本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
日立電鉄 いすゞP-LV314L +川重
日立電鉄のバス部門は、今でこそ中型車が主力となっていますが、
その昔は日立市内の工場輸送を担っていたこともあり自社発注の大型車をそろえていました。
時代が平成になる頃から中型が増えはじめるので、
これら大型車の殆どは昭和時代のものということになります。
e0030537_23135930.jpg
・日立電鉄バス いすゞP-LV314L +川重 1999年8月 茨城県日立市
e0030537_23452522.jpg
・日立中央バス いすゞP-LV314L +川重 1998年8月 茨城県日立市

画像は、いすゞP-LV+キュービック。
扉配置や冷房/非冷房等のバリーエーションがあったと聞きますが、
私が撮影できたのは、オーソドックスな直結冷房・前中引戸の車両だけでした。
どちらとも1984年3月式で、この型式としてはごく初期の車両になります。
車内は、日立電鉄らしい三方シートとなっており、工員輸送で活況だった時代が偲ばれます。

さて、日立電鉄のバス部門は、分社と再統合で目まぐるしく名前の変わりました。
下の画像は1998年の撮影で、1996年10月に神峰営業所を分社した日立中央バスのときのもの。
上の画像は1999年の撮影で、その年の6月、最後まで日立電鉄直営だった日立南営業所と、先に分社していた日立中央バス、でんてつオーシャンバス(高萩、磯原)が再度統合されて
日立電鉄バスとなったときのものです。

※2014.3.30 画像を交換しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-28 23:26 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
南伊豆東海バス 日野U-CG3KSAU +東特 「トロピカーナ」
現在、観光用路線を中心に全国各地で特別ボディのバスが運用されています。
この種の車両をいち早く導入したのが伊豆半島の東海自動車で、1989年に伊東駅とシャボテン公園を結ぶ路線にレトロ調の「リンガーベル」を2台投入しました。これは非常に好評で、翌1990年に2台を増車。そして1991年には、伊豆急下田駅~石廊崎を結ぶ路線に「トロピカーナ」を2台投入しました。
e0030537_057591.jpg
・南伊豆東海バス 日野U-CG3KSAU +東特 1999年12月 静岡県下田市
e0030537_0571833.jpg
・南伊豆東海バス 日野U-CG3KSAU +東特 2002年1月 静岡県下田市

日野のセンタアンダフロアエンジン・フレーム付きエアサスのシャーシ(軸距5600mm)に東京特殊車体が架装したのは、リンガーベルに同じ。
しかし、レトロ調のリンガーベルと打って変わって、こちらは高い天井に、天地寸法の大きな窓を持つ明るい雰囲気の車両となりました。なお、この車体高を利用して、側面の方向幕が、扉の上部にツライチであるのも面白いところ。台湾あたりに行くと、よく見かけますが。

東海バスでの成功もあって、全国各地に特別ボディのバスが増えますが、その多くが日野CG+東特という組み合わせになりました。これは、センタアンダ+フレームつきシャーシであるほうが車体のデザインに自由度が高いということでもあるのでしょう。
たとえば、エンジンがリアにないため、車内は後端まで同じ床高さにできます。また、後端部の設計も自由が利きます。トロピカーナではリアにも側面と同じ高さの窓を設け、展望が利き、また開放感あふれる車内となっています。

これら特別ボディのバスはU-の時代は大型が多かったものの、KC-以降は中型が大半となりますが、そこでも日野+東特が大半であるのは、実績ゆえなのでしょう。
一方、車体に関して言えば、このような南国調のもののフォロワーは殆ど無かったのですが、窓の上辺が孤を描くタイプは、多くの車両に受け継がれてゆくことになります。

余談ですが、このトロピカーナ。
決して無名の車両ではないと思うのですが、検索してもあまり画像が出てきません。
それは、やはり走っている場所が時間的にも金銭的にも遠い場所だったからなのでしょうか。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-24 01:44 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
松本電気鉄道上高地線 ED301
e0030537_043115.jpg
大正末期に電化した私鉄の多くは電気機関車を揃えるわけですが、当時は基本的に舶来品の時代。
日本の電気車は、技術的に大半がウェスチングハウス(W.H)、ゼネラルエレクトリック(G.E)、イングリッシュエレクトリック(E.E)の3系統に属するわけですが、私鉄の舶来電機にだけ注目すると、その多くはW.H製(機械・車体はボールドウィン製)となります。日車製のコピー機もあり、今でも残っているものが幾つかあるのは嬉しい限りです。

この中で、1926年に2両、1927年に1両の計3両を導入したのが、現在のJR大糸線松本~信濃大町にあたる信濃鉄道。国鉄買収後、私鉄に払い下げられ、いずれも遅くまで使われました。
そのうち、1927年製の信濃鉄道3→国鉄ED223は、1956年に西武鉄道に譲渡されてA1、さらに1960年に松本電鉄に譲渡されてED301となります。1987年の昇圧も乗り越え、2005年に廃車になるまで奇しくも、信濃鉄道の隣の鉄道路線でもっとも長い45年の間、籍を置くことになります。
e0030537_026317.jpg
e0030537_026452.jpg
さて、この車両。遅くまで残った車両ですからカラーの画像も沢山残されています。
しかし、出てくるのは昇圧前のピンク色のときと、最晩年の茶色のときのものが多数。
その間は、今日取り上げる画像のようにネイビーブルーとなっていました。
時期的に考えると、5000系電車で使っていた塗料と同じではないかと推測されますが、落ち着きのある、いい色だったと思います。
ちなみに、乗務員扉は鋼製で窓枠がアルミサッシのものに替えられており、これがアクセントとなっていますね。また、スノウプラウの存在が、印象を引き締まったものにしていると感じます。
e0030537_0332753.jpg
こちらは台車周りの写真。
そういえば、電車に書かれた略称はMERでしたね。
で、バスのほうは、なぜかMRC・・・・これもアルピコ化で消えていったわけですが。
e0030537_036256.jpg
銘板の画像も。
こちらを見ると、1926という文字が見えますね。
入籍が1927年1月ということなので、製造は1926年中ということになります。

・いずれも1996年3月 新村
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-22 00:43 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
岩手県交通 三菱KC-MP747K +MBM
東日本大震災で被災したバス事業者に、各地から援助の車両が無償譲渡されたことは周知の通りです。これらの多くは、そのままの塗装で各地を走りだしましたが、今年半ばを過ぎて塗装変更されるものも出ています。
うち、岩手県交通と宮城交通グループで使用されている、もと東京都交通局の車両は、既に多くが各社オリジナルの塗装となりました。
e0030537_00431.jpg
・岩手県交通 三菱KC-MP747K +MBM 2012年9月 岩手県釜石市

画像は、岩手県交通に移籍した三菱のノンステップ車。
いちはやく釜石に配置され、都営時代の塗装のまま被災地を走りだした車両です。
国際興業新塗装系かつキュービックバス用の塗り分けとなっています。

なお、私は2009年秋に陸前高田→大船渡→釜石→宮古および久慈→八戸と回りました。そのときの各地の印象は強く残っており、今回、被災した各地を見た際には、言葉にし難い辛いものがありました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-17 00:24 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(1)
仙台と青森のいすゞLVワンステップ車 +富士7E
全国的に見ても、特徴のあるバスというのが、なぜか同じ地域の複数の事業者に
在籍していたりすることがあります。
今回は、あまり目立たない部分ですが、そんな例をあげたいと思います。

東北地方には、今は廃止された秋田市を含めて4っつの公営バスがあります。
どの事業者も富士重工のボディを架装した車両を、まとまった数導入していました。
このうち、先の秋田市を除く3社で、いすゞへの架装例が存在しています。
e0030537_2331585.jpg
・青森市企業局 いすゞKC-LV280N +富士7E 2008年5月 青森県青森市

青森市営の7Eは、殆どがいすゞのツーステップ車へ架装でしたが、
画像の車両は唯一のワンステップ車への架装例。1998年式です。
逆T字窓を採用したのも、このあたりの数台のみでした。
冷房はゼクセルのビルトイン型を採用しているのは、青森市営の標準。
バンパーは下半分を切り取ったタイプですね。
e0030537_22154749.jpg
・仙台市交通局 いすゞKC-LV280N +富士7E 2012年9月 仙台市青葉区

一方、杜の都仙台市営の7Eは、いすゞと日デの架装例があります。
このうち、低床化に突進んだ日デとは対照的に、いすゞはワンステップ車を3台導入したあとは、IBUS架装に移行してしまいます。
画像が、そのワンステップ車で、やはり1998年式。同局が最後に導入したいすゞ+富士でもあります。
逆T字窓は仙台ではありふれた存在。冷房は、富士重工製となっています。
また、バンパーは標準タイプですが、コーナリングランプつきとなっています。

ということで、この2台の共通点、お気づきでしょうか?

前輪と中扉の間の裾形状がちょっと変わっていますね。
前扉側が下がっていて、戸袋下部は斜めになっているという具合。
LV280Nワンステップ車の富士7E架装例は、他に宮城交通やJR北海道にありますが、この部分は至ってノーマルに一直線に揃えられています。
前述のように冷房機関連とも思えず、一体何が理由なのか皆目見当がつきません。

余談ですが、同じ東北地方として扱われる仙台市と青森市。
それはなんの疑いもないのですが、仙台から青森より、仙台から東京のほうが
国道4号線、東北新幹線、東北本線、東北自動車道+首都高のいずれでも距離が短かったりします。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-13 22:33 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
弘南鉄道大鰐線 クハ1266・1267
前回に引き続き、川造形電車の話をひとつ。

数ある旧型電車の中で、川崎造船形が比較的名が知られているのは、初代西武鉄道が発注した550・600形が、全車他社譲渡され20世紀終了の頃まで使われていたというのが大きいと思います。
 高田馬場~東村山開業・東村山~本川越電化の1927年にモハ550~559、その翌年にモハ560~561とクハ600~607の計20両が製造されました。その後、1940年にモハ101~112・クハ1101~1108に改番。そして(2代目)西武鉄道成立後の1948年にモハ151~162・クハ1151~1158に再度改番されて、一部車両の電装解除がありつつも、1963~1966年まで使用されました。余談ですが、1940年の改番が示す通り、電動車と同形態の制御車・付随車は、電動車の形式に+1000するという西武独自の法則は、初代西武が由来となっています。

西武で廃車になるまで1両も欠けませんでしたが、さらに20両全車が他社に譲渡されたのは、当時、所沢工場が地方私鉄の車両供給センターとなっていたことを示していますね。このときに、徹底的な更新が行われ、外板はノーリベット、窓枠はアルミサッシもしくはHゴム支持となっています。
奇しくも、昭和60年代まで残った川造形である豊橋鉄道モハ1711が側窓をアルミサッシ化、長野電鉄モハ611・612→上田交通の前面窓がHゴム化されていたたため、川造形というと、むしろこの近代化されたあとのスタイルを連想する人も、比較的若い世代には多いかもしれません。
e0030537_22134120.jpg
e0030537_23215119.jpg
e0030537_22132906.jpg
・(上・中)弘南鉄道大鰐線 クハ1266 1995年8月 石川
・(下)  弘南鉄道大鰐線 クハ1267 1997年8月 津軽大沢

画像は、1964年に弘南鉄道に譲渡された2両で、どちらも1928年に製造された電動車を1955年に電装解除したもの。
公式の車番変遷は
モハ560→モハ111→モハ161→クハ1159→弘南クハ1266
モハ561→モハ112→モハ162→クハ1160→弘南クハ1267
で、電動車時代の昭和25年頃に片運転台化と乗務員扉の設置が行われています。

弘南鉄道は制御車のみ譲渡されたのは、同時期に同じ西武から武蔵野鉄道の発注車であるモハ231形3両がモハ2231形として入線していたからでしょう。そのモハ2231形とペアで使われていましたが、大鰐線に転属後暫くしてから連結相手が、もと富士身延のモハ2250形を経て東急のモハ3400形あるいは西武の旧国系モハ11形に変わっています。制御器は、もと武蔵野はHL、もと富士身延以降は電空カム軸式の国鉄CSだったので、この間でマスコンを変更しているはずです。

画像は1266は既に廃車前提で石川駅の側線に留置されているとき
1267はビール列車として津軽大沢の車庫で積荷の最中に撮影したもの。
どちらも、色の褪せ方が激しい状態でした。

※2017.6.5 1、3枚目の画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-11 23:53 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
東野交通 日野KC-HU2MLCA +日野車体
東野交通に、久しぶりに東武バスグループから
乗合車が移籍しました。
e0030537_2225562.jpg
・東野交通 日野KC-HU2MLCA +日野車体 2012年9月 栃木県那須塩原市(黒磯駅)

日野HUのワンステップ車です。
新塗装に黒い窓周りが決まっていますね。
とりあえず、黒磯で2台の存在を確認、このほか真岡にも配置されているようです。

東武では、おそらくこのあたりの車両ですね。
e0030537_2233254.jpg
・東武バスウエスト 日野KC-HU2MLCA +日野車体 2008年5月 さいたま市大宮区

外観はほぼそのままですが、
内装に関しては、温泉へ向かう観光路線のある黒磯ではそのままとは行かなかったようで、
画像を見ると、もとシルバーシートの部分は2人がけ前向きの座席に交換されています。
ちなみに、他の部分は種車のままのようなので、乗車するときにはここがおトクかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2012-09-08 22:40 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(4)