本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
祐徳バスのターミナル
佐賀県西南部に位置する人口約3万人の街、鹿島市。
国内でも著名な稲荷神社である、祐徳稲荷神社があることで知られています。
その神社と同じ名を持つ祐徳自動車(祐徳バス)もまた、この鹿島市に本社を置いています。

鹿島市内には3っつの拠点があります。
e0030537_1403288.jpg
まず、JR肥前鹿島駅前にある鹿島バスセンター。
ビルの1階が待合室で、そこ横付けするカタチとなっています。
高度成長期に建設されたタイプですね。
祐徳グループの本社でもあり、屋根には「誠」の字を中央に配した印象的な社紋が掲げられています。
(ちなみに、路線バスは分社された祐徳バスが運行、本体の祐徳自動車は主力部門の貸切バスやホームセンター「ユートク」を経営しています)。

日本の地方都市の多くは、鉄道駅と中心地に距離がありますが、それはこの街でも同じで
何もない駅前では、いちばん存在感のある建物となっていますが
一方で、いまやその大きさの割りに利用客数は少なく、寂しさを感じさせるものとなっています。

その祐徳バスの鹿島市内での運行拠点になっているのが、車庫のある中川。
e0030537_151860.jpg
e0030537_1514632.jpg
一般的な営業所の建屋といった感じですが、その面構えと軒先に吊り下げられた各行き先の表示は、
これまたバス黄金時代の片鱗を感じさせるものです。かつては、ここから中長距離路線が頻発していたのでしょう。
いまは、中小型の路線バスが発着するばかりです。
e0030537_1394158.jpg
このようなところでも、反対車線にはポールがあるだけというのも珍しくないのですが、ここには立派な待合所が設けられています。
シャッターが閉まっているスペースがありますが、かつては窓口か売店があったのかもしれません。

そして市街地の南端を抜けて山に当たると、そこが終点の祐徳神社前。
この種の寺社街のご他聞に漏れず、バスターミナルは神社とは門前町を挟んだ反対側に位置しています。
e0030537_1595040.jpg
広いスペースの端に、こんな丸い建物があり、待合室となっています。
少々レトロな感じもありますが、いつごろの建物なのかは不明。
e0030537_140156.jpg
ちなみに祐徳稲荷神社は、こんなところ。
清水寺ばりの本殿が印象的ですが、建物は戦後再建されたものが多いようです。
清水ふうの足組みもコンクリでした。

・いずれも2011年5月 撮影。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-28 02:03 | バスのある風景 | Trackback | Comments(0)
富山地方鉄道 モハ14711+ クハ11
名古屋鉄道の電車の譲渡例はたくさんありますが、その多くは系列内の事業者で
系列外への事例となると、戦後混乱期の供出を除くと殆どありません。
その数少ない事例が、1967年から3800系7編成が富山地方鉄道に譲渡(当初は貸出)され、モハ14710・クハ10となったものです。
e0030537_2345508.jpg
e0030537_234642.jpg
・富山地方鉄道 モハ14711(上)、クハ11(下) 1993年3月 稲荷町

富山地方鉄道に来たのは1948年製の1次車で、下回りを含めての譲渡となっています。
この点が、豊橋や大井川に譲渡された車両と異なる点です。
名鉄時代の更新で高運転台化などの改造を受けたものもありますが、1983年からの改造で、どの車両も非貫通の3枚窓となっています。また同じ頃に、ブレーキを阪急から譲り受けHSCに変え、他車との併結が可能となりました。ただし、名鉄時代の改造で、側面のウィンドシルが埋め込まれているか飛び出ているかの差があり、また車内も、4編成が1972年の改造で固定クロスシートとなり、残りはロングシートのままとなっていました。

画像は、最末期の1993年に撮影したもの。
おりしも、もと京阪の10030系が増えていた頃で、この車両だけなんとかギリギリ間に合ったものです。

さて、これも鉄コレで製品化ということで、手許のリトルジャパンのキットは、まさに「途中挫折」となりそうです。しかし、マイペースでやってこれた私鉄旧型車も、鉄コレというモンスターに飲み込まれてしまったなあ・・・と、今更ながら思う今日このごろです。

※2014.3.24 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-22 23:54 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
産交バスの日デRP +富士7E
日産ディーゼルの9m大型車RPは、もともと導入した事業者の数が少ないのですが、
近年は移籍事例もいくつか見られるようになりました。
九州産業交通グループは、もともとRPは導入していませんでしたが、事業委譲と移籍で4台を保有することになりました。なお、各車とも分離子会社を統合した産交バスの所属のようです。
e0030537_010095.jpg
・産交バス 日デU-RP210GAN +富士7E 2008年7月 熊本県熊本市

産交バスに先ず入ったのは、2005年3月に営業を終了した荒尾市交通局から移管された車両。平成元年排ガス規制車で2台あります。
メトロ窓+ワイドドアと思いっきり都市的な仕様ですが、比較的古めの車両が多かった荒尾市営バスにしては背伸びしたなあ・・と感じるところでもあります。ちょっと窓割りがせせこましいのが玉に瑕。
産交はもと荒尾市営バスの路線・車両を2006年に玉名営業所に編入しましたが、この結果、車両については旧市営路線に限らず、熊本の交通センターまでやってくるようになりました。

産交グループは経営再建中の2000年代中盤あたりから移籍車の大量導入に踏み切ります。
この中で特徴的なのが、大阪府の水間鉄道から車両が移籍してきたこと。同社も2005年に倒産しているので、なんとも不思議な縁ではあります。
とにかく、水鉄の日デと日野の中型・9m大型は、片っ端からやってきましたので、結果として、こんな車両も登場することと相成りました。
e0030537_0281848.jpg
・産交バス 日デU-RP210GAN +富士7E 2011年5月 熊本県上天草市(松島)

水鉄の自社発注車では唯一無二の存在だったU-RPです。なぜ中型車ばかりの中に、これだけ1両9m大型で投入されたのかは不明です。仕様はその水間の中型と同じく、メトロ窓の前後引戸。
車内はハイバックシートとなかなかの上級仕様です。

ところで、この車両、個人的には捕まえるのに難儀した車両でもあります。
当初、山鹿に配属されていたので、交通センターから山鹿に出向いたもののピットインしており終了。
その後、福岡から高速バスと路線バスを乗り継ぎ再訪したものの、影も形もなく、帰宅後に入ってきた情報で、三角に転属したと知る有様。
そして、今回、三角所属でも上天草で使用されるという情報をキャッチして、なんとか撮影ができました。しかし、このために他の計画が全てパーになったのは痛い・・・。往々にしてこういう巡り合わせの悪い車両ってあるんですが。
当日は、さんぱーる~大矢野高校~松島~赤崎の系統で使われていました。

水鉄からは、もう1台、こんな車両も。
e0030537_028157.jpg
・産交バス 日デKC-RP250GAN +富士7E 2011年5月 熊本県熊本市

こちらは水間鉄道のオリジナルではなく、もとサンプルカーのKC-RP。日デ関連の工場で使われてから、水間に来ました。何年も使わないうちに、再度産交への移籍となりました。
玉名に配置されたのは、上のもと荒尾車が縁なのでしょうか。
e0030537_0274341.jpg
・産交バス 日デU-RM210GAN +富士8E 2011年5月 熊本県熊本市

ちなみに、もと水鉄車で最も頭数が多い富士重工架装車は、こんなRM+8Eです。
ただ、これも配置される営業所がバラバラで、それなりに捕まえるのには苦労させられます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-19 01:00 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(1)
堀川バスのキュービックバス 2題
福岡県南部の八女(福島)を中心に路線を広げる堀川バス。
この10数年、路線用車両の殆どを川崎鶴見臨港バスの移籍車両で賄っています。
今回の画像は新幹線開通に伴い新装なったJR久留米駅にて撮影したもの。
e0030537_230535.jpg
e0030537_23121377.jpg
(上から)
・堀川バス いすゞU-LV324K +アイケー
・堀川バス いすゞKC-LV380L +IBUS いずれも2011年5月 福岡県久留米市

上はオーソドックスなU-LV、下は比較的最近入ったと思われる、KC-LVのワンステップ車です。
九州に移籍した車両なので、カーテン設置などの改造工事が行われています。
どちらも、きちんと整備されている印象をうけます。

ところで、堀川のU-LVは、どうも違和感があります。
それは、通常、無塗装の窓柱の樹脂板を赤く塗装していることで、
P-LVに見えるのが原因のようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-14 23:22 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
祐徳バス 日デKC-RN210CSN +西工96MC
佐賀県の南部を縄張りとする祐徳バス。
ここの路線バスは、バリアフリー法の施行前は、なんでもトップドアで導入していました。
結果うまれたのが、この車両。個人的に一度見ておきたかった車両のひとつでもあります。
e0030537_1104493.jpg
e0030537_1105835.jpg
・祐徳バス  日デKC-RN210CSN +西工96MC 2011年5月 佐賀県鹿島市

トップドアの日デRN、1998年3月式です。
低床化とダウンサイズ化を両立させ、そこにオリジナルの仕様をぶちこんだ結果という感じがあります。
したがって、車内にはハイバックシートが並び、日除けにはカーテンと、ツーステップの大型車の頃のままというのが、また嬉しいところです。
本社のある鹿島市周辺で使用されているようです。

なお、トップドアのRN+西工は、ほかに長野県の麻績村、大分交通の分離子会社である中津観光バス等で採用例があります。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-12 01:22 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
近江鉄道 チ11、12
空気バネの貨車として、一部で有名になっている車両。
ようやく実物を見ることができました。
e0030537_21555662.jpg
e0030537_21561011.jpg
・近江鉄道チ11(上)、チ12(下) 2011年4月 彦根

近江鉄道のモハ505・クハ1505を流用しチ11、チ12としたもの(・・・505Fは例によって例のごとく書類上は800系に「改造」されたはずなので、この車両の車籍は一体なにを継いでいるのか?)。
種車の関係で、空気バネの住友FS40台車と、全電気指令ブレーキとなっていることが特徴で、これは既に報じられているとおりです。なお、実際には空気の供給ができないのでエアサスは死んでいるはずです。

ところで、最近の電車など旅客用車両を、こんなふうに車体を撤去して長物車や無蓋車にするのは珍しいですが、
昔は割りとポピュラーなもので、国鉄でも戦災復旧車のサル9400なんてものが存在しました。
こういう改造が行われなくなったのは、車体強度を保持する構造が変わったため、台枠だけでは強度を保てなくなったのがその理由。
このチ11、12の場合、床下を見ると、魚腹台枠の如き補強材が取り付けられていますが、もともとの台枠もそれなりの強度がある、昔ながらのものであるはず。
以前、話題にしたことがありますが(・・・このときに頂いたコメントを読むと、いま思えばちょうどこの車両をつくっていたのですね)、近江500形は長さの割りに重たい車両で、台枠も古い工法でつくられています。・・・ひょっとしたら何か別の車両のものを流用・改造しているのかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-11 22:27 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(3)
熊本市交通局 日野KC-HU2MMCA +日野車体 ほか
熊本市交通局のバスは、近年、車両の置き換えもなく、
このまま都市バスに譲渡されて縮小してゆくもの・・・とばかり思っていたら
久々の新顔導入となりました。やはり移籍車ではありますが。
e0030537_18352356.jpg
・熊本市交通局 日野KC-HU2MMCA +日野車体 2011年5月 熊本県熊本市

もと京浜急行のHU。
ワンステップ車ということもあるのか、各地で移籍例が相次いでいる車種ですね。
あまり大きな改造は行われていない模様。
他に江ノ電からKC-UA+富士7Eが移籍しています。

ところで、在熊各社といえば
e0030537_18405242.jpg
e0030537_1841839.jpg
e0030537_18411970.jpg
(上から)
・熊本バス 日野U-HT2MMAA +日野車体
・熊本電気鉄道 日野U-HT2MMAA +日野車体
・九州産交バス 日野U-HT2MMAA +日野車体 いずれも2011年5月 熊本県熊本市

各社とも京急の日野ワンステップ車を導入しております。
これで都市バス以外の4社に入ったことになりますが、たとえば行き先表示機の移設、バックミラーの改造、
あるいは日除けカーテンの新設方法などは、各社の考え方が出てきており興味深いと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-08 18:46 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
ブルーライン交通 日デP-RM81G +富士6E
サンデン交通に行けば、やはり子会社のこちらも見たくなるのが人情というもの?。
今回は、肥中など中枢まで行く時間がなく、最も下関に近い川棚温泉でちょっと見ただけですが
それでも、こんな車両を見ることができました。
e0030537_0523644.jpg
・ブルーライン交通 日デP-RM81G +富士6E 2011年5月 山口県下関市(豊浦町川棚温泉)

日デP-RMの富士6E架装車です。
車両の更新サイクルが意外に早い同社で、移籍してから10年以上が経過した
これが残っているとは思いませんでした。

もとは、関東興業の車両・・・といっても、普通はわかりませんね。
同社は東京都江戸川区にある江戸川競艇を保有する企業で、客の送迎用にバスを持っていました。競艇場の送迎ですので無償なのですが、緑ナンバーだったのが特徴です。これは、道路運送法では無償旅客自動車運送事業といったと思いますが、詳細はよくわかりません。2002年頃にその制度がなくなり、白ナンバーになりました。

関東興業のP-RMはブルーラインに来た2台と、残った2台の計4台を確認しています。
ただし、私が行ったときは、都営バスの特送ばかりで、関東興業の車両が動いているところはついぞ見られず。そんなわけで、移籍時の走行距離も年式の割りに短かったのかもしれません。

扉配置は前中引戸ですが窓は逆T字。前扉直後に方向幕がありますが、そこだけは高さの低いT字窓となっています。都営のP-RMと同じですが、もうちょっとなんとかならなかったのか?という思いも多少。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-07 01:17 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
サンデン交通の新エアロスター 2題
今回の西日本行きも、やはりメインはバスですので、
その話題を中心に取り上げてゆきたいと思います。
サンデン交通でみた新エアロスターから2つほど。
e0030537_2327958.jpg
・サンデン交通 三菱KC-MP317K +MBM 2011年5月 山口県下関市

同社のオリジナルでは、KC-MMが在籍するのみでしたが、ここにきて移籍車が増えているようです。
画像は、もと江ノ島電鉄のツーステップ車。前面のセーフティーウィンドウがない軸距4.8m車ということですぐにわかると思います。前面の運賃支払い方法表示窓や、側面の出入り口表示の窓はきれいに埋められていますが、左折時のチャイムはそのままでした。
 今回の西日本行では中国・九州地方の各地で、もと江ノ電車をみました。かつて、いすゞのLR312Fが頸城に移籍した程度だったことを思うと隔世の感すらあります。そもそも、神奈川では5Eが遅くまで残っていた同社の車両が、広範に流通することは、考えられませんでした。まあ、出回るようになった理由はわかるのですが。

そして、驚いたのはこの車両。
e0030537_23434598.jpg
e0030537_23441123.jpg
・サンデン交通 三菱KC-MP747M +MBM 2011年5月 山口県下関市

ノンステップ車の移籍例も、(三菱車に限りますが)一般的な事例になりつつあります。
ここには、もと阪神電気鉄道の車両がやってきました。
運転席の上には丸型の、客室の上には箱型の換気装置が設けられているのが、それを示しています。
ただ、京阪神圏のバスで多く見られる後輪カバーは取り外されています。
とりあえず見たのは1台だけ。

ところで、サンデン交通のノンステというと青一色の塗装とばかり思っていましたが、これは従来塗装。
青塗りになるのは、アイドリングストップ機構など他の条件も必要なのでしょうか?
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-06 00:01 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
熊本市電の芝生軌道
黄金週間に、ちょっと西日本の方へ行ったのですが、
某大陸から黄砂が襲来した結果、体調を壊した挙句に発熱し、行程途中で「東京直行@ウルトラクイズ」と相成りました。

と、そんな個人的事情は置いておくとして、電車のネタをひとつ。
e0030537_13542628.jpg
・熊本市交通局 8201(左)、1356 2011年5月 二本木口

熊本駅周辺の再開発に関連し、熊本市電の熊本駅前~田崎橋は道路の片端に敷設された準専用軌道となりました。
昨年、熊本に行った際には、まだ工事途中でしたが九州新幹線開業までに完成したようで、立派な芝生軌道となっていました。軌道だけ見れば、欧州のそれと見まごうばかり、であります。
路肩への敷設については、富山ライトレールでは「歩道も含めて道路の中央」という解釈で乗りきったなどといわれていますが、ここの場合はどうなのでしょうか。

残念なのは、信号待ちが長く、数百メートルなのに所要時間がかかること。
これは、もともと路線網の端っこで、熊本駅までの「ついで」に線路があるような区間であることも関係しているかもしれません。というより、よく廃止にならず大改良できたなあ・・・という感も。それも新幹線効果の一種なのかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-05-05 14:08 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(2)