本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん 大井..
by hiro_hrkz at 01:00
お久しぶりです。 大井..
by cos000 at 11:54
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2014年8月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_0255369.jpg
夏は模型の作成スピードが鈍化するのですが、今年はそれにたがわず・・ということで、たいして進んでいません。
先月の記事で書いた、17m級2扉車はディテールを全部削り取った屋根を取り付け、前面の作成に入ったくらい。貫通扉を若干広げた分、両側の窓の幅が狭くなっています。
クハの連結面は、広幅貫通路をプラ板で狭くして、逆に窓幅を拡大しています。
いちばん左は、2月の記事で触れた、もと鶴見臨港。工作を再開しましたが、結局は雨どいとウィンドウシル、靴ずりの取り付けで終わりました。
ところで、鉄コレ小田急1600はスケールより断面が若干小さ目のようです。したがって、左の鶴見臨港の方が断面は大きくなっており、このあたりどうやってバランスをとったものか・・・と考えてしまいます。
e0030537_0342826.jpg
難物、北の大地の迷車改は、スローペースで、側面の継ぎ目消しを行って、ようやく前面の作成へ。

東急7000の両端をヤスって幅を若干狭めてあります・・・これは、GMのキットそのままだたと鉄コレ勢とつりあわないため。全ディテールを削除し貫通扉は新製しています。
完成は、まだまだ先になるでしょう。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-31 00:40 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
下北交通 いすゞKC-LR333J +IBUS
先日、青森県の下北半島まで足を運んできました。
下北半島のバスといえば、まず思い出されるのは下北交通。
過去何度か、主力の三菱車以外の車種を取り上げてきましたが(例1例2)、今回現地で感じたのは
三菱車の存在感が薄くなっていること。それだけ様々な車種が入っていることになります。
今回は、その中からこの車両を。
e0030537_0122340.jpg
・下北交通 いすゞKC-LR333J +IBUS  2014年8月 田名部(青森県むつ市)

いすゞの中型車・ジャーニーです。
全国的によく見かける車種で、下北交通には貸切タイプの前面を持った車両は既に在籍していましたが
乗合タイプは、これが初だと思います。
また、同社の塗装は、前扉上部~前頭部にかけて赤色が入りますが、これは省略されています。この部分の形状が複雑なのが理由でしょうか?

この車両、前面の方向幕が右側面側にオフセットされている点や、側面の窓配置・・とくに中扉後ろや方向幕の位置から、もと京浜急行の車両であることがわかります。
屋上にある冷房装置の左右にあった外気導入の口を埋めた形跡がありました。

ただし、この仕様を京急が投入したのは1996年までで、約5年前には廃車になっています。
一方下北に移籍したのは、登録番号からこの2年以内と推測されるので、時期が合わず、その点が少々気になります。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-27 00:31 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
安中のスイッチャー
e0030537_01190440.jpg
信越本線の安中駅は、数少なくなったコンテナ車以外の貨物も扱う駅です。
駅の南側の一帯に精錬工場を広げる東邦亜鉛がその荷主で、幾条かの専用線が敷設されスイッチャーが常駐しています。

スイッチャーはここしばらくの間は2両が在籍しているようです。
e0030537_01185802.jpg
長い間、その主力機だったのがDD352で、1969年三菱重工製の凸型・35tの4軸機です。
もとは魚津の日本カーバイドで使用したものであるとこのこと。
台車が板台枠のような平べったい側面なのは、他の三菱製のスイッチャーでも見られますね。
ヘッドライトがボンネットから上方に飛び出している点以外は、平凡な形かもしれません。
e0030537_22552473.jpg
もう1両は、2軸のL型機。日車製の25t?機、これも比較的よく見かけ「た」車両ではないかと思います。
前にも書きましたが、日車のスイッチャーは下回りがスカスカなことが多いのですが、この角度だと燃料タンクを吊っていて、ちょっと重そうな感じがします。

さて、上の4軸機の代替で、2010年に2軸機が投入されました。
e0030537_2384659.jpg
e0030537_2385475.jpg
新潟トランシス製の変則凸型機。「DB301」と車番が振られているということは30t機なのでしょうか?
下回りあるいはキャブなどのパーツは、同社製のモーターカーと同じものが使われているようです。
なお、三菱と日車は、東邦亜鉛の100%子会社である安中運輸の名が書かれていますが、こちらは東邦亜鉛と書かれているあたりも気になるところです。

折角なので、私有貨車の写真も2枚ほどあげておきましょう。
e0030537_23231728.jpg
タキ4000形タキ24027
カクタス化成(現在のJX金属商事)保有の濃硫酸専用のタンク車。
以前は、様々な会社が保有するタキ4000やタキ5750が安中に出入りしていました。
e0030537_23262353.jpg
トキ25000-6
東保亜鉛保有の亜鉛運搬用の無蓋車。
現在は、この車両とタキ1200が、福島臨海鉄道の宮下駅にある、東邦亜鉛の小名浜工場と結ぶだけとなっています。

1、2、6枚目:1997年8月
3~5、7枚目:2014年8月 撮影

※2016.3.23 1~2枚目の画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-22 23:33 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
ジェイアールバス関東 日デKK-RM252GAN +西工96MC
JRバス関東の西工というと、高速車や碓氷峠を走るクルマなどが思い出されますが
こんな車両も存在しています。
e0030537_138272.jpg
・ジェイアールバス関東 日デKK-RM252GAN +西工96MC 2014年8月 上田駅(長野県上田市)

96MC架装の日デ中型。小諸支店長久保営業所に所属のようです。
前扉~戸袋間の窓が1枚ではなく、方向幕つき+細長い固定窓になっている点が、少々特徴的な点。
この型式は、何台かが富士8E架装で中央道支店(伊那)に所属していますが、西工はこれだけ。
かつて、配置されていたP-RBを彷彿とさせますね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-16 13:21 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
宮崎交通 三菱KC-MP747K +MBM
宮崎交通は、車両を自社発注車で固めており、移籍車は5年ほど前に京王からJPが何台か入った程度でした。
しかし、一方で車齢25年超級の車両がゴロゴロいることもあるためか、その導入を再開したようです。
今回も関東地方の事業者からの導入となりましたが、車種は全く違うものとなりました。その中のひとつが、これです。
e0030537_1442129.jpg
・宮崎交通 三菱KC-MP747K +MBM 2014年7月 橘通り3丁目交差点(宮崎市)

エアロスターのノンステップ車で、もとは神奈川中央交通の車両です。
この車種は全国的にも引っ張りだこで移籍事例も多いのですが、その中で神奈中の車両は、移籍先がなかなか決まらなかったものが多いように感じます。

一方、宮崎交通としては、三菱の大型路線車はモノコックの時代まで遡らねばなりません。当然、新エアロスターとしても最初の登場となります。

南国らしく窓にフィルムの貼り付けのほか、LED行き先表示に改造されており、側面前扉直後の窓は上下をひっくり返した上で取り付けています。
もとの運賃支払い方法を表示する小窓には「SUN Q パス」のロゴが入っているのがポイントです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-13 14:54 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
西日本鉄道貝塚線 モ315+ク365 +α
e0030537_14161629.jpg
西鉄313形の最後の1編成が、貝塚線開業90周年を記念し、5月から来年1月の引退(廃車)まで、旧塗装のマルーンとベージュのツートンになりました。
早速、撮影に行きたい・・とは思っても、東京から福岡はLCCができたとはいえ遠く、7月になって、ようやく行くことができました。

さて、宮地岳線時代には何度か撮影したことがありましたが、短縮され貝塚線になってからははじめて。
そして悩んだのが、パンタ側を光線のよいところで撮るにはどうしたらいいのか・・・。
結局、地図をみたり、先に現地で撮影された方の情報により、
「夏至前後で午前中の早い時間帯の西鉄新宮~三苫のどこか」という結論になりました。

ということで、羽田6時台の黒いヒコーキで福岡入り。地下鉄で貝塚へ移動し、駅員さんに無事運用に入っていることを聴いて、新宮へ行きました。結果は・・・
e0030537_1418326.jpg
こんな感じとなりました。
ポールがかかってしまいますが、贅沢は言えません。

登場して2か月以上が経過しましたが、ピカピカで近寄ると自分が車体に反射して映りこんでしまうほど。
また、よく見てみると、前面には、車体更新後には撤去されていたサボ受けが復活しています・・・これは、何かがある???
e0030537_14255871.jpg
e0030537_14261072.jpg
そのあとは光線状態がよくないので、
高架線になった西鉄千早(昔の名香野)で、適当に撮影し、
e0030537_14292039.jpg
e0030537_142932100.jpg
その後、香椎花園から貝塚まで、これに乗車しました。
車内には、大牟田線・宮地岳線双方の各車両または各駅の懐かしい写真が飾られています。
それにしても、大規模に更新されているとはいえ、60年前の車両とは思えない美しい状態です。

貝塚線沿線の旧塗装といえば、これも忘れてはいけませんね。
e0030537_14343495.jpg
香椎花園に展示されている路面電車の北九州線621と北方線324です。
中にいらっしゃった方と話をしましたが、やはり保存に関しては苦労が絶えないようです。
入園料900円+電車広場の200円がかかりますが、見られることに改めて感謝したいものです。

(1、5、6枚目)西鉄貝塚線 モ315 
(2枚目)西鉄貝塚線 モ315+ク365 西鉄新宮附近
(3枚目)西鉄貝塚線 モ315 西鉄千早
(4枚目)西鉄貝塚線 ク365 西鉄千早
(7枚目)西鉄北九州線モ621、北方線モ324(保存) かしいかえん

いずれも2014年7月 撮影。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-09 14:49 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
熊本バスの富士重工架装車
熊本市に乗り入れる事業者の中で、主に南東方向に路線を持つのがオレンジ色の熊本バス。
ここは、自社発注の車両では富士重工とは縁がありませんでしたが、移籍車で3メーカーへの架装例を揃えることになりました。今回は、その各種を取り上げたいと思います。
e0030537_0302211.jpg
・熊本バス 日デP-RM81G +富士6E 2014年7月 交通センター(熊本市中央区)

熊本バスに富士重工の路線車が登場するのは2007年春のこと。
この年、熊本市交通局から路線移管を受け車両を増やしたのですが、路線環境の関係から中型車ばかり4台となりました。これが、とんでもない車両ばかり()で話題になったのですが、2台は丁度、福岡県内の路線を大幅に削減した昭和自動車から購入し、そのうちの片方が富士6E架装のP-RMでした。実に17年目での移籍だったので(・・・最近は、このくらいの車齢での移籍例も増えてますが)、ツナギで終わると予想していたのですが、2014年7月でも、現役で使用されています。

続いて、同社が購入したのは、千葉県は阪東自動車の車両。
阪東の富士7Eといえば、すべて日野への架装例ですから、ここに来たのも当然HTとなります。
e0030537_039794.jpg
・熊本バス 日野U-HT2MMAA +富士7E 2010年5月 熊本駅前
e0030537_0395138.jpg
・熊本バス 日野U-HT2MMAA +富士7E 2012年5月 交通センター

片方は、熊本バスの全身、熊延鉄道の記念外装となっているため、熊本バスオリジナルカラーの外装なのは1台だけ。扉脇の柱部分も白くなっているのは、今回紹介する中で唯一の事例です。

ほぼ同じ頃には、京浜急行からLVも移籍してきました。
e0030537_0435437.jpg
・熊本バス いすゞU-LV324L +富士7E 2014年7月 交通センター
e0030537_0444399.jpg
・熊本バス いすゞU-LV324L +富士7E 2008年7月 交通センター

断続的にU-LV~KC-LVが3台が移籍しています。
いずれも逆T字窓・前中引き戸のワンステップ車。
各車仕様が異なっており、上の車両は通常バンパーなのに対し、下は下半分が切り掛けているタイプ。
また、バンパーが塗り分けられています。
e0030537_0494882.jpg
・熊本バス 日デU-JP211NTN +富士8E 2008年7月 熊本県熊本市

また、こんな車両も移籍しています。
もと京王帝都電鉄のU-JPです。
バンパーが塗り分けられているのは、これも同じ。
このときはこの1台こっきりでしたが、最近は2世代あとのKL-JP+西工が大量に購入されています。
e0030537_053621.jpg
・熊本バス いすゞKC-LV380L +富士7E 2010年5月 交通センター

その後、大型車は再び神奈川県勢・・・今度は相模鉄道から、やはりLVが移籍してきました。
ここに来て車台はKC-になりますが、一方で、窓枠がオーソドックスな銀色の2段窓なのはこれが最初で、イメージがまた違って見えてきます。
前扉直後の窓2枚を入れ替えて、方向幕が扉間の中央に来るように改造されています。
e0030537_0572193.jpg
・熊本バス いすゞKC-LV380N +富士7E 2014年7月 交通センター

そして、こちらは、もと江ノ島電鉄のKC-LV。同社のKC-LV+7Eは戸塚近辺などで使われていた軸距5.8mのものが知られていますが、こちらは藤沢に1台だけ配置されていた軸距5.3mのタイプです。
ところで、熊本バスの路線は交通センターを発着していますが、中ノ瀬車庫など比較的短距離の路線は別として、砥用など所要時間がかかる路線も多く(最長は馬見原の約2時間20分か?)、一度出て行ったらなかなか戻ってこないことが何度もあります。これも撮るのに、苦節〇年・・・。
e0030537_133819.jpg
・熊本バス 日デKC-RM211GSN +富士8E 2014年7月 交通センター

これも神奈川県勢ですが、車種はガラリと変わって、日デのKC-RMに。
川崎市交通局から移籍しました。5台ほど在籍している模様です。
いまのところ、この車両を最後に富士架装車の移籍は止まっています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-06 01:07 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
お暑うございます。
いやあ・・・。もう外に出たくなくなる暑さが続いていますね。
最も、こんな中でも屋外で活動している方も多いと思いますが、熱中症には本当に気を付けましょう
・・・・とはいえ、水を飲みすぎたらお腹の調子が悪くなったのが、つい先日の話だったり。

ということで、涼しくなる画像でもひとつ。
20年前に撮影した、真冬の北海道での一コマです。
e0030537_1349481.jpg
・名士バス 日野K-RC301P? +日野車体 1994年2月 名寄駅附近(北海道名寄市)

コマの片隅に写っていたものを拡大したので、あまり状態のよい画像ではありませんが、名士バスの日野モノコックです。現在は、銀色とオレンジ色と暖色系ですが、モノコック車の頃は、このような白と水色・紺色の寒色系の塗り分けを採用していました。色の組み合わせは、なんとなく道北バス(・・・名士バスはここから分離独立した事業者ですね)の旧塗装を連想させます。

登録番号からして、おそらく1980年前後の車両だと思われます。
トップドアにメトロ窓という仕様なのは、このあと、貸切タイプの車両が配置されていくことに繋がりますね。
屋上にはラジオアンテナがついており、昔ながらの中距離路線用・・・という感じがします。

なお、これを撮影したあと、士別軌道、そして宗谷バスと、日野モノコックが続く旅をしていました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-08-03 14:08 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)