本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>島々な人さん お久..
by hiro_hrkz at 00:57
お久しぶりでございます。..
by 島々な人 at 21:35
>>ノンちゃんさん 京..
by hiro_hrkz at 00:49
画像のバスは最後まで京阪..
by ノンちゃん at 18:50
備北バスの三菱ふそうの小..
by しんご at 18:02
>>トライランダーさん ..
by hiro_hrkz at 14:52
こんにちは。福岡県中間市..
by トライランダー at 05:44
>> SELEGA950..
by hiro_hrkz at 00:43
はじめまして。栃木のSE..
by SELEGA9508 at 02:11
>>おりさん Bトレの..
by hiro_hrkz at 01:18
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
いろいろ
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
神奈電をもう一度 2016年3月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_01581359.jpg
昨年から進めているこの2両ですが、このところ頼まれごとに外出などが重なって、相変らずの牛歩進行です。
テールライトと屋上配管を終えて、今月は完成・・・と行きたかったのですが。
今年上期は例年にない不作になりそうです。
e0030537_01582094.jpg
というのも寂しいので、気が向いたときに2両の切り継ぎを実施。
昭和30年代に自社発注した16m車の3610形の追加分となります。
1両は、鉄コレ14弾の京福、もう1両は同じく大井川+豊鉄というのも前回と全く一緒。ただし、片方には冷房を載せるつもりです。

もう1両、色を落したのは鉄コレ12弾の上田。富士山麓の車体流用車 1510形の追加分です。
比較的手間のかからない改造を・・・ということで選択した次第。通常、客用扉は交換されたということにするのですが、これは木製のままで行こうかと。平たく言えば手抜き、ですが。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-31 00:43 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
じょうてつ いすゞKL-LV280Q1 +IBUS
2000年12月の交通バリアフリー法施行よりも、平成11年排ガス規制(KL-)適合車種の発売が早かったためこの間にわずかながら、KL-のツーステップ乗合車というものが存在しています。
神奈中のKL-MP33のように数が多いのは例外で、他はごく少数にとどまっています。
e0030537_00261454.jpg
・じょうてつ いすゞKL-LV280Q1 +IBUS 2001年6月 札幌市南区

じょうてつに在籍する2000年式のエルガ2台もその一例。
それまで、いすゞ車の採用が途絶えていた同社ですが、札幌市交の路線委譲に伴い車両数が増加した時期に採用となりました。そのためなのか、当時の移譲路線、藻岩線専用の塗装(もとは日デKC-UAノンステのカタログ車用の塗装)ですが、側面は、いすゞの広告入りとなっています。

同社は、それまで長尺の前後扉車を入れていたので、この車両も軸距5.8mとなっています。
ただし、前中扉となったのは、その仕様を使っていた札幌市交の移譲路線ゆえでしょうか?
KL-のエルガのツーステ車でありながら、屋上に冷房(デンソー製)のコンデンサを搭載しているのは、少々珍しい点かもしれません。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-28 00:46 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
奥多摩のスイッチャー
e0030537_00462206.jpg
東京都三多摩の立川から多摩川沿いに走る青梅線。いまは、ほぼ通勤電車しか見かけませんが、この路線の存在理由たらしめていたのが沿線で採掘される石灰石の輸送でした。その採掘地点は多摩川を溯り、最終的には日原で採掘したものを氷川(奥多摩)から搬出するようになります。

さて、青梅線は浅野財閥に関係する私鉄を第二次大戦中に強制買収したものですが、このうち御嶽から先は建設中の奥多摩電気鉄道を買収したもので、完成した時から国有の青梅線でした。一方、鉄道を買収された浅野系の各私鉄は、その後も法人としては長く存続します。奥多摩電鉄は1944年に奥多摩工業に社名を変更し、その後日原での石灰石採掘や氷川での加工を行うことになります。

さて、氷川(奥多摩駅)では工場までの専用線がありました。というよりも、工場があるのは奥多摩駅の目と鼻の先で、駅構内そのものが工場の一部という雰囲気でもありました。
e0030537_00463455.jpg
e0030537_00461433.jpg
奥多摩工業は何台かのスイッチャーを保有していました。
私が撮影していたのは、日立製の35t?機で、2エンジン搭載のタイプ。車番は206とあります。
ここの車両が特徴はその高さで、キャブの天地方向が切り詰められていて屋根が平たいこと、および庇が深いことにあります。
1両単独で撮影したものでは気が付きにくいですが、貨車と連結すると一目瞭然ですね。
e0030537_00462718.jpg
その理由は、工場の石灰石積み出し口の高さが低いことにありました。
積載状態のホキ2500と高さがあまり変わらないのも、そのためです。

青梅線の石灰石列車は1998年8月に廃止。
奥多摩工業は現在も操業を続けている一方、奥多摩駅構内の線路は多くが剥がされ駐車場になっています。

・いずれも1997年6月 撮影

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-24 01:34 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
直方交通 いすゞK-CDM410 +西工
日本のバスに中型の乗合車というものがメジャーになるのは、1970年代のこと。
コーチビルダーも対応してゆきますが、西工はやや遅めで1980年代になって中型車への架装が開始されます。
最初は、いすゞのK-CCM/CDM系への架装でした。この型式は、川重車体の架装が殆どで、若干、北村車体の架装例がある程度でした。そこに西工が加わったということになります。
なお、富士重工がいすゞの中型に架装するのはP-LR以降のこと。
e0030537_01060318.jpg
・直方交通 いすゞK-CDM410 +西工 1997年3月 直方バスセンター(福岡県直方市)

西工製とはいうものの、川重車体のライセンス生産だったため、外見は同社のそれそのもので、ぱっと見ただけでは区別がつきません。
 とはいえ、細かく仕様を見てゆけば、川重で前中折戸を採用すると前中扉間の窓の大きさ・窓柱の太さがバラバラ(例2)になるのに対して、こちらは等幅の3枚の窓。そしてヂーゼルの分散クーラーが搭載される例が多かった(例3)のに対し、こちらはデンソーのユニットが、リア側にデンと載っている点などで、印象はそれなりに異なっていたと思います。
中扉上の方向幕の形状は、いかにも西鉄と言う感じです。

この型式、当然西鉄での導入が殆どだったようです(筆者は他の例を知りません)。
その後、西鉄が地域分社を進めた際に、そちらの所属になったものが多数発生しました。
画像もそんな分離子会社の一つ、直方交通(現在の西鉄バス筑豊の一部)でオリジナルカラーとなったものです。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-19 01:43 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
宮城交通の三菱ふそう+呉羽 2題
いまでこそ移籍車を入れる事業者というのは珍しくもなんともないですが、
かつて規模が大きく、かつ様々な車両が存在することで知られたのが宮城交通でした。
同社の移籍車両というのは、時々変わった車種が紛れ込んでおりこれが注目されますが、基本的には主力となり大規模勢力となる車種があります。
e0030537_00485555.jpg
・宮城交通 三菱ふそうK-MP118N +呉羽 1995年8月 青葉通(仙台市)

その主力勢力の座にあったのが、もと神奈川中央交通のブルドックでした。
移籍車といえば神奈中・・というほどに市場で勢力が強かった頃ですね。同社が、車齢8年程度で廃車にしていた時代です。
排ガス規制はK-とP-、長さもMとNの両方があったようですが、撮影していたのはこれだけ。
この頃は、(全国的に)移籍車はあまり長く居座らず、比較的短いサイクルで置き換わっていたように思います。

e0030537_00485039.jpg
・宮城登米バス 三菱ふそうP-MK116J +呉羽 2002年2月 佐沼(宮城県登米郡迫町)

神奈中からは他の車種も移籍がありました(中には埼玉県の高校を経てやってきた多重移籍車も)。いずれもそんなに数は無かったようです。これは分離子会社側に入った、トップドアのMK116。津久井あたりで使用していたものです。
宮交の分社には、この型式は他にもありましたが、大概は貸切系のボディーで、乗合のボディーなのは少数派だったように記憶しています。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-14 01:32 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
富山地方鉄道 10030形 
もと京阪3000系テレビカーの富山地方鉄道10030形。
同社の主力車種の一つですが、既に入線から25年が経過しているのですね。
時の流れは早いものです。

さて、10030は、近年、1編成が京阪時代の塗装に戻していますが、
そもそも1990年に入線した若番2編成は、京阪時代の塗装のままで長く使われていました。
e0030537_00185450.jpg
・富山地方鉄道 モハ10032+モハ10031 1994年9月 宇奈月温泉
e0030537_00181879.jpg
・富山地方鉄道 モハ10034+モハ10033 1994年9月 稲荷町
e0030537_00182197.jpg
・富山地方鉄道 モハ10034+モハ10033 1999年6月 寺田

正直なところ、当時の地鉄の標準色である「雷鳥色」になるとばかり思っていたので、この姿での登場は少々ガッカリしたのを思い出します。とはいえ、幌も鳩マークもなくなると、前面の印象は随分とあっさりしたものになりますね。
前面の助手側上部に付けられたハコ(アンテナ)は地鉄での後付ですから、京阪と同じ色を新たに塗ったということになります。
e0030537_00184516.jpg
・富山地方鉄道 モハ10035+モハ10036 1993年3月 宇奈月温泉附近

そして、3番目に登場した10035+10036は、富山地鉄新塗装の黄色と緑となりましたが、前面にのみ赤帯が入るものとなっていました。直ぐに、現在と同じ塗装となり、この姿は短命に終わりました。

さて京阪と地鉄は軌間が異なるため、台車・主電動機は、営団地下鉄3000系のそれを使っています。
もともとは、京阪3000は車体直結式の台車を履いていたわけですが、一方で1990年当時に廃車になっていた狭軌の電動車でこの構造のものは営団3000系初期車の住友FS-336くらいしか無かったため・・といわれてます(当時の記事で読んだ記憶)。しかし、乗り心地に難があったため、同じ営団3000でも後期車が履いていた上下揺れ枕式のFS-510になりました。
上の画像は既に全てFS-510ですから、余程難があったのでしょうか。台車の取り付け部分は、かなり改造したのでしょうね。

その後は、全8編成のうち6編成が国鉄DT32台車とMT54主電動機(出力120kw=160PS)の組み合わせに変更されており、形式の上3桁が主電動機出力(PS)を表す地鉄では珍しく合致していない状況になっています。
e0030537_00183385.jpg
・1993年3月 南富山

画像は1993年当時、南富山駅構内に置かれていた未改造の3010と3509。のちに、最終編成のモハ10045+モハ10046になります。台車は仮に履いているだけで、車体が随分と高く持ち上げられています。
この台車が国鉄DT32かTR69ですが、時期的にみて、他の車両に使われたものでしょう。
e0030537_00185754.jpg
・富山地方鉄道 モハ10034+サハ31+モハ10033 2015年4月  大庄~月岡

最後に、ダブルデッカーのサハ31を挟んで京阪時代の塗装となった10033+10034の画像を。
詳しい説明は不要ですね。
かつて「狭軌線でのダブルデッカーは重心の関係で無理」といわれていたことは、1989年にJR東日本が2階建てサロを登場させて覆されるわけですが、それでも標準軌線の2階建て車が台車を履き替えて狭軌線を走っても問題がないのだなあ・・と改めて関心してしまうものです。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-11 01:29 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
立川バスの富士7E 前後扉
小田急関連の事業者が続きますが・・・
本日は、立川バスの富士7E架装車をば。

立川バスの富士7Eというと、現在在籍している前中引戸で車台はいすゞというものを思い出される方が多いと思います。しかし、エアロスターのときにも書きましたが、以前は前後扉を採用しており、また日デも導入されていました。
e0030537_22060032.jpg
・立川バス 日デP-U33L +富士7E 1997年11月 立川駅北口(東京都立川市)
e0030537_22060885.jpg
・立川バス 日デU-UA440LSN +富士7E 1998年11月 立川駅北口(東京都立川市)

その日デは、P-U33Lが1988~1989年式の3台(H565~567)と、U-UA440LSNが1991年式の2台(H568~569)が在籍していました。両者はマーカーランプの有無に差がありますが、P-U33Lでもついてあるものがあり、経緯は不明。いずれにせよ同社では珍しい仕様でした。

この頃、日デ車は拝島営業所に配置されていましたが、この7Eも全て拝島の配置。
このU-UAを持って、日デの採用は途絶えることになります。
e0030537_22061461.jpg
・立川バス いすゞP-LV314L +富士7E 1998年11月 立川駅北口(東京都立川市)

一方、いすゞはP-LV314Lのみですが、総数は1988年式9台と1989年式4台(K663~J676)の13台で、こちらのほうが数多く在籍していました。仕様は日デとほぼ同じですね。
ハイバックシート装備の車両などもあったようですが、結局撮影していたのはこれだけでした。

いずれも、ペデストリアンデッキができる前の立川駅での撮影です。



[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-08 00:51 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
東海自動車「スーパーロマンス号」
ロマンスカーといえば、今では小田急の代名詞となりましたが、
それに連携する形で「ロマンス」を名乗ったバスが本日のお題。

 国鉄の分割民営化から数年間は、目新しいことが次々におきましたが、その中でもインパクトが強かったことの一つが、JR東海と小田急が新宿~沼津に直通特急「あさぎり」を走らせたことでした。1991年春のことです。
 それまで小田急が単独で走らせていた同名列車を延長・発展させたものではあるものの、 JR東日本を使わないでJR東海の在来線列車が東京へ直通する意外性・・・そして大手私鉄の線路の上を国鉄を継承した会社の特急電車が走るというのは、新しい時代を感じさせるのに充分でした・・・というのは、大概の方はご存じの話ですね。

 さて、この「あさぎり」沼津直通の効果をさらに広めようとと、小田急系列の東海バスに登場したのが、表題の特急バスでした。沼津で連絡して、伊豆半島西海岸を修善寺・土肥・堂ヶ島・松崎と結ぶ路線で、車両も専用の日野セレガが3台用意されました。
e0030537_01340713.jpg
・西伊豆東海バス 日野U-RU3FTAB +日野車体 2002年1月 静岡県賀茂郡松崎町
e0030537_01340129.jpg
・東海自動車 日野U-RU3FTAB +日野車体 1998年12月 修善寺駅(静岡県田方郡修善寺町)

この車両、電車と同じ塗装としたのですが、小田急(20000系)とJR東海(371系)は全く別の色。
それを両立させるために、車両ごとに別の色を塗るのではなく、前面と左側面が小田急、後面と右側面がJR東海という、凝っているんだか考えすぎたんだかわからんことになっていました。とにかく意気込みは伝わってきますね。

しかし、実際には利用率はそう高くはなかったようです(・・・松崎まで行くなら、その頃は、ライバル・伊豆箱根鉄道の船「こばるとあろー」がありましたし、そもそも沼津経由で新宿は所要時間が・・・)。
列車も2012年3月の改正で、もとの御殿場止まり・小田急片乗り入れに戻ってしまったことは御周知のとおりです。
このバス路線自体は西伊豆特急バスの名で走っていますが、これは三島発着が殆どとなっています。

[PR]
by hiro_hrkz | 2016-03-03 02:17 | バス(日野車体) | Trackback | Comments(0)