本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~スタンダード・ナンバー~
 バスマニアの大半は、鉄道になんらか興味を持っていると思われる。
しかし、その両方を追えば追うほど、バスと鉄道の情報提示の方法は異なってくることがわかる。
 
 たとえば、撮影地の情報である。
私のサイトでは、鉄道は駅名を基準とするが、バスは市町村名(+地名・施設名等)としている。当初、駅名に習いバス停名を使っていたが、程なくして現在の形に変えた。

 鉄道は路線と駅がつきものである。駅名ならばたとえ土地勘が無くても、検索エンジンを使えば大概のものはヒットするし、鉄道路線というものは、全国のどこにあるのかをイメージしやすい。

 しかしバス停は、検索してもヒットするとは限らない。ヒットしたとしても、有名な場所でなければ、そのバス事業者に余程精通している者か、その場所を知っている者でなければ、どこにあるのかをイメージするのは難しい(なにせ自分自身が地元のバス会社でも普段乗る系統以外は、まるで解らないのだから)。更にはバスは路線バスに限らない。貸切バスや特定輸送もあれば、拠点間でしか旅客を扱わない高速バスも存在する。つまりバス停名は、撮影場所の指標として不適なのである。そこでもっと大きな区分である自治体名を使うことにした。最も、広域合併でその範囲が大きくなりすぎ、自治体名も鵺と化している(今に始まったことではないが)ため、最近は、適宜ランドマークとなるものを添えることが多い。

 車両についても考えてみたい。
日本の鉄道車両を紹介する際に多用されるのは、形式と車番である。
一般的な鉄道車両であれば、一部の例外を除きこの両方が付与されている。それゆえ、興味対象の事業者が違うもの同士でも通じる「共通語」になった。最も、これが通用しない海外や専用線、保線用車両となれば話は別である。

 では、バスはどうなるのだろうか。
まず「形式」にあたるものは、各事業者のオーダーメイドである鉄道車両と異なり、基本はメーカのレディメイドであるため、この「既製品」の単位で付与される。ゆえに、国交省から認可を受けたメーカ付与の「型式(かたしき)」を用い、これに車体メーカ・種類を組み合わせるものが共通語として使われてきた。最も型式は難しいので、ブルーリボン、日デUA、ブルドックなどの車両の愛称名や略称・俗称を用いることも多い。本当は、このほうがわかりやすいかもしれない。
 そして「車番」にあたるものは、登録番号を用いることが多い。事業者独自の整理番号(社番)が車両に振られているならば、それを使うこともある。全般的に鉄道より旅客用航空機に近いと感じる。

 ところで、この社番の一部だけを使って、あたかも鉄道車両における形式のように表現することが見受けられる。これは、その車両を保有するバス事業者に興味があるマニアを対象に発信する場合は問題は少ない。現に自分も関東バスのマニア同士なら、3200代や500代といった表現を用いる。
 しかし、その外側のバスマニアに向けて発信された場合、これは意味不明の言葉となる。たとえば、「東急バスの1500番台」と書いてあっても、フォローが無ければ、多くの読者には意味が解らない。それは各社で社番の持つ意味が異なるから、同じように「国際興業の1000代」「国鉄の5型」「都営のX代」「関鉄の9000代」と略しても、指し示すものがバラバラ(東急と都営は購入年度、国際興業は車種、国鉄は車両の大きさ、関鉄は移籍車)になるためである。
 つまり、鉄道車両の形式やバスの型式のように、言葉と対象の関係が固定されない。
「東京急行電鉄8000系」と書くのとは意味が異なるのである。

 (路線)バス趣味というのは、その対象がドメスティックなもので、興味の地理的範囲も限定される傾向にある。いきおい、自分の周りに起きている事象が全てと錯覚しやすい。
だが、実際には全国レベルで見れば、特異な現象かもしれない。事業者別マニア限定でなく、全国のマニアに向けて発信するものであれば、ほかにも、「貴重なツーステップが・・・」などと表現したりするのは慎みたいものだと思う。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-31 02:41 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
京葉臨海の特大貨物
今おもえば、こんなものも撮影していたんね・・・。
11年前の睦月十日、当時の友人に誘われて新年の初撮りに行ったのは、京葉臨海の特大貨物。
この方面に詳しい人はご存知だと思いますが、市原の臨海地帯に富士電機(現在は、この部門の経営統合により日本AEパワーシステムズ)の工場があり、ここで製造された重電機器を大物車で運搬するのです。側線は京葉臨海鉄道の京葉市原駅から分岐しています。

この日は、同社が保有するシキ160の最終運用日という情報だけを得ていったのですが、
肝心の運転時刻がわからず、殺伐とした臨海地帯で暇を潰すこと数時間。
日没寸前に、ようやくDLが迎えに来て、工場から出てまいりました。
e0030537_023488.jpg
・京葉臨海鉄道KD55 102+シキ104(富士電機)+車掌車+シキ160(富士電機)+車掌車
 1998年1月 京葉市原 富士電機側線

走行写真の撮影など無謀な感じでしたが、踏み切り毎にスイッチを入れるので、そこで停車する際に撮影しました。
肝心のシキ160には、わざわざ最終運用の文字が張られていました。3軸台車×4の12軸の大物車で1955年 日本車両製。車両の真ん中に変圧器(を入れたもの)を挟んで運行されました。
e0030537_0274147.jpg
この車両、運用後も富士電機構内に留置されていましたが、2007年8月に三岐鉄道丹生川駅構内にある貨物鉄道博物館に寄贈されました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-29 00:36 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
淡路交通 いすゞU-LV324M +アイケー
大手のタイルメーカーと経営者一族が同じであり、また車両はリースであるゆえに
代替スピードが異様に早いことで知られる淡路交通の路線車。
移籍車は知られていますが、淡交の一般路線車両そのものは馴染みが薄いかもしれません。
e0030537_022138.jpg
・淡路交通 いすゞU-LV324M +アイケー 1999年4月 兵庫県洲本市

画像は、淡路島の洲本で撮影したU-LV。
淡交はU-の途中で、扉配置を前後引戸から前中引戸に変更します。
この型式には両方あったのですが、この時点で前後扉の車両は既に消滅寸前でした。
しかしまあ、渋い色ですね。警察バスとか言われるのも納得というか(警察のほうが後発ですが)。

この車両も、おそらくどこかに嫁いだのでしょうね。
潮風による影響があるゆえに「淡路の塩漬け」などと揶揄されることも多かったわけですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-26 00:29 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(3)
鹿児島市交通局 501
昔の鹿児島の路面電車車両は、西日本にしては珍しく東京都電の影響を感じます。
それは都電から車両を譲り受けて使用していたことと無縁ではないのかもしれません。
戦後初の新造車であった500形 (1955年 東洋工機製)も、その造形は都電7000をモデルにしています。
前面はワンマン化改造時に後の鹿児島標準風に改められましたが、側面を見る限り、
たしかに都電の雰囲気です。そういえば、大阪市電2600を譲り受けた800型も前面は鹿児島風に改造された結果、これらオリジナル車とあまり変わりの無い印象になりました。都電7000と大阪市電2600は単に並べると全く違う印象の車両ですが、このような結果になるということは、電車の印象は前面で大きく決まってくるという証左なのかもしれません。
e0030537_327072.jpg
・鹿児島市交通局 501 2002年7月 鹿児島駅前

画像は標準塗装の501。
鹿児島市電は1980年代初頭に、この塗装から抜け出すために様々な試験塗装を施したものの上手く行かず、結局、クリーム地にオレンジの線が入ったものに変更されます。その後広告電車の数が増えて、新塗装は、あまり見かけなくなりました。
そして、気がつくと、この旧塗装が広告解除車に使われるようになります。どうやら、これが標準塗装であることに、変わりは無かったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-24 03:33 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(3)
掛川バスサービス 日デKC-RN210CSN +富士8E(特注前面)
普段は、バスのカテゴリ掲載順序は乱さないのですが、
今回は「特別な事情」なので、臨時で富士重工の回をば。
地元を走っていたバスから移籍車両が出た・・・という、かなり個人的な理由ではありますが。
e0030537_1122954.jpg
e0030537_1124095.jpg
・掛川バスサービス 日デKC-RN210CSN +富士8E(特注前面) 2009年1月 静岡県掛川市

静岡鉄道の分社会社である掛川バスサービス。ここでは代替路線用に一つ目RJを中心に車両を揃えています。そんな同社に、この度、この車両が移籍してまいりました。
もと関東バス(ケイビーバス)のチョロQ、1999年3月式です。諸々の情報を勘案すると、5台あったうちの社番604ではないかと思われます。

変わったのは、方向幕がLED行先表示になったこと。特に側面は引き違い窓の部分にあった小型幕をやめて、その下に大型のものを新設しています。
それ以外の点は、運賃関連のシステム以外は特に手を付けられていないようで、車内は注意表記やシルバーシートの表示等までそのまま、また屋上には新宿ロケーションシステム用のアンテナが残っています。一方で、近年移籍した車両と同じく、掛バスの各車両にあった愛称は付けられていないようです。

関東バスは昔から路線車を都内では比較的長く使うほうでしたので、廃車後に国内で路線車として再就職した車両は殆どありませんでした。
U20*で上毛電気鉄道とばんけい観光バス への例がある程度です。
ところが、ここ最近の移籍車市場の拡大と中型の玉数不足、くわえて、関東バスも中型に関しては、延命措置をとらなかったことでマッチングし、移籍事例が出てくるようになりました。
先ず、U-RP210GANとU-RM210GSNで、茨城オートと大島旅客自動車へ移籍したものがあります。そして今回の事例・・・まあRNは車齢云々より、使う路線が無くて廃車になった感がありますが。

これからも思わぬところへ嫁ぐ例が出てくるかもしれませんね(・・出てくると困るというホンネも)。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-19 01:29 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(4)
東海自動車 いすゞK-CJM500 +北村
北村の大型バスがローカルメーカーにしては遅くまで永らえたのは、
地元の新潟に限らず、東北地方日本海側・長野県や関東地方でも採用した事業者があったことが関係しているのでしょう。関東地方では、日デへの架装が原則打ち切られたことともに減りますが、大規模事業者の神奈川中央交通が最後まで採用を続けました。
e0030537_22423499.jpg
・東海自動車 いすゞK-CJM500 +北村 1998年12月 静岡県伊東市

かつて、移籍車両といえば、神奈中の車両が大半を占めた時代がありました。
北村の車両も例外ではなく、いくつかの事業者への移籍例が見られました。
その一つが、東海自動車。同じ小田急系列ということで、大量の車両がやってきました。
これは最末期の車両である冷房付きのCJM。富士3E/5E、川崎と、4種類の車体が揃っていたのは、同じ車種を受け入れた岩手県交通と同じですね。
首都圏に近いことから、比較的多くのバスマニアに目撃されているのではないかと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-18 22:51 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
福島交通飯坂線 モハ1210・1211
これまでも何度か取り上げている、昇圧前の飯坂電車の車両。
今回のお題は、1200形の中でも最もオーソドックスな扉の間に13枚の窓がズラーっとならぶタイプです。

ここで1200形についておさらいしておくと
1) モハ1204・05 1948年手塚製作所製の12m車。 もとモハ104・105。
2) モハ1208    1950年日車東京製 狭窓の15m車 もとモハ108
3) モハ1209・10 1952年宇都宮車両製 同上 もとモハ109・110
4) モハ1211    1952年日本車両製 同上 もとモハ111
5) モハ1201~03 1955年日本車両製 広窓の15m車 1942年日車製の木造車モハ101~103を鋼体化。

以上9両で構成されます。最後まで残ったのは1202、1203、1209~1211の5両でした。
e0030537_23112942.jpg
e0030537_23114771.jpg
・福島交通飯坂線 モハ1210(上) モハ1211  1991年3月 桜水

上は宇都宮製の1210と日車製の1211。
似たような車両ですが、よく見ると前面の裾の形状や、乗務員室の窓の形状などには差が認められます。
また、客用窓のアルミサッシ化などの点でも差があったのですね。

この狭窓車のグループは、書類上は新製車でしたが下回りは、全て中古品。
新製時は1208~1210は日鉄自NT-28を、1211はブリル27MCB2(もと宮城電鉄)を履いていました。
また、1209・1210の台枠は富山地鉄から譲り受けたものを使ったとのこと。主電動機なども地鉄譲りのものがあり、これは同社の佐伯宗義社長がかつて福島電鉄の社長を勤めていたことによる縁があったからと言われています(※。

で、文献を見ると晩年までNT28であったとする記述が多いのですが・・・
e0030537_1425422.jpg
実際には、1210・11は住友製のKS33L?を履いていました。
これまたどこの中古品だったのでしょう。

このモハ1200は、中間にサハをはさんだ3連で朝ラッシュ時に動くのみで、日曜にたずねたこの日は当然ながら全部おねんね。
ちなみにこの頃の飯坂線は単線ながら朝ラッシュ時は10分ヘッドで運行していました。

※ 瀬古龍雄「35年前の東北私鉄」 鉄道ピクトリアル477号 (電気車研究会 1987年3月増刊)による。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-17 01:49 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
中央アルプス観光 三菱P-MP618K? +呉羽
木曽山脈(中央アルプス)の最高峰、駒ケ岳。
高さ2956mのこの山ですが、2612mの千畳敷までは1967年に開業したロープウェイがあり、楽に行くことができます(余談ですが、この千畳敷駅が、索道を含めた場合の日本で最も高い場所にある駅となります)。

この駒ケ岳の観光開発を行ったのは名古屋鉄道で、子会社の中央アルプス観光を設立して事業にあたっています。同社は、ロープウェイのアクセス用に、JR駒ヶ根駅との間に路線バスを地元の伊那バスと共同で運行しています。なにやら立山黒部アルペンルート大町側の、北アルプス交通(関西電力)と松本電鉄の関係に似ていますね。
e0030537_22500391.jpg
・中央アルプス観光 三菱P-MP618K? +呉羽 1994年8月 長野県駒ヶ根市

画像は、随分前に撮影した車両。
ここは珍車が多く、中ドアのみで貸切前面のMPなど特徴ある車両もあったのですが、
このときに撮影できたのは、見た目はオーソドックスなこの車両だけでした。
それでも、山岳道路に対応するためか短尺を採用し、また非冷房であるなど、他の名鉄グループの車両には見られない特徴があります。なお、エアロスターKの採用は、名鉄系列でも、おんたけ交通などでも見ることができました。

※2015.10.5 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-12 02:37 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
谷汲線の冬
今日、東京は底冷えする一日でした。
ふと、8年前の正月、名鉄谷汲線に行ったことを思い出しました。
e0030537_22331856.jpg
・名古屋鉄道谷汲線 モ513+モ514 2001年1月 北野畑~長瀬

毎年、大概某駅伝を見ながらだらだら過ごすのですが、
この年は、母校が落選したために、ここぞとばかり?に撮影することにしました。
ムーンライトながらで行って、ムーンライトながらで帰る強行スケジュール。
カメラは買ったばかりのニコンF80を携えていきました。

新岐阜駅前から暗い中電車を乗り継ぎ、黒野へ。
谷汲線に入ると、雪でした。
長瀬駅付近で構えていると、やがて谷汲山華厳寺への初詣客を載せた
510型の2連がやってきました。
前面の行先板には「2001年正月」の文字が添えられていました。
e0030537_22492116.jpg
e0030537_22493716.jpg
帰りの黒野にて。併合閉塞の標識がつき、北野畑駅での交換が無くなったことを示しています。
そして、モ751が谷汲へ向けて折り返してゆきます。私はどちらかといえば510よりも700・750のほうが好きでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-09 22:53 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(0)
東武バス日光 いすゞKC-LR333J +富士8E
富士重工7E・8Eを追いかけるあまり離島まで手を出してしまった今日この頃ですが、
先日、栃木県に行った際、そういえばあそこにも8Eがいたような・・・と思って、
急遽佐野より転戦し撮影したのがこのバス。
e0030537_2026759.jpg
・東武バス日光 いすゞKC-LR333J +富士8E 2008年12月 栃木県日光市

東武バスの日光地区に在籍する富士8E架装のLRです。
もともとは都内向けの車両だったものが転属してきたもの。
日光の寺社を巡回する「世界遺産めぐりバス」用として使われています。

アイボリー色がベースの特別塗装だと思って来てみれば、こんな真っ赤な色になっており
方向幕もLED表示機に変わっていました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-01-05 20:52 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)