本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2013年9月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_0471130.jpg
先月、製作途中の状態を紹介した5両に加え、もう2両を製作中です。
とはいえ、こちらも塗装を剥がした時期は、京福と同じ頃でして、こちらの方が改造箇所が少ないので後回しにしていただけの話。

一見して解るように、もと西武の451系で、愛甲線の主力車種となります。
ただしベースとなったのが、鉄コレ第7弾の三岐なので、ヘッドライトのモールドは削り取り銀河のパーツに交換(塗装後に貼り付け)。
ついでに、テールライトも銀河のパーツ(N063)に交換しています。
屋上は、冷房改造済という想定のため、ベンチレータは綺麗に削り取りました。
当然、穴が開くわけですが、片方はプラ板やプラ棒で、もう1両はエポキシパテと素材を変更してみました。
時間はかかりますが、エポキシパテのほうが楽ですね。

当初、屋根が分割できる構造なので、塗装は楽だなあ・・・と考えていたのですが、そうは問屋がおろさず。
e0030537_191040.jpg
手前の車体の妻と屋根の間を見ると解るのですが、この部分の空隙が大きいのです。
仕方が無いので、車体と屋根を接着してから、この空隙にランナー引き伸ばし線を貼り付けて整形したのが奥の車体です。

ということで、思わぬ伏兵がありましたが、全般的にはあっという間に工事が進みましたので
合計7両を塗装ということになりそうです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-30 01:13 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
丹後海陸交通 いすゞU-LV224L? +IK
京都府丹後地方の宮津市を中心に路線を持つ丹後海陸交通。通称「丹海バス」。
阪急系列の事業者ですが、車種構成がマニア受けしないゆえか、あるいは行きづらい土地であることから
あまりマニアの注目を浴びない事業者だと思います。
かく言う自分も、撮影したことは殆どなく、まともな車両の写真となると、この1枚程度・・。
e0030537_21470089.jpg
・丹後海陸交通 いすゞU-LV224L +IK? 2002年1月 福知山駅前(京都府福知山市)

当時、主力車種だったキュービック。標準出力でエアサス車だったようです。
銀色のメトロ窓で前後引戸と、どことなく特定輸送の車両に見えるような感じです。
丹海の平均車齢は比較的若い方で、現在、キュービックも殆ど残っていないようですね。

※2016.1.31 画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-28 21:33 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
呉市交通局 三菱P-MP218K +西工58MC
呉市交通局の西工架装車というと、晩年は貸切兼用タイプのE形架装車が知られていましたが、
当然ながら一般路線車でも、コンスタントに採用が続いていました。
ただしこれは、排ガス規制でP-までの話で、そのあとはパッタリと途絶えてしまいます。
e0030537_019140.jpg
・呉市交通局 三菱P-MP218K +西工58MC 2008年7月 呉駅前(広島県呉市)

呉市交通局の主力車種は三菱で、西工58MCへの架装例もその殆どは三菱MPでした。
長さは短尺・標準尺の双方を平行して導入していました。画像は短尺車で1989年度導入車です。
窓のサッシが銀色で、中扉の戸袋窓の小ささが目立つように感じます。

さて、58MCというと京阪神・山陽・九州での採用が殆どですが、この地域の事業者というと、扉配置は前後扉かワイドドアのものが多く、窓の構造も早い段階からメトロ窓や逆T字窓を標準として採用していた事業者が多数あります。
したがって、この呉市営の車両のような、前中引戸で2段窓という東日本ではよく見かける仕様は、58MCでは少数派で、このあたりに文化的な差異を感じるところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-24 01:20 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
大井川鉄道 スイテ82 1
JR九州が先日報道向けにお披露目した、クルージングトレイン「ななつ星」で
車両の等級を表す記号に一等車の「イ」が用いられていることが話題になりましたが、
かれこれ30年ちょっと、「イ」を使い続けている車両がこちらになります。
e0030537_0382038.jpg
・大井川鉄道 スイテ82 1 1998年7月 新金谷

大井川鉄道の展望車、スイテ82です。
もとは西武鉄道501系の中間車サハ1501形のサハ1515(1956年所沢製)で、1982年10月に改造したもの。各種文献では1982年に譲り受けたとあるものの、この車両の西武での廃車は1978年で、その直後に大井川鉄道に入線し特に使用形跡もなく留置されていた(鉄道ピクトリアル 1992年5月号)というものもあります。
ちなみ、編成を組んでいたほかの車両は、先頭車のクモハ515・516が総武流山電鉄クモハ1201・1202として1979年に譲渡。またサハ1516はこの車両と同じく大井川鉄道に渡り、一足はやい1980年にお座敷客車のナハ80 1となっています。

各タイプあったサハ1501の中でも、半鋼製で金属製の雨どいの車両となります。
側面は元の窓配置を生かしつつ、同サイズの窓を並べているので違和感がありませんね。
いちばん連結面側の窓一つぶんをデッキに改造。その2つとなりにポツンと独立して窓がある場所は電車時代の客用扉の跡ですが、ここには、定員4名の個室が設けられています。
いっぽう屋上は特に手をつけてないようで、西武の特徴でもある2種類のガーラントベンチレータが並んだままとなっています。
下回りもながらく国鉄TR-11を履いていましたが、1995~1998年頃に、もと東急3700系→名鉄3880系を出自とする住友KS33に、同じく西武の電車を改造したナロ80 1・ナロ80 2共々履き替えています。
この点ではより電車らしくなったといいますか・・・。撮影時は、珍しく台車が灰色でした。

なお、この車両は自重が29.7t。
国鉄の重量記号に照合すれば「ナ」に該当するため、落成当初はナハ82 1を名乗っていましたが、それから間もなくスイテに変わりました。このとき同時にお座敷車のナハ80もナロ80になっています。
ナイテにならなかったのは語呂が悪かったからでしょうか? さすがにマイテにはしませんでしたが。
ちなみにこの車両を紹介した鉄道ファン1983年1月号の記事のタイトルは「スイテ82 1」なのに、掲載されている写真は「ナハ82 1」となっていました。

大井川は何度も行きましたが、この車両が走っているのは一度も見たことが無いですね。
最も、大井川は旧型電車が目的で、蒸機列車をまじまじと見たことは観光目的で寸又峡に旅行した1回だけだったりするのですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-17 01:24 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
掛川バスサービスのMJ・ME
掛川バスサービスというと、一つ目RJが主力車種でしたが、2008年あたりから代替が進み、7mサイズの車両も増えました。その中で三菱MJとMEは、本体である、しずてつジャストラインの低床車用塗装の色違いとなり在来車と印象が変わっています。
そのMJですが、
e0030537_162019.jpg
・掛川バスサービス 三菱KK-MJ23HE +MBM 2013年8月 掛川駅前(静岡県掛川市)
e0030537_182988.jpg
・掛川バスサービス 三菱KK-MJ27HF +MBM 2013年8月 掛川駅前(静岡県掛川市)

ワンステップ車(写真上)が2009年に、ノンステップ車(同下)が2011年に、それぞれ1台づつ移籍してきました。この2台、グループ内異動というわけでもなく、出元が謎だったのですが、いろいろと調べてみた結果、次のような結論となりました。

まず、ワンステップ車は、宮崎県日向市のコミュニティバス「ぷらっとバス」で使われていた、ひまわりタクシーの車両の模様。側面の窓割り、バックミラー、側面スピーカーの位置が同じです。
このコミバスは、2009年に同社への21条バス?から、白ナンバーの自主運行バス(いわゆる旧80条バス)になっており、その際にリエッセに置き換えられたようです。なお、ひまわりタクシーにMJは2台あったので、もう1台はいずこへ???。

一方、ノンステップ車は、福岡県糟屋郡新宮町のコミュニティバス「マリンクス」で使われていた車両のようです。やはり側面の窓割り、バックミラー、側面の2つ並んだスピーカー、そして車内の手すりの色が同じ。
町の公式サイトによれば、35人乗り(=ポンチョ)2台、39人乗り(=MJ7m)3台、56人乗り(=MJ9m)1台となっているのですが、現地にはポンチョは3台あり、また2011年度の町の予算で車両置換が書かれていることから、どうやらMJは1台廃車になっていると推測します。
なお、このコミバスの車両そのものは新宮町の保有で、受託した運行事業者(開始時はウキコ、2011年に協和タクシーに変更)に貸与し緑ナンバーで運行されています。
e0030537_126455.jpg
・掛川バスサービス 三菱PA-ME17DF +MFBM 2013年8月 掛川駅前(静岡県掛川市)

こちらは、MJより幅を狭くしたMEで2007年式。排ガス規制はPA-となります。
移籍車両ではなく、もともとは掛川市のコミュニティバス「スローライフバス」東循環線用に投入されたもの。
e0030537_1341852.jpg
・掛川バスサービス 三菱PA-ME17DF +MFBM 2009年1月 掛川駅前(静岡県掛川市)

もともとは、このような専用塗装だったのですが、
2010年の路線再編で東循環線が無くなった際に、この共通塗装になったようです。
e0030537_1335758.jpg
・掛川バスサービス 三菱KK-ME17DF +MFBM 2009年1月 掛川駅前(静岡県掛川市)

ちなみに、コミバスの南回りは現在も運行されており、
2003年に投入された青い塗装のMEが基本的に使用されています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-11 01:44 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(2)
じょうてつ 三菱P-MP618P +富士7E
札幌市の南部・豊平川沿いに路線をもつ、じょうてつ。
札幌市交通局の路線を引き継ぎ、路線数が大幅に増えた現在、
富士7Eを架装した車両も、各種バリエーションがありますが、その大半は移籍車。
自社発注車となると、1989年に導入された5台しかありません。
e0030537_1733215.jpg
・じょうてつ 三菱P-MP618P +富士7E 1999年5月 札幌市南区

画像はそのなかから三菱への架装例。合計3台が存在しました。
北海道らしい長尺+エアサスですが、前後扉を採用しているため、より長く感じます。
逆T字窓・冷房は、この年から採用されたものでした。

なお、これより前の富士5Eも導入していますが、全て日デへの架装例。
ちなみに、同じ頃に日デP-UA33系への架装例もありましたが、撮影しておりません。
そして、三菱MPはこのあともコンスタントに導入が続きますが、全て車体は呉羽等になっています。
e0030537_1651141.jpg
e0030537_16504741.jpg
・じょうてつ 三菱P-MP618P +富士7E 2001年6月 札幌市南区

2年後に再訪すると、塗装は東急の貸切系塗装をベースにした新しいものになっていました。
しかし、私はこれら自社発注の7E架装車を動いているのを見ることは無く、
数年後に廃車となってしまったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-08 16:56 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
近江鉄道 モユニ11
ただいま、こんな電車(2枚目右側)を製作中ゆえに、
思い出した電車が本日のお題。

京王帝都電鉄1700形は、もともと東急が東横線向けにつくったデハ3550を、当時同じ東急で、空襲による火災で大半の車両を失った井の頭線に急遽回した車両。1946年汽車製造製のデハ1701~1707の7両がありました。
その後、1965年に京王線に転属し、1972年に廃車となり、1707の車体だけが近江鉄道に譲渡されました。
西武所沢工場にて、車体は両運転台に改造・機器類は旧型国電の発生品と組み合わせてモハ204として竣工。ただし、車籍ロンダリングを得意とする同社らしく、クハ1212の改造名義となっています。1980年には郵便荷物車のモユニ11に改造、1984年に郵便荷物輸送が廃止になったあと、1990年に廃車となりますが、その後も他の廃車車両などとともに、彦根に留置されていました。
e0030537_1521453.jpg
e0030537_1522791.jpg
・近江鉄道 モユニ11 (廃車) 1995年8月 彦根

さて、近江に来た1707は京王1700の中では異型の車両です。
1950年に日本車両で事故復旧した結果、車体は乗務員扉の高さが縮まって客用窓の上辺と揃えられ、また前面裾の切り欠もなくなっています。連結面側には無かったウィンドウヘッダーも巻かれています。
このほか、写真を見る限り、屋根の半径も変わっているようで、実質的には当時製造されたデハ1760に準じて新造に近い改造を受けたのではないかと思われます。
ちなみに、どういうわけか京王線転属後の1700形の写真を探すと、この1707ばかりが見つかり、他の6両の画像があまり出てこないのは仕様なのか何か・・・。

さて、京王1700は運転台側は丸妻であるものの、連結面は切妻なのが当時の関東の車両では特徴的な部分でした。しかし、旧連結面側には、当時増備中だった近江鉄道モハ500に近い、ゆるくカーブした前面が取り付けられており、また、乗務員扉まわりからウィンドウシル・ヘッダーが無くなっていることを考えると、これまだ大掛かりな改造が行われたと推測します。
ちなみに、新設側の乗務員扉は、旧型電車には似つかわしくない、外板とツライチになるようなタイプ。
これは当時増備中だった西武101系などと同じですね。

尚、この車両の画像も、掲載したもののように、出てくるのはモユニ時代(それも彦根留置中)のものが大半。モハ204時代のものは、あまり残っていないようですね。
私は、京王資料館で見たきりです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-07 02:24 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
岩手県北自動車のブルーリボン 2題
現在、注目を浴びる岩手県北部に路線を持つ
岩手県北バスの車両から、今回は日野ブルーリボンを2つほど。
e0030537_12205.jpg
・岩手県北自動車 日野P-HU233BA +日野車体 2010年9月 岩手県盛岡市

岩手県北といえば、トップドア車。このブルーリボンも、いかにも「らしい」感じの仕様です。
ただ、排ガス規制でP-以降になると、中型車が主流になり、路線車らしい大型車は忘れた頃に入るだけ。
しかも、その多くは三陸の宮古に配置されていました。
この車両は1989年導入。撮影時は宮古から盛岡地区に転属し、スクールバス用になっていました。
なお、中型はメトロ窓を採用していましたが、大型は2段窓のままでした。
e0030537_1294451.jpg
・岩手県北自動車 日野U-HU3KMAA +日野車体 2012年9月 宮古駅前(岩手県宮古市)

一方、こちらは排ガス規制がU-に変わった後の、1992年に導入された車両。
型式が示す通り、長さは短尺車から標準尺車へ、エンジンも高出力と随分と仕様変更されています。。
また窓も、ここで漸くサッシ窓からT字窓に変わり、見た目の印象も大きく変わりました。
ただ、結局はこれ1台で終わってしまったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2013-09-03 01:47 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)