本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~鏡の中のあなたへ~
毎年、JNMA(のあとの酒の席)では自分に関する意外な話を聞かされる。
いや、正確に言えば、「神奈電」と「ことでん」について、である。
とりわけ、TMSの記事を覚えてくださっている方が多いこと
・・ときとして、意外な方からも・・には、いつも感謝している。

なにせ学生時代の文章と作品ゆえ、今読むと恥ずかしいやらなんやら・
穴があったら入りたいほど。
それに、かつて、一度広がりかけた鉄道趣味の人脈を閉ざしたのは
神奈電であり、正直、一時期はうっとおしいだけの存在だったこともある。
しかし、10年近い歳月を越えて、遠い場所から、いろいろな縁を結んでくれることに
不思議な思いを抱く。


ところで、よく言われるのが
「え、あなたがカナデンの中の人なんですか?」
ということ。
どうも、いろんな意味で「意外」らしい。

そういえば、10年前だったか。
掲示板で古い電車のことばかり話題にしていたら20歳以上年寄りに見られ、
一方、バスの掲示板では10歳以上年寄りに見られていたこともあった。

このサイトと模型の作品から想像されている自分とは、いかなるものなのでしょう。
実物は至って、くだらない人物です,はい。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-31 01:28 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
ドイツ鉄道 624形気動車
ドイツの首都、ベルリンの国電網「Sバーン」は、現在481形電車の車輪の手抜き検査が発覚して
多くの系統・列車が運休になり大混乱が発生しているようです。特に都心を東西に貫く市街線(シュタットバーン=東西高架線)などは、列車線にレギオナルエクスプレス(系統番号がRE**で快速)やレギオナルバーン(系統番号がRB**で普通)といった近郊列車が走っているので、Sバーンは全面運休の模様。東京にたとえれば、輸送規模が大きくことなりますが、山手線と京浜東北線が止まって東海道線だけが動いているようなものです。

その近距離列車は、ドイツらしく電機とそれを遠隔操作できる客車で構成されるペンデルツーク(プッシュプルトレイン)が多勢をしめますが、中にはこんな気動車による列車も存在します。
e0030537_0163069.jpg
・ドイツ鉄道 624 674   2004年8月 ベルリン東駅
 (Berlin ostbahnhof ドイツ連邦共和国ベルリン州)

624形とよばれるこの車両は、もともとは西ドイツ国鉄(ドイツ連邦鉄道)のVT23形もしくはVT24形で、1961年に試作車が、続いて1964~1968年に量産車が製造されました。形式が別れたのはメーカーの差で、前者がMAN(ニュルンベルク)製、後者がユルディンゲン車両製造(クレーフェルト)製です。1968年の大改番で、この形式にあらためられました。

3両固定編成が標準で、エンジンは先頭車に搭載し、いずれも運転席側の台車にある軸を2つとも駆動します。一方、中間車は付随車。従ってUIC表記だとB'2'+2'2'+2'B'ですね。
その出力は1基あたり331kw(450PS)。当時の日本国鉄の気動車に比べると、はるかに大きく付随車込みの編成にも納得します。まあ、世界的には付随車込みのほうが普通だと感じますが・・。

扉配置は中間車は日本国鉄キハ47系や413系の如く中央よりにあるのですが、先頭車は車体の中央と車端部と異なっています。 日本人の感覚では、なんとも不思議なところですが、実際の使い勝手はどんなものだったのでしょう?

撮影当時、既に引退間近で、翌2005年には営業運転を終了しているようです。
海外では一期一会の確率が高くなりますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-29 00:49 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
秋田市交通局 いすゞP-LV314M +川重
いすゞの大型車はBU後期からU-LVまで、5種類のホイルベースをそろえていたことが特徴でした。
特に、中間サイズの軸距5.0~5.3m級は、他のメーカーが1種類なのに対し、5.0mと5.2mの2種類が存在していました。

このどちらを事業者が選ぶのか、地域差があったと感じます。
関東地方では5.2m級を採用したのが、せいぜい新京成電鉄と茨城交通くらいなので、5.0m級が標準と書かれてしまうこともあったと思いますが、他の地方では5.2m級のほうが多かったようにも感じます。たとえば、九州は最大の西鉄をはじめとして多くの事業者で採用されています。そして東北地方も、数は少ないですが、自社発注で中間サイズを採用したところは多くが、このサイズでした。
e0030537_21046100.jpg
・秋田市交通局 いすゞP-LV314M +川重 2000年10月 秋田県秋田市

今はなき秋田市交通局もその一つ。
P-のキュービックボディの場合、軸距5.0m級との差は中扉の戸袋前の柱の太さに現れます。
なお、秋田市交はU-LVでは、軸距5.0m級に変更されます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-26 02:15 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
まつりばやし
小中学校の夏休みも多くのところではじまり、いよいよ夏本番。
各地で祭りも開かれますが、このときは、地方私鉄の列車でも臨時輸送が見られたりするもの。
今年は秩父鉄道へ行ってみました。

秩父鉄道といえば、1000系電車を国鉄時代の塗装に戻したことで話題になりましたが、
「コクデンネタは記録するべき人が記録しているだろうし・・」と、何か腰が重く1年以上に渡り無視。
ところが、ここで個人的に馴染みのある旧塗装の復活というニュースが飛び込んできて、ようやく行く気になったというわけです。まあ、その車両は本日は登場しませんが・・。

さて、夏のはじまりには、祇園会が行われます。
京都・八坂神社の祇園祭、博多・櫛田神社の祇園山笠が有名ですが、そもそもは祇園信仰の神社に奉納される祭りですから、全国に存在します。
ここ秩父鉄道沿線でも祇園会があります。
e0030537_0335947.jpg
e0030537_0342365.jpg
・(上)秩父鉄道 クハ6203ほか 
 (下)秩父鉄道 デキ201ほか いずれも2009年7月 桜沢~寄居

クハ6203を先頭とする急行電車は、秩父神社の「川瀬祭り」。
蒸気機関車の代役で客車を牽引するデキ201先頭の列車は、熊谷・八坂神社の「うちわ祭り」。
どちらも、丸い大きなヘッドマークでアピールしています。

特に後者はピンチヒッターで、沿線では蒸機を期待していた子供連れからは落胆の声が。一方で、鉄な人々のカメラが一斉に向けられていたのでした。個人的にはあまり撮影しない長さの列車なので、シャッターを切る位置に苦しみました(笑)。
秩父鉄道の電機は、パンタグラフは片方しか上げないようですが、この列車に関しては両方をあげるなど、ささやかながらファン向けサービスが行われているのも、嬉しいところです。

振り向けば祭囃子
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-22 01:09 | 鉄道(その他) | Trackback | Comments(0)
下津井電鉄 日デU-JP211NTN +西工
日本全国の日デJP(路線用)の中でも、
最も影が薄い1台と思われるのがこの車両。
e0030537_23475776.jpg
・下津井電鉄 日デU-JP211NTN +西工 2005年12月 岡山県倉敷市(児島)

岡山の下津井電鉄の1台で、他の車種を含めいわゆる中型ロングは、同社ではこれだけです。
仕様はU-JPとしては、屋上の冷房機のエバポレータがRBやJMの如く前側に搭載されている点を除けば
至ってカタログ仕様的なもので、前面は1枚ガラス仕様、中扉はワイドドアです。
このワイドドアも、下電にとっては珍しい仕様。

そのため、たらい回しの挙句、児島市街の循環バス「ふれあい号」専用として落ち着きました。
塗装も特別なものになっています。

http://www.shimoden.net/rosen/rosen/fureai.html
公式サイトを見ると、どうやら倉敷ナンバーになったようですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-19 23:57 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
叡山電鉄 八瀬遊園駅
風格のある駅舎がどっしりと構えているのも赴きがありますが
私鉄の郊外電車なら、軽快な感じのする駅というのもまた、魅力があるものです。

叡山電鉄の終点、八瀬遊園駅。
出町柳から北上した電車が、山にぶちあたって進めなくなったところにあります。
この「遊園」という言葉の響きもまた、風情がありましたが、
今は遊園地が無くなってしまったため、八瀬比叡山口という長ったらしい駅名になっています。
e0030537_0242610.jpg
e0030537_0245948.jpg
1925年の開業以来、あまり変わっていないそうで、ホーム部分を覆う木造屋根と一体化した駅舎に特徴があります。
しかし、その外装の配色とあいまって、全体的に軽快な感じがします。
それと、羽目板の端部などに、つくりの丁寧な感じが漂います・・・戦前は名門企業・京都電燈直系ゆえに、お金をかけたのだろうと思うところでもあります。

余談ですが、ホームを覆う屋根と駅舎の位置を見ていると、開業時に更に先へ・・・たとえば大原などへの延伸を考えていたのか?とも疑いたくもなります。実際には、ホームの先は高野川ですから、ありえないのですが・・・。

・1989年7月 撮影
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-15 00:38 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
野上電気鉄道 三菱P-MK116J +呉羽
先日、野上のモハ24を取り上げましたが、同じ日に撮影したバスが本日のテーマ。

野上電鉄にもささやかながらバス部門がありました。
貸切は1974年に分社(野鉄観光)後、電鉄以外の資本が増えて系列を離脱しており、20年前の時点では路線バスだけが残っていました。路線は、鉄道に並行する路線を基本に、それぞれ両端を延ばすような形で日方から和歌山市へ、また鉄道が未成に終わった登山口から神野市場方面に路線がありました。これは、会社解散後、大十にそっくりそのまま引き継がれましたが、現在は運行本数等は縮小されているようです。

野鉄のバスは、三菱車で統一されており、また狭隘区間が存在するためか、全て中型以下でした。
塗装は緑の濃淡に白線を入れたという渋めのもの。
そういえば、お隣の貴志川線の電車の色や、当時の南海御坊バス、そして紀州鉄道の塗装と、
どれをとっても緑色系だったんだなあ・・とアルバムをひっくり返した時に感じました。
e0030537_0593423.jpg
・野上電気鉄道 三菱P-MK116J +呉羽 1989年7月 和歌山県海草郡野上町

画像は、登山口の車庫前に停まっていた時に撮影しました。
今なら、なんで後ろのモノコック車を撮影していないんだ・・と思うところですが。
このバスの営業所の敷地もそっくりそのまま大十に引き継がれています。
ただ、廃線後に訪問したら、昔の駅舎を壊して、そこも車庫に取り込まれていましたが。

この車両は、比較的新しかったので、大十に引き継がれました。
1世代あとのP-MKの中には、大十で廃車後、北陸鉄道グループに移籍したものもあるそうです。

※2014.7.16 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-12 02:06 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
おつかれさまでした。 
今年も、2009年7月5日に開催された、第15回JNMAフェスティバルに、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

今年も、持ち込んモジュールは例年通り「片原町」だけ。
一方、車両の方は、外地三兄弟のうち京城電気300級は、モーターの換装を行ったこともあり、走らせているうちに調子よくなっていったのは幸いでした。この車両。MODEMO江ノ電100のポールを取り付けて、漸く本完成となりました。一方で、大連市電の青と緑は、ポイント組み込みの線路では集電に難あり・・・で、あえなく断念しました。この部分および台車の首振りを改善したいと思います。

その他、当ブログでも紹介した、雄勝電車ふうや、盛岡の郊外電鉄、さらには蒲原モハ31等、鉄コレ動力組み込み車は、いずれも快調でした。
ただし、12m動力を延長した雄勝デハ7は、貨車を動力台車側に連結すると、ストレスが掛かるようで、専ら単行となってしまいました。15m級を短縮するほうがよいようです。
また、昨年、調子こいて走らせまくった琴電73は、車輪が汚れてしまって、最初はウンともスンとも言わず、焦りました。磨いてなんとか走らせることが出来ましたが、このあたりはやはり注意が必要ですね。
e0030537_0485119.jpg

上は、今年も不法占拠の図。基本的には空き地は早い者勝ちでテキトーに埋まってしまうのです。
濃い車両ばかりが並んでおりますねえ・・・首謀者が言うなってお叱りの言葉が飛んできそうですが。

この中には、プラキット改造、エッチングキット組み立て、フルスクラッチ、完成品改造と様々なものがあるのですが、人によっては全て「鉄コレ」に見えるようです。それだけ鉄コレが浸透したということですが、ちょっと淋しさを感じた一瞬でした。

ちなみに私の買い物は、アルモデルさんで、「とて簡」シリーズを3っつほど買ったほか、レジン製の階段、あとは鉄コレの中古を2両ほど・・・と、その程度でした。物欲の低下というか、そもそも家にあるものを片付けるのが先だろ!という思いから、あまりモノを買わなくなってしまったので。

来年は、大物をこさえたいですね。
他の参加者の方の迷惑にならない範囲で・・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-08 01:09 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題
特定輸送を手がける事業者の中では、全国的に見ても規模の大きいほうに属するのが中日臨海バス。
その名の通り、本社は中京の三重県四日市市にありますが、関西(大阪堺支店)と関東(京浜支店)にも拠点があるのが特徴です。このうち京浜支店は川崎市臨海部を中心に事業を展開しており、特に東扇島および浮島町の企業が顧客となっているようです。

この京浜地区は、以前より新車・移籍車ともに特徴ある仕様の車両が多いことで知られています。
しかし、特定輸送という性格上、土日の稼働率は低く、撮影のハードルはなかなか高いものがあります。
今回は、その中で撮影した富士重工架装車から3台ほどを取り上げます。
e0030537_1234956.jpg
e0030537_1324460.jpg
・中日臨海バス(京浜支店) いすゞKC-LV280N? +富士7B 2009年7月 川崎市川崎区

先ずは、前後折戸、メトロ窓を持つ、いすゞLV+富士7Bです。
側面の巨大な行き先表示から、自社発注車と思われます。これは中日臨海のオリジナル車では幕時代からの特徴で、ここに企業名などが表示されます。
また、もう一点注目されるのが、バンパーが丸みを帯びた新デザインのものであること。8Bでは、KC-以降の多くの車両で採用されていますが、7Bではその数は少なく、ちょっと珍しい存在です。

続いては、いすゞと日デの富士7E。
いずれも、もとは川崎市内にある企業の自家用車を転用したものと考えられ、
前中引戸でメトロ窓と仕様は同じです。しかし、日デの方は特に曲者なのです。
e0030537_132165.jpg
e0030537_124280.jpg
・(上から)
 中日臨海バス(京浜支店) いすゞKC-LV280L +富士7E 2008年6月 川崎市川崎区
 中日臨海バス(京浜支店) 日デKC-UA521NAN +富士7E 2009年7月 川崎市川崎区

型式でお分かりになった方もいらっしゃると思いますが、8気筒エンジンを搭載した高出力車。
その癖に、軸距は4.72mという珍車中の珍車です。
以前、静岡県御殿場市の某所に軸距4.72mの日デ高出力車が存在することをとりあげましたが、仕様がそっくりです。実は、静岡と全く同型の車両が川崎にいるということを趣味の先輩から聞きつけて、今回の撮影に及んだのでした。

また、いすゞ車の方は戸袋とメトロ窓の間に縦長の細い窓が入るのが特徴。
この窓配置のバスは、10年以上前に川崎の浮島町で、ある企業の送迎車として見ています。
従って、御殿場の1台を含め、そこからの移籍車と考えています。
なお、当時の所有主とは全く異なる契約先で使われているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-06 01:46 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(4)
野上電気鉄道 モハ24
野上の電車で、おそらく一番人気だったのが、この24でしょう。
大正末期の電車らしい、半円形5枚窓の前面を持つこの車両は、もと阪神電気鉄道600形604で1924年藤永田造船製です。
・・・といっても、これは車体だけのお話。もともとは1958年に入線した阪急電車開業時の1形3の車体に南海中古の下回りを組み合わせた車両で、1961年に車体を振り替えたものでした。しかも車籍としては、どうも八日市鉄道→近江鉄道のガソリンカー カハニ102を譲り受け、1950年に電装の上竣工した初代のものを継いでいるとの話もあり、ややこしいことこの上なし・・・。
実は、近江並ではないにしても、野上も車籍は結構複雑なのです。

なお、同様の改造を受けていた23と異なり当車だけが車体振り替えになったのは、24はダブルルーフのままだったで車体が老朽化していたのが原因と言われています。まあ、のちに23も喫茶店の車体に振り替えようとしたのですが・・・。
e0030537_22451843.jpg
・野上電気鉄道 モハ24 1989年7月 日方

さて、余り語られることのない下回りですが、台車は、もと南海電2形(→附8形)用のブリル27-E1 1/2、主電動機はゼネラルエレクトリックのGE218-B(52kw)を1台車に一つづつ取り付けていました。この程度の軽い電車しか入線できなかったのですね。
そして、制御装置は、阪神中古の間接非自動式・MK-50で、GEのMコントロールを最後まで使用していたことになります。車体のみならず、その装備までクラシカルだったわけです。


※2014.6.26 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-07-05 02:03 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)