本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
三州自動車のキュービック 4題
鹿児島交通グループのうち大隅半島側を担当する三州自動車のキュービックバスから
4っつほどを。
e0030537_0563710.jpg
・三州自動車 いすゞP-LV314L +IK 2012年4月 鹿児島県志布志市

もと京成電鉄のP-LVです。
いわさきグループ各社が新車の導入を中止し、暫くしてから首都圏から移籍車を導入すると聞いたときには
遂にここも陥落したか・・・と思いました。が、その中に当時はまだ移籍例が少なかった京成の車両が入ってきたことにも、驚きました。
画像は志布志で撮影した1台。この路線、空港行きで所要時間は約1時間50分の路線ですが、車両は何が来るかはそのとき次第・・・。

その後は、実に様々なバスがあきれるほど入っていることは、ご周知の通りですが
中には珍しいものも混ざっているわけです。
e0030537_162287.jpg
・三州自動車 いすゞKC-LV380N +IBUS 2012年4月 鹿児島県垂水市

もと小田急バスのKC-LVです。
現在はエルガばかりの同社ですが、BU10D以降KC-LVまではいすゞの大型に関してはノンステなど一部例外を除き富士重工を架装するのが通常で、川重~IBUSは少数でした。
キュービックはこの型式2台だけ。 そういえば、一部では注文流れとも噂されていますが真相はいかに?
そして、こういう車両に限って、なかなか撮影に足が向きにくい大隅側に配置されるというのも、よくある話ですね。
e0030537_1151142.jpg
・三州自動車 いすゞKC-LV280L +IBUS 2012年4月 鹿児島県垂水市

一方、こちらはもと山陽電鉄のKC-LVです。
山陽の車両といったらアルピコくらいしかなかったのですが、随分あちこちに行くようになりましたね。
それはともかく鹿児島交通は、もともと前中ワイドドアかトップドアで、移籍車も関東地方の前中扉のクルマが多い中で入ってきた前後扉の車両。使い勝手はいかばかりか気になるところです。
e0030537_1145697.jpg
・三州自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2012年4月 鹿児島県垂水市

最後は、もと国際興業のKC-LVです。
纏まった台数が在籍しており、鹿児島市内でも比較的見かける機会が多いと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-28 01:31 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
神奈電をもう一度 2013年4月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_122760.jpg
前回より間が空いてしまいましたが、花粉症シーズンの到来とともにペースが大幅にダウン。
はい、模型をつくる旬は、毎年、秋~冬となっている私です。
それでも、切り継いだ側板を紹介しただけで終わったこの車両もハコになり塗装前の状態となりました。
前面も、種車である箱根登山のものをベースとしていますが、両端にプラ板を貼って車幅を拡大。
窓も一旦撤去してから改めて窓枠と窓柱を新製となれば、そのメリットはせいぜい曲率を一定に保つことくらいのものとなります。
そのほか車体は上下にプラ板を貼って高さを拡大しております。やはり、この電車はかなり大柄な感じですね。
但し、台車を履いたときはむしろ他車よりも低くなるように調整しています。
屋根はGMのクモニ13用の幅を詰めて取り付けていますが、長さは足らないので、そこはプラ板の積層から削りだしています。
e0030537_129449.jpg
何度か書いてきた小田急FM車をベースにしたオリジナルの16m級車2連は、こんな感じとなりました。
長野電鉄1100と福島交通5000を意識しており、ヘッドライトはタヴァサの旧型国電埋め込み用を、テールライトは銀河の旧型国電半流線型用を使っています。問題は前面の窓周りで、当初は嵌めこみ窓とするつもりだったのですがよい方法が思い浮かばず、結局プラ板から窓枠を作り内側から透明プラ板を貼る古典技法となってしまいました。
屋上の配管は、結局は物凄い単純なものですが、このさき幾つか作る予定がある神奈電昭和30年代オリジナル車の雛形になるためいろいろと思案し、完成が遅れる原因となってしまいました。
e0030537_1365548.jpg
その昭和30年代オリジナルは試しに1両を製作開始。
鉄コレ第14弾の名鉄3800ほか各形式がベースとなります。今回は大井川をベースに窓2つ分全長を縮め、また豊鉄から乗務員扉を切り出して取り付け両運転台車としました、結果、上の小田急改造と長さはほぼ同じになりました。最終的には6両ほどをそろえるつもりですが・・・・。
e0030537_1445240.jpg
それらとは別にこんなものも・・・。
神奈川電鉄愛甲線の車両大型化は、西武451系の導入ではじまった・・・ことにしていましたが、
今回は更に前倒しして、西武501系の導入をきっかけとすることにしました。
何年も押入れの肥やしとなっていた、クロスポイントの西武501を使っています。
片方の車両のパンタグラフは不要なので、パンタ周りのディテールは綺麗さっぱり削りとりました。
このキット、前面と屋根の継ぎ目が微妙な位置で、その修正が若干やっかいなことを除けば、車体は既に枠状に整形ずみですのであっという間に工作は完了・・・・スピード出場となりそうです。
なお、この車両は、下回りを現在いろいろ思案しておりまして・・・自重40tに抑えるために、三岐鉄道のように台車を交換してMT編成にするか、はたまたモーターを2両に分散配置とするか・・・。

ともあれ、今月発売予定の17弾からも作成予定の車両がいくつかありますので、あわせてどうなることやら。
まずは、この6両の塗装を行いたいところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-25 01:53 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
ジェイアール四国バス いすゞKC-LV280L +西工96MC
四国のバス会社というのは、どういうわけか移籍車の導入数が皆無または少数にとどまっています。
その中で、一般路線車の殆どを移籍車で賄っているのがJR四国。
もともと路線数が少ないですので、これで理にかなっているのでしょう。
e0030537_18144476.jpg
・ジェイアール四国バス いすゞKC-LV280L +西工96MC 2013年4月 愛媛県松山市

画像はもと大阪市交通局のLV。これまた、四国に限定すれば珍しい西工ということになります。
96MCの国鉄カラーというのが新鮮ですね。
松山に2台が配置され、高知松山急行線で運行されています。

同線は、かつて都市間バス「なんごく」が運行されていたものの、高速道路開通に伴い、2002年9月に廃止され、現在は愛媛県側の松山駅~落出(おちで)が細々と残っているに過ぎません。
そういえば国鉄時代、この終点、落出からかつて分岐していた八釜支線に「ごうかく」と「大成(おおなる)」いうバス停があって、かつて縁起きっぷ「落出(落ちないで)→ごうかく→大成(たいせい)」なるものも売り出されてました(久万高原町営バスに代替された現在でも売られている模様)。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-20 18:33 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(2)
弘南バス 三菱U-MP218M +呉羽
最近の移籍車事情を見ると、南関東の路線バス事業者の大半から車両が放出されている状況があります。
しかし、15年くらい前であればその数はグッと少なくなり、基本は都営・西武・神奈中の3社、これに小田急・臨港・京急・西東京が時々加わる程度で、東急と国際興業は地方の系列相手だけでした。
この潮目が変わるのは1998年頃に横浜市営と川崎市営の車両が放出されはじめたあたりからでしょうか。排出ガス規制だったり路線網の縮小で、徐々に放出する事業者が増えていったように思います。
相模鉄道もそんなひとつ。

e0030537_1202256.jpg
・弘南バス 三菱U-MP218M +呉羽 2008年5月 青森県青森市(青森駅)

画像の弘南バスに移籍したエアロスターKあたりが、第一陣であったと思います。
以降は、さまざまな車両が放出されるようになっているのは周知のとおり。
なお、車体は、殆ど改造を受けておりません。

弘南バスでは、青森営業所に配置され、当時新設された
青森市内を東西に結ぶ系統に投入されました。この後、弘南バスは路線車を買うのではなく、自家用などの怪しい車両が増えてゆくようになります。
画像のクルマも未だ残っているのかどうか・・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-17 01:25 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道 モハ143-1+モハ143-2
福井鉄道のモハ140形については、随分前にモハ141-1・2について書いたことがありますが、本日は3編成あったうち、形が異なっていたモハ143-1・2を取り上げたいと思います。

1979~1981年に登場したモハ140形のうち奇数車は、モハ141~142が長野電鉄モハ301~302なのに対し、こちらは、自社のモハ42を改造して充当しました。
 その経歴はややこしく、もとは1929年加藤車輛製の鯖浦電気鉄道デハ11で、全長11890mmの蒲原鉄道モハ11あたりに似た感じの車両でした。同形は3両(モハ41~43)ありましたが、この車両だけ1953年に愛知富士産業で車体を新造して全長13840mmとなっています。鯖浦線直通車と使われていたようですが、モハ143-1に改造する直前の段階では入れ換え・あるいは除雪用として使われていました。そして・・・・
e0030537_137862.jpg
e0030537_1371991.jpg
・福井鉄道 モハ143-1 1998年10月 浅水~ハーモニーホール(上)、市役所前(下)

車体延長を含む大改造が実施され、全長は16250mmになりました。改造前の窓配置は、1D11D1なので車体の両端を伸ばしているように思われます。このときに前扉~運転台はノーシル・ノーヘッダーとなりました。
 また前面は国鉄101系ばりの連続3枚窓になっています。一方屋根が薄い点は種車の面影が残っていますね。車内も転換クロスシートが並んでいます。
 下回りも総取替えで、50馬力モーター搭載のHL制御車から、台車は日車D形(D-14?)、主電動機はウェスティングハウスWH-556-J6(60.0kw)に、制御器は東洋電機の電動カム軸式ES-517(京阪700発生品?)という組み合わせになっています。
 余談ですが、この車両の代替で路面区間用の除雪車に抜擢されたのがデワ1で、改造・整備の上でデキ11になりました。
e0030537_1513961.jpg
・福井鉄道 モハ143-2 1998年10月 浅水~ハーモニーホール

一方も偶数車は、モハ141・142と同じく、知多鉄道デハ910を出自とする名鉄モ900(1931年、日本車両製)が種車で、瀬戸線の昇圧で余剰になったものが、入線しました。
モハ143-2は、知多鉄道デ911→名鉄モ911→ク2331→モ901→モ907となります。側面窓配置の変更等は残り2両と同じですが、前面は奇数車と同じ三連窓に、また連結面も切妻になっています。
 このモハ143の編成は、141・142に比べると、前後の車両の形状の差が目立たず、結果として、あまり違和感のない編成に仕上がっていたと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-11 02:04 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
関東自動車の富士重工架装車から
関東自動車の富士重工架装車から、幾つかを。

同社は、日デ+富士を纏まった数、導入していましたが、中型の8E架装例となるとこれが少なく、U-では1台、KK-で2台となります。
e0030537_223742.jpg
・関東自動車 日デKK-RM252GAN +富士8E 2010年8月 栃木県宇都宮市(宇都宮駅東口)

2000年に導入された車両で、エアサスのワンステップ車かつワイドドアという仕様。
これは、1998~1999年に導入された大型のワンステップ車を引き継いでいるといえます。
塗装も、同様に白地に水色と紫の低床車専用塗装となっています。
同時期に登場した他メーカーの中型車は増備が続いたものの日デはこれっきりで、結果として、これが関東自動車最後の富士重工製路線車となりました。

それから暫く経ち、関東自動車は移籍車でも低床化を推進することになりますが、このときに富士8Eに関しては、3社から日デJPを大量に購入したことで、主力車種の一角を占めるようになります。しかし純粋な中型の移籍車は殆どありませんでした。
e0030537_2162480.jpg
e0030537_2163681.jpg
・関東自動車 日デKC-RM211GSN +富士8E 2013年3月 栃木県下都賀郡壬生町(おもちゃのまち駅)

その中で現在のところ、たった1台の例外がこの車両。もと西武バスのワンステップ車です。
銀サッシの2段窓だと随分印象が変わりますね。
専ら、おもちゃのまち駅~獨協病院の短距離路線(所要3分!)で使われています。
なお、12時頃に車両の交換がある?ようなのでご注意を。


さて、宇都宮駅西口に来るバスの中で、もっとも異色の存在なのが、北関東道の宇都宮上三川(かみのかわ)IC近くにある「インターパーク」のショッピング街への無料送迎バスでしょう。これも関東自動車が担当し2台の専属車が主に使われています(検査時および増発時には一般路線車が代走)。そっけない真っ白な塗装の車両ですが、昨年変更され、うち1台が富士7Bとなっています。
e0030537_232992.jpg
・関東自動車 日デKC-UA460NSN +富士7B 2012年9月 栃木県宇都宮市

1999年3月式で、メトロ窓・トップドアというのは、いかにも送迎専用車という仕様です。
サッシの色が黒いので窓周りが引き締まって見えますね。
もとは、奈良県内でスクールバスとして使用されていた車両である模様。
ちなみに、もう1台は、KL-MP33JM+MFBMのトップドア車となっています。

ついでなので、代替された2台についても。こちらは両方とも富士重工架装車でした。
e0030537_2412079.jpg
・関東自動車 日デU-UA440HSN +富士7E 2010年8月 栃木県宇都宮市

片方はトップドア・2段窓の7Eで、シャーシは1993年式の日デU-UA・軸距4.7m級車。
もとは子会社の関東バス総合サービスの所属で、養護学校のスクールバスとして使われていたものです。
この仕様は、栃木県内の複数の養護学校で見られたもので、合計6台程度あったようです(学校の自家用から、やしお観光バスの所属になった例)。中にはKC-UA521NAN(軸距5.2m級)の7Eという珍車もありました。
e0030537_2543291.jpg
・関東自動車 日デU-UA520RAN +富士7B 2010年8月 栃木県宇都宮市

そして、もう1台がトップドア・メトロ窓の7Bで、シャーシは日デの8気筒エンジン・軸距6.0m車。
この車両は、もとは所謂「サンプルカー」で、日産ディーゼルの自家用として使われていたものが移籍してきました。
開口部がU-以降の標準であるパンチングメタルではなく、網になっているのは、U-のサンプルカーに見られる共通の特徴ですね。
一瞬、サブエンジンクーラーに見える窓配置も興味深いところです。もっとも、この型式(UA520)で、直結冷房というのが珍しいのですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-07 03:04 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
日本平自動車 日野P-HU276BA +日野車体
静岡市に日本平自動車という貸切事業者があります。
2年ほど前に、英国製の2階建てバスについて取り上げましたが、そのほかの一般の貸切車は、日野を中心にいすゞが多少入る構成となっています。
e0030537_13103990.jpg

e0030537_13105283.jpg
・日本平自動車 日野P-HU276BA +日野車体 2011年4月 静岡市駿河区(大谷)

画像は、スクールバスなどで使われている貸切タイプの前面を持つブルーリボンの高出力車。
前面にH型のエンブレムがついていますが、KC-ではなく、P-でした。
左側面最後部にあるエアインテークに、ガーニッシュがないのが少々特徴的ですね。
5台程度が在籍していますが、ナンバーから推測するに自社発注ではなく前歴がある模様です。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-06 13:19 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)
日立駅のスイッチャー
茨城県北部にある常磐線の主要駅のひとつ、日立駅。
文字通り、日立市の中心地であるこの駅は、産業都市らしく幾つかの引込み線がありました。
このうち、駅から北に伸びていたのが日立セメントのもので、スイッチャーが存在していました。

その車両がこれ。
e0030537_2256283.jpg
・日立セメント DD352 1998年9月 日立

日立系列の企業ですが、日立製ではないのは同じ常磐線の神立と同じ。
川崎重工製の4軸・35t機、1974年製です。
もとは加悦鉄道のDD352(日本冶金工業保有)で、同線が廃止になった1985年に日立に来ました。
この時期の川崎製としては、標準的なスタイル。ボンネットは、こちらの妻はノッペリしていますが、逆のエンドは大きく穴が開いており、随分印象が異なっていました。
なお、機関はDMH17SB(300PS)でした。

この専用線も今はなく、常磐線側に大きく開いた門に、僅かにその面影を残すのみです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-04-03 23:16 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)