正銘の湘南顔は初代501(351)と2代目501だけでした。

ところで、友人いわく、「351の前面と501の前面は、どこか違って見える」とのこと。
たしかに351のほうが鼻筋が通った感じがします。
同じ系統だけど違って見えるといえば、南海のヒゲ新と丸ズームなんてのも一例です。
e0030537_1443284.jpg
・総武流山電鉄 クモハ1201 1994年8月 小金城址~幸谷

見苦しい写真ですが、流山電鉄に譲渡された「流星号」となった、もとクモハ515です。
流山の譲渡車はガイコツテールを埋め込み式に替えていました。この位置が各車まちまちで、中には寄り目がちとなって、なんとなくカッコ悪くなった車両もありましたね。

※2014.10.25 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-30 22:39 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
ちゅらさんの島にて
さて、琉球特集の最終回は、NHKの連続ドラマ「ちゅらさん」の舞台となった
小浜島のバスから。

東運輸に、短命に終わった「はとバス」のぐるり東京号の車両が2台ほど移籍し、川平リゾート線で使用されている・・と聞いていました。ところが、バスターミナルにやってきたのは空港線と共用の、三菱U-MM(もと自家用)。
おかしいなあ・・・と思いながら、離島桟橋から高速艇に乗って小浜島に向かいました。
約25分後、島の桟橋にとまっていたのは・・・。
e0030537_2337491.jpg
「なんでここにいるんだよ!」

小浜島のバス会社は「コハマ交通」だけだと思っていたのですが、このバスの保有者は「ちゅら島交通」なる事業者のもの。桟橋近くの高台にある、工事事務所のようなところにバスが置いてありましたから、新規参入なのでしょう。
しかし、いくら観光客相手とはいえ、人口600人程度の小さな島に2つもバス会社があって大丈夫なのかなあ・・と思ってしまいます。

それにしても、はとバス時代のまんまの塗装は、この島で見るとシュールです。

さて、小浜島の南東部は、ヤマハが開発したリゾート施設「はいむるぶし」(現在は三井不動産系列)が大きく占めています。
ここは独自で送迎バスを、それもこの島にはいささか似合わない大型車を持っています。
e0030537_2343154.jpg
これは、もと西東京バスのキュービックバス。
他に日デRA+富士7HDがやってきました。

大きさの割りにアップダウンが激しい小浜島。したがって、レンタサイクルでまわるには、少々老朽化してきた私にはきつそうだったので、コハマ交通の定期観光を使いましたが、こちらはただのワゴン車・・・(しかも、船の出港時間とあわず、結局暇つぶしに自転車を借りたんだから、一体なにやっているんだか)。

ただ、ほんのわずかな時期ですが、もと相模鉄道のいすゞU-LV324L+富士7E(東運輸の移籍車と同型)も持っていたそうです。

(上から)
ちゅら島交通 いすゞKC-LR233J +IBUS 2008年3月 沖縄県八重山郡竹富町(小浜島)
はいむるぶし(送迎) いすゞU-LV324L +アイケー  同上
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-28 23:59 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)
東運輸 三菱P-MS715S +西工
八重山でDe・ja・vuシリーズ。第2弾。

説明は不要かと思いますが、もと大阪空港交通の車両です。
沖縄228ナンバーですが、東運輸の車両としては、古いほうに入るようです。
そして、日本最南端&最西端の西工架装車・・のはず。
e0030537_2317854.jpg
東運輸 三菱P-MS715S +西工 2008年3月 沖縄県石垣市

このほかにも、三●交通や、日の●自動車興業、●洋バスそのままの車両が
在籍しております。
バスの塗装は、以前紹介した空港関連と随分前の路線車を除けば
年式によってバラバラですので、違和感がない・・といえばないのですが・・・・。

ちなみに、石垣島のバス会社は、この東運輸のほかに、1997年に新規参入した貸切専業の
平田観光があります。傍目には、八重山観光フェリーと提携するなどこちらのほうが勢いがあるようにも見えました。
そして、フェリー会社が所有する送迎バス(白ナンバー)。離島桟橋で見ていたところ、安栄観光の車両が結構な数おりまして、侮れない勢力なのかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-27 23:20 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(2)
新潟交通 焼鮒駅
新潟交通の電車線には、模型のプロトタイプとしたいような駅がたくさんありました。
実際に「とれいん」誌で、そのような特集が組まれたこともありました。

焼鮒駅は、東関屋から数えて最初の交換可能駅。
貨物用の側線と保線小屋を持つ、住宅地の中の駅でした。
ところで、この駅には一つの特徴がありました。
e0030537_22211881.jpg
1999年2月

電車の中から撮影したものですが、駅構内の線路がグニャグニャなのがわかります。これは1964年6月16日に発生した新潟地震で地面が湾曲、そのまま復旧したためでした。

焼鮒の駅舎は新潟交通の電車線では、よく見られた切妻木造平屋建て。
一部トタン張りになっています。
駅舎の脇に植えられた松の木がいい感じですね。
e0030537_22194720.jpg

e0030537_2220123.jpg
e0030537_22245536.jpg
1995年3月
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-24 22:26 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(2)
沖縄バス 三菱U-MP 2種
本島4社の中で、唯一倒産せずかつ新車もコンスタントに入れている沖縄バス。
それでも、多くの移籍車を投入しているのは同じです。

10年前の移籍車ラッシュ時には横浜市交、川崎市交など神奈川県からやってきた車両が多かったのですが、その後は京阪や豊橋鉄道、最近は遠州鉄道と、各地からやってくるようになりました。もと自家用車もいろいろとおりまして・・これがまた溶け込んでいて解りにくい存在です。
e0030537_2174173.jpg
沖縄バス 三菱U-MP618M +MBM 2008年3月 沖縄県那覇市
e0030537_218071.jpg
沖縄バス 三菱U-MP618K +呉羽 2008年3月 沖縄県那覇市

上はいかにも自家用車・・といった感じのするトップドア+メトロ窓のエアロスターM。
なにやら某大規模事業者の特定輸送用にいそうな雰囲気ではあります・・。
下は、スモーク窓が怪しい感じのエアロスターK。
これはこれで川崎の工業地帯でも走っていそうな雰囲気ではあります・・・。
もちろん、どちらとも、どこからやってきたのかは解りません。

両者ともに一度撮り損ねたら悲惨なことになる、20・120番(名護西線)に入っております。
余談ですがこの20番、国道58号線沿いに約60kmを走破するのですが、運行間隔は10~15分に1本。沖縄本島ではデフォルトな感じですが、首都圏でこの距離は東京~平塚、上野~熊谷に匹敵します。そう考えると、やはりバケモノだなあ・・と思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-20 02:16 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(6)
那覇バス 日デU-RM210GSN +富士8E
・・・今回、とにかく、これら車両に振り回されました。

那覇バスが数種類の中型車を導入したというのは数年前に聴いていました。
当初、真和志と小禄の試験運行路線に投入されたものの、利用者低迷で結局本運行にはならず中止。その後、10番(牧志新都心線)に転用されたと聴いていました。
が、当日見た限り、10番には新車のポンチョばかりが使われている様子。そこから市内のどこで中型が使われているのか探すことになったのですが・・これが、よく解らないのです。

結論から言いますと、3番(松川新都心線:三重城~泊高橋~松川~真和志小学校~新川営業所)と17番(石嶺(開南)線:石嶺営業所~鳥堀1丁目~開南~赤嶺駅前~具志営業所)で使われているようです。この2系統ともに、市内線撮影ポイントとして知られる県庁北口を通らない上、本数も1時間に1本程度ですので要注意。 両系統が通るモノレール安里駅付近にいれば各種見られるでしょう。

さて、中型車は日デ、日野、いすゞ車が在籍しています。とくに日デは、730以降、貸切での採用はあったものの、路線車での採用は初で、そんな面からも那覇交通→那覇バスへの変化を感じたものです。
e0030537_1282138.jpg
e0030537_1283713.jpg
e0030537_1285938.jpg
いずれも 那覇バス 日デU-RM210GSN +富士8E 2008年3月 沖縄県那覇市

8Eは3種類あります。いちばん上の前後折戸の車両は、もと富士急行。
もと岳南車の放出が多い中で、生え抜きの移籍は少々珍しいかも。
1台のみ。富士急からは日野U-RJ3HJAA+日野車体も移籍しています。

真ん中の黒サッシの前中引戸の車両は、もと東急バス。
東急の系列外移籍は、このところ増えつつありますが、それでも意外性のある移籍例でした。
複数台在籍している模様。

そして、いちばん下は、このところ沖縄を騒がしている、もと京浜急行電鉄。
これだけ、少々遅れて移籍してきたようです。
これもやはり1台だけの模様。中型では他にいすゞU-LR332J+アイケーが移籍しています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-18 01:36 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(4)
ゆいれーる
沖縄の鉄ネタとなれば、これか南大東島関連しかないので
とりあえず取り上げておくことにします。
e0030537_2347435.jpg
沖縄都市モノレール 1212 2008年3月 旭橋

那覇に定時運転ができる乗り物があるというのは、この上ない魅力であると、余所者は思うわけです。今回、国際通りを挟む安里から県庁前の間をモノレールで移動したのですが、乗る前に安里で見たバスが県庁前にやってきたのは、私の到着から20分後。威力をまざまざと感じました。また、糸満へ行く際も、小禄でモノレールから89系統に乗り継いだので、随分楽に感じました。

まあ、那覇都市圏の人口・人口密度をは下手な政令都市よりも上ですから、今までが不便すぎた・・ともいえるのですが、様々な歴史・事情があるゆえ、仕方がないのですね。

車両は、日立製作所のアルミ製+お得意の丸い前面ですね。
七隈線や副都心線の原点はここだったのですねえ・・。
窓が大きい点は、古島~首里の眺望が利く区間では特に威力を発揮します。

e0030537_23475464.jpg
安里駅。かつて沖縄県営鉄道嘉手納線と、那覇と首里を結んだ沖縄電気軌道の路面電車の乗換駅だった場所に、駅が復活したことなる。安里~おもろまちは、県営鉄道の跡(国道330号)をたどる。
なお、当日は黄砂襲来のため、空が茶色い。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-16 23:53 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(4)
琉球バス交通 日野P-HT233BA +日野車体
富士重工の回の際に触れましたが、琉球バス交通では白地に虹色への塗り替えが行われています。旅立つ前に聴いた情報では、在来車では、旧米軍車のHTと自社発注の5Eで見られるということだったのですが・・・。
e0030537_1501830.jpg
琉球バス交通 日野P-HT233BA +日野車体 2008年3月 沖縄県那覇市

目の前に現れたのは、もと横浜市交通局のP-HT。約10年前の第一次移籍車ラッシュ?のときに大挙やってきたものです。
前面方向幕周りが板金処理の車両で新塗装だったので、一瞬何が何だかわからなくなったのですが。
89番(那覇~糸満)で使用されていました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-14 01:57 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
東運輸 いすゞU-LV324K +アイケー
八重山地方の中心地、石垣島。
その玄関である石垣空港ですが、路線車両ファンは、ここに着陸した時点から、マニア活動がはじまります。というか、いちばんのお楽しみでもあるでしょう。

石垣島は環境問題などが原因で新空港の着工が遅れ、現在も市街地近くにある滑走路の短い空港を使っています。ターミナルビルもこじんまりとしたもので、タラップを使う昔ながらの地方空港です。ここでは東運輸(あずまうんゆ)によるランプバスが搭乗者の輸送で使われています。

今回取りあげるのは、その最新車。
もと川崎市交通局のLVで、東運輸初のキュービックバスです。ほぼ無改造で使用されている模様。珊瑚礁の海と青い空、砂浜を表した、なかなか秀逸な塗装だと思うのですが、空港関連だけで使用されているのは少々もったいない気もします。
e0030537_020157.jpg
東運輸 いすゞU-LV324K +アイケー 2008年3月 沖縄県石垣市

このランプバス(・・に限らず、東運輸全般に言えること)ですが、車両の入れ替わりが激しいようです。このときは、この車両のほかに、
・三菱KL-MP35JM ワンステップ車 助っ人?
・いすゞU-LV324L +富士7E (もと相模鉄道)
・いすゞU-LV324L +富士7E (もと西東京バス)

以上3台が使われていました。なお、以前ランプバスだった いすゞU-LV324L +富士7E (もと東武鉄道)は、路線バスの空港線用に転用されています。
e0030537_0304660.jpg
・空港内を走るLV。奥に富士7Eが止まっているのが見える。送迎デッキから撮影。

また、気になる撮影チャンスですが、バスはタラップなどとともに、全日空側の搭乗口前付近に留置されていることが多いようです。今回は、ゆき(10:50着 ANA)、かえり(18:10発 ANA)ともに、もっともターミナルビルに近い場所に機材が置かれたため、バスに乗ることはできませんでしたが、そのぶん撮影できました。

なお、これら車両もバスターミナルに戻り夜を明かします。今回、朝6:55頃にその前を通った時には未だ留置中でした。従いまして、これから日の長いシーズンであれば、回送時に撮影チャンスもあろうかと思われます。
なお、石垣市の経度は東経124度。東京は東経139度ですから、実質時差が1時間ありますのでご注意を。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-03-12 00:38 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(4)