本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
思いつきで恐縮ですが、お..
by おりさん at 22:44
>>12号線さん この..
by hiro_hrkz at 03:10
今年の6月、久しぶりに石..
by 12号線 at 12:40
アメリカのバスはATが多..
by えど at 15:49
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2015年9月
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_02131154.jpg
九月の雨は切ないですが、とりあえず4両の電車が完成しました。
今回は愛甲線の大型車2編成4両です。
e0030537_02131742.jpg
e0030537_02131980.jpg
e0030537_02132355.jpg
e0030537_02132182.jpg
上の2両がもと西武451系のモハ3015とクハ1016
下の2両がもと西武571系のモハ3019とクハ1020です。

愛甲線は、西武の中古車を入れることで大型化しました。西武が昭和30年代に製造した20m級3扉の吊りかけ電車は、いずれも鉄コレで相次いで製品化されたため「作るのは簡単!」と思っていたのが仇になったのかどうか、
モハ3019+クハ1020は塗装に失敗して8ヶ月、
モハ3015+クハ1016に至っては、実に2年かかってしまいました。

工作の内容は、両方とも三岐鉄道への譲渡車をベースにしたので全く同じ。
屋上のベンチレータを撤去し、屋根と車体は接着してから妻部分の隙間を埋めています。
テールライトは銀河のN063 テールライト 旧型電機・電車 客車用を使用。
ヘッドライトは同じくN057 2灯式シールドビームで塗装後に接着しています。

神奈電入線後、台車はモハが相鉄から譲り受けたTS-108、クハが国鉄から譲り受けたDT21Tに交換したという想定は、先に完成したもと551系のモハ3017+クハ3018と同じ。
カプラーの柄の長さの関係で、クハはGMのDT21、モハは鉄コレのDT21を使用しています。なおモハ3015には動力を入れました。

そして、冷房は路面電車用のCU-77ですが、友人から譲り受けた在庫が残り4機分の為、数が合いません。
そこで、おゆまる+光硬化パテで複製を行ったのですが、これが例によって例の如く納得する出来ではなく、3015・1016の完成が遅れた原因にもなりました。
以前 中型車に載せたCU-127のときにも感じたのですが、光硬化パテでは複製時に穴が開きやすく、また網目などのような繊細なものは、おゆまるでの型取りは無理がありそうです。
あくまで簡易的な技法ということですね(もちろんCU-77のパーツが販売されれば、一番よいのですが)。
e0030537_02133054.jpg
今回も旧作との並びを。
ボロボロなのは置いておくとして、旧作のGMはやはり「デカい」そして「ゴツい」という感想になってしまうのは致し方がないところでしょう。
窓が大きすぎるなどいろいろ言われた製品ですが、これでも発売当時は非常に嬉しかったのを思い出します。451系の前面には方向幕がモールド、551系の前面も附属していて「各自工夫」で西武の旧型各車が作り分けられたのは、GM製品の王道を行く感がありました。

これで3010形は3編成が揃いました。
451系のモハと601系のクハによるモハ3011+クハ1012、モハ3013+クハ1014も存在する想定ですが、これはそのうちに・・・ということで。

これで、1988年下半期に存在した神奈川電鉄の全旅客形式のうち、愛甲鉄道引き継ぎの川造形を除く各車が勢ぞろいしました。
しかし、川造は本当にどうしましょうかねぇ・・・kitcheNのキットか、はたまたフルスクラッチか・・・。


<おまけ>
愛甲、大山、秦野の3路線をGoogleのマイマップ上に描いてみました。
https://www.google.com/maps/d/viewer?hl=ja&authuser=0&mid=zW3GhwKnq1FE.knL6KL5WU-vE

今般の神奈電改訂版は、従来1:25000の地形図に直接線を引いたものに変えて、各種webサービスを用いて路線を再考しています。すなわち、今昔マップ on the webにある過去の地図や、国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの主に昭和20年代に米軍が撮影した航空写真から開業時の状況を考察。また地理院地図(電子国土Web)で標高や地形を考慮した上で、Mapionキョリ測で路線を確定させました。
そちら(原版)には、勾配や曲線半径等も決めてあるのですが・・著作権等を考慮し、このような形をとった次第です。


[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-30 00:05 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
西表島交通 いすゞKC-LR333J +IBUS
まさか、バスを追い求めて3回も八重山に行くことになるとは思ってもおりませんでした。
今回のメインは石垣島だったのですが、そこまで行ったら竹富町の島の一つくらい行っておかないと・・・ということで、最近情報があまり入ってこない、西表島へ行ってみました。西表島交通には夏だけ運行の臨時便もあることですし・・・。

ということで、離島桟橋から往復約3000円ほどを出費して、大原港へ。
やってきたのは、前から在籍しているもと川崎市のMKが1台と中型貸切車(三菱MK)を転用した1台。
そして、大原の集落を歩いていると、こんなものに出くわしました。
e0030537_01124007.jpg
e0030537_01124703.jpg
・西表島交通 いすゞKC-LR333J +IBUS 2015年9月 西表島・大原(沖縄県八重山郡竹富町)

もと京成電鉄のLR+IBUSのワンステップ車です。1998年式の模様。
これまで元事業者の塗装のままでバスを走らせてきた同社にしては珍しく、オリジナルの塗装となりました。
なにゆえ、おのみちバスのような塗装になったのかはわかりませんが。
ほぼ無改造のようです。

導入時期を類推すると、この1年の間のようです。
とりあえず見たのはこの1台だけで他にも導入例があるのかどうかは不明です。

この車両、サッシの色とバックミラー形状、車椅子マークおよびその位置から類推するに、
京成もしくはその分離子会社から直接来たものではなく、京成系列の北総交通を経由しているものと推定(つまり、京成→ちばシティ→北総→西表島)しますが、真相はいかに?

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-26 00:45 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(4)
二本木のスイッチャー
新潟県の上越地方には、化学工場あるいはセメント工場等が各種存在しています。
鉄道の引込線も多数存在し、私有貨車を使った車扱貨物が遅くまで存在していました。

信越本線の二本木駅はスイッチバック式の駅構内で知られますが、
ここには日本曹達の主力工場である二本木工場が存在します。
2007年に貨物取扱が廃止されましたが、引込線は日本通運のスイッチャーが入替を行っていました。
e0030537_18323540.jpg
撮影していたのは、日立製の4軸35t機。1エンジンタイプです。
専用線ではあちこちで見られたタイプですが、台車の軸距がやたらと短い感じがします。
日通オレンジではなく、青の車体で手すり等が黄色という鮮やかなものになっていました。

尚、苦しいアングルなのは、停車中の普通列車の車内から撮影しているため。
e0030537_18324505.jpg
貨車も1枚。
カセイソーダ用のタキ4200形タキ14261。日本曹達の主力車種のひとつでした。
日本曹達といえば、この雪ウサギの社章が特徴ですが、私有貨車でもひときわ印象的なものだったと思います。
 
・いずれも1999年9月 撮影

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-23 00:20 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
水間鉄道 日デKC-RM211GSN +西工
経営体か変わる前の水間鉄道のバスは、
路線バスに関しては、いすゞと日デの中型が主力車種でした。
うち、日デは富士架装ばかりでしたが、その中に1台だけ西工架装の車両がありました。
e0030537_22445505.jpg
e0030537_22445061.jpg
・水間鉄道 日デKC-RM211GSN +西工 2000年6月 貝塚駅(大阪府貝塚市)

前中4枚折戸のワンステップ車。塗装も、貸切車と同じものとなっています。
それまでの水鉄のバスは前後引戸が標準だったので、仕様が大きく変わったことになりますが、
当時より「サンプルカー」との噂が絶えませんでした。真相は??

水鉄の中型車の多くは、後に九州産交へ移籍しますが、
この車両も同社に移籍しています。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-20 22:56 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
那覇空港の747
那覇空港で747と書けば、連想するのは「ボーイング」となるのが普通かと思いますが、
バスマニアの皆様には、やはりここは「MP」と答えていただきたく・・・

と小噺はこの程度にしまして・・・。
那覇空港に到着した際のバスマニア的な楽しみは、沖留め連絡用のバスではないかと思います。
拙ブログでも、過去にいすゞ車を取り上げたことがありますが、特にANA系のエアー沖縄のクルマは移籍車主体でバラエティに富み、また車両の入れ替わりも割と頻繁です。
今回、見かけた車両から、この2台を。
e0030537_00131127.jpg
e0030537_00130216.jpg
上がスカイマーク、下が全日空(エアー沖縄)と事業者は違いますが、両方とも、もとは神奈川中央交通の三菱KC-MP747Kです。
スカイマークのほうは、屋根が灰色になっているのがわかりますね。側面扉間の窓の形状からして方向幕のままで廃車になった車両であることがわかります。

一方の全日空のほうは、全体が真っ白。こちらは、行き先表示をLEDにしていた車両であることがわかります。
側面のサボ受けが外されるなど、スカイマークの車両より幾分手を入れられているようです。

・いずれも2015年9月 撮影

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-15 00:45 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(4)
近江鉄道 モハ1形・クハ1213形
近江鉄道は、親会社の西武鉄道に倣ったのか、昭和30年代中ごろから自社の彦根工場で車両の「自作」をはじめます。このうち1963年と1966年に完成したのが、モハ1形1~6とクハ1213形1213、1218~1222です。
e0030537_23283921.jpg
・近江鉄道 モハ1 1996年10月 彦根
e0030537_23283895.jpg
・近江鉄道 モハ3 1999年10月 高宮
e0030537_23283086.jpg
・近江鉄道 クハ1221 1993年8月 八日市

 例によって例の如く名義上の車籍は流用されたもので、モハは1928年の全線電化・1500V昇圧時に投入されたデハ1~9(当時の親会社、宇治川電気より旧・神戸姫路電気鉄道1形の車体を譲渡・流用)が出自となります。一方、クハはもと西武のクハ1250形の鋼体化なるも、これとて車籍流用車で、もとは蒸気動車に木造客車となります。なお、クハ1221と1222は珍しくも、綺麗な籍の新造車となっています。

車体は、前年の1962年に作られたモハ133形・クハ1214形とほぼ同一で、最大寸法(長・幅・高)は15890×2740×4220(クハ3917)mm。前面2枚窓で一応湘南形となっていますが、丸みが無く全般的にカクカクした印象となっています・・・1961年に、はじめて彦根工場が手掛けたクハ1212は丸妻だったので、一体ナニがあったのか。
屋根も一般的な電車に比べてやたらと薄い印象。そこにグローブベンチレータがズラっと並んでいるところに、西武系の印象を強くします。

自重は装備品の変化と共に増えて行った模様。
1970年の諸元表によれば、クハは21.3t、モハは28.5t。
このときは、台車はクハがTR-11、モハはKS-33L、ブレーキはAMJ・ACJ(GEの自動ブレーキAVRのこと)、主電動機は70kw×4(型式は記載がなく不明)、制御器はPC101C2を搭載していました。すなわち、鋼体化前の機器を使っていたようです。

一方、1984年の諸元表では、クハが24.5t、モハが34.5t。
モハの台車はDT-12、ブレーキはAMA・ACA、主電動機はMT-15(端子電圧675V・出力100kw)×4、制御器はCS-5と国鉄型に交換されています。1970年代中ごろに旧型国電の解体を請け負っていたことと関連しているのでしょう。
それにしても、これで6tも自重が増えるものなのか・・・ほぼ何もしていないクハが3.2tも増えるのは謎です。

画像はいずれも1990年代にはいってからのもので、モハ1以外、台車が西武から譲り受けたエアサスのFS-40になっています。また、ワンマン運転対応ということで、乗務員扉脇にバックミラーが取り付けられています。
このほか、ブレーキは近江鉄道の特徴であった、自家製?のブレーキハンドルが特徴の全電気指令式(HRD)に改造されています。
e0030537_23284112.jpg
e0030537_23284439.jpg
・近江鉄道 モハ2(上)、クハ1222(下) 2000年8月 武佐

1990年代中ごろまで使用されていましたが、1990年代後半に入り西武から401系を譲り受けると、そちらに車籍を譲る形で廃車になりました。
このうち、最後まで残っていたモハ2+クハ1222は、廃車を前にした2000年に旧塗装のウォームグレーとローズ(つまりは西武の旧塗装と同一)に復刻して運転されました。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-13 00:29 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(2)
富士急行 日デKC-UA460LSN +富士7E
富士急行グループの路線バスで、日デ+富士7Eとなると、新7EやCNG車などのイメージはあっても、
普通の7E架装の大型車となると、影が薄い存在に思います。
e0030537_21462611.jpg
e0030537_21463513.jpg
・富士急行 日デKC-UA460LSN +富士7E 2014年6月 静岡県御殿場市

画像の車両は、御殿場の某商業施設の駐車場送迎で使われるKC-UA+富士7Eのワンステップ車。
富士急行では珍しい移籍車で、もとは京浜急行の車両です。合計3台が在籍しています。
自社発注の新7Eが逆T字窓+前中引戸であるため、違和感のない仕上がりですね。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-09 22:15 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
東野交通の日野車 4題
東野交通のバスから、
現在在籍している日野のクルマを4台ほど。
e0030537_00560728.jpg
・東野交通 日野KK-HR1JEEE +日野車体 2015年8月 宇都宮駅前

先ずはいちばん小さい車両から。
宇都宮周辺には、以前から日野RB、リエッセ、三菱ローザなど小型サイズの車両が投入されてきました。
これは、同じ東武系列の朝日自動車から移籍したクルマ。小型の移籍車リエッセばかりの中で異彩を放っています。
e0030537_00560756.jpg
e0030537_00560760.jpg
・東野交通 日野KC-RJ1JJCK +日野車体 上:2015年8月、下:2014年4月 西那須野駅附近(栃木県那須塩原市)

続いては中型車から。東野には、東武バスから時々移籍車が入るのですが、殆どは大型車と小型車となっています。これは唯一の中型車。RJのワンステップ車です。
前面のヘッドライト間には「ワンステップ」と書かれた行灯を装備していましたが、取り外さずに車体色で塗りつぶされています。黒磯営業所黒羽車庫の所属で、西那須野・大田原方面の路線に投入されています。
e0030537_00560706.jpg
・東野交通 日野KL-HU2PLEA +日野車体 2015年8月 西那須野駅

そのもと東武の大型車。排ガス規制がKL-の車両は現在のところ、いすゞ4台、日野2台が移籍しています。
日野は当然ブルーリボンシティとなります。2012年に移籍したKC-HUとは、あまり仕様が変わっていませんね。
なお、画像の車両は当初、宇都宮ナンバーの地域で配置されましたが、ほどなくして那須ナンバーの黒磯営業所黒羽車庫に異動しました。希望ナンバーで、宇都宮時代の登録番号を維持しています。
e0030537_00560727.jpg
e0030537_00560767.jpg
・東野交通 日野KC-HU2MLCA +日野車体 2015年8月 黒磯駅(栃木県那須塩原市)

最後は東武以外から移籍した車を一つ。
かつて、東野交通には関西系の事業者からの移籍車が数多く在籍していましたが、最近はめっきり減ってしまいました。その現存する個体の一つがこの車両で、もと大阪市交通局のHUです。前後扉というのも、いまや東野では少数派になりました。

この車両も、黒磯営業所黒羽車庫所属で西那須野・大田原方面用になっていますが、なかなか捕まえることができませんでした。画像は、黒磯駅前にある営業所に戻ってきたところを撮影したもの。黒羽車庫の車両であっても、業務の都合からか日中、黒磯に戻ってくるシーンが見られます。

[PR]
by hiro_hrkz | 2015-09-02 01:41 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)