本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~風の姿~
ある頃を境に、ぱったりと使えなくなった表現がある。
それは、鉄道車両が「活躍する」などといった、擬人化表現である。
若干は、未だ使っている(嫁ぐ・・など)が、基本的には、受け付けない
あるいは、車両たち、バスたちなどという表現も、強烈な違和感を感じてしまうようになった。

どんなに思い入れがあるといっても、あるいはモノには魂があるとはいっても、基本的にモノはモノにすぎない・・・という意識が強くなっているのである。
私が、コトデンの旧型車、あるいは富士重工製のバスに対してみるときも、あくまでモノでしかない。
だから「見たかった」「乗りたかった」という感想は持っても「あいたかった」という言葉は出てこない。

先日、房総地区用のJR113系が廃車回送されるニュースの中で、「ありがとう」とマニアが言うのを見ていて
正直、耐えられなくなった。
私たちが趣味で扱っているのは、生き物ではなくて、ただの「モノ」であるという基本的なことを忘れてはいけない。必要以上の思い入れは、モノをモノとして扱っている人々との齟齬を生むと、このところ思うのである。これが現業とマニアの意識の差といったら言い過ぎ・・だとは思うが。

同様に、モノを神格化するのにも、違和感を感じてしまう。
いくら、日本人は自分が信じたいものを信じたい・・といっても、である。
以降は鉄道・バス趣味とは離れてしまうが、一例が、ロケ地などを「聖地」というスラングである。
私自身、大林宣彦監督の映画「ふたり」や、NHKの連続ドラマ「ちゅらさん」が好きで、それぞれのロケ現場を訪ねたことがある。だけど、作品はあくまで作品であって、宗教のように信じる対象ではないから、ロケ地が聖地であるわけもない。自分の行動に対して「聖地巡礼」など言われたときの嫌悪感は酷かった。
まあ、私が、ある人物なり作品なりのファンという人が、(盲目的な)信者と化している例に辟易とさせられたことが数度あるため、こうした宗教化というものを忌避しているというのが、背景にはあるのだけれど。

モノはモノ。
作品は作品。
それ以上でも以下でもない。
「おたく」と隔離したくなる背景には、このあたりの意識の差が、じつは大きい理由なのかもしれない。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-31 22:24 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(11)
苫小牧市交通部のキュービック 5題
来年春をもって撤退が決まっている、苫小牧の市営バス。
その車両の中から、本日はキュービックをいくつか。

苫小牧市営バスは、もともと、いすゞが多勢(2001年の時点で約半数)でしたが、
車体は、富士重工製が多く、キュービックはあまり見かけませんでした。
P-初期での導入後、長い間が開き、再び導入されたのは、KC-のワンステップ車からとなりました。
e0030537_2229724.jpg
・苫小牧市交通部 いすゞKC-LV280Q +IBUS 2011年10月 北海道苫小牧市

1997~1999年に合計8台が導入されたこの車種は、
北海道らしいロングホイールベース車。堂々とした印象を与えます。
なお、中扉以降は1段段上げされています。

このあたりまでは、それなりに新車導入が行われていたのですが、
2000年代に入ると、ご他聞に漏れずコスト削減の一貫で、新車投入は止まり
移籍車両の導入へと舵を切ります。
結果、苫小牧のキュービックは移籍車両で増えてゆくのですが、その移籍元の変遷がこれまた
典型的なパターンを辿っています。
e0030537_22381552.jpg
・苫小牧市交通部 いすゞU-LV324K +アイケー 2011年10月 北海道苫小牧市

まず導入されたのは、東京都交通局のU-LV。
同局では標準的な前中ワイドドア・2段窓の車両です。
なお、これら2000年代の移籍車グループは、全て幕板~屋根の赤色の塗り分けをやめており
自者発注車と印象が異なってきます。

しかし、東京都交通局はご周知の通り、「知事の一言」で車両の放出を止めてしまいます。そうなると、
e0030537_2240599.jpg
・苫小牧市交通部 いすゞU-LV324K +アイケー 2011年10月 北海道苫小牧市

今度は、川崎市交通局の車両が導入されました。
U-途中まで、富士重工が標準だった同局で、このあたりの車両がたしか、初のキュービック架装の車両だったと記憶しています。
神奈川の幾つかの事業者で見られる、低床車に標準床車の車体を架装(つまり車高が低い)したタイプで
ホイールアーチの形状にその特徴が現れています。

そして、
e0030537_22495548.jpg
・苫小牧市交通部 いすゞU-LV324K +アイケー 2011年10月 北海道苫小牧市
e0030537_22504574.jpg
・苫小牧市交通部 いすゞKC-LV380L +IBUS? 2011年10月 北海道苫小牧市

今度は、系列外への車両放出が盛んになった国際興業から車両が導入されます。
ここにきて、KC-車も移籍する世代となりました。
そういえば、国際興業のいすゞ車は、北海道いすゞがディーラーですから
ある意味、里帰りというかなんというか。
なお、同社の車両は、方向幕の周りが青いのが特徴ですが、LED化に際して発生した余白を丁寧にも
青色で埋めています。一方で前面は黒に変更されていますね。

更に、移籍車でもワンステップ車を求めるようになり・・・と続くのですが
撮影できたのはここまで。
来年春以降、道南バスへの引継ぎ後はどうなるのでしょうね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-28 22:57 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
蔵の街観光バス 日デKC-RN210CSN +富士8E
臨時の富士重工ネタをひとつ。
前々回、栃木市のコミバスで使われるRHをとりあげましたが、そのときの本当のお目当ての車両は、これでした。
e0030537_1293566.jpg
e0030537_1294817.jpg
・蔵の街観光バス 日デKC-RN210CSN +富士8E(変形前面) 2011年10月 栃木県栃木市

今月より試行運行が始まった部屋線(栃木駅~部屋南部桜づつみ公園)に投入された日デのチョロQことKC-RN。同線を請け負う蔵の街観光バスの所属です。

いわゆる京王顔ですが、この車両はもとは関東バスの車両。しかも一旦、東京都八王子市内にある短期大学の自家用車(スクールバス)となったものが、再度移籍したものです。
車内は、ほぼ関東バスのときのままのようです。車体は白一色に風船の絵をちりばめたものになっていますが、バンパーのうちライトまわりだけ黒塗りなのがポイント。これは自家用車時代のままです。
変ったのは前面とリアの行き先表示がLEDになったこと。一方で、側面のそれは、自家用車時代に取り外されたままとなっています。

そういえば、関東バスが保有したRN+富士8E全5台のうち4台が他の事業者へ移籍しましたが、そのうちの2台が2重移籍になるというのは、排ガス規制の絡んだ21世紀のバス事情を思わせます。

さて、部屋線は時刻表を見る限り、2台稼動のダイヤとなっています。
もう一台は、日野HRの7m車で、これもどこかからの移籍車です。
来年の4月には、路線が増えるそうなので、暫く注目しておきたいところですね。

余談ですが、栃木市といえば、唯一残った路線バスを運行するのが、(栃木の)関東バスこと関東自動車。
栃木駅前で、栃木の関東バスと、もと東京の関東バスが並ぶややこしいこともなきにしもあらず、ということで。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-21 01:51 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
新潟交通 クハ48・49
私が新潟交通をはじめて訪ねたのは1990年のこと。
当時、モハ16が休車になっていたため、電動車は日車標準型、制御車は小田急1400に統一されていました。
その日の午前中にたずねた蒲原に比べて、バラエティーに乏しいなあ・・・、数年前だったらキハ41000改造車もあったのに・・などと思ったのが、正直なところです。
e0030537_23523084.jpg
e0030537_23524263.jpg
・新潟交通 クハ48(上)、クハ49  1990年3月 東関屋

ただ、各車両を見比べてみると、前面のつくりが各車各様なのですね。
クハ49はもとの貫通扉の両脇が縦に帯状に一段出っ張っています。
これは小田急時代の原形に近いわけですが、これがクハ48になると
外板の張替えのためか、筋になっている程度です。

名義上は、クハ48は新潟電鉄開業時に日本車両で製造されたクハ32を、クハ49は神中鉄道の日車半流形気動車キハ31を改造したクハ33を、それぞれ1969年に改造したことになっています。
一方で車体は、クハ48が小田急デハ1412、49が同クハ1465となっています。
ベンチレータの数が異なるのは、この電動車と制御車という種車の差が理由でしょうか?

小田急は過去のピクを探っても明確な改番履歴が書いてないのですが、どうやら
 小田原急行デハ212→東京急行デハ1362→小田急デハ1462
 小田原急行クハ560→東京急行クハ1315→小田急クハ1465
ということです。いずれも1929~1930年に川崎車両製。
この2両は、月潟~燕が廃止された1993年に廃車になりました。

ちなみに、このとき、東関屋の車庫の建屋になっていた廃車体を見ているのですがどういうわけか撮影しておらず・・・。デジカメの現在なら撮影しているのでしょうけど、当時フィルムは限りある貴重な資源でした。
致し方のないこととはいえ、後悔先に立たず・・・といったところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-19 00:36 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(2)
蔵の街観光バス 日野KC-RH4JEAA? +東特
栃木県県南の街、栃木市。
かつては東武鉄道のバスと関東自動車と2つの事業者の拠点であったこの町も、
北関東中小都市のご他聞に漏れず、路線バスが壊滅的な状態になり、現在は一般の路線バスは1系統、
他にコミュニティバスが何系統かあるだけとなっています。

そのコミュニティバスのうち、市街地の循環系統等を担当するのが、蔵の街観光バス。
栃木市は、現在「蔵の町」として売り出していることもあって、車両は当初、日産シビリアンをベースとしたボンネットバスタイプの車両を投入しました。
その後、2010年2月にこの車両が加わっています(参考)。
e0030537_21181726.jpg
・蔵の街観光バス 日野KC-RH4JEAA? +東特 2011年10月 栃木県栃木市

東京特殊車体が架装したレトロ調バスで、京浜急行の初代りんどう号や宮崎交通のシーガイア用などの流れを汲むタイプです。もとは、山梨県北都留郡小菅村の80条バスとのこと。
ところで、最初に見たとき、中型のRRだと思ったのですが、よく見ると、リアオーバーハングが短い。
従いまして、同じ日野レインボーでも更に小型のRHになります。
このタイプの車体では最も小さいものでしょうね。

なお、このコミュニティバス。
以前は「のらっせ号」という名前だったのですが、今年10月の路線拡張にあわせて
「ふれあいバス」という、いかにもお役所が好きそうな残念な名前に変更されています。
その、路線拡張用に投入された車両が、本当のお目当てだったのですが、その話は改めて・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-15 21:34 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
日本交通 三菱P-MP518N +呉羽 
いわゆるブルドックのシャーシに、9m大型のボディーをストレッチした車体を載せ
一足はやくスケルトンボディーになった、「離れ目」タイプ。
導入した事業者は非常に少なかったのですが、
その中でも比較的遅くまで残っていたのが、鳥取は日本交通の車両ではないかと思います。
e0030537_23252963.jpg
・日本交通 三菱P-MP518N +呉羽  1998年9月 鳥取県米子市

エアサスで前後折戸といのは、当時の日本交通のバスでも標準的な仕様ですが、
窓構造は基本的には2段窓であったところに、逆T字窓を採用したのですから、特別な仕様だったのでしょう。
排ガス規制はK-、P- の両方が、また軸距も4.8mと5.85mの2種がありました。

※2016.12.14 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-13 23:54 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道福武線 西山公園駅
e0030537_23363479.jpg
福井から南下してきた福鉄の電車は、鯖江市内に入ると、
かつて鯖浦線が分岐していた水落と、南側の急行停車駅である西鯖江の間で
小高い丘を越えます。その中間にあるのが、この西山公園駅です。
1986年までは下鯖江と称していました。
e0030537_23361685.jpg
その名の通り、西山公園の目の前にあり、緑に囲まれ、寺や文教施設の多い、比較的閑静な中にあります。
1面1線のホームと、小さな木造駅舎というありふれた組み合わせですが、
特に荒れたところもなく、自動販売機と電話ボックスなど一通りのアクセントとなるものとあいまって
好感の持てるローカル電車の小駅。なにか模型化したくなる雰囲気がありました。

現在は、電車の入れ替えに伴うホームの嵩下げに加え
2010年に、駅舎そのものが「なんとういうことでしょう」されたようで、随分さっぱりとした姿になっているそうです。

・2005年8月 撮影
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-08 23:50 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(2)
ツーステップの新7E その2
3年ほど前に、「ツーステップの新7E 3題」という記事の中で、西武総合企画に在籍する新7Eのツーステップ車を取り上げました。このとき、西武総合企画には他の例もあると書いておきましたが、漸くそれらを捕まえることができました。
e0030537_1134421.jpg
・西武総合企画 日デKL-UA452MSN +富士新7E 2011年7月 埼玉県所沢市

そのひとつが、この車両。狭山市にある高校の送迎車です。
薄緑色に桔梗を描いた綺麗なデザインですが、そんなことからもわかるように
撮影するのがとりわけ躊躇われる車両。今回は、回送中のところを撮影しました。
側面の窓配置など基本的な部分は、同社所属の他の新7E・軸距5.3m車と同じですが、車内の座席は幾分よさげなものが取り付けられた着席重視の仕様であるのが異なる点です。
2台が在籍しています。

そして、もう一つがこちら。
e0030537_1281952.jpg
e0030537_1283189.jpg
・西武総合企画 日デKL-UA452MSN +富士新7E 2011年7月 埼玉県所沢市

笹バス色の新7Eツーステといえば、西武バス上石神井営業所のA0-714だけと思われていますが
もう1台、こんなものが存在します。
所沢市内にある流通事業者の送迎用として使われていますが、1台のみの存在。しかし送迎バスのルートは柳瀬川駅発着と東所沢駅・所沢駅発着の2つがあり、どちらに入るかは時の運となります。ちなみに、もう一台は、日デPB-RM+西工のツーステで、これもちょっと変った車両ですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-05 01:53 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
明光バス 日野U-HU2MMAA +日野車体
比較的事業規模の小さな事業者が点在する紀伊半島。
その中で白浜を中心にその隣の田辺などへの路線を持つのが明光バスです。
近鉄系列の事業者のため、最近は、もと近鉄バスのクルマがそのままの姿で走っている例が増えているようですが、その中で数少ない自社発注の大型車というのが、こちら。
e0030537_059722.jpg
・明光バス 日野U-HU2MMAA +日野車体 2009年8月 和歌山県田辺市

貸切タイプの前面を持つブルーリボン。
車内はハイバックシート?が並び、観光地を抱える路線向けの仕様となっています。
こういう貸切と路線の中間的な仕様の車両(・・・あえてワンロマとは呼びません)も近年はめっきり減ってしまって寂しい限りですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-03 01:18 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
花電車
e0030537_0462525.jpg
基本的に速報性はゼロの拙サイト・拙ブログですが、撮影してきたので掲載する次第。
ちなみに、こんなタイトルですが、アブナイ方向の話題はありませんので、あしからず・・・
(しかし、検索すると某wikipediaの、そっちのほうが先に引っかかったりするのはなあ・・・)。

東京都交通局が1911年に東京市電気局として成立してから100周年を迎え
それを記念した花電車を走らせることとなりました。
個人的に、花電車を見たのは21年前に長崎で一度だけ。
ということで、混雑が予想されましたが、出かけることにしました。
e0030537_0575410.jpg
しかし、予想に違わず、とにかくどこへ行っても人、人、人。
とくに飛鳥山では折りしも区民祭が行われていることもあって、歩道橋が落ちんばかりの人の山となり、
歩道に押しかけた人の数もまた強烈でした。

一般に運行される電車の混雑もなかなかのもので、主要停留所では4台見送ってやっと乗れる状態。
今日だけは、路面電車全盛期の再来となったようです。
e0030537_125641.jpg
ところで、沿線で見ていて感じたのは王子を境にした沿線の温度差。
商店街の存在という差もあるのでしょうが、三ノ輪や町屋では電車が通過するよるもかなり前から、踏み切りという踏み切りに沿線の人が押しかけており、関心の高さを感じました。一方で、豊島区内はそれほどでもなく・・・といったところでしょうか。
無論、花電車が通過した全てを見ているわけではないので、断定はできませんが。
e0030537_1143952.jpg
今月、あと4回(10日(月)、16日(日)、23日(日)、30日(日))走ります。
それにしても、ほんとうに東京は人の数が多い。
普段、ローカル私鉄しか撮影していない私には都会のイベントは向いてない・・・と、改めて感じました。
e0030537_181557.jpg

・東京都交通局都電荒川線 花100 

1枚目 荒川区役所前~荒川一中前 
2、5枚目 飛鳥山
3枚目 荒川一中前
4枚目 鬼子母神~都電雑司が谷       いずれも2011年10月
[PR]
by hiro_hrkz | 2011-10-02 01:19 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)