本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
お気に入りブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~伝えたいことがあるんだ~
今月は久々に、本サイトのほう(富士重工製路線バスのページ)で新規項目を追加した。
現在進めている新企画の合間に思いついて作成したのだが、
その感想は、「こんなに手間のかかるものだったのか」ということである。

写真をスキャナで取り込み、適度なサイズに変更・圧縮をかけるだけで何時間も潰れる。そして文章を書き、HTMLタグを打ち込みリンクを貼って、動作を確認。
完成したファイル一式をFTPでサーバに送り、再度動作の確認を行い、漸く1ページが完成となる。
これをやると、他のことが手につかなくなる。毎週のように更新を行っていた2000~2002年頃、模型の年間生産量数が1~2両にまで落ち込んだのも、当然だったわけだ

これに比べると、ブログというのは、非常に楽である。
文書は、テキストをフォームに入力するだけだし、その修正もまた同じである。
画像のアップロードとリンクも、フォームから選択するだけ。
とにかく簡単なのである。

また、デジタルカメラ導入で感じたのが、スキャニングという行程がないのは、これまた楽であるということだ。くわえて、写真そのものがシャープであり、銀塩のときより自分の腕をよいほうへと錯覚させる。

銀塩+HTMLとデジカメ+ブログの労力比は10:1程度にも感じる。
なにより後者は時間がかからない。
ネットに文章を公開するというハードルは大幅に下がったのだ。
wikiシステムも似たようなものだろう。

私の年間製作両数が再び2桁台に復活したのも、このブログ主体に切り替えたのと無関係ではなかったのだ。これでは、個人サイトが下火になってゆくのも頷ける話である。


一方で、簡単になるということは、別段、情報の発信に対する意識やモチベーションが低くても、取り掛かることができる・・という面がある。

mixiを舞台にした炎上事件には、「情報と、それを発信する自分が見られている」という意識の欠落が感じられる。wikipediaのトリビアの多さには、何をどうやって伝えるか・・という苦悩が見えてこない。

自分は何を伝えたいのか、そして誰に見てもらいたいのか。
その意識が少しでもなければ、長続きはしないし、いいサイトはできないと思う。
そして本来、人に物事を伝えるという行為は、苦難の連続であるし、いい文章というのはなかなか書けるものではない・・ということは意識したい。


さて、新企画について少々。
実は、石垣・西表に行ったのは、このこともある程度考えてはいたのだが。
正直、富士5Eとは別の意味で泥沼に嵌りつつあるようだ。

最低でもあと6つ離島に行かねばならない(T島なんて台湾よりヒコーキ代が高い)。
新免の事業者が僻地にある。
80条バスや特定輸送は・・・・・。

そんなことを考えるより、人生考えろ!という声が聞こえてきますが。はい。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-31 02:15 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
もうひとつの北村スケルトン
e0030537_042960.jpg
北村の大型車用スケルトンボディーといえば、新潟交通のいすゞP-LV314Qへの架装例「なまず」が有名です。が、もう1社、採用した事業者があったことは意外に知られていません。
それが、新潟県上越地方に路線網を持つ「マルケー」こと頸城自動車で、P-LT312Jに架装して導入しました。たった1台だけの存在で、終始新井営業所に配置されたようです。なお、頸城は営業所単位での分社化を行ったため、晩年は頸南バスの所属となっていました。
e0030537_044158.jpg
2年前のJNMAで、八丁畷バスアカデミーから「なまず」が発売された際に、迷わず1セット購入しました。
1台はストレートに組み立てて新潟交通にしたのですが、もう1台はこれに改造することに決めました。しかし、写真が殆ど残っていないため、製作は難航しました(私も1度現物を見ていますが、他のクルマと電柱に挟まれロクな写真を撮影していない)。各部の寸法は、なまずと似て非なるものだったようで、リアの部分は切った張ったを繰り返して形にしました。

そして塗装は、頸城の旧塗装としました。西武アイボリー、緑2号、ガンダムカラーの赤の組み合わせ。・・・が、こんなものをスプレー塗りだけで綺麗に仕上げられるはずもなく、ズタズタの出来でございます。なお、前ドアは新塗装時代の画像から黒塗りとしましたが、旧塗装時代は車体色と同じだったようです。
e0030537_045288.jpg
さて、1台だけでは淋しいので、お供に同じ型式の富士5E架装例も作成しました。
バスコレの富士5E(P-U32K)国鉄をベースに中折扉を後部に移動し、車体長を縮めたものです。LTはU32よりもリアオーバーハングが狭いので、少々切り継ぎがややこしくなります。
窓ガラスは太い窓柱から前側だけ自作しました。
こちらも塗装はスプレー塗り、しかも友人にも頸城LTを1台つくったので、都合3台を塗装しました・・・松本電鉄旧塗装なんて、絶対に塗れないだろうなあ・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-29 00:25 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
筑豊電気鉄道 遠賀川橋梁
♪遠賀川~ 土手の向こうに ボタ山の~

先月、村下孝蔵が云々と書きましたが、今度はどういうわけだか、山崎ハコの織江の唄がアタマの中を駆け巡っております。
・・・本当にオマエ○○歳なのか?というツッコミがくるのは当然か。

ということで、今月はこの画像を引っ張りだしてきました。
e0030537_2231243.jpg
・筑豊電気鉄道2003 1992年3月 筑豊直方~感田

遠賀川橋梁を渡る筑豊電鉄の電車です。
もっとも、織江の唄に歌われているのは、ここ直方ではなく、もっと上流にある飯塚になります。
筑豊電鉄はその飯塚を経て福岡へ伸ばす予定が、直方止まりとなったのは周知の通り。

さて、筑豊電鉄はカテゴリ分類にアタマを悩ます路線でもあります。
車輌はもと路面電車ですが、路線は全線複線の立派な鉄道線。表定速度も約30km/hと、下手な地下鉄よりも速いほどです。
この路線は、間違いなく「郊外電車」であり、決して「路面電車」ではないのです。
なのに、この路線が鉄道雑誌等の多くで路面電車として紹介されるのは、見た目で分類し、機能面を考えないためなのかもしれません。

ちなみに、鉄道だろうと軌道だろうとホームが低い独墺では、当然ながら郊外電車も市内電車の車輌に、外見の差はありません。
そして、こんな感じに筑豊電鉄以上に飛ばすわけです。
http://jp.youtube.com/watch?v=7ffxItrk5nA
 マンハイムとハイデルベルクの間を走るオーベルライン鉄道のデュワグカー
http://jp.youtube.com/watch?v=eTLpGrJbznc
 ゴータの郊外線 チューリンゲンバルトバーンを走るタトラ

※2014.08.04 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-26 02:37 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(2)
くしろバス いすゞU-LV324L +アイケー
いまから10年ほどまえ、釧路に行くと、とにかくキュービックボディーのバスが多かった記憶があります。その殆どは、東京都交通局と西東京バスからやってきた、くしろバスの1984~1985年式のP-LVでした。

時は流れ、それらは、新たな移籍車導入と減車により消滅し、いま釧路の主力車種は東武バスから大挙移籍した富士7E架装のU-LVになっています。
その中で、たった1台、キュービックボディーを見かけました。
e0030537_0284180.jpg
くしろバス いすゞU-LV324L +アイケー 2008年5月 北海道釧路市

これまた、もと西東京バスの車輌です。
くしろに移籍したP-LVとU-LVの間の世代は、車両の使用年数が延びていた時期で移籍事例が殆ど見られませんので、ここでの復活はうなずける話です。

それにしても、祝日の午前とはいえ、全く歩く人がいない釧路の中心地は、大変淋しく感じました。これでは、バスの本数がどんどん減ってしまうのも、仕方がないのでしょう。大好きなラーメン屋さんもありますし、機会があればこれからも行ってみたいとは思いますが・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-24 00:45 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
能勢電鉄 610系
開業100周年ということで、旧塗装車が復活するなど話題の多い能勢電鉄。
緑多い渓谷沿いに新興住宅地が並ぶ様は、関東ではまずありえない景色で、なかなか好印象のある路線です。

ただし、乗ったのは1992年の1回だけ。
もう既に殆どの電車がもと阪急2000系・2100系の1700系・1500系になっていましたが、
かろうじて610系も残っており、留置中の姿を見ることができました。
e0030537_0305370.jpg
e0030537_0312346.jpg
e0030537_0315646.jpg
(上から)
能勢電鉄610、631、661  いずれも1992年4月 日生中央

1953~1956年にナニワ工機でつくられた車輌で、機器類は小型鋼製車だった380や500からの流用。ちなみに380・500は、このとき木造車の機器に装換されています。・・・西武鉄道の初代501・2代目501を連想させます。

車体は、いかにも阪急の電車・・といった感じのする落ち着きのあるもの。
どっしりした感じのある住友KS系台車が、なお全体の雰囲気を引き締めていると思います。
それにしても阪急電車の譲渡例は、系列の能勢電鉄以外は極端に少ないのが残念なところです。今の使用年数では譲渡は先ず考えられませんが・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-21 00:50 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
常磐交通自動車 いすゞBU10 +北村
常磐交通というと、いすゞC系を川崎、富士、北村の3メーカー全て揃えていたことで、近年はマニアの間でも知られているのではないかと思います。この中で北村は、私が見た限り特に数が少なく、BUとC系で、それぞれ1台づつしか記憶がありません。もっとも、昭和40年代に導入された車輌の写真を見ると北村が出てきますから、晩年に限っての話・・だとは思うのですが。
e0030537_23445327.jpg
・常磐交通自動車 いすゞBU10 +北村 1997年9月 福島県いわき市(平)

そのBUがこの車輌で、1979年式。前後折戸です。
CJMは大型方向幕でしたが、こちらは普通サイズ。こちらのほうがバランスが取れた感じがします。
そういえば、北村のモノコックボディーは、前扉・運転席部分から前が若干すぼまった形になっています。帝国ボディーもそんな形だったと思いますが、忘れないように記しておきます。

※2016.4.27 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-18 02:11 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(2)
製作中のもの 2008年5月
ただいま、こんなものを製作中です。

コトデン600、700シリーズは第3編成目として、721-722を作成中です。
鉄コレ名市交300の屋根板を、裏のリブと天井板の中央部分を切り取って、1mmほど沈下させ、屋根肩を成型して名城線1000系列の断面を再現しました。実物の屋根高さが約150mmの差ですから、丁度いいことになります。このあと、またしても難物のクーラーが待ち構えています。泉北高速100系の廃車発生品を搭載していますが、断面が似ているグリーンマックスのJR西日本用集約分散クーラーの長さを縮めて使おうかと思っています。
e0030537_05923100.jpg
続いては、琴電長尾線に入った1300です。このあたりになると、コトデンとはいえ思い入れもへったくれもないのですが、京急1000が2両分余っていたので、作成開始。実物は新製冷房車が種車ですので、連結面側の妻板は切りこみを入れて折り角度を浅くし、また車体角のエッジをきつくするなどの改造をしています。冷房機は、手許にあった京急2000系用を流用する予定ですので、ランボードだけ先に接着しました。なお実物はHSCブレーキのままであり在来車と併結ができません。したがってこの車輌にも動力を組み込む予定ではありますが・・。
e0030537_059911.jpg
そして、最後にご覧頂きますのは、久々にプラ板からのフルスクラッチで作成中の大連市電です。窓配置が2種類あるので、それぞれ1両づつ作成。塗装は自分が見た青と緑にする予定です。7月の催事までにはなんとか完成させたいものです。
e0030537_0593818.jpg
さあ、これで逃げられなくなったぞ。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-15 01:16 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
米沢市 三菱KK-MJ23HE +MFBM?
山形県米沢市には旧80条バスの「市民バス」があります。
そこに富士重工製のRNがいる・・・ということで出かけたのですが
e0030537_2313568.jpg
米沢市 三菱KK-MJ23HE +MFBM? 2008年5月 山形県米沢市

現地でみたのは、このリフト付き三菱MJが1台と、いすゞジャーニーJ(日野リエッセのOEM)2台でした。

帰宅後いろいろ調べてみると、だいたいのことがわかりました。
以下の資料によれば、富士RNが使われているという田沢線、(松原)・関根線、万世線用の車輌は合計6台。
定員が37人、43人、49人、60人、61人とあります。
http://kugikai.city.nakano.tokyo.jp/siryo/kensetsu/pdf/20061201-kensetu09.pdf
うち37人がリエッセ、43人がMJ(いずれもリフト付き)、49人がRNであることは、だいたい予想がつきます。加えて、平成17年と18年にリフト車を1台づつ入れたとありますから、これでRNのうち何台かは余剰廃車になっているのではないかと思います。
・・・60人と61人は一体なんだろう。MKワンステップ?

庄内交通などに出所不明のRNがいるという情報が流れていましたが、それはおそらくここのRNではないかと思います。
それにしても80条バスは情報が殆どなく、その上、日祭日運休という例が多いため追いかけるのは大変です。バスの車庫もどこにあるか、先ずわかりませんので、こればかりは本当に運次第ということになります。・・・いつぞや北海道で、道路端の何気ないガレージからバスが出てきたときはびっくりしました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-12 23:46 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅
e0030537_2318080.jpg
弘南鉄道大鰐線の電車は、リンゴ畑の広がる弘前市南郊を走りぬけ、千年あたりから市街地へと入ってゆきます。そして弘高下から、川沿いに急カーブをゆっくりと進み、終点の中央弘前となります。
この川沿いに街の裏手を進む区間は、風情があって好きなところです。

同じ
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-10 00:19 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
道北バスの富士7E
道北バスに、さらに複数の事業者から日野+富士7Eが入ったと聞き、またまた旭川まで足を伸ばしてきました。
しかし、目の前に現れたのは・・・・もはや、なにも言いますまい。
e0030537_034794.jpg
e0030537_025520.jpg
e0030537_033128.jpg
e0030537_031322.jpg
(上から)
道北バス 日デU-UA440LSN +富士7E 
道北バス 日野U-HT2MMAA +富士7E 
道北バス 日野U-HT2MLAA +富士7E 
道北バス 日野U-HT2MMAA +富士7E  いずれも2008年5月 北海道旭川市

賢明な読者の皆様には、一目瞭然のことと思いますので、詳細はあえて書きません。
前回入った東洋バスと合わせると、HTの長さを3種類全部、しかもメトロ窓+ワイドドアで揃えたことになるのですがねぇ・・この塗装は・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-05-08 00:08 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)