本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2014年10月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_1253439.jpg
先月の記事でハコになった各車両ですが、結局のところオレンジ色を塗ったところで、今月が終わりました。
それとは別に新規着工したのが、この1両。
戦時中に増備が認められた唯一の車両という設定です。メーカーは、この時期らしく日本鉄道自動車・・・というのは旧作と同じですが、そちらが銚子のモハ501をストレッチしたようなものだったのに対し、今回は16~17m級3扉車にプロトタイプを変更しました。
このタイプは、武蔵野鉄道や南武鉄道の車両が知られています(武蔵野クハ5855→西武クハ1232→蒲原モハ61など)が、今回プロトタイプに選んだのは、宇部電鉄デハニ350→国鉄クハニ5310です。ただし種車の都合上、側面の窓は1枚減らしています。

種車は、鉄コレ第12弾の銚子電鉄デハ801で2両使っています。
茶色いプラなので画像が見づらいのはご勘弁を。今回は、塗装を落す前に戸袋窓をHゴム支持から通常の2段窓が入るように拡大するなどを済ませてあります。
この後、屋根を付けて整形してゆく予定。乗務員扉をどうするのか思案しているところです。

なお、同時に西武の20m級車も2両ほど色を落したのですが、それ以外は何も手をつけていないので、今回は割愛しました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-31 00:10 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
宮崎交通 いすゞKK-LR333J1 +IBUS
神奈川中央交通からエアロススターのノンステップ車が移籍した宮崎交通ですが、
神奈中からは、こんな車両も移籍しています。
e0030537_0114372.jpg
・宮崎交通 いすゞKK-LR333J1 +IBUS 2014年7月 宮崎駅
e0030537_012364.jpg
・宮崎交通 いすゞKK-LR333J1 +IBUS 2014年7月 橘通り(宮崎県宮崎市)

ツーステップのエルガミオです。
神奈中はバリアフリー法施行直前までツーステップ車を導入したため、このタイプも1999~2000年に17台を導入しました。
7月に宮崎市内でみかけたのは宮崎200か368、 370、 381の3台。
いずれも、あまり大きな改造は受けていませんが、行き先表示をLED式にしたため、側面はその部分の形状が変わっています。
なお、前面の運賃支払い方法を表示する窓はそのままで残っており、「後乗り」を表示しています。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-27 00:23 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
豊橋鉄道渥美線 三河田原駅 1990年
いまから24年前。
豊橋鉄道渥美線の終点・三河田原には、こんな駅舎が建っていました。
e0030537_2218532.jpg
駅前が狭くこんなアングルですが、ローカル私鉄の駅としては大柄なほうだったと思います。
シンメトリーに見えますが、向かって左側は屋根があるだけで、自転車置き場が大半を占めていました。
少々わかり辛いですが、奥に電車(1900形)が留まっています。
オレンジ色のビニールの屋根の部分はバス乗り場なので、渥美半島のさらに先へと乗り継ぐ客を考慮した設計だったのかもしれません。
e0030537_22243534.jpg
駅構内は広く、駅舎直結のホームのほか、屋根のない1面2線と、さらに側線が1線ありました。渥美線は、貨物輸送が割合盛んだったので、その関係でもあるのでしょう。
ただ撮影時は既に貨物輸送は無く、昼間は使わない電車が1編成、留めてあるだけでした。

この写真を撮影した4年後に駅舎は建て替わり白壁ふうのものになりましたが、
その後、さらに駅周辺の整備と併せ、2013年には頭端式となり、駅構内も全く形が変わっています。

・いずれも1990年8月 撮影。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-23 00:10 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
京阪宇治交通 日デP-RB80G +西工
西工が多い関西の事業者ですが、それでも採用ゼロもしくは少数派という事業者も見られます。
京阪系列はその一例で、今回取り上げる京阪宇治交通でも、このあたりの車両程度でした。
e0030537_184189.jpg
・京阪宇治交通 日デP-RB80G +西工 1999年3月 新田辺駅(京都府京田辺市)

1989年式の中型車、RBです。発売されて1年目での導入となりました。
前扉側だけワンステップで窓は2段窓、RBとしては特に可もなく不可もない仕様ですね、
翌年は排ガス規制が変わりU-JMとなりますが、合わせて18台で終了しました。
最も、この型式のテールランプの配置を、富士7E架装の車両にも特注で対応させるという、独自の影響があったのですが。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-19 01:35 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
立川バスのエアロスター 
いまでは車両の低床化とバリアフリー法により、一般の路線バスの扉配置はみな前中扉ですが
かつてはバラバラで、その上、地域差がありました。
東京近郊は、前中扉が圧倒的でしたが、その中にあって前後扉を標準としていた事業者のひとつが立川バスでした。とはいえ、その歴史はちょっと特殊で、もともと前中扉を採用していたものの、1970年代後半に運賃支払い方法の変更(前乗り先払いから後乗り後払いへ:1981年実施?)を考慮して前後扉に変更しています。
e0030537_1153487.jpg
・立川バス 三菱P-MP218M +呉羽 2000年6月 立川駅北口附近(東京都立川市)
e0030537_1135314.jpg
・立川バス 三菱P-MP218M +呉羽 1998年12月 箱根ヶ崎駅(東京都西多摩郡瑞穂町)

画像は、エアロスターK。上が1987年式、下が1989年式ですが、差はフォグライトの形状くらいで、あまりありません。
立川バスは小田急系列ですが、車両の仕様は同系列の小田急バスとの共通項目はほぼゼロで、ことエアロスターに関しては、こちらは呉羽、あちらは三菱名自と、その時点から違っています。
窓のサッシは黒で、窓回りも黒塗りですが、後ろ扉だけ窓回りも白なのがちょっと特徴的。
これは他のボディーでも同じでした。

その後、1990年まで昭和58年排ガス規制車(P- )を入れた後で、く平成元年規制(U-)となるのですが、1991~92年は中型車を数台入れるだけにとどまり、大型車は1993年から導入となりました。
e0030537_1393120.jpg
・立川バス 三菱U-MP218M +呉羽 1998年12月 立川駅(東京都立川市)

ボディは相変わらず呉羽製ですが、車体は独自のものから三菱名自と同設計のものに変わりました。
その上で、呉羽がMBMに変わる前という、なんとも微妙な時期の製造のようです。
方向幕まわりが白く塗装されているのが、この後に製造された車両とも異なる特徴的な部分です。

この年は、他メーカーの採用はなく、この型式が2台のみ。翌1994年は新車そのものがなく、
1995年になって大量増備となりました。が、このときから、前中引戸に再度変更され、前中扉は途絶えることになります。
e0030537_1574293.jpg
・立川バス 三菱KC-MP217M +MBM 1998年12月 箱根ヶ崎駅(東京都西多摩郡瑞穂町)

画像は1996年式で、排ガス規制の平成6年(KC-)となった車両。
中扉の窓回りだけ白いのは、変わっていませんね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-13 02:00 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
東京急行電鉄世田谷線 デハ150形
今日は10月9日なので、109で東急の日
・・・ということらしいので、この電車でひとつ。
e0030537_22192827.jpg
・東京急行電鉄世田谷線 デハ152 2000年6月 松原

1964年4月、東急車輛で4両が製造された、玉川線用のデハ150形。
その一つ前に製造された200形が低床・1軸連節と、新機軸をふんだんに盛り込んだ車両なのに対し、
こちらは玉川線の主力である30~80形の規格に準じた14m級3扉のボギー車でした。
従って、機構はオーソドックスなもので、台車は上下揺れ枕+軸箱守式のごくありふれた形状のTS-118。駆動方式はツリカケ式で、東洋製のTDK-540(60kw)主電動機を1両に2台搭載していました。制御方法はHL式で、30~80と混結が可能でした。

なにより特徴的であったのはその車体で、高張力鋼を米国バッド社とのライセンス契約で得た、スポット溶接などを特徴とするオールステンレス車用の工法で作ったことにあり、ビート付の腰板や扉廻りに特徴が表れている・・・というのは、改めて書くまでもない話ですね。バッド社およびそのライセンス契約で製造された電車は世界に数あれど、純粋なストリートカースタイルのものはこれだけ・・・廃車後に米国から引き合いがあったという噂話も頷けるものです。

最も、この特徴あるボディーですが、当然ながらオールステンレスカーのように超軽量・・・というわけではないようです。
最大長13960mm・最大幅2423mmで自重は18.15t。
これより3年前に京阪電鉄が製造した京津線用の80形が15000mm・2380mmで20.0t 
1mあたりの自重は、それぞれ1.30t と1.33tとなります。京阪の方が複雑な制御器と、主電動機4台搭載であったことを考えると、差はありませんね。

これは、同じ1964年に東急車輛で、やはり高張力鋼+バッド技法で作られた定山渓鉄道のモ2300にも言えます。
同車は、車体長17500mm×幅2750mmの車体で、自重はモ2301が32t、モ2302が34t。
一方、これより長い阪神ジェットカーの車体(1962年製)に京急230の台車・主電動機を組み合わせたコトデンの1061・1062が、自重31t。
モ2301は、上記のコトデンと似たようなU型イコライザの釣合張り台車を履いているので、殆ど差はありません。なお、モ2302は台車が国鉄TR-14・・・あの台車、やはり重いのですね・・・。

結局、なぜ普通の工法を用いなかったのかは定かではありませんが、製造コストの低減あるいは試作的要素を詰め込んだものだったのかもしれません。
e0030537_2363034.jpg
・東京急行電鉄世田谷線 デハ151+152 2000年6月 山下
e0030537_2364296.jpg
・東京急行電鉄世田谷線 デハ153+154 2000年6月 山下

1969年に玉川線が大幅に短縮され、世田谷線になったあとも、当時最新だった150形は当然全車残存しました。1983年から片運転台化、車体側板のコルゲートを無塗装ステンレス化などの更新修繕を実施。
その後、世田谷線は新車300形の投入を前提に台車・主電動機の交換が行われましたが、この型式はその対象から外れたため、2001年に廃車になるまで、ツリカケ駆動のままでした。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-09 23:15 | 路面電車・低床電車 | Trackback | Comments(0)
中国ジェイアールバス いすゞP-LV214M +富士7E
中国ジェイアールバスの富士7E架装車は、、もともと岡山県内と広島県内に配置されていました。
岡山は国鉄時代には配置の無かった日デへの架装車、一方、広島は国鉄時代からオーソドックスないすゞへの架装車です。これらの一部は転属し、他県でも見られるようになりました。
e0030537_1553267.jpg
・中国ジェイアールバス いすゞP-LV214M +富士7E 1998年9月 防府駅(山口県防府市)

画像の車両は、JR西日本からの分社後、すぐに広島県内に配置されたいすゞ車。
前中折戸で2段窓という点は、未だ国鉄時代の仕様が色濃い感じですね。
画像の社番531-8901のほか2台が製造されました。

その後、1990年代中頃には山口県内に転属しました。
塗装も若干、変わったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-05 16:02 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
信州バスのブルーリボン
いまから15年くらい前の長野での話。
当時の長電バスは、長野市内を走っているのは、比較的バラエティーに乏しい中型車ばかりで大型は例のモノコックにリフトを取り付けたクルマ程度の限られた存在でした。一方、大型車が投入されていたのは湯田中から志賀高原方面への路線か、分離子会社になっていた木島(飯山)の信州バス。スキーなどの観光需要あるいはスクールバス需要に応えるものだったと思われますが、ちょっと奇妙な感じがしたのも事実です。
このうち、信州バスは車両のバラエティーが豊かで、そのために、何度か飯山方面まで足を延ばしました。

今回は、ブルーリボンを4種類ほど。
先ずは自社発注車から
e0030537_126531.jpg
・信州バス 日野U-RU3HJAA +日野車体 2002年12月 木島(長野県飯山市)

先述のとおり、長電は中型のRJは山のように在籍していたのですが、
それより一回り大きい9m大型のRUは、この信州バスにだけ数台が投入されていたようです。
前後折戸・2段窓という仕様そのものは、当時の長電バスの標準的なものです。
e0030537_13982.jpg
・信州バス 日野U-HU2MMAA? +日野車体 2002年12月 木島(長野県飯山市)

こちらも、信州バスにだけ投入された大型車。
しかも前中4枚折戸という標準的な仕様から大きく外れたものとなっています。
車内はハイバックシート付で、観光需要にも応えられそうですね。
e0030537_147053.jpg
・信州バス 日野P-RT223AA +日野車体 2002年12月 木島(長野県飯山市)
e0030537_1473519.jpg
・信州バス 日野P-HT233BA +日野車体 2002年2月 木島(長野県飯山市)

一方、こちらは東京都交通局からの移籍車。
お隣りの川中島バスには大量に移籍していますが、長電にはやっぱりここだけ。
私が見たのはRTが2台、HTが1台です。
いずれも、側面の方向幕を中扉後に移動する改造をおっこなっていますが、前後の窓を含めて、窓枠ごと入れ替えており、違和感がありません。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-10-03 12:30 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)