本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2014年11月
※神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_1271986.jpg
季節の変わり目をあなたの心で知る時期となりましたが、4両の電車が完成しました。
愛甲線・津久井線系統の車両が3両、 秦野・大山線の車両が1両です。
e0030537_2357539.jpg
e0030537_23562515.jpg
e0030537_1291598.jpg
神奈電では戦後初の自社発注車である、3720形・1720形による2連(モハ3721-クハ1722、モハ3723-クハ1724)です。1954~1955年に日本車輛東京支店で製造されたことにしています。モハは両運転台で登場したものの、後にクハと固定編成にしたため、連結面側の運転台は取り払われ、乗務員扉だけが残っています。

関東鉄道キクハ11がプロトタイプ。鉄コレの近江200(小田急1600)がベースで、各パーツは、過去の記事で書いた通りです。ベンチレータはガーラント式を並べました。台車は日車の釣合張り式などが良いのでしょうが、近江のままDT12(TR23)を履かせたら案外似合うので、これにしました。戦災国電あたりの中古品が回ってきたことにしましょう。
e0030537_139399.jpg
毎度の旧作との並び。GMの東急3000系からの改造ですので、これも毎度のことながら「デカい」というのが最初の感想です。パンタグラフはKATOのPS16のタスキを改造したものだったのですが、崩壊しておりまともに上がりませんでした。そして、もうひとつ「重い」という感想も・・・GMの旧動力を搭載しているからなのですが、今の感覚では自重で車体が壊れそうな感じもしてしまいます。雰囲気はヘッドライトを埋め込み式にしたこともあり、よりプロトタイプに近づいたように思います。
e0030537_032627.jpg
e0030537_1442111.jpg
続いては、もと定山渓鉄道モ2300の3810形(モハ3811・3812)です。諸般の事情で廃線後、他社への譲渡が東急がらみの例しかなかった定鉄の電車・・・車齢が若くても、窓を開くようにして、右側運転台を左側に移設して、制御装置もHLからCSに交換。そもそも減価償却が終わってない段階での購入は高くつくだろう、などなど、冷静に考えればまず有り得ないでしょう。が、この車両を小林信夫氏の趣味全開で知られる1980年代のGMカタログで知ったことが神奈電を考える一つのきっかけだったので、新設定でも残すことにしました。

そのGMカタログに従い、今度こそ東急7000系キットからの改造で作りましたが、あんな方法で作れるわけがない!11か月目にしてようやく完成しましたが、車体はねじれ気味で、細部のデキもあんまりよくないのは残念なところです。
ベンチレータは東急7000付属のものと、銀河のガーランドベンチレータですが、後者は、実に24年前に買って2つだけ余っていたものだったりします。悩んだのがガラス類で、前面は運転席が鉄コレ東武73系の客用扉から、貫通扉は鉄コレ銚子800(伊予鉄106)のそれから持ってきました。側面は客用扉には側面窓を持ってきた鉄コレの京王5000譲渡車のものが嵌まったのですが、戸袋窓はなかなか決まりませんでした。結局、鉄コレの叡電300の客用扉を横倒しにしたものがピッタリだったので、1両犠牲にしました・・・いちおう車体の再利用の構想はありますが。
台車は定鉄2300は2両で異なっていたのですが、そのうちの片方に倣い、国鉄TR11系にしています。
e0030537_1593222.jpg
これまた旧作との並びを・・・同じ東急7000のパーツを使っていますが、幅・高さともになんの対策もしてないのでデカいというのは3720・1720と同じです。そして、側面は自作ですがゴツイこと・・・。
e0030537_042524.jpg
そして最後は、秦野・大山線のモハ3541。もとは鶴見臨港鉄道モハ104→モハ114→国鉄モハ1501→上田丸子電鉄モハ4255です。昇圧を控え、代替の車両確保に四苦八苦していた時代に入線・・ということにしています。
 過去に自作した車両のレストアといいつつ、実質的に再度自作するのに近い状態となりました。
e0030537_012253.jpg
ここでは、鉄コレ第一弾と並べてみました。
窓の大きさなどが違っているのがおわかりいただけるかと思います。

さて、現在制作中のものは以下の3両となりました。
e0030537_0134120.jpg
一番左は、先月とりあげた日鉄自デハニ。屋根を切り継ぎましたが、高さが不足しているので、上に0.5mmプラ板を貼ってから整形しています。

そして残り2両は、今年発売された鉄コレの西武551・1651。そのまんま、愛甲線の電車になります。
実は、先に出た鉄コレ西武451とその譲渡車から改造するつもりで、パーツ等も揃えていたのですが、結局製品が出てしまった状態・・・なんとなく、改造するくらいなら製品を待とうとなってしまうのも当然なのかな、と思うところです。

それはさておき、製品は前頭部と屋根の接続部分の隙間が目立つので、屋根と車体は接着し、その間をパテで埋めて整形しています。冷房化するためベンチレータは取り外しました。
改造は以上で終了・・・ところで、昨年西武451について着手しているのですが、塗装が終わり、車体をくみ上げた段階で、仕上げがストップしています・・・床下機器や冷房機を巡って選定で迷ったためですが、合わせて竣工させたいところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-30 00:01 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
井笠鉄道 いすゞK-ECM430・K-EDM430 +川重
特徴ある9m大型車を保有する事業者がいろいろと存在した中国地方。
しかし、その中でも突出して9m大型車の印象が強かったのが、一昨年廃業した井笠鉄道ではないかと思います。車種は、その殆どがいすゞでしたが 車体は川重と富士の両方が架装されていました。今回とりあげるのは、川重のモノコックボディー車です。
e0030537_101172.jpg
・井笠鉄道 いすゞK-ECM430 +川重 1992年3月 笠岡駅前(岡山県笠岡市)
e0030537_1129.jpg
・井笠鉄道 いすゞK-EDM430 +川重 1998年9月 福山駅前(広島県福山市)

上が1980年度導入のK-ECM430、下が1983年度導入のK-EDM430で、全国的に見ても比較的遅くまで残っていたこともあり、この車種としてはマニアにも着目されていたのではないかと思います。
トルコンATを装備しており、前面のエンブレムにもそれが記されている点が目立っていました。

ECMとEDMでエンジンが6BD1と6BF1と異なるのは当然ですが、ほかにも前面方向幕の上部が屋根に突き出るか否か、あるいは中扉と戸袋窓の天地寸法などに差が見られます。
側面方向幕も大型ですが、その下が板金だけで窓が無いのは少々珍しいかもしれませんね。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-25 00:53 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
関東鉄道常総線 キハ316
関東鉄道は1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道と合併して誕生しました。
うち、常総筑波鉄道は昭和30年代には日車東京支店製の新型気動車を多数導入しましたが、合併後は北海道の炭鉱鉄道など廃止路線から中古車両の導入に切り替わりました。そして、廃止路線もなくなった1970年代後半に入り、ようやく機関・台車等は国鉄の廃車から流用しながらも車体を新製した車両を導入するようになります。
e0030537_164666.jpg
・関東鉄道常総線 キハ316 1994年8月 新取手

常総線に登場したのはキハ310形。国鉄キハ10系の改造扱いで、1977~1979年に製造されました。
最初の2両は、2年早く更新されていた竜ヶ崎線キハ520と同じく大栄車両が、残りは新潟鉄工所が施工しています。
前面は、キハ600・610以降の関鉄顔を踏襲していますが、側面はステップレスの3扉両開き扉装備と、電車っぽいものとなりました。客用扉の窓の天地寸法が小さ目なのが、ポイント。
一方で、連結面の貫通扉はあっても貫通ホロがなかったのは、この頃の関鉄の標準的な仕様。一般気動車に冷房なんて考えられなかった時代なので、当然ながら非冷房車です。

キハ10系の台車や機関を流用していましたが、乗り心地の悪さで有名だったDT19/TR49は1983年にDT22/TR51に更新されています。また、国鉄キハ30系を大量導入し、貫通路が整備された車両が増えたため、この車両も前面・連結面ともに貫通幌が整備されています。
画像は、丁度そのころに撮影したもの。

その後、大栄で施工したキハ311・312が1996年に廃車になったほかは、冷房化・機関更新などの改造をうけており、前面もキハ0形に準じたライト位置・方向幕取り付けが行われて、イメージが変わったようです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-22 01:24 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村
日野リエッセが発売される前、7mクラスのバスで存在感があったのが、いすゞMR+北村。
岩手県交通には、自社発注・移籍車ともにそれなりの数が在籍していました。
今回は、そのうち後者のほうから幾つかを。
e0030537_1658398.jpg
・岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村 2009年10月 岩手県陸前高田市
e0030537_16591249.jpg
・岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村 2010年9月 岩手県北上市
e0030537_16585565.jpg
・岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村 2009年10月 岩手県陸前高田市
e0030537_16592274.jpg
・岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村 2010年9月 岩手県北上市
e0030537_16593192.jpg
・岩手県交通 いすゞU-MR132D +北村 2013年11月 岩手県一関市

座席・窓枠・前面の行灯の有無など、仕様は各車バラバラ(・・・塗装や岩手県交通のロゴもバラバラ)ですが、この種の車両のさがで、その出自は全く持って不明です。
1・2枚目の車両は、窓の中央部に桟のようなものが見えますが、これは窓の内側に設けられており、
降車ボタンが取り付けられていました。

高田で撮影した1・3枚目の車両は路線用ですが、21条バス扱いなのか、車両の表記は一般貸切。
北上で撮影した2・4枚目の車両は北上市のコミバス用。
一関で撮影した5枚目の車両は一関市のコミバス「なの花」用で、専用塗装となっていました。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-15 17:05 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
旭川電気軌道 三菱P-MP218P改 +呉羽
今や北海道の路線事業者の中でも、数少ない自社発注車で勢力を固めている旭川電気軌道ですが、
かつては、ある程度の移籍車が在籍していました。
e0030537_22344119.jpg
・旭川電気軌道 三菱P-MP218P改 +呉羽 1999年5月 北海道旭川市

1990年代末に在籍していたのは、当時の移籍車市場では主流だった、もと神奈川中央交通の車両。
日野HT22と三菱ブルドック、そしてエアロスターKの3種類がありました。
軸距5.8mの車両ですが、製品ラインナップに加わる前で、軸距6.0m車の改造扱いだったクルマです。
「P改」などと呼ばれていましたね。

当時、地方都市でも積極的にノンステップ車の導入を進めていた同社。
車齢は比較的若く、移籍車は昼間行ってもほぼ走っていなかったことを思い出します。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-10 00:10 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
北陸鉄道石川線 クハ1720形
名鉄は1950年代後半~1960年代にかけて、いわゆるHL制御の車両の機器を流用して3700系列の電車を製造してゆきました。当初は木造車が種車でしたが、末期になると鋼製車も対象となります。この際に抜け殻になった車体は、中部地方の名鉄系列の事業者に譲渡されてゆきました。

名鉄の前身のひとつ、愛知電鉄が1928年に日本車輛で製造したデハ3300・3600、サハ2040を出自とするモ3300、モ3350→3600、ク2040もその一つ。
全通したばかり神宮前~吉田(豊橋)間の優等列車用に投入された18m級2扉クロスシート車で、1966年に残っていた13両全てが廃車になっています。

このとき余った車体は、大井川鉄道に2両、豊橋鉄道に4両、そして北陸鉄道に7両が譲渡されました。北鉄では3両を電装しモハ3771~3773に、残り4両はクハ1721~1724として、いずれも石川総線に投入しました。
e0030537_2318288.jpg
・北陸鉄道石川線 クハ1721 1990年8月 加賀一の宮 
e0030537_23181129.jpg
・北陸鉄道石川線 クハ1723 1990年8月 鶴来

画像は1990年にもと東急7000系が導入されたため使用停止状態で留置されていたときのものです。
他に、モハ2両もありましたが、場所が悪く撮影していません。

Hゴム大好き?の北陸鉄道にかかると、旧型車もご覧の通り・・・前面窓だけでなく、側面も上段がHゴム固定式でスタンディーウィンドウのようになっています。また、1721は外板の張替が行われており、リベットが消滅・ウィンドウシルは段付きから平板に、雨どいも撤去されノッペリとした雰囲気になりました。
さらに、ヘッドライトが独特の小型のものになったため一種異様な感じですね。客用扉は7000系入線に伴いホーム高さの扛上が行われたため、暫定的にステップが埋められています。

台車は、よくあるU型イコライザの釣合梁式ですが、車体に比べて華奢な感じですね。
北陸鉄道の車両は、一時期のコトデンほどではないにせよ、台車の振り替えが度々発生していたようです。
ちょっと調べてみましたが、素性は不明です。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-07 00:10 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
磐田市 日デKC-RN210CSN +富士8E
静岡県は浜松と磐田の中間、天竜川の東にあったのが磐田郡豊田町。
平成の大合併で、2005年に磐田市の一部となっています。
町域の南を走っているJR東海道線は素通りしているだけでしたが、1991年に豊田町駅を設置。
1997年10月からは80条バスで、町域循環バス「ユーバス」の運行が開始されました。
このときに投入されたのが、前年に発売されたばかりの日デRNでした。
e0030537_18421798.jpg
e0030537_18422446.jpg
e0030537_18415670.jpg
e0030537_1842563.jpg
・磐田市(80条) 日デKC-RN210CSN +富士8E 2008年8月 豊田町駅

それぞれ「ゆや号」「ニッセ号」の愛称が付けられた2台は、いずれも1997年8月製ですが、外装が異なる故か富士の製番は別番台になっています。
側面方向幕は中扉後ろに設けられていますが、基本的に運用は系統固定であり、ゆや号は「西回り」、ニッセ号は「東回り」と表示しているだけ。前面方向幕に至っては愛称名が固定表示されているだけで、これを撮影したのちに方向幕をやめて、ステッカーをべったり貼ったものとなったようです。
運賃100円ながら、国内ではじめてICカードを採用したことも話題となりましたが、これは磐田市合併後の2006年に廃止されています。

なお、「ゆや」とは、平家物語にも登場する熊野御前(ゆやごぜん)と長藤の伝承にちなんだもの。
一方、「ニッセ」とは、ノルウェーやデンマークに伝承される妖精のことで、豊田町が1991年に制定した「ニッセの郷」構想に由来しているようです。描かれているのは「ニッセちゃん」なるキャラクターだそうで・・・。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-03 00:01 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
関越交通 日野P-HT235BA +日野車体
1990年代、東武鉄道はバス路線を朝日自動車など既存子会社への委譲を、強力に推し進めました。
この種の委譲では車両もくっついていくことが多いのですが、東武の場合は新車が中心。
移管車両は中型車はそれなりの数が存在し長く使われましたが、大型車は新車を導入するまでのつなぎであることが多く、塗装も東武時代のままで終わったものが大半です。

群馬の関越交通も、移管時に多数の新車を導入しましたが、それが一段落した1999年に大型車が何台か東武から移籍し、沼田営業所に配置されていました。
e0030537_1641462.jpg
e0030537_1642010.jpg
e0030537_1642274.jpg
e0030537_16421618.jpg
・関越交通 日野P-HT235BA +日野車体 1999年7月 群馬県沼田市

車種はいずれも、日野ブルーリボンですが、扉配置は東武で標準的な前後折戸のものと、
大宮周辺で使われていた3扉車の双方が存在していました。
関越は前後扉が基本なので、3扉車は中扉を締切り、側面方向幕は後扉側のものだけにセットしていました。
ナンバーは群馬22か3286~3289と連番で、3288と3289が3扉車でした。なお上の画像はその順番で並んでいます。

関越カラーに塗りなおされていますが、オリジナルと比べると、屋根部分のオレンジ色が省略されている分、あっさりしている印象になるかもしれません。

そんなには長く使われず、2004年頃には廃車になっていたと思います。
[PR]
by hiro_hrkz | 2014-11-01 16:55 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)