本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
羽後交通の富士重工架装車 新旧
羽後交通の路線車から、
富士重工を架装する車両についての話題をいくつか。
e0030537_1465741.jpg
e0030537_1471316.jpg
・羽後交通 日デKC-RN210CSN +富士8E(変形前面) 2011年9月 秋田県横手市

昨年度、一斉に廃車になり全国各地への移籍事例が相次いで報告されている、もと京王のチョロQ。
ここ、羽後交通にも入りました。
画像の車両は1997年9月式、当初は京王バスに納入された車両です。
特に大きな改造もなく使われています。中扉は、締め切り扱い。
横手で3台ほどを見かけました。
e0030537_1561743.jpg
・羽後交通 日デKC-RN210CSN +富士8E 2011年9月 秋田県湯沢市

同じチョロQでも、こちらはもと西東京バスの車両。
前面が異なると、印象も違ってきます。こちらのほうが、やはり見慣れている感じがしますね。
特に大きな改造もなく、中扉は締め切りなのは、京王のRNと同じ。
湯沢営業所の所属で、事前に聞いた情報では2台在籍とのことでしたが、この日見たのは1台だけでした。

さて、これら新顔に対して、古参車としては、このあたりを見ました。
e0030537_1595238.jpg
・羽後交通 いすゞP-LV314L +富士5E 2011年9月 秋田県横手市
e0030537_20570.jpg
・羽後交通 日デP-U32K +富士5E 2011年9月 秋田県湯沢市

上は、もと小田急バスのP-LVの5E架装車で63年3月式。下は、もと東京都交通局のP-U32Kの5E架装車で、63年式です。
今回、富士重工5Eは、もと小田急のLVを3台(いずれも横手)、もと都営のU32とLVを1台づつ(いずれも湯沢)、もと臨港のLVを1台(境)、計6台を確認しました(他の営業所は見ていないので不明)。
もしかすると、富士5E最後の砦のなるのは、ここかもしれませんね。
一方で、移籍車の導入数が、10年程度前に比べて減っている印象を受け、その点は気になるところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-25 02:08 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
山梨貸切自動車 いすゞKC-LR333F +IBUS
山梨交通グループは国際興業系列であるため、路線車両には親会社からの移籍車が多数在籍しています。
一方、他の事業者からの移籍車は、それほど数はなく、しかも分離子会社側に在籍して、それほど目立つ存在でもないようです。
そんな車両の一つが、川崎市交通局から移籍した、KC-LRの短尺車。子会社の山梨貸切自動車に在籍しています。
e0030537_2381632.jpg
・山梨貸切自動車 いすゞKC-LR333F +IBUS 2011年2月 山梨県甲州市(塩山駅)

山梨交通には、オリジナルでLR333Fを導入していることもあり、大きさの面では違和感はありません。目立つ差は、やはり外観が国際興業新色となっていることなんですが、この点に関しては逆にどことない違和感が・・・。
よく見てみると、国際興業のKC-LR333で採用されていた塗りわけ線ではなく、エルガミオで採用されたものとなっています。前面がなんとなくスカッとした感じなのは、それが理由なのかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-24 02:44 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
鹿児島市交通局 9504、9702
鹿児島市電は、1990年代前半はJR九州鹿児島車両所で車体を製造した車両を導入していましたが
後半になると、ごく一般的なアルナ工機製の車両となります。
JR九州製の車両は、ドアのガラスなど細部に凝った意匠も見られるのですが、アルナ製の車両は窓の数も減り、実用本位のさっぱりしたハコになったと感じます。
800形の機器流用車で直接制御車の9500形、機器類も含めての新造したVVVF制御車の9700形の2種類があります。
さて、これらの車両、登場時には、こんな塗装でした。
e0030537_2124659.jpg
・鹿児島市交通局 9504 1999年8月 桜島桟橋通 ※
e0030537_045379.jpg
・鹿児島市交通局 9702 1999年8月 郡元

この世代の標準は前面はアズキ色、側面はモノトーンのグラデーションで窓周りが濃いグレーという組み合わせ。
一方、9700は水族館の開業を記念し前面は青に、側面も青系のグラデーションとなっていました。
こちらの塗装の組み合わせは、市営バスの「シティービューかごしま」に一脈通じるものがありますね。
赤系と青系、単なる色違いかと思っていたのですが、改めて見比べると、側面と前面のツナギ部分やバンパーなどあちこちが違っています。

なかなかスタイリッシュな塗装でしたが、撮影時(1999年)、すぐに広告電車になってしまったものも多く、後に広告解除となったものは、交通局標準の緑と黄色の塗りわけになってしまいました。

※ 2013年11月22日 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-23 00:55 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(2)
南部バス いすゞKC-LV280N +西工96MC
昨年は怒涛の勢いで全国へ流れ出た、もと高槻市交通部のバス。
拙ブログでも、昨年、くしろバス八戸市交通部の例を取り上げましたが、ようやくこの車両も撮影できました。
e0030537_0335188.jpg
e0030537_034346.jpg
・南部バス いすゞKC-LV280N +西工96MC 2011年9月 青森県八戸市(ラピア)

お隣の八戸市交とほぼ同じ頃に入った、南部バスの車両です。
いまのところ、これ1台のみの存在。最近の南部バスは1~2台づつ、ポツンと車両が入ってくることが多いですね。また、行き先表示も幕だったりLEDだったりバラバラです。
現在は、軸間窓下が全面広告となっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-20 00:38 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
千曲バスの三菱中型車 4題
長野県の東信に路線を持つ千曲バス。
昭和50年代には既に過疎化の影響で乗客の減少が激しく、中型車が主力車種となっていました。
その後に導入された移籍車両も中型車が多くみられます。
その中から、今回は昭和58年規制の三菱車を4つほど。
e0030537_0494086.jpg
・千曲バス 三菱P-MK516J +呉羽 2002年2月 長野県上田市
e0030537_0495725.jpg
・千曲バス 三菱P-MK517J +呉羽 2002年2月 長野県佐久市(中込)

千曲の移籍車というと、ちょっと変った来歴の車両がいくつか思い出されます。
この2台は、いずれも愛知県の東急鯱バスから移籍した車両です。
同社は特定輸送用に中形をそろえていましたが、車両後部にも扉があり、また方向幕つきと乗合用に転用しやすい仕様だったのでしょう。その後扉は折戸ですが、ドアの下部まで通しガラスであることが多い三菱MKにしては珍しく上側だけ。これが、側面のメトロ窓スとアンバランスな印象で、ちょっと重たさを感じるところです。
なお、サスペンションは型式が示すとおりエアサス(・・・この頃はリーフサス併用ですが)です。
e0030537_113549.jpg
・千曲バス 三菱P-MK116J +呉羽 2001年7月 長野県上田市

一方、こちらは貸切仕様の前面にメトロ窓、サブエンジンクーラー。その割りに扉配置は前中折戸という一風変った車両。もとは、広島交通の子会社である広交タクシーの車両です。
1986年式で、1992年に2台が移籍しました。車齢6年目ですから、早くに手放したものです。
このタイプだけ、前面の塗装が異なっていたのですが、理由は不明。
e0030537_18037.jpg
・千曲バス 三菱P-MK116J +呉羽 2002年2月 長野県佐久市(野沢)

最後は、各地に移籍した、もと東京都交通局のMK116J。
ここにあげる中ではいちばんオーソドックスな形と思われますが、よくよく考えてみれば逆T字窓のMK116はあまり採用例がなく、中扉の処理などは独特ですね。
これも、たしか1台だけだったはずです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-14 01:13 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
ことでん 2011年8月
別に旧型車が走るわけでもなんでもなかったのですが
e0030537_23255864.jpg
先月、ことでんをたずねてきました。
実は、5月に行く予定だったのですが、前々日に天草で猛烈な黄砂に巻かれて、発熱。
九州の友人のところに駆け込んで、そのまま東京直行となりました。
その穴埋め・・・ということなのですが、低予算につき片道は青春18きっぷを使うという体たらく(姫路→岡山の普通電車に乗ったのは何年ぶりだろうか)。

今回は、琴平線の朝ラッシュを適当に撮影して、仏生山まで行って、そのあと長尾線でうどんを食べに行っただけというダラダラぶり。ただ、なにか特定のものを追いかけるわけではないので、旧型車がガンガン走っていた頃のように、ある意味のんびりと、ことでんを楽しめたのかな・・と思います。

しかし、一方で、最近のことでんの事情にはとんと疎いことを自覚。
以下、既に今更・・・な話ばかりですが、
e0030537_23343631.jpg
いつのまにか琴平線から長尾線に1215+1216が転属していたり・・・
(長尾線が朝ラッシュ時に運用が増えたのが転属の理由らしいです)。
e0030537_23382111.jpg
エメラルドな1255+1256が走っていたり・・・
(前は屋島水族館の広告車でしたね・・・・薄緑色で顔色の悪い電車とか言われたりしていた)。
e0030537_23335167.jpg
琴平線も、昔の「廃車候補運用」とはだいぶ違っていたり・・・
(黄色い1070の走行風景を撮るのははじめてかも)。

そんななかで、目立つのはこれ。
e0030537_2337588.jpg
「ひやく号」
今年は、現在の志度線が東讃電気軌道として開業してから100年ということで、巨大なことちゃんを描いた電車を走らせています。
休日なら、車内に実物大?ことちゃん&ことみちゃんのぬいぐるみがあるのですが、撮影時は平日なので
そんなものは無し。おまけに窓までことちゃんが占領しているので、なんだか薄暗く・・・ようするに、「花電車」
なんですね。

そしてもう一つの目玉がこれ。
e0030537_23363986.jpg
1300形2編成を長尾線に投入したことに伴い、600形2編成が琴平線に転属。
先に603+604が琴平線に転属し黄色くなりました。
また、1200形以外の長志線と琴平線ではジャンパ受けのある車両がアベコベなのですが、この改造も行われています。しかしまあ、まさか3色制覇するとは思いませんでした・・・これなら、鉄コレの600をもうちょっと買っておくべきだったかなあ、と。

この玉突きで廃車になるのは1089+1090と1075+1076。築港で水を被ったことのある編成ですね。
しかし、1070・1080も美しい状態を保っていますが、すでに車齢50年を突破しましたので、今後どうなるのか、代替の車両を含めて気になるところではあります。

・(1枚目) 琴平線 1203 片原町
・(2枚目) 長尾線 1216+1215 片原町
・(3枚目) 長尾線 1256+1255 公文明~長尾
・(4枚目) 琴平線 1101+1102+1071+1072 三条~栗林公園
・(5枚目) 琴平線 1204+1203 仏生山
・(6枚目) 琴平線 603 仏生山                        いずれも2011年8月。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-08 23:58 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
茨城の富士7E・8Eワンステップ車の移籍例
現在、移籍車で流通している車両も、ワンステップやノンステップが主流になりつつあります。
富士重工架装の車両も例外ではありません。
今回の茨城行では、これらの確認が第一目標となりました。
e0030537_1173853.jpg
・関東鉄道 いすゞKC-LV380N +富士7E 2011年8月 茨城県水戸市

関鉄で最近勢力を伸ばしつつあるのが、もと新京成電鉄の車両です。
このタイプの車両は、県南部の竜ヶ崎を皮切りに各所に投入されていますが、
水戸にも1台が配置されました。新京成の7Eワンステップ車は、ブロンズの2段窓と言うのが大きな特徴です。
新京成の富士7Eには日デUAといすゞLVがありましたが、関東鉄道に移籍したのは、どういうわけか
ツーステップ車を含めても、殆どがいすゞとなっています。

さて、その関東鉄道はこの10年あまり、京成バス(およびその分社各社)からの移籍例が多く、
ワンステップ車についても、LV+IBUSやHU+日野車体が移籍しています。しかし、富士重工架装の車両については、一向にあらわれる気配がなく、
e0030537_1284466.jpg
・茨城交通 いすゞKC-LR333J +富士8E 2011年8月 茨城県水戸市
e0030537_1285839.jpg
・茨城交通 いすゞKC-LV380L +富士7E 2011年8月 茨城県ひたちなか市(勝田駅)

代わりに、お隣の茨城交通に移籍しました。
昨今の混沌した移籍車事情を感じさせるものです。
いまのところLR、LVが1台づつの模様。なお、もと京成バスと、もと東武バスは見分けにくいとの声が聞かれます。そんなときは、前輪と中扉の間の側面に注目してください。東武はLR・LVともにハッチが2つ、一方の京成はLRは1つ、LVはゼロとなります※。

その茨城交通に最近登場したもうひとつのワンステップ車がこちら。
e0030537_1403578.jpg
・茨城交通 日デKC-RN210CSN +富士8E(変形前面) 2011年8月 茨城県常陸大宮市

大宮営業所に配置されたチョロQです。
もとは関東バス(ケイビーバス)の車両ですが、廃車後、埼玉県鴻巣市のロイヤル交通に移籍。
さらに茨城交通に再移籍してきました。
車内は、ロイヤル交通時代に取り付けたシートベルトをのぞけば、ほとんど関東バスの頃のままとなっています。
e0030537_1452029.jpg
一方で、後部方向幕はこんな感じになっています。関東バスオリジナルは、系統番号と方向が一つのタイプで、それはロイヤル交通に移籍しても変わりませんでした。この車両のこの処理は一体何があったのでしょうか。
なお行き先は、この9月1日より運行を開始した新路線。平日のみの運行ですが、少しでも多くの方に乗っていただけるといいな・・と思います。

茨交のエリアから久慈川を渡ると、今度は日立電鉄交通サービスのエリア。
ここにも富士7E架装のワンステップ車が複数移籍しています。
e0030537_152143.jpg
e0030537_1511565.jpg
・日立電鉄交通サービス いすゞKC-LV380L +富士7E  2011年8月 茨城県日立市

まず先に入ったのが、もと相模鉄道の車両。1998年度製造車です。
LVワンステへの架装例でありながら、冷房が富士重工製というのが、相鉄の車両の最大の特徴。
4台ほどの存在を確認しています。
e0030537_1513489.jpg
・日立電鉄交通サービス いすゞKC-LV380L +富士7E  2011年8月 茨城県日立市

そして、こちらは、もと東武鉄道の車両。1997年度製造の2台を確認しました。
調べると、最初に西柏営業所に配置された車両ということです。
オリジナルは前面窓下に「ワンステップバス」と書かれた行灯がありましたから、移籍時に撤去したことになります。

それにしても、ここに挙げた全てのタイプについて、もとの事業者で登場したての頃を見ているだけに
月日の流れの早さと共に、当時の想像の遥か上を行く、当世のバス事情を深く感じるものです。

※確証が持てないので、記述を若干変更しました 2011年9月2日 19:53
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-02 02:06 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
茨城交通 日野P-RJ172BA +日野車体
先日、茨城県へ行ってまいりました。
その際、水戸で見たのが、この車両でした。
e0030537_1381774.jpg
・茨城交通 日野P-RJ172BA +日野車体 2011年8月 茨城県水戸市

茨城交通の一つ目RJの中でも、これは唯一のもと京王帝都電鉄の車両で1986年式。
1999年に移籍して以来、大宮営業所に配置されています。
専ら、大宮町→常陸大宮市周辺の路線で使われていて水戸市街には出てくることはありませんでした。、
それが今回、水戸の駅前で見たのでびっくり。
大宮周辺の路線が、廃止・減便が相次いだ結果、運用の見直しが行われたものと推測します。
そもそも車齢25年。経営母体が変ってから、移籍車の導入が相次いでいる中、これが未だ生き残っていることにも、驚かされましたが。

さて、この車両。当時は珍しかった京王帝都の移籍車でした。
まだ車齢10年程度の車両が市場に出回る中、12年の京王の路線車が出ることは稀で
高速バス開業の縁で移籍した川中島のRC以外は、この茨交車と同じ頃に
広電に行った各種(・・・RJ、MK、HT、MP、HUと、よくもまあバラバラの車種を1~2台づつ買ったものだと思いますが)と、上電に行ったHT3台くらいのものでした。
その後、AT車の時代になり完全に途絶えたあと、JP以降の車種は各地に移籍しているのは御周知の通り。
この間の、移籍車事情の変化というものを感じる部分でもあります。
e0030537_1383244.jpg
・京王帝都電鉄 日野P-RJ172BA +日野車体 1998年5月 東京都八王子市

このRJは、もともとは高尾駅と小仏を結ぶ路線で主に使われていました。
当時の同年式同型車の写真(といっても八王子駅附近を回送中)がありましたので、1枚。
移籍時に出入口表示の行灯は撤去していますが、戸袋の内側が板になっているのは京王時代からだったのですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-09-01 01:57 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(2)