本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Bristol Lodekka
ウィリアム王子の結婚にあわせたわけではありませんが、
先日、こんなバスに試乗してきました。
e0030537_19555175.jpg
e0030537_1956640.jpg
静岡市の日本平自動車が購入した英国製の2階建てバスです。
日本では、とにかくAEC社製のルートマスターが有名ですが、
こちらは、ブリストル(Bristol Commercial Vehicles)製のLodekkaと呼ばれる車両。
車体はECW(Eastern Coach Works)製・・・以上は、英国のファンサイトの参照結果です。

年式は実に1955年で、国内で営業ナンバーを取得している車両としては、鞆鉄道のいすゞBX341+新日国(1958年式)や、豊後高田市(大交北部バス)のいすゞBX141+北村(1957年式)よりも古いことになります。

もともとは、丸い屋根がのっていたもの(参照(英語))を、
前所有者が日本の法規にあわせるため平屋根に改造したようです。
e0030537_1958739.jpg
英国のダブルデッカーらしくフロントエンジンであること、この車両の場合さらに後ドアであることから
1F客席からも前面展望が利きます。
ちなみに運転席は車内とは繋がっていません。どこから乗るのか・・というと、右側面に小さな扉があって
そこから乗り込みます。まあ、マイクロバスと同じなのですが、これがとにかく狭い・・・。
運転士さんは「押し込められ」ている感じになっています。操縦性はわかりませんが。
いずれにしても、日本のバスとは全く違う、クラッシクな感じが魅力的な1台です。

日本平自動車の公式サイト
http://www.n-bus.com/main.html


・いずれも2011年4月 静岡市駿河区(大谷)
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-29 20:03 | バス(その他) | Trackback | Comments(0)
頸城自動車グループのキュービックバス
新潟県上越地方に路線を持つ頸城自動車グループ。
ここの一般路線用車両はいすゞが中心なのですが、エルガ/エルガミオになる前までは
富士重工を架装した車両が殆どで、キュービックなど川重系の架装例は、ごくわずかでした。
今回は、同グループの数少ないキュービックを取り上げたいと思います。
e0030537_22123730.jpg
・頸城自動車 いすゞP-LT212J +アイケー 1997年2月 新潟県新井市

頸城のP-LTの中で唯一のキュービックバスが、1990年式のこの車両。
エアサスで窓配置が前後引戸と、当時の同社の標準的な、リーフサス・前後折戸という仕様から
外れることから、専ら注文流れと噂される車両であります。
e0030537_1151372.jpg
また、後扉直前の窓は下段も固定式となっています。
エアサス―前後引戸のLTというと、西日本の某社しか思い浮かびませんが、そことは仕様に差があるのは
気になるところです。
ちなみに、製造番号が3000001であるため、サンプルとも言われることがありますが、P- の車両の場合は、もともと233****(もしくは234****)だった番号を、途中で300****に変更しているので該当しないはずです。
e0030537_1232638.jpg
e0030537_1234514.jpg
・頸南バス いすゞKC-LT333J +IBUS 2011年4月 新潟県妙高市(新井)

9m大型を好んで投入していた頸城ですが、KC-になるとその台数はガクッと減り、
分離子会社で何例か見られる程度です。そのうち、新井営業所を分社した頸南バスではキュービック架装車を導入しました。1998年式。
同じ頃に、日デもしくはいすゞに富士8Eを架装した中型車を導入していますが、そちらが前後折戸なのに対し、こちらは前後引戸なのは、上記のLT212Jに倣ったからなのか何なのか、気になるところではあります。
側面に方向幕もなければ、屋上に突起物も見当たらず、きわめてプレーンな感じのする車両です。
e0030537_1305280.jpg
e0030537_131753.jpg
・糸魚川バス いすゞKK-LT333J1 +IBUS 2011年4月 新潟県糸魚川市

そして、糸魚川営業所を分社した糸魚川バスに在籍するのが、この貴重品。
平成10・11年排ガス規制(KK-、KL-)のキュービックLTです。
その数少ない(路線車での)導入例は、これまで全但バス山形交通の例をとりあげましたが、この車両もその1台です。
2000年5月式で、上記2台と異なり、後ろ扉は折戸となっています。

糸魚川バスは、KC-でも大型路線車を導入したグループで唯一の事業者です。
こちらにも、キュービック架装例があります。
e0030537_1392418.jpg
・糸魚川バス いすゞKC-LV380L +IBUS 2004年5月 新潟県糸魚川市

KK-LTと登録番号で一番違いのこの車両。
画像はわかりにくいですが、扉配置はこの車両も前後折戸で、LTとは長さだけが異なるといった感じです。
なお、ほかにもKC-LVは導入されていますが、そちらは富士7E架装の車両。
なにゆえ、ここでキュービックとなったのか気になるところであります。

※2016.1.11 P-T212Jの画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-26 01:45 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
高松琴平電気鉄道琴平線 1010形 1011+1012
高松琴平電鉄が、発足後に新造した車両は、わずかに4両。
いずれも、琴平線の急行用電車でした。
そのうちのひとつが、1010形。
1955年に帝国車両で車体のみを製造するも、電機品を決める段階で担当者が変わるなどの状況が続き
結局1960年に、日立製の制御器に国鉄中古の台車・主電動機等を装備して登場と相成りました。

その後、他車との併結のために、1979年に、制御器をHL、ブレーキを電磁SME、主電動機と台車を京急230のものに交換。あわせて前面の貫通化と車内のロングシート化を実施。
さらに1983年に、新製した住友FS-522/022台車と三菱MB-3239A主電動機に交換し、WNドライブのエアサス車となりました。

晩年は、骨格構造にHゴム支持の窓がならぶ1950年代の近代的スタイルに、Sミンデン式の軸箱支持とダイレクトマウント式の台車が、少々アンバランスながらも、好ましいスタイルの電車だったと思います。

・・・とまあ、こんなのは例によって例のごとく、ちょっと検索すればいくらでも出てくる話なので
この辺で。
さて、今回、この電車をとりあげたのは、以下の点に気が付いたため。
e0030537_22264657.jpg
・高松琴平電気鉄道 1011+1012+500 2003年3月 仏生山~太田

もともと2枚窓で上側に若干傾斜した前面は、1979年の貫通化の際に丸妻に改められました。
同時期に更新された820、810(もと豊川鉄道)や62に共通する雰囲気です。
その琴電の貫通車は、扉の両脇にフの字形の手すりがあるのが特徴です。

さて、上の画像は、さよなら運転のときのもの。
前面に、急行車だったときのヘッドマークをつけていますが、よーく見てみると、例の手すりがありません。
e0030537_22493216.jpg
・高松琴平電気鉄道 1011 1997年7月 瓦町

どうやら、このヘッドマークをつけるのにあたって、取り去ってしまったようです。
手のかかったファンサービスだったのですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-24 22:51 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
加越能鉄道 日デKK-RM252GAN +西工96MC
近年、公営交通を中心に乗合事業の縮小さらには撤退する事業者が出現し、そこから車両が移籍する事例が相次いでいます。
なかには、2000年以降製造の車両も。しかし、この世代は、標準化の推進で事業者毎の特徴が減り、
そもそも、そんな年式の車両が移籍しているということ自体が計算外で、なかなか気が付かないということも。
e0030537_0301160.jpg
e0030537_0294882.jpg
・加越能鉄道 日デKK-RM252GAN +西工96MC 2011年4月 富山県高岡市

富山県の呉西で事業を展開する富山地鉄系列の加越能鉄道。
中型車が殆どとはいえ自社発注を貫き、ノンステップ車の導入も進めていました。
しかし、この数年、移籍車も導入されるようになっています。

さて、画像の2枚の車両。いずれも西工架装のKK-RMノンステップ車です。
上の車両は、自社発注車ですが、下の車両は、明石市交通部から移籍した車両。
一見同じようですが、よく見れば窓割りやガラスの色が異なり、
屋上ではカマボコ型形状の換気装置があることがわかります。

親会社の地鉄では、廃業した姫路市交から高年式の中型低床車が移籍していますが
子会社も同じような展開となりました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-21 00:46 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(1)
越後交通 三菱KC-MP317K +MBM
新エアロスターの移籍事例も、だいぶ一般化してきた感があります。
既に初登場から15年ですから、エアロスターKやMの頃に比べれば
倍の年数がかかっているともいえますが。
e0030537_2239324.jpg
・越後交通 三菱KC-MP317K +MBM 2011年4月 新潟県長岡市

画像は越後交通に移籍した、もと川崎市交通局の車両。
新エアロスター世代になると、各事業者別の特徴もだいぶ減ってしまいましたが
それでも、このあたりなら、まだ見分けることができますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-19 22:45 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
北陸鉄道石川線 ED301
私鉄の機関車は、本格的なものは別として、軽量級の車両だと
下回りに電車用と共通のものが使われていた例も珍しくありませんでした。
その結果として、こともあろうに中空軸平行駆動となってしまったのが、この車両。
e0030537_1213283.jpg
e0030537_1214648.jpg
・北陸鉄道石川線 ED301 1996年10月 鶴来

1954年東洋工機/東洋電機製ですが、他の私鉄でみられる東洋製箱型電機のような、まるまるとした印象はありません。これは、台枠が露出し、また、電車のような位置に雨どいがあるのが、その要因かと思われます。また前面もいちばん左に扉があるのが特徴です。
 それでも、側面の窓や鎧戸のつくりは、同時期の1955年に同じ東洋で製造された東武日光軌道線のED611に近しい印象があります。

 その東武ED611とは下回りの面でも兄弟車といえ、鉄道省がつくった米国ガスエレクトリックの日本版、キハニ36450形の電動機が東武へ、そして台車がこの車両に流用されました。
ということで、極めて貴重な台車を履いていたのですが、1994年になって、もと東急の7000系と同じように、下回りにもと西武701系列のFS372(つまりは国鉄形式でのDT21)に履き替えました。これで、下回りも機関車らしからぬ奇妙な車両となったわけです。
そういえば、台車間にはDH25?コンプレッサーが付いていますね。こんなところもより電車的です。
 なお、制御器は発電制動付きのHLですが、この頃には、どうなっていたのでしょうか。

廃車になったあとは、若桜鉄道隼駅で保存されることになっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-15 01:43 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
後付けクーラー
気を取り直して?、ネタをひとつ。

1990年代になればバスの冷房は半ば常識的な装備でしたが、それでも非冷房で導入された例も存在しています。その多くは北海道の事業者ですが、その他の地域でも若干ながら採用例がありました。
しかし、年々上昇する夏の気温。後付けでクーラーを搭載したものもあります。

こういう改造のときでも、一般的には車種に応じて適当なものが用意されていますから、
製造時より冷房付きのものと比べて違和感が生じることはありません。
が、世の中、「常識」が通用しないものが存在するというのは、これについても例外ではなく・・・。
e0030537_0285325.jpg
e0030537_029877.jpg
・ビーエム観光 いすゞU-LV318N +富士7E 2010年9月 埼玉県鴻巣市 ※

画像は埼玉県内の特定輸送で使用されている車両。
両側面ともに軸間に開口部がないことから、(もと)非冷房車であることがわかります。
くわえて、いすゞのN尺の3扉、しかも中扉が前寄り(LV+7EのN尺で3扉を導入した京王・京成と比べると一目瞭然)、エンジンは高出力という個性的な仕様の車両です。

さて、この車両の冷房ですが、なにやら中扉~後扉間の屋上に載っていますね。
拡大してみますと・・・
e0030537_0292787.jpg
・・・なんじゃこりゃ!
趣味の諸先輩方に画像を見せたところ、どうやら日野のHR7m車などで使われているヤツではないか?ということでした。
大型長尺車に小型車用を搭載しているのですから、明らかに冷房能力が不足しているだろうとも。
いわれてみれば、たしかに。
しかしまた、なんでこんな選択になったのか・・・そこらへんは自家用や特定輸送系らしいところではあります。
e0030537_0591136.jpg
・(参考) HR7m車 京福バス 日野KK-HR1JEEE +日野車体 2010年5月 福井県福井市

もともとはこの車両、東京都板橋区と埼玉県東松山市にある大学の自家用車でした。
その後、運行業務を貸切事業者に委託することになり、緑ナンバーを取得。
同大学との契約が終了したあとも車両は事業者側に残り、現在は埼玉県内の学校の送迎等で使われています。いつ冷房改造が行われたのかわかりませんが、2004年に撮影したときは既に改造されていました。

なお、大学が契約した事業者には、もう1社、日本観光興業があり、画像と同型の車両が移籍していましたが、冷房改造は行われていませんでした

※2011年11月28日 型式を修正しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-10 01:15 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
臨時の雑感 ~昴~
先日発売になった「バスグラフィック」の第10号。
富士重工特集だそうで。ちなみ「昴」と「昂」という字は異なります。

ということで、内容について一通り見てみました。
同誌については、1月末に言いたいことは、だいたい言いましたので、茨城交通の5Eを取り上げながら、なぜもと都営のLVだけなのかとか、首都圏の5Eといいつつ大勢力だった西武と東武が1枚も無いのはどういうわけなのか、といったことはあえて口をつぐんでおきます。

しかし、その内容が誤解を引き起こしかねないとなれば、話は別です。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-09 01:11 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(4)
名阪近鉄バス 日野P-HT235BA +日野車体
最近、各地で目撃されている名古屋市交通局から移籍した車両。
同局は、比較的廃車時の車齢が若かったのですが、長らく放出されるのが3扉の大型車ばかりというのがネックだったのか、移籍事例は殆どありませんでした。中小型車と、2扉大型車になったことで広まったようです。

さて、同局のバスが3扉になる前。全国的に移籍車を導入する事業者が増え始めた頃には、若干の移籍事例がありました。その一つが、名阪近鉄バス。近鉄系列の事業者で、名阪間の高速バスとともに、岐阜県の大垣市周辺で路線バスを運行しています。
e0030537_2339985.jpg
・名阪近鉄バス 日野P-HT235BA +日野車体 1999年4月 岐阜県大垣市

こちらは、ノーマルな2扉車。前面の方向幕が幅の狭いものになっているのが特徴。
オリジナルの系統幕を潰し、方向幕だけ中央に移設したのかもしれません。
側面も方向幕を中扉直後に移籍しています。
ちなみに、このタイプは他に加賀温泉バスや名士バス(業者経由のレンタル)→沿岸バスの移籍例があります。
e0030537_234333.jpg
名阪近鉄バス 日野P-HT235BA +日野車体 2000年9月 岐阜県大垣市

こちらは、もと3扉車。名古屋市の3扉車が営業車として移籍したのはここと、熊本電鉄のMPくらいでしょうか?
後ろ扉を埋めて窓を設置。もと戸袋窓も2段窓化しています。
車内には座席を新設。ちょっと沖縄的ですね。
e0030537_23451285.jpg

改造に懲りたのか、もと名古屋市交車の導入は、
これでおしまいとなってしまいました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-05 23:48 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
日立電鉄 大橋駅
今月の本館の表紙は、今はなき日立電鉄の大橋駅。
常北太田方面のプラットホームに桜が植えられていました。
e0030537_23173591.jpg
廃止を1年後に控え、車両の状態が悪くなっていたのが少々残念だった点。
この路線は廃線後、跡形もなくなってしまったところが殆どで、この大橋駅跡も
今はただの更地のようです。桜だけは残っているようですが。

さて、大橋駅の駅名票はこんな感じでした。
e0030537_23242045.jpg
高速バスと乗り換え案内ということで、バスのイラストが書かれていましたが、
ベンツを思わせるマークが前面の書かれていたり(そもそも全体の造形が、ベンツのO303っぽい)、リアオーバーハングの部分に漢字で「日立」と書いてあったり、なかなか突っ込みどころの多いものでした。
そもそも、乗り換え目的の人っていたのかなあ・・・。

余談ですが、今回の震災では、茨城県北部も相当の被害を受けています。
この地域に住む親類の家も歪んだと聞きました。
個人的に、日立電鉄(特にバス)を追いかけて何度も何度も訪れた場所です。
復興の日を願っております。

・2004年4月撮影
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-04-03 23:31 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)