本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
お気に入りブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2015年6月
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_01533514.jpg
 まもなく年に一度の浜松町のビックイベント。ということで、このひと月(・・・正確には4月くらいから)、ちまちまと平塚中央駅モジュールの2期工事を行っておりました。
 とはいえ、気分のノリが中途半端となり、このところは失速状態ではあるのですが。
e0030537_01533169.jpg
駅舎は 前回とあまり変更点はありません。変わったのは、正面向かって右側のスペースがバス案内所になったこと。ここは設計ミスで柱と窓口が接してしまっていたので、再改造しています。
その他、駅名板など看板類は、光沢のフォトシール(ELECOM製)に印刷したものに変えています。この種のフォトシール、なんらかの切込みが入ったものばかなのが難点で、今回はいちばん大きい、はがき大に2シートのものを使っています。
 テナントは何を入れるのか、未だ決まらず・・・うーん。どこかの生命会社に入ってもらうか・・・。
e0030537_01533804.jpg
そして、2期工事のメイン。駅の長さが倍になりました。
この長さ(16m級4連~20m級3連)になると、ターミナル駅の雰囲気になりますね。
e0030537_01533920.jpg
プラットホームや上屋の作り方、色などは一期工事と同じなので割愛。
継ぎ目が目立たないように・・・と思っていましたが、色調・スキマともに、そうでもないのが残念なところです。
ベンチはGMの都会型島式ホームに入っているものですが、近代的な駅のはずなのに、昔ながらの木造タイプなんですね・・・茶色に塗って取り付けましたが、本当なら樹脂製のものか、木板や鉄板の簡素なタイプ(よく背板にコ〇・コーラとか明治〇菓なんてのが書いてあるヤツ)がいいんですけどねえ・・・。

架線柱はトミックスの マルチ複線トラス架線柱、3線分+1線分のほうが「らしい」とは思いますが、4線全部一跨ぎにしています(実例は、東武東上線の中板橋などにあり)。
ホームの上屋がないところは、いまのところなんも取り付けていませんが、一週間以内に駅名票くらいは立てるつもりです。
本当のところは照明を立てたいのですが・・・最近、ジオラマ系の商品は充実しているのですが、案外こんな製品は無いのですね。間に合えば・・・ということで。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-30 02:12 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
島原鉄道 いすゞU-LV318N +IK
ボーダレス化して久しいバスの移籍車事情ですが、
このあたりの移籍事例にはびっくりしたものです。
e0030537_01591849.jpg
・島原鉄道 いすゞU-LV318N +IK 2010年5月 長崎県島原市

日野で殆どを固めていた長崎県の島原鉄道ですが、00年代後半に移籍車が増えると、他のメーカーの車両も増えてゆきました。これは、お隣りの長崎バスから移籍したいすゞキュービック。以前、西工架装車の事例を取り上げたことがありますが、シマテツにこの車体は衝撃的でした。

 高出力エンジンを備えた軸距5.5m(N尺)車である点は長距離向きかもしれませんが、車内は長崎バス時代のままなので、乗りとおすのは少々厳しいかもしれませんね。
それにしても、前後扉なのに、窓サイズがバラバラ・・・・P-のN尺だと、窓の大きさが揃っているのですが、U-では車体の構造が変わったゆえか、このあたりがどうもまとまりに欠けるなあ・・と感じるところです。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-27 02:11 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
弘南鉄道黒石線 キハ2230
最近は影が薄くなりましたが、かつて弘南鉄道というと、頑張るローカル私鉄という視点で取り上げられることが多かったように思います。
その理由が、廃止の危機にあるローカル線を引き取ったこと。具体的には大鰐線と黒石線がそれにあたります。

うち、国鉄の特定地方交通線を1984年11月に引き受けた黒石線は、1960年代には既に引き取りたいという意向がありました。最終的には、国鉄奥羽本線と自社の弘南線を使って環状運転を行うという構想でしたが、傍目には自社のライバル線を勢いづかせてどうするんだ?という感も無きにしもあらず。結局のところ中途半端な路線となり、1998年3月限りで廃線になりました。
e0030537_00590312.jpg
・弘南鉄道黒石線 キハ2230 1995年8月 黒石

さて、特定地方交通線を既存の純民間の鉄道会社が引き受けた唯一の例となった弘南黒石線ですが、他の国鉄転換3セクが軒並み新車を導入したのに対して、こちらは国鉄のキハ22を3両ほど譲り受けて使用することになりました。

国鉄転換線としては、三陸鉄道、樽見鉄道、神岡鉄道に次ぐ4例目だったこともあるかもしれません。が、結果論として、他者の中古車を使い続けたのは、同じくバス会社が引き受けた唯一の例である下北交通くらいで、このあたりはコスト感覚の差を伺わせるところでもあります。最も、保守や燃費、軌道への影響などを考えると、国鉄車の継続使用は得策ではないと思いますが。

車内は便所が撤去された程度。当然、弘南カラーに塗り替えられましたが、私鉄電車の色に塗られた国鉄気動車というのは、なんとなく、フリーランスの模型か架空鉄道の車両でも見ている気分になりますね。
老朽化で1995年に2両が小坂精練キハ2100形に代替されています。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-23 01:28 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(2)
中国バスの西工58MC
山陽地方は西工を保有する事業者が数多くあります。
その中で影が薄いのが福山の周辺。しかし、数少ない車両が珍しいクルマでした。
e0030537_02301447.jpg
・中国バス 日野P-RR172BA +西工58MC 2003年3月 福山駅前(広島県福山市)

中国バスがほんのわずかな数だけ導入したのが、この日野RRへの58MC架装車。
この時期、中型への西工58MC架装例は少ない上に西鉄向けが大半であるため、それだけでも稀少車種ではあるのですが、加えて、エアサス装備という点が輪をかけています。冷房も室内分散式で、屋上がすっきりしていますね。
それにしても、何ゆえ西工を選んだのかは謎。
e0030537_01163494.jpg
・中国バス 日野P-HT233BA +西工58MC 1998年9月 福山駅前

一方、こちら1990年代後半に入り導入がはじまった移籍車の例。
もと大阪市交通局のHTで、日野車体架装車と共に何台かがやってきました。
前面の方向幕の幅が若干狭めな点とフォグランプが省略されているのは、大阪市営の特徴ですね。
方向幕廻りが板金処理、側面のサッシの色は銀色で、前面の社章が省略されるなどで、上のLRとはずいぶんと印象が異なっていました。

※2016.12.18 P-RR172BAの画像を交換しました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-19 00:39 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
羽後交通のエアロスターK
秋田県は羽後交通の車両の中から
本日はこのタイプを取り上げたいと思います。
e0030537_23332158.jpg
・羽後交通 三菱P-MP218K +呉羽 2000年10月 秋田県湯沢市

東京都交通局から大量の移籍車を導入していたことで知られる同社。とはいえ導入した車種にはばらつきがありました。
エアロスターは大曲や湯沢に在籍していましたが、いずれも呉羽ばかり。
画像の車両は秋田で再登録された時期から類推するに1985~1986年に製造された車両と思われます。

e0030537_23334706.jpg
・羽後交通 三菱P-MP218K +呉羽 2000年10月 秋田県横手市

一方こちらは、もと横浜市交通局の車両。
1990年代末期に多数の移籍事例が発生した横浜市営バスですが、羽後交通に来たのはこれ1台だけだったと思います。
都営と異なり、中扉附近の窓回りは黒塗り。セイフティーウィンドウが無いので印象が異なりますね。

個人的には、いつも横手の屋根の下に置かれていて、縁が無い車両でした。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-15 23:48 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
富士急行 3100形
ローカル私鉄に行くときの楽しみの一つに、
「他社から譲渡車が主体を占める中で、かつて威信をかけて?製造した自社発注車の存在」というものがありました。
富士急行のこの電車も、そんな例の一つでしょう。
e0030537_00572638.jpg
・富士急行 モハ3102+モハ3101 1994年7月 大月

 1956年に日本車輛で製造した3100形。いわゆる日車ロマンスカーの一党に属します。
開業時より日車製の車両を導入してきた富士山麓電鉄→富士急行にとって、この車両の登場は必然だったのかもしれません。

 下回りは三菱製となり、日本の1067mm軌間で、はじめてWNドライブを採用した車両となりました。
主電動機とギアの間に継ぎ手を収める関係上、主電動機の大きさに制限が加わるため、この車両に搭載されたMB-3033Aは55kwと出力は低め。全電動車方式にすることでカバーしています。
 制御装置はABFM-88-15-EDHA、ブレーキは中継弁付自動ブレーキに抑速制御用の発電制動を備えたAR-Dとなっています。連続片勾配で最大40‰が存在する富士急行線らしい仕様といえましょう。抵抗器がズラリと並んだ下回りは印象的です。
 台車は、日車でおなじみのプレス枠のNA-4P・・ではなく、軸梁式のNB-1を履いています。
1年早く登場した富山地鉄モハ14771とは、このあたりは随分と異なっていることがわかります。試作要素もあったのかもしれません。

 車体はモノコックで前面2枚窓で、側面は2扉。そして全長は20mとなりました。
車内はボックスシート主体のセミクロスシート。裾絞りがあり、また運転席側の扉だけデッキ付となっているのも特徴的な部分です。連結面側の扉を無視すると、なんとなく国鉄急行型電車を連想したくなるところですが、時は未だ153系電車の登場前。通風は、三菱のラインデリアを採用しています。
 そして、後に標準塗装となる青と薄緑の塗り分けに白の帯の外装となりました。富士山や富士五湖の青と、雪の白、樹海の緑・・なんて連想をしたくなりますが真実はいかに。
この車両のあとに登場する秩父鉄道300形には、機器・車体ともに、各所に影響を与えていますね。

型式は製造年の昭和31年に因んだもの。この後、移籍車の5700形までこの方式を踏襲することになります。
富士吉田側が偶数車でパンタグラフを搭載しています。

1956年に1編成、2年後の1958年に1編成が製造されたものの、そこで打ち切り。
2編成つないだ4連で走ることもあったようですが、1958年製のモハ3103-モハ3104は、1971年にブレーキ破損による暴走事故で脱線転覆(三つ峠事故)して廃車になっています。

撮影した1994年は、丁度もと小田急の5700から、もと京王の1000へと車両の置き換えが行われていた時期。
3100は結局、このとき見たのが最初で最後となり、1997年3月に廃車になりました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-11 01:55 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(5)
京都市交通局の富士7E
何度か書いていることですが、富士重工不毛の地は、西工の天下である九州ではなく、関西地方だったと思います。
規模の大きな事業者でも、悉く富士重工架装車が無い・・・それは、日デを採用する事業者が少なかったことが大きく、加えていすゞの大型には西工の架装例が増える(・・・いすゞ大型+富士の架装例はメジャーと雖も東海以東での採用例が殆ど)こともその理由でしょう。

京都市交通局は、日デも採用事例は多くありますが西工架装ばかり。富士重工は随分前に貸切か何かでR13前期型を架装した事例があった程度のようです(もっと古い時代は解りませんが)。ところが、1990年代後半に登場した日デUAのフルノンステップ車は富士重工のみ架装となったため、京都市交にも富士架装の乗合車が登場することになりました。
e0030537_00361713.jpg
e0030537_00364631.jpg
・京都市交通局 日デUA460KAM +富士7E 2012年1月 西大路八条

 1997年3月、大阪市交通局と東京都交通局にノンステップ車を納入した日デは、続いて翌年春までに4っつの公営事業者に同タイプを納入しています。正式な型式認定を受ける前の大臣認定車で、日デの製番も通常0ではじまるところが9ではじまるグループです。車体も幕板がある重い印象のボディーとなっています。
京都市交通局には、1997年11月製造の2台が入りました。窓ガラスが色付き(スモーク)になっているのが他の事業者にない特徴です。

その後、京都市交が日デ+富士のノンステを採用するのは、2000年度と2001年度。
今度は、平成11年排ガス規制適合の市販の型式を持つ車両となります。
e0030537_00360335.jpg
e0030537_00361795.jpg
・京都市交通局 日デKL-UA272KAM +富士新7E 2010年8月 京都駅前

このうち、2000年度の2台と2001年度の3台はCNG車となりました。
窓ガラスが色付きなのは変わりませんが、こちらは青緑色(・・・UVカットか?)となっています。
冷房も、デンソー製となっています。
e0030537_00365477.jpg
e0030537_00365769.jpg
・京都市交通局 日デKL-UA272KAM +富士新7E 2010年8月 京都駅前

そして、2001年度の1台だけ、ノーマルなディーゼルエンジン車となりました。
基本的な仕様はCNG車と変わりません。

経緯からして、京都市交通局の富士重工架装車の登場は「仕方なく」「余儀なくされた」という感があります。UA460とUA272のCNG車が、民営各社への委託路線が多い横大路営業所に集められていたのも、異端児ゆえなのでしょうか?。

そんな中でも、UA272のCNGは京都駅前で割合楽に捕まえることができたのですが、UA460は西大路駅附近でなんとか。そして、烏丸営業所に配置された唯一のノーマルなUA272に至っては狙い出してから撮るまでに実に10年かかったという個人的には非常に相性の悪い車両でした。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-08 01:45 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
京福電気鉄道 日野P-HT233BA +日野車体
前後扉・2段窓の車両がデフォルトだった福井の京福バスに
突如として現れたのが、このブルーリボンでした。
e0030537_21184154.jpg
・京福電気鉄道 日野P-HT233BA +日野車体 1999年6月 福井市内

 メトロ窓にワイドドア・・・・ときはバブル経済期。こんなところにも影響していたのでしょうか?
一方で車内は、至って普通のローバックシート。隣県の北陸鉄道の影響も勘繰りたくなるところです。
[PR]
by hiro_hrkz | 2015-06-03 23:18 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)