本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~Inscrutable Battle~
先月あたりから、鉄道マニア(※ 鉄道ファンでも鉄道ヲタクでも鉄ちゃんでもなんでもいいが、とりあえずこの表現を使う)の行いの悪さが話題になっている。
これらの内容については、蒸気機関車ブームのころからいろいろ言われている話しだから、今更どうこう述べるつもりはない。
むしろ気になったのは、それに対する反応である。

たとえば「走るんですと蔑んでいた209系なのに手を返したように・・・」というもの。しかし、小学生になるころに209系が新車だった世代が今は20歳前後なのであるから、当時と意識の違う層が増えていてもなんらおかしくは無い。

思えば、京王6000系は京王5000系に比べて面白みの無い電車と言われていた。
国鉄50系客車について有り難味を感じるのは、昭和40年代後半生まれだけであり、
あるいは国鉄DD51などは蒸気機関車マニアから目の敵にされていたと聞く。
もっとさかのぼれば、木造電車がなくなったからつまらなくなった・・というった記述すら見たことがある。
それが、いまやどうなんだ?・・ということである。
たしかに変節したマニアもいるのだろうけれど、多くは違う意識を持った層が生まれているということなのだと思う。

自分たちの周辺だけが全てではない・・・ということに思いを馳せられない、ということでもある。

そして、犯罪者のプロファイル作成。
やれ新参組が悪い、やれ「ゆとり」が悪い、やれ「撮り鉄」が悪い、やれ「デジカメの普及」が悪い・・・・。
しかし、それは「自分たちは彼らと違う人種」ということを明確化するための主張にしか思えない。

もし新聞報道されたような人を糾弾するなら、
それは本人の行動、ならびに犯罪行為と迷惑行為についてだけで充分のはずである。
それ以外を付け加えて行くことに、どうにも違和感を感じる。
加えて、鉄道マニアの世界に限らないが、犯罪者や迷惑行為を及ぼすものも含めて社会は存在している。そして犯罪や迷惑行為は、健全な生活あるいは行動の裏返し・・いや、もしかしたら延長上・分岐線上に存在する、と私は思う。人間、悪に手を染めるときには自覚症状がなく、気がつけば・・・というのはよくある話なのだから。だから、このようなロジックで対岸の火事にしてはいけないと私は思う。

余談だが、最近「撮り鉄」「模型鉄」「乗り鉄」という分類が当然と思われているフシがあって辟易させられる。私は、むしろローカル私鉄というテーマであれば、撮りも模型も乗りもする(逆に言えば、それ以外については撮りも模型も乗りも無かったりする)のだけれど、最近そういうことを告げても、キョトンとされることが多い。

以上の2点から、いろいろ考えていたのだけれど
とどのつまり、マニアというのは「独善的」なのである。
犯罪行為を起した人間が独善的なのは確かだけれど
自分(の周り)だけが正しいという主張・行動をしている点では五十歩百歩なのかもしれない。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-28 02:10 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
静岡鉄道 いすゞBU10 +川重
静岡までいけばモノコックボディーのバスがゴロゴロしている・・・
なんていうのは、もう10年以上前の話なんですね。当然ですけど。
e0030537_0481768.jpg
e0030537_046978.jpg
・静岡鉄道 いすゞBU10 +川重 (上)1999年3月 (下)1996年8月 静岡県静岡市

さて、静鉄のバスでお目当てだったのは、この川崎ボデーのBU10でした。
モノコック車といっても当時の多勢はCJM+川重やブルドックでしたが、
個人的見られなかったREなどに比べれば、まだそれなりに走っていたように思います。
飛び出した大型方向幕にフロントガラスは曲面タイプ。奈良交通のBUあたりに共通の、どちらかというと西日本のテイストがします。
非常口扉の窓が開閉可能である点も、静鉄の特徴でした。
 
※2015.1.16 画像を一部交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-26 00:59 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
箱根登山鉄道 モハ114
首都圏のローカル電鉄の一つではあるのだけれども、
どうも足が向かないのが、箱根の登山電車。
いやまあ、小田原まで行ってしまうと、そのままバスを求めて伊豆方面へ行ってしまうのが常なので。
e0030537_2344599.jpg
・箱根登山鉄道 モハ114 1997年7月 入生田

モハ3形モハ114が廃車に際し、青とクリームの旧塗装に直されたときのもの。
こんなことでもなければ出向かなかったわけですが、いまやこんなことがあっても行かなくなってしまいました。
気がつけば、小田原~入生田からレールが1本なくなっているし・・・。

さて、この車両。1935年製で、当時の形式はチキ3。
チキ1(のちのモハ1形)・チキ2(のちのモハ2形)は車体は国産なれど、下回りは前者が米国WH製の機器にブリル27E-2台車、後者がスイスBBC製の機器にシュリーレン板台枠台車でしたが、こちらは下回りを含めて国産。
車体は川崎車両、制御装置は芝浦製作所の電磁単位接触器式RMK-106B、空気制動は三菱SME、台車は川崎の板台枠という組み合わせで、これら機器類の組み合わせは現在に至るまで箱根登山鉄道旧型車の標準となっています。空制はWH系、制御はGE系ということですね。
e0030537_2330673.jpg
そのうち台車は、1975年に東急TS110-Aに交換されました。
コイルバネを用いた揺れ枕式で軸バネがウィングバネという、比較的オーソドックスなものです。
今回見直すまで気がつきませんでしたが、平軸受でコロ軸化されていないのですね。
特殊な路線事情ゆえのことだったのでしょうか?
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-24 23:35 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
西肥自動車 日野K-RC301P +西工53MC 2題
佐世保を中心に長崎県北部を営業エリアとする西肥自動車。
西工53MCは日野・三菱・日デの3メーカーを揃え、比較的遅くまで使っていました。
e0030537_22151018.jpg
e0030537_2216510.jpg
・西肥自動車 日野K-RC301P +西工53MC 1998年9月 長崎県佐世保市

今回取り上げるのは日野RCへの架装例。
この年式でエアサスなのは西日本の郊外線主体の事業者らしいところですね。
旧塗装車のほうは小型幕、新塗装車のほうは大型幕という差が目立ちますが
加えて、旧塗装車のほうは中ドア後ろの窓がないのが気になるところです※。

西肥といえば、豊富な種別も特筆されるところ。
小型幕のほうは、種別用に単独の幕が用意されているのも、西肥らしいところです。


※もともとトップドアで中扉は後に増設したものであるとのこと。 2013年5月24日 追記
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-20 22:22 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
同和鉱業片上鉄道 キハ702
20年の歳月を越えて、漸く見ることが出来ました。

同和鉱業片上鉄道は廃線まで国鉄戦前世製気動車の代表格である
キハ41000とキハ42000を使用していたことで知られます。
私は、廃止前の1990年7月に乗車しているのですが、このときは往復とももと小坂鉄道のキハ800。
もとキハ42000形のキハ702はクラの中で見ることも叶わず、長いこと幻の存在でした。
e0030537_2350232.jpg
・同和鉱業片上鉄道 キハ702(保存) 2010年2月 柵原ふれあい鉱山公園

もと吉ヶ原駅である柵原ふれあい鉱山公園で、片上鉄道保存会による動態保存活動が行われていることは
ローカル私鉄ファンの間では特に有名であると思います。
しかし、日曜日には片上鉄道の代替バスは運行されない現在、公共交通だけでアクセスするには難しいこともあり、なかなか足が向きませんでした。
それが、この近くの美作市内で富士重工製路線バスを買った事業者が現れたため、漸く決断することができました。

岡山駅発7:21の宇野自動車に乗り、途中で中鉄バスに乗り継いで辿り付いたのは15年ぶりの吉ヶ原。
菊池桃子が出演していたポッキーのCMで印象的だった駅舎は、随分と綺麗な印象を受けました。
そして、目の前にはエンジンの掛かったキハ702が・・・
感無量、そして改めて保存活動に関わる皆様に感謝申し上げたい・・と思いました。

この車両についても少々。
1936年川崎車両製で、もと国鉄キハ42029(途中で42014と番号振り替え)→キハ42503→キハ07 5。
国鉄時代の最終配置は千葉の勝浦で、1966年に同型2両とともに片上鉄道に入線しました。
1951年に液体変速機とDMH17エンジンを取り付けて、後の国鉄液体式気動車の先駆けとなった車両です。
現在のようなシールドビーム・前面1枚窓になったのは1968年のことでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-18 00:18 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
呉市交通局 三菱U-MP618M +呉羽
呉市交通局の車両は、車両数の割りに年式による差が大きく比較的バラエティーに富んでいるほうだと思います。その中で、個人的よく見かけた気がするのがエアロスターKなのですが、1990年より前の三菱大型は西工架装であるため導入年次は意外に短い期間に留まっています。
e0030537_21373198.jpg
・呉市交通局 三菱U-MP618M +呉羽 2008年7月 広島県呉市

呉は前面の安全確認窓があるものとないものの双方がありますが、この年はないタイプ。
おとなしいスタイリングですが、若干特徴的なのが前扉~中扉戸袋間の3枚の2段サッシ窓が等幅になっている点が目に付きます。
もっとも、これはM尺のエアロスターKで前中引戸を採用した事業者は、この窓部分に側面方向幕を持つ仕様が多い(ex.神奈中、仙台市)ため、このような例が少ないためだとは思いますが。

戸袋窓周辺や方向幕周りなど黒色で処理される部分が水色なのも目立ちます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-15 21:47 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
ウィーン地方鉄道のデュワグカー
e0030537_1394580.jpg
・ウィーン地方鉄道の終点 バーデン・ヨーゼフ広場(Baden Josefsplatz) 2004年9月
(オーストリア共和国ニーダーエスターライヒ州バーデン郡バーデン町)

日本では路面電車と郊外電車(高速電車)が完全に分化して発達してしまったため、路面電車型の車両を使う高速電車の筑豊電鉄などは奇異な存在にうつるようです。しかし他の国、とりわけドイツ語圏(独・瑞・墺)においては高速電車であろうと路面電車スタイルの車両が走るのが通常であり、路面電車との区分はあまり意識されません。最もスピードの面では筑豊電鉄よりも速いほどですが。

そんな、郊外電車の一つが、オーストリーの首都 ウィーンから南郊に伸びるウィーン地方鉄道(
WLB:Wiener LokalBahn)でウィーンとその南郊にある温泉街のバーデンとを結ぶ全長27.2kmの路線を保有しています。ただし、ウィーン側は市街南端のシェーディフカ広場(Schedifkaplatz)までしか路線がなく、そこから中心地のオペラ座前までの約3km、ウィーン市電に乗り入れています。その他は基本的に専用軌道の複線ですが、バーデン側の終点附近では路肩の単線併用軌道になっています。

ここの電車は、ウィーン市電が伝統的に赤と白のツートンなのに対して、伝統的に青とクリームを採用しています。
今回取上げるのは主力車種であるデュワグカー後期型(通称マンハイム型)の3車体8軸連節車です。
1979、83、87、89、91~93年に製造されました。なお、オーストリア国内用のデュワグカーはノックダウン生産方式が採用されていた関係で、メーカーは同国のSGP(Simmering-Graz-Pauker AG、現在はジーメンス系列)です。
今回は、本サイトでは使っていない、重連時の画像を取上げます。
e0030537_1583388.jpg
e0030537_1571074.jpg
・(上)4-119ほか
・(下)4-112ほか  いずれも2004年9月 レースドルフ(Leesdorf)にて

比較的オーソドックスな外観ですが、扉の数が少なめであることが路線の性格を匂わせます。
車内も、朱いモケットの片持ち式座席にテーブル付きと、観光路線向けのカスタマイズとなっています。
e0030537_1572572.jpg

もともとは、上の写真のようなクリームにロイヤルブルーの塗り分けでしたが、後に新型車にあわせて、
白地に紺色の線になりました。
 ところで、この2枚の画像を比べて「?」となった方は鋭い。ウィーン側終点がループ線となっているため編成の向きがバラバラなのです。
ただ、欧州諸国では、一般の鉄道を含めて、車両の向きがバラバラでも、あまり問題はないようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-13 02:07 | 鉄道(海外) | Trackback | Comments(0)
関東自動車の富士7E低床車 3題
2000年代も10年目を迎え、
いまやバスの低床化は移籍車両でも行える時代となりました。
その10~15年前、各地に登場したワンステップ車やノンステップ車には従来の車両と異なる塗装を施す例もいろいろありました。そうした塗装を、今度は移籍車に塗る時代となり、各地でまた新しい組み合わせが登場しています。

さて、栃木県の関東自動車では、1998年よりワンステップ車などバリアフリー対応車の導入を開始。
1998年と翌99年には、富士7E架装の日デ大型車が計5台、投入されています。
これが従来の白・ベージュに赤帯とは全くことなるアイボリー地に水色と紫を配したものとなりました。
e0030537_23434459.jpg
・関東自動車 日デKC-UA460LAN +富士7E 2010年1月 栃木県宇都宮市

逆T字窓で前中ワイドドアという窓配置も、従来の関東自動車の概念を打ち破る斬新なもの。
サスペンションもエアサスです。
クーラーがビルトイン(デンソー?)であること、そしてワイドドアとはいえ中型車やJPなどと同じ幅が狭いタイプであるなど、富士7Eの架装例としてみても、少々特徴のある車両です。

その後、日デ+富士のバリアフリー対応車は中型のKK-RMが2台入っただけで終わりました。
そして時間は流れ、移籍車で日デ+富士のバリアフリー対応車が増えてゆきます。
京王と横浜市のJPが爆発的に増加したのですが、その中に1台、正統の大型車KC-UAのワンステップ車が西武バスからやってきました。
こちらも前中ワイドドアながら、扉の幅は中型タイプという仕様です。
また、関東自動車のバリアフリー対応車としては、初の2段窓となり、在来車と印象を異にしています。
e0030537_23521941.jpg
・関東自動車 日デKC-UA460LSN +富士7E 2010年1月 栃木県栃木市

この車両、こともあろうに栃木の配置となり、捕まえるのが億劫になる存在となりました。
まあ、路線は栃木駅~国学院の1路線だけですから、走っているときは逆に捕まえやすいかもしれませんが。

一方、宇都宮にも、バリアフリー対応の富士7E移籍車がやってきました。
こちらは横浜市交通局のいすゞ車。3台ほどを確認しました。
e0030537_2356331.jpg
・関東自動車 いすゞKC-LV380L +富士7E 2010年1月 栃木県宇都宮市

上の日デに比べれば、扉は普通のワイドドアで、屋上にクーラーの装置があるなど
この種の車両としては至ってノーマルなものです。
いや、横浜市のいすゞ+富士7Eは、1997年に突然変異的に登場したものなので
その点では異質なのですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-09 23:59 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
伊予鉄道の単行回送
鉄コレ11弾が発売されました。
しかし今回ばかりは改造ネタを考えても、
(もと)京王5000系は(もと)京王5000系にしかならないということで、どうにも個人的に盛り上がらず。
バラで買ったら出てきた伊予鉄の前面をつかって、伊予鉄の800のMc-Tc-Mcでも作ろうかと思っています。
とまあ、ここでも京王の呪縛から逃れられないのですが。

さて、伊予鉄道800については随分前に1度とりあげていますが、
今回は、伊予鉄名物の単行回送について。
今更感たっぷりのネタではありますが。
e0030537_2332447.jpg
e0030537_2334326.jpg
・伊予鉄道 モハ816 1996年10月 古町 

朝ラッシュ時も終わる頃、高浜から松山市へ3両編成でやってきた列車は、ここで高浜寄りの1両を切り離して2両編成になります。このとき、解放された車両は、そのまま古町駅の車庫に直行します。
この増結車も片運転台なのがミソで、貫通路にある観音開きの扉を閉め切って走ります。
気動車なら、時々在るネタですが、日本の近代型電車ではちょっと珍しいネタですね。

画像は、古町駅の手前で撮影したもの。
減速もせずに留置線につっこんでいきました。
こんな車両が数両並んでいる状態は、なんともユーモラスです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-08 23:13 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
最果ての旅路
今から1*年前の2月、
10代最後の日々は、大学の合宿で北海道にいました。
そして、「寒い時こそ寒いところへ、暑い時こそ暑いところへ行ってこそ本当の旅だ!」という若い頃にありがちな思考に染まっていた私は、合宿(といっても函館の湯の川に一泊しただけ)解散後、こともあろうに日本の最北端「宗谷岬」※)を目指したのでした。

※)公式見解では、当然ながら北方領土の択捉島となるわけですが。
  そういえば、我が国の東西南北それぞれの最果てのうち、国民が自由に行けるのは
  西端(与那国島の西崎)だけなんですね。

さて、宗谷岬には鉄道がありませんので、バスのお世話になります。
稚内駅近くのバスターミナルから乗るのは東急系列(当時)の宗谷バス。
右を向いても左を向いてもやってくるのはモノコックボディー車、それも殆どが日野RCで、ごく少数の三菱MPがいたと記憶しています。

市内線は東急からの移籍車が幅を利かせていましたが、宗谷岬方面のバスは北海道らしい長尺の自社発注車でした。
で、肝心の写真は・・・というと
e0030537_2328783.jpg
e0030537_23282176.jpg
こんな写真しか撮影していない自分のバカ!・・・もはやお約束です。
はい、往々にして昔の写真を見ると懐かしさとともに後悔の念が飛び込んでくるものですね。
車種は、おそらく日野RC321 +日野車体。
上は、稚内バスターミナルで、下は宗谷岬で撮影しました。

海沿いをゆくそのバスには、たくさんの老人が乗っていたのを思い出します。
彼らは、途中のバス停でひとり、またひとりと降りて行くのですが、そのバス停の近くにはあまり人家が見当たらず・・。いつのまにか、車内は季節外れの観光客が8人ほど乗っているだけとなりました。

そして約1時間後、ようやく宗谷岬へ。
ついにやって来たぞ!という思いとは裏腹に、
あまりの寒さでガチガチ震えていたのは当然でありますが。
でも、この時にみた鈍色の空と海は忘れることはないでしょう。
e0030537_042252.jpg
稚内を訪れたのは、このときが最初で最後。
いつか、海峡の北にある、失われた領土「樺太」に行ってみたいものです。

いずれも1994年2月 北海道稚内市にて。
[PR]
by hiro_hrkz | 2010-02-03 23:37 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(3)