人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
大利根交通自動車のキュービック
e0030537_02390280.jpg
 東京駅からJR常磐線に乗り利根川を越えると茨城県の取手。その東口を起点にしたバス路線を運行するのが大利根交通自動車です。取手駅~北方車庫の他には幾つかの路線があるだけの小規模な事業者ですが、それだけに効率が良いのか車両は自社発注で固められ車齢も若めです。
 大利根交通は原則いすゞの大型車を導入しています。昭和58年排ガス規制(P-)~平成元年排ガス規制(U-)初頭まではボディーに富士重工を選択していましたが、それ以外は川重~IBUS系を選択しています。今回はキュービックボディーを架装した車両を取り上げたいと思います。
e0030537_02390244.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 2009年7月 茨城県龍ケ崎市
e0030537_02482192.jpg
e0030537_02390279.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 2001年5月 取手駅(茨城県取手市)

まずは平成元年排ガス規制の各車から。
 大利根交通は軸距4.67m級の短尺車を採用していました。2段窓・前中引戸が基本仕様なのですが、このU-のキュービックでは2両だけ中扉をワイドドアにしていたのが特徴です。しかもこの2両、側面の方向幕の位置が異なっています。富士重工架装の頃から前中扉間の中央の窓に方向幕を設置していたのですが、ワイドドアにしたため試行錯誤したのでしょうか。大利根交通は前乗り中降り運賃自己申告制なので、前扉に近いところに方向幕があったほうがよさそうに思えるのですが。車内は、U-LV+富士7Eまでは運転席直後・前中扉間を除いて三方シートを採用していたのが特徴でしたが、これらの車両以降は三方シートが中扉以降のみに縮小されています。
e0030537_02390183.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 1999年1月 茨城県龍ケ崎市
e0030537_02390219.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年8月 取手駅(茨城県取手市)
e0030537_02390281.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年9月 茨城県龍ケ崎市

続いて平成6年排ガス規制(KC-)の各車。
U-LVの中引戸の車両の仕様を基本的に受け継いでいます。換気扇を採用せず、屋上には手動のベンチレータを4つ取り付けただけなのも相変わらず。リアの方向幕が千葉県の事業者でよくみられる大型タイプであることも大利根交通の特徴でした。
e0030537_02390145.jpg
・大利根交通自動車 いすゞU-LV324K +IK 1994年3月 取手駅(茨城県取手市)

そして何より大利根交通の車両で印象的だったのは、前面に掲げられた「ワンマンバス 前のり 後おり」のプレートで、これが電照式であることでした。しかし、2009年頃に撤去されてしまい、ごく平凡なスタイルとなってしまいました。
e0030537_02390282.jpg
・大利根交通自動車 いすゞKC-LV380L +IBUS 2009年9月 茨城県龍ケ崎市
# by hiro_hrkz | 2019-06-23 01:36 | バス(川重/IK/IBUS) | Trackback | Comments(0)
岩手開発鉄道 DD56
e0030537_02384933.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛~長安寺

私の令和初の鉄道撮影は、岩手開発鉄道でした。
 岩手県大船渡市の赤崎~盛~岩手石橋に路線を持つ同社は、現在では太平洋セメント向けの石灰輸送専業ですが、1992年3月限末日までは旅客営業を行っていました。しかし、岩手開発は立地からしてアプローチが大変で、かつ他のローカル私鉄との掛け持ちが難しい(国鉄転換の3セクには当時、興味が無かった)ため、その頃に行くことはできませんでした。
その後、盛は大船渡線と三陸鉄道の乗換で通過しているものの、岩手開発の車両を見ることすらできず、今回ようやく最後の穴が埋まった感じです。
e0030537_02384950.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛~長安寺
e0030537_02384922.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651 2019年5月 盛
e0030537_02384948.jpg
・岩手開発鉄道 DD5652 2019年5月 盛

岩手開発鉄道の機関車は日本の非電化産業鉄道のご多聞にもれず、国鉄DD13の系譜に属するDD56が4両が在籍しています。形式の「56」は運転整備重量(自重+燃料等)に由来しています。
このうちDD5651は1968年10月、DD5652は1969年12月、DD5653が1973年12月製で同型です。もともとは運転整備重量が53tなのでDD53でしたが、1977年にセミセンターキャブのDD5601が入線すると、これに合わせて1979年に出力増強等が行われて現在の形式・番号となりました。
 メーカーはいずれも新潟鉄工所、機関はDMF31SB1で600PS(441kw)。
DD13に比べると、キャブの側面に出入り扉があり屋根が前後に伸びて庇となっている点、ラジエターなどの開口部の大きさと位置、ヘッドライト形状などが異なり、印象が異なるものになっています。ボンネットの丸みが少ないためか、エッジが立っているように見えますね。
e0030537_02384988.jpg
・岩手開発鉄道 DD5651ほか 2019年5月 盛

夜行バスで盛についてから3時間あまり滞在(・・・ほかにもバスの撮影もあったのですが)しましたが、40分程度の間隔で列車がやってくるのにはびっくりしました。これでも、最盛期に比べればだいぶ本数は減りました。片道の所要時間が約30分なので2両の機関車で賄えるようです。

・参考文献
今津 直久「岩手開発鉄道」 鉄道ピクトリアル477号(1987年3月増)

# by hiro_hrkz | 2019-06-15 22:46 | 鉄道(非電化) | Trackback | Comments(0)
東海自動車 日野P-CG277AA +東特 「リンガーベル」
 全国各地のバス事業者では観光路線などに特別仕様の車両を投入することがあります。現在は市販車の車体を生かした二次架装となるケースが多いように思いますが、かつては車体がまるごとオリジナルという事例が幾つも存在しました。その先駆けとなったのが、東海自動車が1989年に導入した「リンガーベル」でした。
e0030537_21543163.jpg
e0030537_21484346.jpg
・東海自動車 日野P-CG277AA +東特 1998年3月 伊東駅(静岡県伊東市)

伊東駅、富戸港とぐらんぱる公園、シャボテン公園を結ぶ路線に投入されたこの車両は、不動産業者の伊豆センチュリーパークとの共同開発で誕生したもの。シャーシは主に馬匹車などの特装車で使われていた日野CGが選択されました。フレーム付きシャーシ・センタアンダエンジンであるため車体設計の自由度が高いことがその理由でしょう。その車体は特装車などを手掛けてきた東京特殊車体(東特)が担当。旧い時代の路面電車を意識したものとなり、リアには展望デッキが設けられています。
 車体の塗装は2両で異なり、茶色と緑色になりました。
e0030537_21484004.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 1999年12月 伊東駅(静岡県伊東市)
e0030537_21483704.jpg
・伊豆東海バス 日野P-CG277AA +東特 2002年8月 静岡県熱海市

導入後は各メディアの注目も高く、好評をもって迎えられます。翌1990年には2両を増車しました。
リアのデッキが密閉式になり、前扉の窓は通しガラス、行き先表示は板から電照式の幕になるなどの変更が行われています。塗装は青と赤になりました。
なお、赤色は一時期熱海に転属し熱海駅~後楽園等で使用されました。

このタイプの車体はその後、京都市交や高槻市交で採用されています。
一方、東海自動車は下田にトロピカーナを投入しますが、こちらはレトロ調を脱し南国ムードの車両になりました。

リンガーベルは2010年頃までに順位廃車になったようです。
このうち1990年製の1台が企業のキャンペーン用に転用が続けれ、現在は2020年の東京オリンピックのキャラバンバスとして使用されています。

・参考文献
『バスジャパン・ハンドブック16 東海自動車』 BJエディターズ 1993年
 
# by hiro_hrkz | 2019-06-08 22:38 | バス(北村、西工、東特) | Trackback | Comments(0)
福井鉄道 モハ300形
e0030537_22475634.jpg
・福井鉄道 モハ302-2 2005年8月 三十八社

1950~60年代に、車両を自社の工場で製造していたことで知られる静岡鉄道。
静清線(長沼工場)の場合は木造車の鋼体化にはじまり、幾つかの形式を作りましたが、その集大成ともいえるのが300形でした。

 300形は1966年にクモハ301+クハ301、クモハ302+クハ302、1967年にクモハ303+クハ303の合計3編成6両が製造されました。前作の100形と同じく17m級3扉車で窓配置も同じですが、裾の絞りはなくなり客用窓もユニット窓となっています。なにより大きく変わったのが機器構成で、旧い台車や主電動機を再利用したそれまでの車両と異なり新品が用意されました。主電動機は国鉄101系のMT46と同系の東洋電機TDK-806/6-F(端子電圧300V・出力100kwの)で駆動方式は中空軸平行ドライブ、台車はペデスタル式の車軸支持に枕ばねがコイルバネ・上下揺れ枕式でボルスタアンカー付きのFS363(クハはFS363T)、制御器は電動カム軸式の東洋ES577Aとなりました。ブレーキは在来の車両と変わらず直通制動(SME)です。なお、TDK-806シリーズはこの後に作られる東急車輛製のオールステンレスカー1000形でも引き続き採用されています。
 100形は登場後も小変更が相次ぎましたが、300形も前面の非貫通化、テールライトを丸灯から角灯に変更、ワンマン化改造等を受けています。塗装もアイボリーと赤茶色のツートンから銀に青帯に変更されています。
e0030537_22474554.jpg
・福井鉄道 モハ301-1 1997年9月 市役所前
e0030537_22474960.jpg
・福井鉄道 モハ303-2 1997年9月 西武生

1000形が出そろったこともあり1985~86年に廃車。順次、福井鉄道に譲渡され、1986~87年に形式もそのままのモハ300形として竣工しました。福鉄では主に急行用として使用するため、幾つかの改造を受けています。

 下回りは発進時のショックを和らげる名目で、クモハの連結面側の台車とクハの運転台側の台車の交換を実施。これにより2両とも電動車となったため、車番はモハ+クハからモハ301-1+モハ301-2~モハ303-1+303-2と、ハイフン付きとなりました。また福鉄には路面区間があるため前面には排障器を設置、旅客乗降用のホールディングステップを中央の扉にのみ取り付けています。パンタグラフもトロリーコンダクターを動作させる関係上、連結面側から運転台側に移設。窓には保護棒が追加されました。
e0030537_22475397.jpg
・1994年9月
e0030537_22481483.jpg
e0030537_22481109.jpg
・福井鉄道 モハ302-1車内 2005年8月

 なにより大きな変化となったのは接客設備で、車内はロングシートから扉間に片側2組づつのボックスシート(国鉄の廃車発生品を使用)に変更。これは後に自社発注の80形にも波及しています。そして福井鉄道初の冷房化改造で、1両に能力8000kcal/hの東芝RPU-2204を3基搭載し、電源はもとクハ300のモハ30*-2にSIVを新設しました。1両あたり24000kcal/hと少々低めですが、3つの扉が全開になることは少ないので問題なかったのでしょう。他に冷房効果を向上させるためにローリーファンも新設しています。
e0030537_22473979.jpg
・福井鉄道 モハ301-1 1998年10月 浅水~ハーモニーホール
e0030537_00504110.jpg
福井鉄道 モハ302-1 1999年11月 家久~上鯖江
e0030537_22474206.jpg
・福井鉄道 モハ303-1 1998年10月 浅水~ハーモニーホール

 入線当初は静鉄時代をベースにした銀に青帯でしたが、降雪時の視認性の問題などから1988年にモハ301がクリームに青帯の福鉄新塗装に変更されます。しかし翌年、モハ303が白・緑・赤の新塗装となり残り2編成も順次これに統一されました。扉間に描かれているのは、県と沿線3市の花(福井県:水仙、福井市:あじさい、鯖江市:つつじ、武生市→越前市:菊)ですが、その順番は編成でまちまちでした。
 そのほか、少なくとも1993年までには運転席直後の扉後にもホールディングステップを増設(ワンマン運転で中扉乗降はさすがに使いづらかったと思われる)、車内には1988年に清涼飲料水の自動販売機が設置されましたが、晩年には撤去されています。2000年代に入ると、モハ301、303は全面広告車になっています。
e0030537_23570680.jpg
・福井鉄道 モハ303-2 2005年8月 田原町

静鉄100→熊本500の時にも書きましたが、静鉄の自社発注車は見てくれはいいのだが安普請な感が否めず、この車両も頑張ってはいるもののその印象は変わりませんでした。今思うと、華奢な長沼製の車体に冷房器、それも路面電車用ではなく鉄道線用を載せて大丈夫だったのかと心配するところです。
名鉄岐阜600V線の車両導入に伴い2006年に廃車になりました。

・参考文献
畑下 学「私鉄フォーラム第35回 福井鉄道」鉄道ダイヤ情報62号(1989年6月)
岸 由一郎「私鉄車両めぐり155 福井鉄道」鉄道ピクトリアル626号(1996年9月)
# by hiro_hrkz | 2019-06-03 00:29 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
琉球バス交通 三菱ふそう U-MP618N +MBM
沖縄本島のバスは、730の際に事業者別に採用するメーカが固定化され、その後、一部例外はあったものの崩れることはありませんでした。しかし、銀バスと琉球バスが倒産し第一交通グループの新会社で再生されると、両者においては従来の法則は崩壊します。今日取り上げる車両も、事業者が変わったことを実感させる車両でした。
e0030537_13174032.jpg
・琉球バス交通 三菱ふそう U-MP618N +MBM 2012年4月 胡屋(沖縄県沖縄市)
e0030537_13174050.jpg
e0030537_13174077.jpg
・琉球バス交通 三菱ふそう U-MP618N +MBM 2014年11月 那覇バスターミナル

 もと京浜急行のエアロスターです。琉球バスは日デに一部日野が加わる構成でしたが、琉球バス交通になってからはふそうも入るようになりました。2006年頃?から琉球・那覇の両者は京浜急行から多数の車両を導入していますが、これらも各メーカー分け隔てなく入っています。
 分け隔てがなかったのは車両の仕様の面でも同様で、ワンステップ車もあれば両開き扉車も。その中で、このもとリムジン兼用のMP618Nは車内に2列のハイバックシートが並ぶ仕様で、郊外線用の自社発注車に近いことから沖縄本島に向いていたと思います。
 京浜急行には同型は6両在籍していましたが、琉球には1994年式の3両が移籍。沖縄200か550~552となりました。中扉は当然のごとく締切。いずれも90番知花線(那覇~おもろまち~我如古~普天間~コザ~知花~具志川)で使用されていました。画像の2両が、いずれも大学の広告車だったのは単なる偶然だとは思いますが、長い車体は広告しやすかったのかもしれません。

# by hiro_hrkz | 2019-05-28 00:00 | バス(三菱/呉羽) | Trackback | Comments(0)
坂東大橋旧橋梁と上毛電気鉄道未成線
坂東太郎こと関東の大河、利根川に架かる橋の中で、その坂東の名を冠するのが埼玉県本庄市と群馬県伊勢崎市の間に架かる坂東大橋です。現在の橋は2004年に開通した新橋で、それまでは1929年2月着工・1931年6月開通の旧橋梁が架かっていました。
e0030537_23484384.jpg
 これがその旧橋梁で、中央部に6連のワーレントラス、伊勢崎側に6連、本庄側に15連のプレートガーダーを配する全長約917mの堂々としたものでした。
さて、旧橋は鉄道と関わりがあることをご存知の方も多いかと思います。現在、中央前橋と西桐生の間を運行している上毛電気鉄道には多数の計画線がありましたが、そのうち唯一免許取得・着工したのが大胡から伊勢崎を経て本庄へ至る路線でした。利根川の橋梁は、群馬県・埼玉県が計画していた道路橋と共用することになり、坂東大橋は完成します。しかし、他の区間では一部路線用地を確保した程度にとどまり、結局1934年11月に免許が失効しています。
・・・ということは、保育社のカラーブックス「日本の私鉄 北関東 東北 北海道」で知ったのだと思います。その後、1963年の鉄道ピクトリアル「私鉄車両めぐり第4分冊」に当時の写真があるのを発見※しましたが、それ以外の情報は皆無。ということで、現地に見に行ったのが1998年のゴールデンウィークのことでした。
e0030537_23484392.jpg
これが本庄側の橋詰。とくに変哲もない普通の橋にしか見えません。しかし、橋の全景を見ようと側面に回ると他では見られない特徴が目に入りました。
e0030537_23484338.jpg
e0030537_23484364.jpg
それは、この奇妙な形をしたプレートガーダー部分の橋脚。本来は、画面右側(下流側)の太い橋脚の部分が上毛電鉄のスペースでした。つまり、道路併用橋といっても名鉄の犬山橋のような併用軌道ではなく、長野電鉄の村山橋や、やはり未成線に終わった養老電鉄の長良大橋・揖斐大橋と同様に橋の片側に専用軌道がある構造でした。
 当初は鉄道用の橋桁がかかっていたが、戦前に売却されたという話があります。その後は何もかかっていない状態でしたが、1965年に道路の拡幅が行われ下流側にも橋桁が乗りました。上流側の橋桁はリベットの多さなどからわかるように、開通時のものです。
 一方、トラス部のほうも下から見上げると鉄道の痕跡がありました。
e0030537_23484316.jpg
橋脚の写真と上流・下流が逆転していてややこしいですが、画面左側(下流側)の縦方向の骨が太くなっていることがわかります。おそらくは、1067mm軌間に合わせた位置になっているとおもいます。参考までに、長野電鉄村山橋のトラス部下面の画像をあげます。
e0030537_23490287.jpg
長野電鉄村山橋 ・2005年8月 撮影

e0030537_23484324.jpg
このトラス部は銘板も撮影していました。
1930年、横河橋梁製作所製でした。

新橋の開通に伴い旧橋梁は壊され、トラス部の一部が伊勢崎側にモニュメントとして残されているに過ぎません。その近くには1931年の開通に際して建てられた碑がありますが、その中にも上毛電気鉄道の名を確認することができます。
e0030537_23484250.jpg

・・・この内容をまとめたところ、ネコパブリッシング発行のRailMagazine 1998年11月増刊号「トワイライトゾーンマニュアル 7」において、「東西の「新線跡」を歩く」というタイトルで採用されたのも思い出です。

・いずれも1998年5月 撮影。

・参考サイト
大島登志彦・石関正典 「上毛電気鉄道の設立と創業期の鉄道計画に関する研究」高崎経済大学論集 2007年
土木学会付属図書館に記載の情報 http://library.jsce.or.jp/jscelib/h_bridge/22423.htm

・参考文献
園田 正雄「上毛電気鉄道」 鉄道ピクトリアル 145号(1963年5月増)
※ただし、本記事を再集録した『アーカイブセレクション33 私鉄車両めぐり 関東(II)』 2016年 には掲載されていない。
# by hiro_hrkz | 2019-05-25 00:55 | 鉄道施設 | Trackback | Comments(0)
四国旅客鉄道 いすゞK-CJM470 +富士3E
国鉄バスは全国的に富士重工架装の一般路線車が配置されていたため、分割民営化後も各社で見ることができました。ただし会社間には当然格差があり、JR四国は民営化後には導入例がなく、国鉄時代も3Eが最後であったため影が薄い存在でした。
e0030537_22493863.jpg
・四国旅客鉄道 いすゞK-CJM470 +富士3E 1996年10月 高知駅

画像は高知に配置されていた、いすゞC系の短尺車。
前中折戸の典型的な国鉄バスで、サブエンジン式のエアコンを搭載しているところが地域性を表しているといえましょう。
現在は土佐山田駅発着でアンパンマン一色の大栃線ですが、この頃は未だ御免を経由して高知駅まで乗り入れていました。この頃は駅の西側に仮設のバスターミナルがあり、各社のバスが発着していました。
# by hiro_hrkz | 2019-05-18 23:07 | バス(富士重工) | Trackback | Comments(0)
水間鉄道 モハ501形
 水間鉄道は1990年8月に架線電圧を直流1500Vに昇圧をして以来、もと東急7000系が走っています。
その直前、600Vの頃に在籍していたのがもと南海1201・1901形のモハ501形(およびクハ551形、サハ581形)でした。かつて、水鉄では雑多な中小形車を使用していましたが、南海電鉄の架線電圧昇圧に伴い大量に廃車となった当形式を1971~1973年に12両譲り受け、車種統一を果たしました。関西でいちばんのミニ電鉄だからできた技でもあるのですが、当時のローカル私鉄では画期的なことでありました。

 最も、南海1201形は製造時期によって外観の差があり、また改造で両運転台車と片運転台車が混在していたので、それなりのバラエティが存在していました。
水間に入線したのは以下のようになります
(★は両運転台車、●は貝塚側片運転台、◎は水間側片運転台)
・1次車が3両(南海モハ139~141→モハ1206~1208→水鉄モハ501★、502★、506◎) 
  全長が220mm短い18080mmで、前面の雨どいが弧を描く
・2次車が3両(南海モハ1212、1214、1215→水鉄モハ504◎、508◎、509●)
  全長が18300mmになり、前面の雨樋が直前、また前面裾にスカートがある。
・4次車が2両(南海クハ1905、1908→サハ1905、1908→水間サハ581、582)
  窓の位置が2次車より1段下げられた3次車を踏襲したが、車内が準戦時設計で簡素化された。
  1905は戦災復旧車ながら、車体が原形になった例外的な個体。
・5次車が3両(南海クハ1912、1913、1914→モハ1239、1240、1237→水鉄モハ503★、510◎、505●)
  戦時設計で、車内の通風対策として1段下降窓を採用した。
・戦災復旧の車体新造車が1両(南海モハ1211→水間モハ507●)
  5次車に準じた車体を持つ

ただし、片運転台でもモハ504、505、506、509には、撤去した運転台の乗務員扉が残っており、一見両運転台に見えるものとなっていました(サハもクハ時代の乗務員扉が残存)。
 また、1984年にはモハ502、504、510の3両を電装解除してクハ551~553にしました。これは蛍光灯を交流化するにあたり、制御器・抵抗器を取り外したスペースにMGを取り付けたため。最も、パンタグラフは残されたため電動車時代とそれほど外観は変わっていません。モハ502→クハ551はこの時に貝塚側の運転台が撤去されています。
このようにして、最終的にはサハ2両が同型であるほかは、全てバラバラの内容となっていました。

なお、主電動機は三菱MB-146SFR(端子電圧750V・定格出力93.3kW)に、主制御器も電空カム軸式のGE製PC-14AもしくはPC-14Nに統一されていました。
e0030537_02314536.jpg
・水間鉄道 モハ501 1989年7月 水間

 さて南海1201形は、南海の昇圧後も貴志川線に10両が残存していましたが、私が乗車した平成元年の時点では随分と異なる印象を持ちました。蛍光灯の変更や前照灯のシールドビーム化は南海でも行われていましたが、車内はニス塗りのままでした。一方で水間の車両は車内はデコラ張りとなり、窓枠はアルミサッシ化。なによりクリーム色に赤と水色の明るい塗装となっており、こちらのほうが随分と「いま風」に感じたものです。この車内のデコラですが、ニス塗時代の形状を踏襲しており、扉の両脇が出っ張っていたのが印象的でした。
 この画像はその際に撮影したものですが、留置車両を撮影しようにも本線のポール等が邪魔でこんな写真しか撮ることができませんでした。おそらくは、当時見た本で、貝塚駅まで行けば車両の撮影ができると思っていたのでしょう。しかし、貝塚は橋上駅舎化の真っ最中で撮影できず・・・行きは阪和線の和泉橋本駅から石才駅まで歩いたことが仇となったわけですが、今思うと何とも残念な話ではあります。
e0030537_02320268.jpg
e0030537_02315969.jpg
・水間鉄道 クハ553(保存) 2001年8月 水間

 最も、うれしいことに今でも1両が水間観音駅に保存されています。
一段下降窓を持つモハ510→クハ553で、このときは廃車時の塗装でしたが、現在はその前の赤とクリームに塗られています。

・参考文献
吉川寛・藤井信夫「私鉄車両めぐり73 南海電気鉄道 鉄道線電車[3]」 鉄道ピクトリアル201号(1967年9月)
三木理史「関西地方のローカル私鉄 現況4 水間鉄道」 鉄道ピクトリアル445号(1985年3月増)

# by hiro_hrkz | 2019-05-12 01:16 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)