本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
お気に入りブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
徳島市交通局 いすゞK-CJM470 +川重
もう、10年以上前の話になってしまいますが、
その頃既に数がだいぶ減っていたモノコックボデーのバス。
徳島の市営バスには、いすゞのC系がまとまって在籍していました。
e0030537_22532189.jpg
e0030537_22532932.jpg
・徳島市交通局 いすゞK-CJM470 +川重 2000年7月 徳島県徳島市

軸距4700mmで前中扉、エンジンは直噴と至ってオーソドックな仕様です。
方向幕の位置や大きさ、あるいは冷房などについても、とりたてて述べる点もないような
まさに「特徴がないのが特徴」といった感じの車両です。

このあとに入ったキュービックの世代ですと、中扉の下半分にも窓があるなど
ちょっと個性を出してくるのですが・・・。

ただ、手許の画像を見直す限り、側面窓下は全面広告になっているものばかりで
このようなオリジナルの塗装が残るものは2台だけでした。

※2016.1.5 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-29 01:08 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)
異邦人
e0030537_3331024.jpg
ということで、この街に行ってまいりました。
詳細は、来月あたりに。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-25 03:33 | そのほか | Trackback
お知らせ
管理人不在のため、今月24日(予定)まで、コメント機能を停止します。
また、メールは返信が大幅に遅れます。
何卒、ご了承ください。
e0030537_11539.jpg
※写真は本文とは関係ありません・・・?
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-19 01:15 | おしらせなど
岩手県交通の西工 2題
国際興業グループの岩手県交通に、いすゞ+アイケー/IBUS以外の車両が入った(特別な例は除く)ということで、バスマニアの世界がちょっとした騒ぎになったのが2002年ですから、もうすぐ10年になろうとしています。
今思えば、ほんの序の口で、その後、車体もシャシーも様々なメーカーの車両が入るようになりました。キュービックバスが多勢であることには変わりませんが・・・。

特に、このあたりの衝撃は大きなものがありました。
e0030537_1361546.jpg
e0030537_1362695.jpg
・岩手県交通 日デKC-RM211GAN +西工96MC 2009年10月 岩手県花巻市

西工、それもシャーシがUDという点。そして、その出所が神戸電鉄という点。
どちらも、想定の範囲外でした。
車両の仕様という面でも、前中扉が多数を占める同社にとって前後扉というのは、これまた異色の点です。
そのためかどうかわかりませんが、前面に1箇所、側面に2箇所も「後のり」という札を掲げています
(・・・これは、国際興業バスの前面に掲げられていたものの流用?)。
花巻の所属です。

くわえて、これが入ったというのも。
e0030537_1432427.jpg
e0030537_1433873.jpg
・岩手県交通 日デKC-JP250NTN +西工 2010年9月 岩手県花巻市

もと横浜市交通局のJP+西工。首都圏のJPが続々と廃車になったとき、ワンステップ車ということで
多数が移籍するのだろう・・と思っていましたが、結果は予想外の事業者の購入例が多かったと思います。
この岩手の例もその一つでした。
しかも1台は富士、2台は西工と手の込んだ?ことになっているのがミソ。
西工とUDつながりなのか、JPは2台ともにRMと同じ花巻の所属となりました。

見比べると、RMとJPでは前扉上の緑色、および前面の塗り分けが異なりますね。
それぞれ、、RMが(親会社の)キュービック/ジャーニー、JPが同じくエルガ/エルガミオに準じています。
また、96MCとJP京王タイプというのはバンパーがまるっきり異なり、
似て非なるものなのだなあ、と、改めて感じます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-18 02:01 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(2)
伊豆箱根鉄道駿豆線 1100系
伊豆箱根鉄道の1100系(もと西武701系)が来年の6月をもって全廃になるとのことで、ヘッドマーク付きで運転されるとのこと。
この電車が、伊豆箱根に入線したのは昨日のように感じますが、よくよく考えてみれば、平成と同じ年数だけ伊豆箱根を走っているのですね。
最後まで残ったクモハ1009を先頭とする編成は1967年製(もと783編成)ですから、西武では22年使用。一方、伊豆箱根では23年目となり、既に西武時代より長く使われていることになります。
e0030537_020021.jpg
・伊豆箱根鉄道駿豆線 クハ2007ほか 2008年8月 韮山~原木

画像は第3編成のクハ2007-モハ1014-クモハ1013。もとは西武の735編成です。
流山と三岐は、西武所沢工場でPなしモハにクハの運転台を切りついで先頭車化しましたが
こちらは、自社の大場工場での施行で、クハにPなしモハの機器を移設しています。
抜け殻になったうちの1両が、長いこと倉庫代用で大場に置かれていました。

西武時代の単色もしくはツートンなら、よいアクセントだったステンレス板も他者の塗りわけだと
その処理に苦労するケースが多々見られますが、この伊豆箱根の例は、綺麗にまとまっていますね。
前面を見ると、ヘッドライトや方向幕に塗り分け線が引っかからないようになっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-14 00:35 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
北九州市交通局 三菱P-MP218M +呉羽
3扉車と、ひとくちに言いますが、架装される車体には、偏りが見られます。
三菱車の場合、一般的には三菱自工よりも呉羽のほうがクセのある車両を製造していますが
こと3扉車の場合は逆。低床のMP628は別として、一般的なエアロスターKに関しては
このくらいしか例を知りません※。
e0030537_21561723.jpg
e0030537_21563131.jpg
・北九州市交通局 三菱P-MP218M +呉羽 2011年5月 北九州市若松区

北九州市交のエアロスターKの3扉車。1990年3月式です。
もとはスペースワールドの駐車場送迎車で、塗装も、オリジナルのものとなっています。
現在は、後扉は締め切りとなり、主に競艇場への輸送用として使われ、市内の若松競艇場だけでなく、遠賀川を挟んで隣町にある芦屋競艇場も担っています・・・こんなに近接して競艇場があるのも珍しいとは思いますが。方向幕に、わざわざ「有料」と但し書きがあるのは、若松が全て無料なのに対しで、芦屋は路線によっては有料という差があるため。

逆T字窓なのは、当時の北九州市交の標準的な装備ですが、側面方向幕は中扉の後ろに小さいものが一つだけ、窓ガラスは青い色つきガラスというのは異端です。
そもそも、殆ど西工を採用する同局で、エアロスターKを架装したのはこれだけ。なにゆえ西工ではなかったのか気になるところです。

※ 2011年7月11日追記 自家用登録では、ほかに1例が存在していることを確認しています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-10 22:35 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
都市交通タクシー いすゞKC-LR333J +富士8E
富士重工がバスの製造をやめて、もう8年になりますけど、
とにかく、まあノーマークのところに、富士7E/8E架装車が移籍してくれることくれること・・・。
今回もそんな一例です。

千葉県の北総台地の中央部。
印旛村には、もともと阪東バスの路線(木下~瀬戸~佐倉など)がありましたが、徐々に撤退。
代わりに、村は21条バスを運行し、公共交通を確保することになります。
その運行を請け負う事業者の一つが、都市交通タクシー(・・・検索してもなかなかヒットしない名前です)で
六合路線(小林駅~印旛日本医大駅~瀬戸~京成佐倉駅)を担当しています。
なお、平成の大合併で、印旛村は印西市に合併しています。

さて、同社は、これまでトップドアの三菱MKや日野メルファなど貸切仕様の車両を投入してきましたが
このたび、新たに路線仕様の8Eが入ったという情報を小耳に挟みました。
北総線に揺られること**分。 その東端、印旛日本医大駅に降り立てば、ちょうど、お目当ての車両がやってきました。
e0030537_0402531.jpg
e0030537_0403844.jpg
・都市交通タクシー いすゞKC-LR333J +富士8E 2011年6月 千葉県印西市(印旛日本医大駅)

色は真っ白。
屋上の換気装置類や、コーナリングランプなどから、もと川崎市交通局の車両であることがわかります。
方向幕をLEDに変えていますが、そのほかは、殆ど手を加えていないようですね。

それにしても、昔は真っ白というと、東磐交通の専売特許でしたが、最近は増えましたね。
ここ とか ここ とか ここ とか・・・。

なお、印旛村の21条バスは、この白地にひまわりの絵が描かれているのが普通です。
この車両も、今後ひまわりが描かれるのか注目ですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-08 01:04 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(4)
おつかれさまでした。
今年も、JNMAフェスティバル(第17回 2011年7月3日開催)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

年に数度、他の参加者の新作を見ながら、新しいモジュールをつくりたいなあ・・・と思いつつ、
今年も持ち込んだのは、いつもの同じ片原町。
そのバチがあったたのかどうか解りませんが、撤収するときに取り付け足が折れました。
来年は、本気を出さないといけないかもしれません。
e0030537_2333858.jpg
これは、今年の不法占拠の図。
例年、数名の首謀者で無血開城するのですが(謎)、今年は持ち込んだ車両数が減り、逆に様々な方の車両が並ぶこととなりました。
e0030537_2383596.jpg
画像は、私の神奈川電鉄モハ3611と、路モジ参加者I氏の国鉄モハ2320近代化タイプ。同じ宮城電鉄モハ800をモチーフとしながらも、細部の解釈やベースとなった車両の差で、いろいろと違うものとなっているのは、工作を行う上でもいろいろと参考になりますし、刺激にもなります。

今年持ち込んだ車両は、実際に走らせる車両が中心でしたが、1週間前に整備しようと思ってパワーパックを取り出したら、速度調整が効かなくなっているというアクシデント発生。
試運転しないでぶっつけ本番でしたが、Bトレ改造動力の大連の緑と京城が意外にも快調でほっとしました。
鉄コレ動力組みは、やはりタフでよく走ったのですが、昨年走らせていた琴電73が、車輪の汚れが酷く、今年はウンともスンとも言わず。・・・長時間走らせた動力は、きちんとメンテナンスしないとダメですね。

物欲は相変わらずの低調ですが、それでも鉄コレで岳南のクハ2両を購入しました。
でもまあ、買わずとも手許のキットと鉄コレ・バスコレで、おそらく一生は遊べそうです。
それよりも、動力など「走らせて遊ぶ」ための基本的なものが、いつでも手に入るようになっていて欲しいと願います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-04 23:18 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
防長交通の日野モノコック
山口県の西側をナワバリとするサンデン交通に対し、
東側をナワバリとするのが防長交通。近鉄系列の事業者です。
しかし、車種が豊富なサンデンに対し、どうもバスマニアの関心はいまひとつ・・という気がします。

私も、別件で降りたところで、数枚撮影しただけ。
アルバムをひっくり返したら、モノコック車の画像が出てきました。
どちらも正式な型式はわからないので、推測です。
e0030537_2392344.jpg
・防長交通 日野K-RE121P? +日野車体 1998年9月 山口県防府市
e0030537_2394155.jpg
・防長交通 日野K-RE121P? +日野車体 1998年9月 山口県徳山市

上は、防府で撮影したトップドア車。近鉄の貸切車に準じた塗装となっています。
側面の方向幕の位置に特徴がありますね。大型化したため、運転席からの視界確保のためでしょうか?
屋根にはラジオ用のアンテナが取り付けられていて、旧い中距離路線バスといったイメージです。

下は、徳山で撮影した前中折戸車。
中扉も通しガラスとなっています。また、後輪は関西圏のバスで見られるようなカバーつき。
これは、親会社の影響なのでしょうか?

そういえば、どちらの車両も、最後部が三角窓ではなく、RDあたりと同じ引き違い窓となってます。
RE/RCでは、他ではあまり見ない例だと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-07-02 23:42 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)