本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
全但バス いすゞU-LV318K +アイケー
兵庫県北部の但馬国に路線を持つ、全但バス。
だいぶ前に取り上げましたが、川重~IBUSを架装したいすゞ車ばかりを導入しています。
型式の面ならば、KK-LT+キュービックと言った珍品もあるものの、仕様の面では基本的にはごく普通のLVとLTが多く、したがって、マニアの注目度は、場所柄もあってそう高くはない・・・といったところでしょうか。BUの時代であれば、左側面にも非常口扉が設けられているという特徴があったのですが。
e0030537_18484580.jpg
e0030537_1958517.jpg
・全但バス いすゞU-LV318K +アイケー 2006年5月 (上)兵庫県養父市(八鹿)
                                (下)兵庫県美方郡新温泉町(浜坂)

さて、そんな中から、U-LVを2台ほど。
エンジンが高出力である点を除けば、軸距は4.67m級の最短クラスを選択し、扉配置は前中引戸。窓は銀色の2段窓、方向幕は中扉の後ろ・・・まさに可もなく不可もなく、といった感じです。
ただ、注目したいのは、前中扉間の窓配置が2種類あること。

画像上の車両のように広幅・狭幅×2・戸袋窓の順番に並ぶものは、八戸市交通部や関東鉄道でも見られます。ところが、画像下の車両のように、狭幅・広幅・狭幅・戸袋窓の順に並ぶのは、ほかでは見たことがありません。なにゆえこうなっているのかは、少々気になるところです。

※2013.5.8 20:38  型式が間違っていたため、タイトルと記事内容を修正いたしました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-24 20:17 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)
埼玉県の日デJP +西工 2題 
特別支援学校のスクールバスで使用する車両というのが、どのような基準で決められているのか
生憎私は知りませんが、傍目から見ていると、同一地域では受託業者が異なっても似たような車種が
採用されるということがあります。
かつて、大阪府内では、日デのJPに西工を架装したものが複数の事業者で導入されていました。
しかし、一般の路線バスに比べ代替速度がはやいことも多いスクールバス。
これら日デJPも既に売却されて、別の事業者に渡ったものがあります。
その中から、埼玉県に移った車両を二つ。
e0030537_1444031.jpg
・平成エンタープライズ 日デKL-JP252NSN +西工 2012年5月 埼玉県羽生市

埼玉県内を中心に貸切バスや特定輸送等を手がける平成エンタープライズ。
局所的に乗合事業も行っており、羽生市では駅と大型ショッピングセンターを結ぶ路線を運行しています。
ここに投入されたこの車両は、もとは大川自動車(※香川県のバス会社の大阪営業所)の車両。塗装等は変更せず、LED行き先表示を付けた程度で使われています。
KL-ながらRB以来伝統の1枚ガラスのフロントを持っており、足回りはスクール用途らしく板バネです。
e0030537_1505095.jpg
・丸建自動車 日デKL-JP252NSN +西工 2012年6月 埼玉県上尾市

一方、上尾市に本社を置き、貸切・特定輸送・乗合を手がける丸建自動車には、このような車両が特定輸送用に投入されています。側面に方向幕がないことから、もと自家用あるいは特定輸送の可能性が疑われます。
また、塗装は、丸建の在来車に比べて、アイボリーが濃く、また塗り分けも青の面積が多い点が引っ掛ります。この、塗り分けのラインから類推すると、もとは大阪緑風観光(大阪はとバス)の車両と思われます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-19 01:56 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
紅い直通電車
e0030537_23403564.jpg
鉄道コレクション路面電車シリーズの広島電鉄350から、
こんな電車をつくってみました。
e0030537_23405539.jpg
宮島線直通車の2000形です。
いまは緑の電車が走っていますが、かつて直通車といえばこのピンク色の電車でした。
以前から、一度は作ってみたかったものですが、自作しか方法がない状態で長いこと
躊躇っていました。鉄コレを機会にようやく実現することができました。

1月の記事で書きましたが、車体は窓を拡大し、貫通路をあけたもの。
それだけ書けば楽なのですが、窓をどうするのかが問題となります。
京阪2400のものが流用できるという情報を聞いてはいたのですが入手できず。
仕方がないので、GMの東武8000系用をベースに下の桟を削り取り、その下にエバーグリーンの0.25×0.5の角材を貼り付けて新たな桟にしたものを使っています。
片面6枚、2両で24枚は疲れましたが、デキはいまひとつ・・・といったところ。
ヘッドライトは銀河の旧型国電100w用、テールライトも銀河の旧型国電半流用を使っています。
屋上のランボードは、KitcheN製、側面の方向幕はTAVASAの新型国電用となっています。

塗装のうち赤帯は、手許にあったMrカラーのピンクを使おうとしたのですが、少々薄めだったので、そこに京急バーミリオンと西武アイボリーを混ぜたものを使っています。一方、オリエントピーチのほうは、同じくMrカラーのキャラクターフレッシュそのままです。
e0030537_2341429.jpg
側面の方向幕には赤を入れ、その後にHゴムを黒く塗りましたが、仕上がりはいまひとつ。
前面の方向幕は、単純に穴を開けただけだったので、t0.5透明プラ板の後から赤くぬったものをはめ込みました。こちらのほうがいい感じとなっています。
2000形の特徴である側面の電照式広告は、当初は穴をあけてアクリル板でもはめ込もうかと真剣に考えましたが、あっさりと断念し、単に白いシールを貼っただけとしています。やっぱり広告が欲しいですね。

下回りは、片方はトレーラーにしたいところですが、小径車輪などがないため、とりあえずは2両ともに動力を入れてあります。台車もトーションバー式を自作したいところですが、難しいので、動力附属の台車枠をそのまま使っています。ここは仮で、いつか目処がついたら変えることにしましょう。
連結は、動力附属の前後延長用床板に穴を開けて真鍮線のドローバーで結んでるだけという状態。こちらも、きちんとしたいところです。
e0030537_0349100.jpg
さて、2000形ですが、どうも個体差があった模様。
先に出した保育社の「私鉄の車両3 広島電鉄」のカラーページに掲載され、またかつてTMSに掲載された横田勝氏製作の16番の作品にもなった2002+2003。これだけパンタ台がゴツく、また冷房改造後も前後のベンチレータが残っていたようです。配管の類も異なっていた模様。
私は、車番は2004、2005として、GMの阪急用インレタから数字を拾って貼りました。

こうして、サツマイモ色の直通電車ができあがりました。
今度は宮島線の電車(・・・1040 好きなんですけどね・・・)もつくってみたいですね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-17 00:16 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(3)
福井鉄道 三菱KC-MP217K +MBM
福井県のうち嶺北の福井市以南から嶺南にかけて路線を持つ福井鉄道のバス。
しかし、県庁所在地の福井市周辺は京福バスに押さえられて、わずかに鉄道線に沿って南側から乗り入れるのみであり、路線は全般的に小都市か農漁村部にあります。そのような事情からか路線網もだいぶ縮小しています。
あわせて路線用の大型車も非常に数が少なくなっており、自社発注では、このタイプ2台のみが残っているだけのようです。
e0030537_1595960.jpg
・福井鉄道 三菱KC-MP217K +MBM 2009年8月 福井県福井市

もと名鉄系列らしく、大半の車両が三菱である同社なので、大型車も当然のようにエアロスターが入っています。この車両、特徴的なのが中扉前の方向幕部分の窓の幅。随分と広くとられていて、方向幕両側の黒塗り部分も妙に広くなっています。
ほかでは先ず見ない窓配置ですが、なんとなく中扉をワイドドアから折戸にして狭くしたぶん、その直前の窓の幅を広げて帳尻を合わせたように感じます。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-14 02:06 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
近江鉄道(湖国バス)の富士8E
近江鉄道と、その分離子会社である湖国バスには、多数の富士重工8E架装車が在籍しています。
近年は、同系列である西武バスからの移籍車も増えていますが、今回はオリジナルのツーステップ車について取り上げたいと思います。
e0030537_2174568.jpg
・湖国バス 日デU-RM210ESN +富士8E 2011年5月 滋賀県長浜市
e0030537_3114041.jpg
・近江鉄道 日デU-RM210EAN +富士8E 2012年1月 滋賀県大津市(石山駅)

近江鉄道グループの自社発注8Eといえばこの仕様の軸距3.9m級車。
特徴的なのはブルーガラスを使用したメトロ窓であることでしょう。この色つきガラスは、この頃の近江の自社発注車では標準的な仕様となっていました。加えて座席はハイバックシートという豪華仕様となっています。
画像上の車両は1993年3月式でリーフサス車ですが、下は1995年3月式でエアサスとなり、さらに豪華に。この仕様でKC-まで増備が続けられるのですが・・・、
e0030537_2241916.jpg
e0030537_2243677.jpg
・湖国バス 日デKC-RM211EAN +富士8E 2011年5月 滋賀県長浜市

この1台だけは、短尺+エアサスながら、窓は2段窓となっています。しかし、窓ガラスはブルーガラスを使用。富士7E/8E数あれど、こんな窓は、ほかにはサンデン交通のUAくらいかと思われます。湖国バス名義での発注車であることが関連しているのでしょうか。
扉配置は前中折戸で変わりませんが、通常より若干前寄りなのか、左側面最後部に極細の窓があるのがやや特異なところ。
ちなみに、U-RM・KC-RM共に軸距3.9mのエアサスというのは比較的珍しく、特に富士8E架装例に限れば近江・湖国が唯一の存在です。
e0030537_2311476.jpg
e0030537_2305486.jpg
・湖国バス 日デKC-RM211GAN +富士8E 2011年5月 滋賀県長浜市

他社では一般的な、軸距4.28m車の8Eが、ここではむしろ少数派でした(移籍車を除く)。
この車両は、もともとは西浅井町・木之本町の専用車で、塗装も水色一色でした。
仕様は、これまで見てきた車両に準じるものの、2段窓でスモークガラスという、ほかでは先ず見られないものを採用しています。
なお、KC-RMではフェンダーアーチにゴムが取り付けられる(=黒く縁取られる)のが標準ですが、この車両は上記の専用車から一般車に転用する際に、取り払ってしまったようで、U-RMと同じくノッペリとした状態になっています。
e0030537_371089.jpg
e0030537_372899.jpg
・近江鉄道 日デKK-RM252GAN +富士8E 2011年5月 滋賀県大津市

そして、これは2000年式のKK-RM。
既に西工架装のリフト車等で、軸距の長いタイプが投入されていたこともあるのか、ここで富士8E架装車も普通の軸距4.28mとなりました。とはいえ、採用は結局この1台のみ。
窓は逆T字窓となりましたが、相変わらずのブルーガラスを採用。扉配置も前中折戸のままで、結果的にやはりあまり例の無い仕様となっています。

ところで、一般路線用に投入した軸距4.28mの富士8Eというと、こんなのも。
e0030537_2423066.jpg
・湖国バス 日デU-RM210GSN +富士8E 2011年5月 滋賀県米原市(近江長岡駅)

どういうわけか、この1台だけトップドアで導入されました。
これも、湖国バスの発注であることが関係しているのかもしれません。
ちなみにこの車両、近江長岡駅前にある、今や懐かしいバス乗り場と一体の小さな車庫に置かれているようです。動く日はあるのかどうか・・・。
e0030537_2524527.jpg

[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-10 03:21 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
十勝鉄道(日本甜菜製糖専用線) DD201
先月末をもって運行が終了した、帯広市産業開発公社の専用線。
帯広貨物駅から西帯広駅前を経て工業団地まで、JR根室本線に沿って敷設された約5kmの路線です。
札幌方面から特急に乗車すると、この路線がみえてくると帯広が近くなったと思ったものです。

この専用線に接続して、最後まで使用していたのが日本オイルターミナルと日本甜菜製糖(日甜)でした。
そして、運行を担っていたのが、日甜の子会社である十勝鉄道でした。

十勝鉄道というと、かつては帯広駅から南西方向に762mmゲージの路線を持っていたことで知られますが、1959年までにこれらの殆どは廃止され、1067ゲージが敷設されていた帯広駅~工場前の貨物輸送を残して廃止されます。これも1977年に廃止され地方鉄道法に基づいた「私鉄の営業路線」は消滅しています。

一方で、1970年より、上記の専用線の運行を受託。
つまり、私鉄から専用線の運行業者に移り変わっていった、ちょっとややこしい歴史のある事業者なのです。所有企業名で呼ばれることが多い専用線では珍しく、運行事業者名で呼ばれていたのも、このような経緯ゆえと思われます。
e0030537_00001199.jpg
・十勝鉄道 DD201 2002年6月 西帯広駅附近

画像は、この専用線で使われていたDD201。1975年 日立製作所製のセミセンターキャブ機です。
日立らしいカクカクしたキャブに、出窓つきなのが面白いところ。
また、デッキの手すりにヘッドライトが増設されています。

たまたま某バス会社の営業所に行くために西帯広駅に降りたところ、踏み切りが鳴り出し、あわてて撮影したもの。結局、この専用線を走行する列車を見たのは、この一度きりでした。

※2016.7.20 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-09 00:45 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
広島電鉄 日野K-RU225AA/K-RT225AA +日野車体
比較的少数派ながらも、マニアの人気があった日野K-RT/RU。
本日は広島電鉄の車両から2種類ほどを取り上げます。
e0030537_146408.jpg
・広島電鉄 日野K-RU225AA +日野車体 2003年8月 広島市中区(バスセンター)
e0030537_1462434.jpg
・広島電鉄 日野K-RT225AA +日野車体 2003年8月 広島市南区(稲荷町)

いずれも1983年式ですが、同社のバス事業は市内線を運行する第一自動車部、郊外線を運行する第二自動車部に別れていて導入する車両の仕様も異なっていました。
上の画像の車両が郊外線用で、エアサスで前中引戸。
下の画像の車両が市内線用で、リーフサスで前中ワイドドア。
室内も郊外線は二人がけ座席主体なのに対し、市内線は一人がけ座席を増やして立席スペースを大きくとるなど異なっていたようです。
よく見ると、側面の出入り口表示が証明付きか、ただの板かといった細かな部分も違っていますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-06-05 01:57 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)