本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2014年3月
※神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_1312628.jpg
今年は年度を跨ぐ前に、なんとか6両の電車が完成しました。
今回は、いずれも秦野・大山線の小型車で、これまで各月で製作過程を紹介してきた車両です。
e0030537_134755.jpg
e0030537_11573267.jpg
大山線開業時の1927年に日本車輛で製造された、3400形とその電装解除車1400形からなる2両編成。モハ3401-クハ1402です。
昨年12月に述べたように、鉄道コレクション第17弾のコトデン3000をベースに、第12弾の一畑デハニ50のパーツを取り付けて作成しました。
近代化改装を受けているため、窓はアルミサッシとしましたが、屋上には、モリタのお椀型ベンチレータを並べ、原型のイメージはなるべく崩さないようにしています。
 また、パンタグラフは、PT42などではイメージに合わない・・・ということで、トミックスのPS11を奢っています。それにしても、かつてはPS13、PS16、PS22、PS14くらいしか製品が無く、PS16の下枠を加工して私鉄用っぽく見せていた頃を思うと、隔世の感すらありますね・・・それでも私鉄用には横碍子タイプなどが無いわけですが。
 車体のリベットは表現にムラがある(裾部分は特にモールドが潰れているもの多数)ため、思い切ってすべてを削ることも考えましたが、これは大変なので、そのままとしました。
e0030537_11554534.jpg
1974年の秦野・大山線昇圧に合わせて2両固定編成にしたという設定で、床下機器はMGとCPをクハ側に搭載しています。モハもコトデンはHLですが、神奈電は自動進段が標準ですから、他のパーツから国鉄CS-5を見つけ出して搭載しています。
過去、何度か製作した丸窓電車ですが、今回の作品で、ようやく自分が求める姿にすることができたかな・・・と思っています。
e0030537_1524168.jpg
続いてはこちら。もと南武鉄道クハ250形の神奈川電鉄1500形クハ1502です。
車体は、昨年10月に記したように、鉄コレ4弾の国鉄クハ16400の側板をベースにグリーンマックスのキハ04附属のお面を組み合わせたものです。屋上のベンチレータは、過去、鉄コレ第1弾の鶴見臨港100をベースに他の社車両へと改造した際に、そぎ取っておいたものを並べてあります。
 一方、この車両の特徴といえるのが、オーバーハングが実物で2020mmと短い下回り。
従って、単純に鉄コレの床板を流用するというわけには行かず、17m級を切り詰めてあります。
台車は、実物は短軸距(1370mm)のブリル27-GE1でしたが、これは乗り心地が悪かったそうなので、弓形イコライザのボールドウィンとしました。そのままではカプラーが飛び出してしまうので、取り付け台をそぎ落として、そこにカトーカプラーを直付けしています。
それにしても、完成した作品を横から見ると、このオーバーハングは非常に違和感がありますね。よくいえば、シカゴのLのようではありますが。
e0030537_24514.jpg
もと京王2400のモハ3431と固定編成を組んでいるため、MGとCPを搭載したのは1402と同じ。
長さはアンバランスながらも、扉間の窓は共に4枚なので、意外に違和感はない2連となりました。
e0030537_255699.jpg
次は、もと富士山麓電鉄モハ1の更新で不要になった車体を使って製造した、1510形クハ1512。
上田交通のモハ4257と同じような経歴ということにしてありますが、そもそも第12弾の上田4257が手元に幾つかあったから製作を思いついたようなもの。
扉は交換して鋼製にしましたが、この車両はアルミサッシ化は行っていないことにした(・・・実物は2段窓とはいえ、上段固定だと思われる)ので、窓枠はベージュ色のままです。
e0030537_2113563.jpg
片運転台にして、撤去した運転台側は乗務員扉を埋めて、窓を設けました。やはり新設した貫通路には、こんな扉を設けてあります。いちおう、阪神から来た「喫茶店」の影響・・・ということで観音開きの扉になっているという想定であります。
e0030537_11563615.jpg
増結用のクハなので、こんな風に、モハと連結して走ることになります。
近代的なモハ3611や3615と連結すると、アンバランスな雰囲気が強調されていい感じです。
e0030537_217157.jpg
e0030537_11581651.jpg
最後は、もと南武鉄道のモハ100形ベースの2連。モハ3421―クハ1422です。
鉄コレ第2弾の日立電鉄をベースにしており、3421は外板張替に際して、ノーシルノーヘッダーとなった想定・屋上のベンチレータも外しています。
側面は、なんとなく近鉄の鋼体化車・モ5800を思わせる感じとなりました。
一方、クハ1422は日立電鉄と同じ2次車なので、製品では省略されている扉上のウィンドウヘッダーと片エンドの乗務員扉を撤去して普通の窓にしたくらいです。

これで、秦野・大山線の電車もだいぶ揃ってきました。

以下、かなり長いどうでもいい余談。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-30 00:00 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
阪神バス いすゞKK-LR333J1 +IBUS
今や、日本全国どこでもみることができる、いすゞのエルガミオ系の路線車。
その大半は、ワンステ・ノンステですが、1999年6月の第一陣の発売から、2000年11月のバリアフリー法施行の間にはやや時間があったため、ツーステップ車もいくらか存在しています。
e0030537_1335412.jpg
e0030537_135472.jpg
・阪神バス いすゞKK-LR333J1 +IBUS 2012年1月 兵庫県西宮市

阪神電気鉄道もその例のひとつ。
1999年に採用された2台は、それまでの同社の仕様と変わらない前後引戸・ツーステップのリーフサスという仕様でした。
後扉は下半分にも窓が設けられ、また内壁もピンク色を基調とする阪神独特のカラーリングとなっています。
全国どこでも似たような・・・というイメージのエルガミオですが、この頃はまだ各社の強い個性が出ていたわけです。

そんなエルガミオも既に15年目。移籍例も随分と増えてきました。
阪神から移籍する事例はごく限られたものでしたが、このところ、ポツポツと増えているようです。
このタイプも、和歌山バスに移籍したものが確認されています。
e0030537_1233534.jpg
・和歌山バス いすゞKK-LR333J1 +IBUS 2014年2月 和歌山駅前

同社(分社含む)は、親会社(南海)やその系列事業者(KATE)からの移籍例は若干ありましたが、この数年、それ以外の近畿圏の事業者からの移籍車が増えています。
これもそんな事例のひとつとなりました。塗装を変えたほかは、殆どそのままのようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-27 01:34 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(2)
富山地方鉄道本線 経田駅
古い駅舎が多い富山地鉄から、
本日はこの木造駅舎を。
e0030537_21323780.jpg
本線の経田(きょうでん)駅は、新魚津から宇奈月方面に一つ目。魚津市の北端にある港町のはずれにあります。
窓枠のアルミサッシ化など一応の手入れはされていますが、見るからに旧い木造瓦吹きの駅舎があります。
もとは、1940年に廃止になった石田港駅(もとは黒部鉄道が開業したもの)を移築したものと言われています。
参考サイト(外部リンク)
e0030537_21495924.jpg
ホーム側から見るとこんな感じで、直接道路に出られる臨時改札があるところは、いかにも昔の駅舎という感じ。
また、上のリンク先にある画像と比べると、どうやら駅正面から向かって左側の出っ張りは、あとから増築されたもののようですね。外壁に差は感じられないので、このあたりは後年、手を入れられているのかもしれません。
e0030537_21562738.jpg
中は、窓口や扉は板が打ち付けられているのは、無人化された駅にありがちな風景。
駅の近くに高校があるため、平日朝のみ駅員配置となっています。
e0030537_2213736.jpg
こんな駅舎があるものの、構内は1面1線と実にシンプルなもの。
架線柱などを見る限り、これも昔から変わっていないようですね。
石積みのホームに木造の上屋と、地鉄本線でよく見かける構成となっています。

・いずれも2013年4月 撮影。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-23 22:04 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
熊本バス 三菱K-MP118K +西工53MC
熊本バスのモノコックボディーの路線車から、
本日はこの車両をば。
e0030537_141168.jpg
・熊本バス 三菱K-MP118K +西工53MC 1998年9月 熊本県熊本市

西工53MCを架装した三菱MPです。以前、ブルドックを架装した車両を取り上げたましたが、その車体違いということになります。
したがって、仕様はほぼ同じ。当時の同社標準であったトップドアにサブエンジンクーラーを搭載しています。
側面の窓はすべて同じように感じますが、いちばん後ろ側の2枚だけが若干幅が狭く実は不揃いであるところは、西工53MCらしいところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-20 01:16 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
沖縄バスのエアロミディ 
沖縄バスの中型車については、5年前にMK117・517系についてとりあげましたが、今回はモデルチェンジしたU-MK218系以降の車両がお題です。
e0030537_0323663.jpg
・沖縄バス 三菱KC-MK219J +MBM 2012年4月 那覇バスターミナル

沖縄バスは1990年にP-MK117Jを2台、同社初の中型車として投入しました。
その後、しばらく時間が経った1999年にポツンと1台だけ導入されたのがこの車両。
同社全体でも6年ぶりの路線用新車でした。
沖縄のバスらしくトップドアで、側面が黒色の2段窓であるのはU-で導入された大型車に同じ。
現在は87番(てだこ線 那覇BT~58号線~勢理客(じっちゃく)~沢岻(たくし)~経塚)で主に使われているようです。
e0030537_03285.jpg
・沖縄バス 三菱U-MK218J +MBM 2014年3月 那覇バスターミナル

その後、このタイプが増えるのは2007年に上記のてだこ線を開業したとき。
も京阪バスから4台が移籍し、この路線の専用車となりました。
後部扉締切は沖縄のバスとして定石どおりの改造。
前面左側面側の安全確認窓など京阪の特徴はそのままです。
e0030537_0595947.jpg
・沖縄バス 三菱U-MK218J +MBM 2008年11月 那覇バスターミナル
e0030537_0412779.jpg
・沖縄バス 三菱U-MK218J +MBM 2014年3月 那覇バスターミナル

続いて入ったのが、もと神奈川中央交通の車両。P-MK117Jが既に数台移籍していましたが、同社が大量導入したこのあたりのクルマも幾つかが沖縄に入りました。
特徴だった、前扉のステップは通常の構造に改造されています。
また、画像の車両は、前面左側面側窓下にある運賃支払方法表示窓が残っていますが、車両によっては、丁度この部分に系統板を取り付けているものもあります。
多くは、本島南部方面の路線で使われているようです。
e0030537_1112010.jpg
・沖縄バス 三菱KC-MK219J +MBM 2012年4月 県庁前交差点(沖縄県那覇市)

もと神奈中の中型といえば、こんな変わり種も。
もとは特定輸送用ですが、前中折戸・貸切タイプの前構という装備が示すように、さらにその前歴は西武総合企画でした。おもわぬ多重移籍車ですね。
画像の系統番号が示すように、20・120番(名護西線)に投入され、那覇と名護の60㎞あまりを走破しています。しかし、ある意味沖縄本島を代表する長距離路線に中型投入というのは、最初に見たときはいささかショックではありました。
e0030537_12420.jpg
・沖縄バス 三菱KC-MK219J +MBM 2012年4月 那覇バスターミナル

関東地方からは、川崎市交通局からも車両が移籍しています。
1998年度購入の銀色の逆T字窓の車両。また、今回紹介する中では唯一のワンステップ車です。
行き先表示もLED式になりました。
e0030537_1193493.jpg
・沖縄バス 三菱KC-MK219J +MBM? 2014年3月 那覇バスターミナル

一方、関西地方からは、もと南海電気鉄道の車両も移籍しています。
当然ながら前後扉・・・沖縄では基本、関係がない部分ですが。
銀色サッシの2段窓でツーステップと、ここに並べた車両のなかでは、いちばん大人しい感じの車両です。
e0030537_1225635.jpg
・沖縄バス 三菱KC-MK619J +MBM 2014年3月 県庁前交差点(沖縄県那覇市)

そして、数年前、全国を騒がせたもと名古屋市交通局の車両はここにも。
メトロ窓・前中扉・エアサスという、いかにも・・・という仕様は一目でわかりますね。
8番・首里城下町線など、那覇周辺で主に使用されているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-16 01:30 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(4)
福島交通飯坂線 5000形 デハ5012+デハ5013
飯坂電車は1991年の昇圧まで、日本車輛東京支店製の自社発注車を中心とした陣容で
とくに昭和30~40年代に製造した近代的な車両が幾つかあったのも特徴的な点でした。
発注毎に異なる仕様となっていましたが、その第一陣となったのがこの電車。
連節車のデハ5012・5013です。
e0030537_0163115.jpg
e0030537_0164646.jpg
・福島交通飯坂線 デハ5012+デハ5013  1991年3月 桜水

1963年製。福島駅側がパンタグラフ付のデハ5012、飯坂側デハ5013です。
両端に寄った2扉の車体は長さが15100mmで、これは、当時飯坂線の主力であった、モハ1200形に準じた規格です。
その車体は、張り上げ屋根に、隅にRのついた幅900mmの窓、前面はピラーで分割された3枚窓という構成で、1960年に飯坂東線用に製造された2022・2023と相通じるものがあります。
ヘッドライトはおでこに左右2灯となり、これは後に在来車も準拠するように改造されました。

台車は枕ばねがコイルばね・軸箱守がウィングばね式でボルスタアンカーつきの日車NA13またはNA13T(連節部)。釣り掛け駆動方式で、主電動機は日車NE75(75kw)を両端の台車に2台づつ計4台を装備しています。
台車は同時期に製造された、福井鉄道200や、北陸鉄道6000(くたに)との共通点が感じられますね。
制御器も日車製の電動カム軸式NCA-754Lで、これは北陸鉄道6010(しらさぎ)と同系です。デハ5012に搭載されていました。

なにゆえ連節車などを採用したのかは今一つ不明ですが、結局、飯坂線での採用はこれっきりで終わり、
続いて1966年に製造されたモハ5114+クハ5215は、普通のボギー車で3扉となりました。
ただし主要機器類や、独特の前面スタイル、そして窓・窓柱・扉幅といった主要寸法は引き継がれているようです(前面窓下部の処理は若干異なりますが)。
ちなみに、ボギーセンターとオーバーハングの値は、このデハ5000で12650mm/2900mmなのに対し、最後の自社発注であるモハ5300形は12600/2800mmですから、基本的には変わっていない・・・5000をそのままボギーにしたものと言えるかもしれません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-12 00:48 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
続・宮古協栄バスの富士重工架装車
約5年ぶりに宮古島まで足を延ばしてきました。
今回も、その主な目的は富士重工架装のバスだったのですが、路線バスは前回みた車両は姿を消し、南関東から移籍した中小型車にすっかり置き換わっていました。

現在の富士重工架装の路線車は2台。
e0030537_11473258.jpg
e0030537_11473467.jpg
・宮古協栄バス 日デKC-RN210CSN +富士8E 2014年3月 平良(沖縄県宮古島市)

ここにも入っていたもと京王のチョロQ。1997年式です。
殆どそのままですが、側面とリアの方向幕は抜かれたままで、蛍光灯剥き出しとなっています。
立川バスの移籍車/からはじまった新塗装になっていますが、前面の塗り分けがちょっと歪んでいるのはご愛嬌。
島の東部へ行く、新城吉野保良線で運用されていました。
それにしても、チョロQを追いかけてあちこちへ行きましたが、こと南西諸島の4っつの島に移籍したのが難題でした・・・これで、3っつは捕獲。残るは奄美大島・・・。
e0030537_11473863.jpg
・宮古協栄バス 日デKK-RM252GAN +富士8E 2014年3月 平良(沖縄県宮古島市)

もう一台はこちら。普通の富士8Eを架装した日デ中型車が入りました。
もとは、横浜市交通局のワンステップ車で、1999年11月製。排ガス規制がKK-になりました。
こちらも殆ど改造されていませんが、方向幕はRNと異なり、きっちり外されています。
島の南西部や来間島へ行く与那覇嘉手苅線に投入されていました。

一方、貸切車については、綺麗に撮影できませんでしたが、いちおう並べておきたいと思います。

e0030537_11465507.jpg日デU-RA520SBN +富士HD2
もと富士急行

e0030537_11472576.jpgいすゞKC-LV781R +富士HD2
もと東都観光バス
e0030537_11472152.jpgいすゞU-LV771R +富士7S
もと内山観光バス
e0030537_11473005.jpg日デU-RA530RBN +富士7S
もと下津井電鉄
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-08 13:12 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(2)
那覇バス、琉球バス交通 日野KK-HR1JKEE +日野車体
中型バスのノンステップ車も各地への移籍事例が多くなってきました。
このあたりから、事業者間での差が目立たなくなってくるのですが、
その分、個性的な仕様の車両は注目されるように思います。

東急バスが、日野HRの9m級を最初に投入したのは2001年。
かつてデマンドバスとして有名だった、自由が丘駅を起点とする「東急コーチ」を一般路線化する際に、10台が投入されました。この車両、通常の東急バスとは異なる真っ赤な外装、そしてなにより前面を貸切タイプにしたことで注目されました。

このうちの数台が沖縄の2社に移籍しています。
e0030537_10871.jpg
・那覇バス 日野KK-HR1JKEE +日野車体 2014年3月 沖縄県那覇市

那覇バスでは2台ほどを見ました。
那覇市内の4番(新川おもろまち線 新川営業所~識名~開南~旭橋~国際通り~おもろまち駅)で使われています。
東急では前面ヘッドライト間の行灯部分に行き先を表示していましたが、那覇バスでは前面フロントガラス内上部に行き先表示を新設しそちらを使っています。
ナンバーは希望ナンバーで、7810と7811になっています。78**なのは、同社のリエッセなどと同じで「ナハ」だから?
e0030537_1165934.jpg
・琉球バス交通 日野KK-HR1JKEE +日野車体 2014年3月 沖縄県名護市

一方、琉球バス交通で見たのはこの1台。名護に配置されて、北部ローカルで使用されています。
改造方法は那覇バスの車両とあまり変わりがありませんが、前面に矩形の系統板をつけているのは、いかにも沖縄の郊外系統らしいところ。また、中扉も生かされているようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-03-04 01:20 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)