本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~天災は忘れた頃にやってくる~
パソコンが危篤状態になりました。
復旧まで当面、ブログならびにサイトの更新を停止します

[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-31 08:35 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
秩父鉄道沿線のエルガミオ系
秩父鉄道沿線で見かけたエルガミオ/レインボーIIから
・・・最近のバスは、OEMだの統合車種だので、正直ついてゆけない状態のですが・・・
・・・車体メーカー基準でここに入れることにしました・・・。

熊谷市に本社を置く武蔵観光と言う貸切事業者があります。
ここは東武が撤退した路線などを貸切代替で運行(旧21条バス)してきました。
この中で、本庄~寄居の路線は貸切車仕様そのままの車両が使われていることで知られています。
ということで寄居まで出かけたのですが・・・
e0030537_2391830.jpg
・武蔵観光 日野PDG-KR234J2 +JBUS宇都宮 2009年10月 埼玉県大里郡寄居町

やってきたのは、投入されて間もないレインボーIIワンステップでした。
さらに、深谷~寄居にも、連番の同型車が投入されており、置き換えられたようです。
いまどき行先表示がLEDではなく幕式なのが少々珍しい程度の、なんの変哲もない車両でした。

#そういえばここに某社の日デ+富士のチョロQが移籍したなんて話を聞きましたが・・・
#本当だとすれば児玉~いろは橋で使っているHR7mの予備?

その後、急行「秩父路」の客となり、秩父へ異動しました。
秩父といえば西武バスの天下ですが、最近は小鹿野町営の80条バスが乗り入れています。
小鹿野町というより、2005年に合併する前の両神村営バスといったほうが通りはいいかもしれません。
e0030537_239321.jpg
・小鹿野町(80条) いすゞKK-LR233F1? +IBUS? 2009年10月 埼玉県秩父市(西武秩父駅)

両神村営というと、三峰口駅に姿を見せる三菱の中型短尺の印象が強いのですが、
ここではエルガミオがやってきました。
子供の頃に、小鹿野から両神山方面で乗ったのが、いすゞ+北村のマイクロだったことを思い出します。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-28 23:42 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
北陸鉄道石川線 クハ7711+モハ7701
京王帝都電鉄井の頭線のステンプラカー3000系、
廃車開始当初は地方私鉄向けの譲渡が相次ぎ快進撃を見せたものの、2000年を境に地方私鉄側の需要が一段落したこともあり、2003~2004年に廃車になった抵抗制御の未更新車5編成は、殆どが解体と相成りました。
その中で、唯一、クハ3711と3761(1967年1月 東急製 2003年廃車)だけが、2006年に北陸鉄道に譲渡され、石川線のクハ7711+モハ7701になりました。
e0030537_23372563.jpg
・北陸鉄道石川線 クハ7711+モハ7701 2009年8月 鶴来

さて、北陸鉄道は京王帝都3000系最初の譲渡先で、浅野川線で何度か見ていたこともあって、
この車両が石川線に導入されたときも「ふーん、あっそ」と、ほとんど気にもとめませんでした。
ところが、今回、初めて現物を見て唖然・・・「DT21を履いているじゃないか」。

はい、下回りが先に入線している東急7000系改め北陸鉄道7000系と同一のもの・・即ち、DT21系の台車に国鉄MT54系の主電動機4機、そして国鉄CS20A主制御器を使ったMT編成・・・に、そっくり交換されていることを、このあとで知りました。なんともお粗末な話です。
制御車だから電装されて当然なんですが。

ところで、M車の台車は西武FS342で主電動機はHS836Frbと解説されていますが
これらを使っていた西武701系は1997年には全廃になっているわけで、
真偽のほどはいかほどか・・・まあ、阪急600V時代のMGが東急アオガエル地方譲渡の再に活用されたような例もありますが。
それと、改造所は東急車輛でよいのでしょうか? このあたり、手許の資料には載っていないのでよくわからないのです・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-26 23:55 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
和歌山バス 日デU-UA440NSN +西工58MC
政権が変わり、大揺れの航空業界。
その中で再び話題になっている空港のひとつが関西空港ですが、
ここのバスも、いろいろな事情に振り回されているものが少なからずあります。
e0030537_231667.jpg
・和歌山バス 日デU-UA440NSN +西工58MC  2005年4月 和歌山県和歌山市(和歌山駅)

もともとは、関西空港交通の車両で、空港内のシャトル用として用意されたものですが、
運行事業者が親会社の南海に肩代わりされるなどの理由で比較的早くに廃車になり、
同じ南海系列の和歌山バスと熊野交通に移籍しました。

空港内で(当初は)予想以上となった客を捌くために軸距5.5m級車の採用となったようですが、
和歌山バスは大型でも軸距4.7~4.8m級。熊野交通に至っては中型ばかりですから、正直違和感たっぷりの存在です。
それにしても、実際よりも長く見えますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-23 02:12 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
銚子電気鉄道 デハ702+デハ1001
銚子電鉄のデハ702とは、どうも巡り合わせが悪く、何時も大抵車庫でお寝んね。
伊予鉄道から車両を導入する旨が発表され、やきもきしながら銚子を訪ねたところ、漸く動いている姿を見ることができました。
e0030537_22401145.jpg
・銚子電気鉄道 デハ702+デハ1001 2009年9月 西海鹿島~海鹿島

この日は702を貸切り、車内で演劇を行うとのことで、午後の便の銚子駅側に連結されました。
沿線で数少ない開けた場所である海鹿島の直線で待つこと暫し、
某ゲームの広告車である1001と連結されてやってきました。
水色の電車同士であるため違和感も少なく、なかなかよい感じ。

総括制御など出来るはずも無く各車に運転士が乗ったアナログな協調運転、
カプラーも1001側はアダプターを介しての連結と
他所では、見られないことばかりなのも、この重連運転の面白さです。
そういえば、25年以上前の時点で既に「国内では数少なくなった協調運転」として紹介されていたのを思い出します。当時は、301-101-501の3連が名物でしたね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-19 23:00 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(2)
長崎県交通局 三菱P-MP618M +三菱
全国の数ある公営交通の中で、都道府県レベルで事業を行っているのは東京都と長崎県の2都県だけなのは周知のとおりです。しかし、東京都は、東京市と東京府の合併で誕生したゆえに、旧東京市の市内交通を都道府県レベルで行っているに過ぎず、一般的な市営交通と守備範囲はあまり変わりありません。
これに対して、長崎県は雲仙への観光開発を目的として設立されたという点が、通常「市民の足」を守ることが第一に揚げられる公営交通と大きく異なっています。それゆえに、県内での急行系統の運行、県外への長距離路線・高速バスの充実、果ては県外に貸切営業所を新設するなど、他所では考えられないことが行われるのも当然のことなのです。
妙に細かい公式サイト

と、前置きはこの程度にして・・・。
長崎県交通局の一般路線バスは、現在、JR九州の如き赤一色に染められています。
しかし、この塗装になる前は、逆に青系の塗装を用い、郊外線と市内線で異なっていました。
e0030537_130495.jpg
・長崎県交通局 三菱P-MP618M +三菱 1999年8月 長崎県長崎市

シンプルに薄緑色に青い帯が入った市内線に対して、郊外線はこのような複数の色のボーダーが入った割合凝ったものでした。
メトロ窓、エアサスでハイバックシート、エンジンはターボ付きと非常に豪華な仕様。
長距離線で走らせたくなる仕様で、実際、高速路線車と同じ塗装になったものもあります。

ところでバスの行き先に書いてある地名、結構インパクトがあるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
「おんなのみやこ」ではありません。「めのと」と読みます。
市北部の山を切り開いたニュータウンのようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-17 01:47 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
トングリ
韓国・ソウルの通勤電車は、以前は前面が平面で構成されたのものが殆どでしたが、
1999年頃から、独自の丸っこいものになっていきました。これらを総称してトングリ(동글이=丸型)といいます。

そのトングリもいろいろな種類がありますが、この元祖トングリが
いちばん日本人には馴染みやすい形だったと思います。
e0030537_15090.jpg
・大韓民国鉄道庁 5146 2002年12月 九老
(구로、大韓民国ソウル特別市九老区)

鉄道庁5000番台の車両は、ステンレス製のボディにVVVF制御+交流誘導モーターを搭載したタイプ。
これらの中で2002年以降に製造されたものが、トングリになります。
当然ながら、メーカーは経済危機後のビッグディールで誕生したロテム(ROTEM)です。

側面の窓が小さめなのが気になりますが、それまでの電車のような露骨な幅広さを感じません。
また帯の色やその入れ方もシンプルな良さがあったように思います。
この5000と全く同じ形の安山・果川線~4号線直通用の2000番台車(・・・こちらのほうが登場は先ですが)もオレンジと赤の線がシンプルに入れれていました。

ところが、このあとの増備車はライトがツリ目になり、某所では「ROTEMってる」と言われるような独特の前面スタイルになっています。
そして公社化以降だったと思いますが、韓鉄の標準塗装が緑・黄から太極旗カラーとでも言うのか赤・青を使った派手なものになったのに従い、トングリの塗装も赤と青をべったり使ったものになり、相当アクが強くなってしまいまいました。

従って、この画像のようないでたちで走った期間は短かったようです。
こういう大人しめのものは、彼の地では受け入れられないのかな?と思った次第。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-15 01:47 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
蒲原鉄道の富士重工架装車
早いもので、蒲原鉄道の鉄道線が全線廃止になってから10年の歳月を数えます。
私は廃止後1年目の7月(木造車体を掘り起こしたとき)以来、久しぶりに村松を訪ねました。

蒲鉄はバス1本になったわけですが、経営は非常に厳しく、
廃止3年後の2002年には一般路線バスは全て廃止代替バス(21条バス)となり、分離子会社の蒲鉄小型バスが運行しています。その路線も、車両の寿命が尽きるごとに、加茂市の80条バスもしくは五泉市のコミュニティバスに取って代わり、もはや風前の灯といった状況です。
一方、蒲鉄本体は従来どおり、貸切バスと新潟~五泉~村松の高速バスを運行しています。

今回村松で見た富士重工架装の車両から、まずはこの2台。
e0030537_1255973.jpg
e0030537_1261411.jpg
もと神奈川中央交通の富士5Eは、2台が健在でした。LVはキュービックボディーのN尺車は廃車になりましたが、1986年3月式のこちらは営業運転中。登録番号から類推するに1995~1996年の導入ですから、既に神奈中時代よりも蒲原時代のほうが長くなりました。
一方、U32は鉄道線廃止の頃に3台が入りましたが、既に2台はリタイアしており、1台だけちょっと遅れて入った、新潟200か105(1988年3月式)だけが生き残っていました。

どちらとも、以前は普通に前面の方向幕を使っていたと思いますが、今回見た限りでは方向板をフロントガラス内に掲げる方式になっています。また、車内の運賃表示は三角式運賃表があるだけ、そして車内放送も肉声となっており、ある意味、ローカルバスの極限状態を見せられた思いです。
e0030537_135306.jpg
一方、こちらは1991年10月式の日デRP。ちょっと珍しい車両がやってきました。
車体は7B、冷房はサブエンジン式と、どうみてももと自家用ですが、それ故に
どこからやってきたのかは全く解りませんでした。
e0030537_1381543.jpg
最後は、蒲原鉄道本体の貸切車両から。
もと北港観光バスのUA440LSNで1992年7月式です。
11年前の10月に村松を訪れたときには、まだ購入したばかりで、HOKKOのロゴを剥がしただけの白いボディーでした。今回、オリジナルカラーになった姿を漸く見たのですが、最初は自社発注で高速バス用のUA520と見間違えてしまいました。
そのUA520は、西工ボディのRAに代替されたのか、これまた廃車になり車庫の片隅に留置・・・ということで、ロクに撮影できないままジ・エンド。
どうも7B架装の高速車はあまり縁がないのです。いつまでたっても撮影できない山交寒河江の奴とか・・・・。

さて、検索したところ、五泉市のサイトにこのような資料がありました。
自社発注の中型車は既に無くなっていたのですね。
今回の村松行きは8Eを再度撮影するのが目的でしたが、叶いませんでした。

(上から)
・蒲鉄小型バス いすゞP-LV314L +富士5E
・蒲鉄小型バス 日デP-U32L +富士5E
・蒲鉄小型バス 日デU-RP210GAN +富士7B
・蒲原鉄道 日デU-UA440LSN +富士7B いずれも2009年10月 新潟県五泉市(村松)
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-12 01:56 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(3)
広島電鉄 3000形
広島電鉄で1979~82年に宮島線の高床車を置き換え、あわせて市内線との直通増強用に登場したのが
もと西日本鉄道福岡市内線1100、1200、1300形の3000形でした。

よく広島電鉄を「動く電車の博物館」といい、もとの都市での姿のままで走るのが特徴・・といいましたが、それはあくまで市内線のワンマンカーに限った話。この3000形は、車両性能の統一(電磁SME制動、釣り掛け駆動62kw×4)、車体裾のストレート化、中扉を引戸に変更、そして3車体連節化など徹底的な改造を受けており、原形の面影は残すものの、すっかり宮島線用にカスタマイズされています。このあたり、広島電鉄の当時の本音が垣間見えるように思います。
e0030537_2241725.jpg
e0030537_2243368.jpg
e0030537_2244494.jpg
福岡市内線の連節車は1000、1100、1200、1300の4形式あり、うち1954年に汽車製造で製造された1100形のみ窓配置は同じながら、屋根の丸みが少なく窓が大きいという特徴がありました。
広島電鉄は、殆どが1962~1963年製の1200(8編成)、1964年製の1300(2編成)を譲り受けましたが、2編成(4車体)だけこの1100が入っていました。これは、先ず筑豊電鉄向けに1200形と1300形(1編成と4編成)が確保され、その残りが広島にやったためでしょう。

この1100だけで構成されたのが3005編成で、異彩を放っています。
そして、3006編成は中間車体(3006C)だけが1100形で、前後の車両と窓の大きさが違っている点が目に付きます。個人的には、もと1100のほうが明朗な感じがして好きなのですが。

ところで、この3000形はバス用のエバポレータを利用した冷房装置を搭載していたことで知られましたが
能力が不足していたため、現在は普通の冷房装置に装換されています。
この旧冷房装置は、富士電機製ですが、エバポレータはドコの奴だったのでしょうか?
分散冷房で中国地方なのだからヂーゼル機器製だったような気はするのですが・・・。※

(上から)
広島電鉄 3003 1998年9月 猿候橋町~広島駅前
広島電鉄 3005 1998年9月 猿候橋町
広島電鉄 3006 1998年9月 猿候橋町

※ 2016.05.18 追記 冷房システム自体は電装製だった模様。

[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-10 22:40 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(2)
関越交通 日野KC-RU1JMCH +日野車体
個人的に、全国のHIMRの中でも一二を争って影の薄い存在だと感じるのが
この車両です。
e0030537_170531.jpg
・関越交通 日野KC-RU1JMCH +日野車体 2009年1月 群馬県前橋市(前橋駅)

群馬県内の東武鉄道の路線バスの大半を肩代わりした関越交通は、
水上近辺や高崎~渋川などの路線を引き継いだ当時は中型を導入したのですが、
その後、前橋や沼田を引き継いだ際には気前良く?大型車、それも軸距5.2~5.3m級の新車をバシバシ投入しました。
それにしても結構な数が在籍しています。数年後に迎えるであろう、車両代替はどうなるのか気になるところです。

そんな中で1998年に1台だけ投入されたのがこのHIMR。
今に至るまで群馬県で唯一のハイブリッド車で、
なにか狙いがあったのかどうか気になるところです。
外見は、前面に書かれた文言を除けば、同社の日野大型と仕様はあまり変わらないので
気がつきにくいのですが・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2009-10-06 23:26 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(2)