本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~10years~
前回に続き、今回もキーワードは10年。

人間、年をとればとるほど時間の経過が早く感じるという。
 子供の頃は1年が物凄く長い
 10代になると1日が束になって飛んでゆく
 20代になると1週間が束になって飛んでゆく
 30代になると1ヶ月が束になって飛んでゆく
(そして40代になると1年が、50代になると10年が・・・・)。

もっとも、これは「生きてきた時間」という分母が大きくなるからなのであって、当然の理論らしいが。
そんな時の早さの中で実感がまるっきりないのだが、自分がインターネットというものに出会ってから10年の年月が流れていることに気づいた。そりゃ、トシをとるわけである。

その10年前の夏、ネット上の2つの掲示板・・某ローカル私鉄の板と、某バスの板で知り合った方々と相次いで実際にお会いすることになった。今思うと、ネットは未だ安全だったということなのだが。
当時、趣味では、ある意味タコツボ状態にあった私にとって、地方私鉄もしくはバスというキーワードを介する交友関係ができたのは幸運だった。大学鉄研など団体に所属したところで、趣向性が合うとは限らず、軋轢さえ生み出すのがこの趣味の特異な点である。ネットには少数派に属する人々を有機的に結合する役目があることを、認識した
(そして、私は、ネット上では当時、実年齢+10~20歳で見られていたという驚愕の事実も判明・・・)。

 それから時が流れ、今現在の交友関係も、殆どは、このときの出逢いからチェーンしていったその先に成り立っている。このサイトもブログも、あるいは路面モジュールへの参加も今月の雑誌での発表も、10年前に、この二つの板がなければ存在しなかった。他の縁がきっかけで、どれかに手をつけたかもしれないが、少なくとも今のカタチにはならなかったはずである。袖触れ合うも他生の縁。まことに人生とは不思議なものである。

 実は、私にとって、ネットとの出逢いというのは、本意ならざるものだった。人口の多い世代に生まれ、就職氷河期に大学を卒業した私は、思うように就職先を見るけることができず、結局、縁もゆかりも全くないコンピュータプログラマーという仕事をするハメになった。しかし、それゆえに、他の人よりも早い時期に、ネットに触れることができた。もし、この状況になければ、初動の遅い自分のことだから、ネットに触れるのは確実に5年は遅れていたと思う。
人間万事塞翁が馬、という言葉の意味を、このことを思うたびに噛み締めるのである。

あれから10年、もちろん、自然消滅してしまった関係も多々あるけれど、いろいろな人に支えられての今日がある。改めて感謝申し上げたい。
そして、このさき10年も、多くのよい縁があることを願っている。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-31 01:18 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
関越交通 いすゞKC-LR333J +IBUS
その、北越急行の列車を目撃した日の朝。
上越国境を抜ける前に撮影したのが、こちら。

水上は今や群馬県の2大バス事業者になった、東武系列の関越交通の本社がある地(・・・2008.7.30追記:現在は渋川に移転したそうで)。
ここでは、バンパーが下方に取り付けられたU-LR332J+富士6Eが主に谷川岳方面へ、
そして貸切顔のLR332F+アイケーが上毛高原駅との間を結ぶリレーバス用で走っていました。

が、今回駅前にいたのはこんなバス・・・。
e0030537_1362278.jpg
関越交通 いすゞKC-LR333J +IBUS 2008年7月  群馬県利根郡みなかみ町(水上)

もと朝日自動車のKC-LRのツーステップ車。
これと、もう1台同じく、もと朝日のKC-RJが止まっていました。
東武鉄道系のバス会社再編により朝日自動車系となったことを如実に語っています。
しかし、関越オリジナルカラーでなくなったのは残念なところ。
もと吾妻観光自動車のエリアでも朝日カラー車が走っているとのこと。

それにしても朝日系列は車両の入れ替わりが激しいですね。
おなじ群馬県下の国際十王(伊勢崎)にも、朝日カラーが進出していますし、一方で、川越観光の富士8E架装のオリジナルも既に廃車だそうですし・・・これは、結局撮影できないままでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-29 01:49 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
北越急行 「ほめぞら」?
先日、六日町で北越急行の電車を待っていると、反対のホームに犀潟行きの臨時列車とやらが入線してきました。
それがこんな編成だったので唖然とした次第。
e0030537_1810199.jpg
e0030537_18101698.jpg
北越急行HK100-9 + HK100-102 2008年7月 六日町

「ほしぞら」と「ゆめぞら」の片割れによる2両編成。
撮影場所の関係で串パンなのはご容赦を。

プラネタリウム列車の「ゆめぞら」HK100-100番台は片運転台のため、2両固定編成だとばかり思っていたのですが、システム的には通常のHK100と同じで、それぞれ単独での使用が可能なようですね。

160km/hで走る特急の合間を縫って走るため、高速域まで衰えない高加速性能でびゅんびゅん飛ばすこの電車。
随分高価な電車のようですが、そのぶん、なかなか快適な電車でして、日本の鉄道界でのスポーツカー(!)として楽しい存在であります。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-27 18:26 | 鉄道(その後の電車) | Trackback | Comments(2)
諏訪バス 三菱P-MP218M +西工58MC
アルピコグループの路線バス事業者の中でも、いちばん影が薄い・・ような気がするのが諏訪バス。長野や松本のような人口規模の街がないため、高速バスと観光需要に特化しているような印象があるのは、長野県南各社に共通の事象なのかもしれません。
e0030537_23403663.jpg
諏訪バス 三菱P-MP218M +西工58MC 2003年8月 長野県茅野市

さて、諏訪バスといえば、一時期は京阪バス茅野営業所と言いたくなるほど、もと京阪のバスで埋め尽くされていました。しかし、中型は遠鉄や都営が入り、大型も京阪以外から入るようになりました。
この車両は、もと阪急バス。西工58MC架装車の東日本地域への移籍例として、当時は注目を浴びたものです。アルピコグループには、ほかにも川中島バスに、もと阪急車(LVの高出力車)が入っていますね。

このあと諏訪には行っておりません。
現在は、どんな車両が走っているのでしょうか?
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-24 23:52 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
北陸鉄道浅野川線 内灘駅
なんの変哲もない駅であっても、時が経てば、
そこから変わり行く世の中というものを感じ取ることがあります。
今回は、たまたま同じアングルで撮影していた2枚の写真から。
e0030537_036268.jpg
e0030537_0364224.jpg
上:1990年8月、下:1997年10月

駅舎そのものは、グリーンマックスの住宅キットに改札口をつけたような、なんの変哲もないものです。

しかし、この2枚の間に路線は架線電圧が直流600Vから直流1500Vになり、車両も、もと京王帝都3000系になるなど大きな変化がありました。
それが如実に出ているのが、改札上の看板で、車両が旧型から京王車に変わっているのが読み取れると思います。
そして、文言も「金沢駅まで急行で○分 速くて便利」から「リニューアル 浅野川線 速くて快適」となり、ビックリマークも2つに増強されています。「快適」を胸を張ってアピールできるようになったということですね。

それから10年以上が経過し、急行電車は無くなるなど、と変化しているようです。
いまは、その内容も違ったものになっていると思います・・・検索してみたら、駅舎自体が改装されたようで。

細かな点では、タクシーや自動販売機は、割と短いサイクルで変わるというのがわかります。
そして、車両が大きくなったため、背後の検車庫が延長されています。
並べてみると、気づかなかったことがいろいろと見えてきますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-23 00:41 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
なが~いバス
千葉県浦安市を営業エリアとする東京ベイシティ交通。
某鼠リゾートの関係会社であるこの事業者は、団地と駅の間の通勤輸送など、ロードピークに対応するため、軸距5.5~6.0mの3扉車を取り揃えていたのが最大の特徴でした。最近は、ちょっと長めの普通のバスになっているようですが。

今回、バスコレ11弾が発売になった際、改造ネタとして真っ先に思い浮かんだのが、この「ながーいバス」、つまりはいすゞP-LV314Qでした。ついでに、随分前から企画していたものの未着工となっていた富士5E架装の同型式車とあわせて製作しました。
e0030537_2102692.jpg
アイケー架装のほうは、11弾の国際興業と新潟交通を切り継いだもの。軸距4.67mから6.0mへの改造は、窓がぴったりとはまってくれます。前中扉間は国際興業の方向幕部と、新潟交通の狭窓の組み合わせで、軸距5.0m級(P-LV*1*L)への流用も可能と思われます。一方、中・後扉間は大きな方向幕が特徴です。当初プラ板で埋めただけだったのですが、何かが違うと感じ、実物でのガラス押さえ金部分を、GM鉄道車輛用インレタのガイドラインを転写して表現してみました。少々違和感があるのですが、ないよりはマシ・・ということで。
e0030537_2161168.jpg
一方、富士5Eのほうは、2005年のJNMAで売られていた角目・ワイドドアの白バスに、関東バスの3扉車を組み合わせたもの。ご覧のようにベイシティの車輛は中扉が前寄りなので、そのまま中扉以降を接合するわけには行かず、切り継ぎ箇所が1箇所増えています。
ここで前半分にワイドドア車をつかったのには理由がありまして、ワイドドア車の前中扉間とこの車輛の前扉~中扉戸袋間の寸法がほぼ同じためです。ついでに申せば、5Eワイドドア車の中扉より前に、前中扉車の中扉戸袋以後を接合すると、P-U(UA)32Lができます・・・屋上のエパポレータの位置を考慮しなくてはなりませんが。
窓ガラスは、客用扉側は各車の部品を持ってきて組み合わせられましたが、非常口側は中央の太い窓柱より前側を自作しています。

塗装は、GMの白3号をベースに、帯はGMの青20号、タミヤのTS22 ライトグリーン、窓周りはクレオスの40 ジャーマングレーです。

ついでに
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-17 02:37 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
大井川鉄道 モハ1001+クハ2001
鉄道コレクションも第7弾となりまして、製品化される事業者の傾向というのが
わりあいはっきりと出てくるようになったと思います。

その常連のひとつ、大井川鉄道は、今回、もと伊豆箱根鉄道1000系第一編成の
モハ1001-クハ2002(1963年・西武所沢製)が含まれています。大井川でもとりわけ影の薄い電車を、よく製品にしたなあ・・・と思わずにはいられないのですが。
e0030537_127461.jpg
大井川鉄道 モハ1001+クハ2001 1998年8月 抜里駅付近

画像は、第7弾の製品イラストと全く同じ場所で撮影したもの。
定番の抜里駅南側カーブです。
よく考えたら、このブログで取り上げた大井川の電車は、8割方ここで撮影しているなあ・・・。

ところで、今回、製品を見て気がついたのですが、同じ伊豆箱根1000系でも第1・2編成と第3・4編成では、方向幕や前照灯の位置のみならず、形状そのものが異なっているのですね。
すなわち第3・4編成がダイヤモンドカットなのに対し、こちらは、普通の湘南形。
こういう一見統一されているようで、内容がバラバラというのが中堅ローカル私鉄の電車の面白さではないかと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-16 01:48 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
コトデンバス 三菱P-MK117J +呉羽
香川県は、コトデンの電車ががんばっているせいか、路線バスの存在が、全国でも非常に希薄な県だと思います。大型路線バスが殆どない・・というあたりからも、その事実が伺えます。
さて、コトデンバスは、高松琴平電気鉄道のバス部門を、その系列である高松バスに1986年に統合して誕生しました。その前後数年間は、路線車両の購入がほぼストップしていた時期があります。ここの主力は三菱の中型なのですが、モノコックボディのK-MK116Hの次は、MK116Jではなく、いきなりP-MK117Jになっています。

その再開後の第一弾にあたるのが、この車両あたりになるのではないかと思います。
コトデンバスは前後扉がデフォルト・・なんですが、
e0030537_20202893.jpg
コトデンバス 三菱P-MK117J +呉羽 1998年7月 香川県高松市(高田)

なぜか、このあたりのクルマだけトップドアで購入されているのです。
まったくもって、理由は謎。
私は、長尾線の高田駅前に留置中の姿しか見ておりません。

最近は補助金もあるのか車両の置き換えスピードはそれなりに速いようで、このあたりの車両は既になくなっているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-13 20:23 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
羽後交通雄勝線 デハ5
ということで、ポール集電の田舎電車をイメージすべく取り出したのが、この写真。
本サイトでも取り上げている、雄勝電車のデハ5です。
e0030537_23440792.jpg
e0030537_23441548.jpg
・羽後交通雄勝線 デハ5(保存) 1994年8月 湯沢市役所(秋田県)

戦後、車体交換によって不要になった、もと王子電気軌道→都電の車両うちの一つ。
名義上は1954年、日本鉄道自動車製ということになっています。台車も、よく見ると、都電あたりで見られるものを履いています。日鉄自が得意とした再生車両の典型的な例といえるでしょう。

王電の鋼製車200形は、1927年合計23両が製造されましたが、都電買収後、田中車両製が150形151~157、日車製が160形161~168、川造製が170形171~178と3形式に別れました。うち、176と157(163と番号を交換の上)が川崎市電に譲渡、また、150形全車と174、177が3000型に更新されました。
このときに発生した9両の車体のうち、4両が江ノ電、3両が秋田市電、そして残り1両が雄勝にやってきたことになります(・・・そうなると残り1両のボディを架鉄に使えるとかなんとか、でも163は事故ってるんだよなあ・・・)。
雄勝に来たのは170形のひとつと言われています。そうだとすれば174は江ノ電に行ってますから、こちらはもと177ということになるはずですが・・・。
e0030537_23443277.jpg
e0030537_23444092.jpg
e0030537_23442297.jpg

さて、このとき、既に電車は荒廃しており、数年後には解体されてしまうわけですが、
反対側の画像を見ると、なんとか持ちこたえている状態であることがわかります。扉の部分は一部が剥げ落ち、旧塗装の緑色が顔をのぞかせていました。
e0030537_252045.jpg
・雄物川橋梁の橋台の跡。今も残っているのだろうか?

※2015.10.24 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-11 02:07 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
おつかれさまでした。
去る2008年7月6日に開催された、第14回JNMAフェスティバルで路面モジュールの一員として展示・運転しました。皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

毎年、ほかの方の作品を見る、そして自分の作品を見ていただくのは、
いろいろな意味でよい刺激になっています。
そして、サイフには強烈な刺激が^^)。棒茄子直後にこのイベントははっきり言って犯罪です(笑)・・・ただでさえPGの給与は安いんだから・・・。

いろいろな報告
[PR]
by hiro_hrkz | 2008-07-07 23:35 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(6)