本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
月末の雑感 ~まっくら森の歌~
今回の九州行。
志布志、鹿屋、鹿児島、指宿、川内と鹿児島県内に多くの時間を割いたが、
もともとの目的は、屋久島(と種子島)に行くことであった。
主要四島と橋などで繋がっていない離島としては、個人的に11番目の上陸となる。
e0030537_157972.jpg
現在、屋久島へ向かうポピュラーな手段は、鹿児島市街にある南埠頭から出航するジェットフォイルである。
ここには、いわさきグループ(鹿児島交通系)の「トッピー」が就航していたが、そこに種子島の市丸グループが「ロケット」を就航させて、正に死闘が繰り広げられる事態となった。それが、この4月より両者の共同出資した会社に移管して、漸く手打ちとなったのである。
とはいえ、未だ日が浅いためか、ロケットに乗ればロケットのことしか言わないし、一方のトッピーに乗船しないと、いわさきのタクシーの案内をしないなど、未だ呉越同舟のような感じだった。

さて、屋久島までは鹿児島南埠頭から約2時間。
とびうおの如く、正に海の上を飛んでゆくわけで、たしかに120kmをこの時間なら相当に速い。
ただ、これら鹿児島の離島航路に乗る際の注意点というのが、錦江湾から外洋に出たところ・・・つまりは大隅海峡の辺り。
以前、鹿児島~奄美~那覇の航路に乗ったときもそうだったのだが、潮の流れが複雑になるのか、とにかく揺れた。ちなみに、私が乗る一週間前あたりにクジラと衝突したのもそのあたりである(・・・私が乗った数日前はクジラの代わりに、もっと大きなものが通って騒ぎになったのだが)。

屋久島には北に宮之浦、南に安房(あんぼう)という大きな集落があるが、
私が乗った船は、宮之浦港着の便であった。
e0030537_057240.jpg
上陸すると、こんなクラッシクな待合室がお出迎え。
ちなみに、右に停泊しているのは、種子島・屋久島と口永良部島(人口147人)を結ぶ屋久島町営フェリーの「太陽」である。とにかく、鹿児島には本土の人は先ず知らないような島がたくさんある。

屋久島は、いわずと知れた世界自然遺産の島である。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-31 01:45 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(0)
熊本市交通局の富士7Eワンステップ車
一昨年度に引き続き、昨年度も熊本市交通局では移籍車両を導入しました。今回は、いずれも富士重工7Eを架装するワンステップ車となり、4台ほどが熊本入りしました。
e0030537_20245117.jpg
・熊本市交通局 日デKC-UA460LSN +富士7E 2012年5月 熊本市中央区

まずは、日デKC-UA。もとは西武バス(西武総合企画)の車両で1台が移籍しています。
この車両で、注目したいのは、前扉の下側部分。
e0030537_20175116.jpg
もともと、補助ステップが取りつけられていたのですが、それを取り払ってステップ0段目を若干下げています(参考:西武時代の同型車の画像)。そして、その分、折り戸の下もゴム?で延長されています。補助ステップつきの富士7Eが移籍する例は相次いでいますが、このような手の込んだ改造はあまり多くありませんね。この点に限らず、移籍時に徹底的な車体更新を受けています。
e0030537_20235534.jpg
e0030537_20254243.jpg
e0030537_20233932.jpg
・熊本市交通局 いすゞKC-LV380N +富士7E 2012年5月 熊本市中央区

残り3台は、いすゞKC-LV。こちらは、黒いサッシにワイドドアで、UDとはだいぶ異なる印象です。
もとは新京成電鉄(松戸新京成バス)の車両ですが、1台だけは2007年10月に吸収合併した系列の船橋バスの発注車。
両者の間には、バックミラーが異なるなど若干の差があったのですが、UAのところで記したとおり「徹底的な車体更新」ゆえに、まるで見分けがつかなくなっています。
但し、側面の前中扉間にある車外スピーカーの位置が1台だけ(熊本200か950)異なっています。船橋バスと新京成でもこの位置が異なっていましたので、同車がもと船橋バスなのかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-27 20:39 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
伊賀鉄道 上野市駅
近鉄から分離され旧い社名に戻った伊賀鉄道。
その要となるのが、伊賀市にある上野市駅で、上野の旧市街地の北側にあります。
e0030537_22503528.jpg
その駅舎がこれ。
一見洋風で小洒落た・・・といいたいのですが、実際に目にすると、なんだかヌボーとしたというか大味な感じが否めないように思います。屋根の縁が妻板とツライチに近いのが原因でしょうか。現在の水色とピンクという塗装も、それに拍車をかけているのでしょう。
1922年築の木造モルタル建築らしいのですが、一度戦前の写真を見てみたいなあ・・と思います。

北海道の酪農畜舎、あるいは戦前の看板建築などで見かけるギャンブレル屋根(にしては、上が尖りすぎ)ですが、それが十字にクロスしているのは、独特ですね。
現在は伊賀鉄道の本社としても機能を果たしているようです。

・2010年4月 撮影 
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-24 23:09 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
南国交通のキュービックバス 4題
鹿児島県内に路線をもつ、もう一つの民営グループ。
それが南国交通です。南国殖産系列の事業者で、市内から県北部にかけて路線網を持っています。
鹿児島市内で使われる車両は、大型車が大半を占め、また郊外の団地路線などと坂道の多い環境にあわせて、軸距5.2~5.3m級の高出力車を採用しています。
e0030537_21193227.jpg
・南国交通 いすゞU-LV218M +アイケー 2012年5月 鹿児島県鹿児島市
e0030537_21191283.jpg
・南国交通 いすゞKC-LV280N +IBUS 2012年5月 鹿児島県鹿児島市

画像はキュービックボディーの車両。同社のいすゞ車はP-以降、KC-の途中までアイケー・IBUSの車体を架装したものを導入していたため、キュービックはメジャーな存在です。エアサス、前中ワイドドア、窓はメトロ窓で室内にはハイバックシートと高級志向ですが、鹿児島ではこれが標準的仕様でした。
U-からKC-になって、窓の構造が変わり、KC-ではスッキリとした窓配置となっています。
e0030537_2128105.jpg
・南国交通 いすゞKC-LV380L +IBUS 2012年5月 鹿児島県鹿児島市
e0030537_21283322.jpg
・南国交通 いすゞKC-LV380L +IBUS 2012年5月 鹿児島県鹿児島市

一方、移籍車の導入はここでも例外ではなく、関東地方からこのような車両が導入されています。
上がもと国際興業、下がもと東急バスで、いずれもリーフサス・短尺の車両。
2段窓であり、特にサッシが銀色の国際興業車は、自社発注車とは異なる印象となります。

ただ、前出の仕様差ということもあるのか、南国では移籍車の存在は目立たない程度に留められていると感じます。実際、いろいろ撮影しましたが、移籍車をみたのは僅かに4台だけ・・でした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-20 21:33 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
大分交通の西工 2題
大分のバスというのは、一見地味なように見えますが、各社とも通常のものが少なくて、通常ではないものが各種揃っているという、なかなか玄人好みのラインナップであると思います。最近は、メーカーの販売車種減少で、だいぶ普通の車両が増えてきた感がありますが。
e0030537_2354629.jpg
・大分交通 日野U-HT2MLAA +西工58MC 2012年5月 大分県大分市

九州では58MCを架装した大型車というのは、ありふれた存在ですが、大分交通は、そもそも大型バスの数が非常に少なく、ことU-以降の自社発注車に至っては4台しかありません。そのうち西工58MC架装車は2台あり、うち1台がこの日野HTになります。

T字窓にワイドドアといういでたちで、そのまま郊外への路線を走らせたくなる感じ。ただ、基本は大分市内用らしく、それも休日はあまり動いていないようです。この車両もなかなか捕まえにくく・・・。しかも他に日野U-HT+富士7Eという、これまたマニアックな車両を保有しており、あわせてマニア泣かせの1台だと思います。

なお、側面の行き先表示は、中扉直前の窓下に設置された幕を使っていましたが、LED化に伴い中扉直後の窓に移動しました。旧方向幕は「大分交通」の固定表示に。こういう対応は、同じ大分市内を走る大分バスでも見られ、ある意味地域性を感じるところです。
e0030537_010749.jpg
・大分交通 日デKK-RM252GAN +西工 2012年5月 大分県大分市

いっぽうこちらは、日デの中型車。もともとは国東半島にある大分空港と別府を結ぶ路線に投入されましたが、車両置き換えで一般路線用に転用されました。したがって車内は良さそうな座席が並び、サスペンションもエアサスとなっています。
しかし、外見はトップドアで1枚窓ということもあり、路線バスというより自家用などにありそうなイメージ。
そして、サブエンジンクーラーを採用したため、屋上はすっきりとのっぺりしていて、なかなか強烈な印象を残す車両となっています。
大分駅と国東を結ぶ系統などで使われているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-18 00:18 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
豊橋鉄道渥美線 モ1711
豊橋鉄道というと、今は鉄道線の渥美線と軌道線の東田本線を運行していますが、かつてはこれに加え、JR飯田線の本長篠から分岐する田口線を運行していました。もとは、現・飯田線豊橋側を保有していた豊川鉄道の傍系会社であった田口鉄道を、1956年に吸収合併したもの。とはいえ、豊橋電気軌道あらため豊橋交通が、豊橋鉄道に再改名の上、親会社の名鉄から渥美線を譲り受けたのは1954年。また、豊川鉄道(およびその子会社の鳳来寺鉄道)は鉄道を戦時強制買収されたあと名鉄に吸収合併されており、つまりは、名鉄系列の豊橋地区の企業再編ということのようです。

さて、渥美線と田口線は同じ鉄道線でしたが、暫くの間、両線の間で車両の交流等はありませんでした。
しかし1965年から廃線の1968年にかけて、電機1両と鋼製車3両が転属します。この鋼製車が渥美線の車両に後々影響を与えることになります。
e0030537_22425242.jpg
・豊橋鉄道渥美線 モ1711 1990年8月 高師

その車両が、このモ1710形1711~1713。1929年日本車両製です。
うち、モ1711と1712は、製造時から田口鉄道籍のモハ101・102→モハ36・37→モ36・37、1713は豊川鉄道籍のモハ31→国鉄モハ1610を1956年に購入し、モハ38→モ38としたものとなります。

田口鉄道は、もともと豊川鉄道と完全一体の運行をしていた関係で、同社線買収後そのまま運行管理を国鉄に依託します。この結果、飯田線に転入してきた国鉄車と併結運用するために、1952年に機器を国鉄型に変更しています。なお、もともと、豊川鉄道系3社の電動車は英国E.E系=東洋電機系の機器を搭載していました。同社の買収機であるED28形電気機関車が、そのものずばりEE製である点に現れていますね。

一方、渥美線は架線電圧が600Vということもあり、昭和30年代には、電動車とガソリンカー改造の制御車が、直接制御のまま固定編成になっていました。間接制御の車両もボチボチ入るものの、相互の連結はありませんでした。そこに転属してきたこの3両、これが引き金となったのか旧型国電の機器を流用するケースが次第に増えていきました。渥美線600V時代の電車が晩年、なんでも混結できるようになったのは、このあたりが一つのきっかけだったと考えられます。余談ですが、冷房車のモ1900等は東急3700出自の日立MMC系制御器を搭載していました。つまりはCS系とMMC系の混結が行われていたことになるようです。

車体は、続に川造形と呼ばれるタイプ。原形は一段窓でした。乗務員扉は、先の機器類の国鉄型変更時に改造されたものとのこと。
なお、撮影時は、既に運用が終了して留置中の状態です。さよなら運転に際し田口鉄道時代の焦茶色に塗り替え車体の番号表記も昔の36に変えてありました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-13 00:00 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
三州自動車 三菱KC-MP717KT +MBM
移籍車は関東勢が多数を占めるいわさきグループですが、
関西勢もボツボツと入ってきています。
e0030537_21313841.jpg
・三州自動車 三菱KC-MP717KT +MBM 2012年4月 鹿児島県志布志市

画像は、三州自動車に登場した、もと神戸市交通局の新エアロスター。
同市営らしいターボ付きですし、座席も関東勢に比べれば背ずりの高いものを
取り付けていますので、ある程度距離が長く起伏のある路線には向いているかと思います。

宮崎ナンバーなので、都城(本社)の所属の模様。
都城~志布志もしくは都城~鹿屋で使われているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-09 21:35 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
三州自動車の富士7E・8E
いわさきグループというと、2000年代に入り、それまでの一括新車購入から移籍車導入に変りました。その結果、首都圏から実に様々な車両が入るようになっています。
さて、いわさきグループで一般路線を運行する事業者は4社が存在しますが、今回取り上げるのは、大隅半島の路線を運行する三州自動車。2001年に(旧)鹿児島交通等がいわさきコーポレーションに統合された後、2004年にバス事業の再分割を行った際に同地区の運行事業者は、大隅交通ネットワークと三州自動車になります。その後、2008年に三州の路線は、大隅交通に統合されるものの、昨年末に三州自動車に再譲渡されるというややこしい展開になっています。
e0030537_112423.jpg
・三州自動車 日デKC-RM211GSN +富士8E 2012年4月 鹿児島県志布志市
e0030537_112237.jpg
・三州自動車 日デKC-RM211ESN +富士8E 2012年4月 鹿児島県鹿屋市

まずは、比較的オーソドックスなこの車両から。
もと西武バスのRMは、鹿児島交通、いわさきバスネットワーク共に比較的多く移籍しているようです。
三州自動車で見たのは、一般的な軸距4.28mのRM211GSNと、短尺のRM211ESNの軸距を3.77mに詰めたタイプの2種類です。
e0030537_1194815.jpg
・三州自動車 いすゞKC-LR333J +富士8E 2012年4月 鹿児島県志布志市

一方、こちらはもと東武鉄道のLR。
23区内で使われていた前中ワイドドアの車両です。
数が多かった前後折戸の車両も在籍しているとのことですが、今回見かけたのはこちらだけ。
e0030537_1214011.jpg
・三州自動車 日デU-JP211NTN +富士8E 2012年4月 鹿児島県鹿屋市

そしていちばん驚いたのが、この車両が移籍していたこと。
もと西東京バスのU-JPで、JPながら2段窓を採用したのが特徴です。
グループ全体では、鹿児島交通に、もと京王のU-JPとKC-JPが大量に在籍しているのですが、三州では数少ない上、もと西東京車はこれが唯一の模様。
それにしても、今更U-JPが移籍してくるとは・・・時期的なものも考えると、氷川に残存していた車両かもしれません。
e0030537_1264436.jpg
・三州自動車 日デKC-RP211GSN +富士7E 2012年4月 鹿児島県鹿屋市

個人的にいちばん見たかったのは、これ。
もと関東バスのKC-RPです。もともと10台の勢力でしたが、8台が全国に移籍したことになります。3台移籍したとの情報でしたが、今回見たのは、この1台のみ。

いずれの車両も外装・内装共に大きく手を加えられることなく使用されています。また、方向幕は前面・後面のみ使用し、側面は取り外されているか、あっても「三州自動車」に表示は固定されています。

それにしても、三州自動車の運用範囲は広く(たとえば垂水~志布志など片道1時間40分掛かる)、一度車両を逃してしまうと、押さえるのは大変なようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-06 01:32 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(1)
大分交通別大線 501、506
大分駅前を起点に大分市内から別府の海岸部を通り亀川との間を結んでいた別大線。
日本の路面電車では珍しく、間接制御の電車を使用して連結運転が常時行われていたことが特筆されます。
廃線は1972年4月、赤字と国道の拡幅を理由としたものでした。

廃線後、沿線に3両の電車が保存されましたが、これは、いずれも戦後に製造された500形でした。
別大線は、1954年に日立製作所で、ノーシル・ノーヘッダー、スタンディウィンドウの300形を登場させますが、これを基に扉配置を前後扉から前中扉に変更したのが500形で1956、1958、1959年に合計7両が東洋電機・東洋工機で製造されています。なお、後継は連節車の1000と、2両永久固定式の連結車である1100となっています。

これら保存車を見に行ったのは、1995年の夏のこと。日豊本線を北から順に尋ねていったのですが、亀川の保存車は、すでに解体されており、残っていたのは西大分と大分の2両となっていました。

西大分駅前に保存されていたのはトップナンバーの501。
しかし、状態は、あまりよくありませんでした。
e0030537_1610186.jpg
e0030537_1610225.jpg
・大分交通別大線501 1995年8月 西大分公園(大分県大分市)

前面は、窓下にも窓上にもライトがありますが、ヘッドライトは窓下のほう。これは外付け式であったのが特徴です。一方、窓上にあるのは、続行標識用(黄色)で、連結運転を常時行う当線らしい仕様だと思います。また、方向幕とともに種別幕(前面向かって右側の窓上)が設けられていますが、「普通」以外表示されることはあったのかどうか・・・。
e0030537_1621158.jpg
一方、台車は東洋工機製のTK201で、軸箱の支持方式が、いわゆるアルストーム式であったのが特徴でした。
ちなみに主電動機は50馬力(38kw 端子電圧500V)×2だったので日本の路面電車としては標準的といえましょう。
この501は、2004年に解体されたそうです。

一方、大分駅に程近い若草公園には1959年製造の506が保存されていました。
e0030537_16291682.jpg
・大分交通別大線506 1995年8月 若草公園(大分県大分市)

こちらも501とたいして変らないような状態で、外付け式のヘッドライトはなく、また方向幕等も埋められています。また、側面には広島電鉄の550や2000などと同様に電照式の広告があったのが特徴なのですが、これも埋められており、出っ張りがあるので解る程度となっています。
e0030537_16341016.jpg
台車は近畿車両製のKD202で、軸箱支持方式は一般的なペデスタル式になっています。これは、別大線廃止後唯一の譲渡車である505、507→岡山電気軌道3501、3502も同じであるため、現在でも同社の7201、7202で見ることができます。

この506は、1996年に、市内東部にある佐野植物公園に移転して再整備されました。
窓の構造が変わるなど原形は失われましたが、比較的状態は良いようです。
ただ、公共交通でアプローチできない場所ゆえ、筆者は未見です。
e0030537_16483170.jpg
・仏崎離合所附近の現在の風景。マラソンでも有名な別府・大分間は、海と山が直に接する地形で廃線の要因にもなった。が、いまや国道10号線は海を埋め立てて上下6車線となり、旧道は、このように通る車もなくひっそりとしている。なお、中央に見えるのが仏崎で、1961年に電車が土砂に埋まり多数の犠牲者が出た場所でもある。 2012年5月
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-05 16:53 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
種子島・屋久島交通 日野U-HU3KLAA/U-HU3KMAA +日野車体
ちょっと、九州へと行ってまいりました。その目的のひとつが、離島への渡航で、今回のターゲットは鹿児島県の島でも、とにかく有名な屋久島であります。
屋久島で路線バスを運行するのは2社。その片方が、いわさきグループ(鹿児島交通など)の種子島・屋久島交通で、宮之浦港~空港~安房(あんぼう)~いわさきホテルでは比較的本数も多く確保されています。

同社の車両は、トップドア車を採用。また、標高1936mの宮之浦岳をはじめ多数の高山が連なる島らしく、大型車は高出力車が採用されています。エアサス・ハイバックシートを装備し、車両のグレードは高水準です。

その大型車は日野、三菱、日デが在籍していますが、今回取り上げるのは日野車を2例ほど
e0030537_20415840.jpg
・種子島・屋久島交通 日野U-HU3KLAA +日野車体 2012年5月 鹿児島県熊毛郡屋久島町(宮之浦)

鹿児島交通にもトップドア車は多数が在籍し、日野も例外ではありませんが、同社の車両との差は前面が貸切タイプであること、そして、軸距4.8m級となっていることです。後者は道路事情を考慮しているのかもしれません。塗装は、同時期の親会社の中距離路線車と同じく青、オレンジ等の色違いの中にヤシの木が描かれるもの。
e0030537_20553588.jpg
e0030537_20555675.jpg
・種子島・屋久島交通 日野U-HU3KMAA +日野車体 2012年5月 鹿児島県熊毛郡屋久島町(宮之浦)

一方、こちらはその増備タイプ。軸距は鹿交と同じ5.2mになりました。
床下のトランクスペースも拡大され、荷物の多い登山客を輸送するのには好都合なのかもしれません。塗装は、いわさきグループの貸切車で見られる、同社の主要観光施設を側面に書いた「グリーントライアングル」となっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-05-04 21:15 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)