人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
山梨交通のLR
山梨交通は旧・国際興業系の中では親会社から移籍車を導入するのは遅く、1990年代の終盤に入ってからでした。したがって、親会社に倣いメーカーはいすゞばかりでしたが、平成6年規制車までは自社発注車が多数入っています。今回は、その中から中型車のP-LR・U-LR・KC-LRをとりあげたいと思います。
e0030537_23522141.jpg
・山梨貸切自動車 いすゞP-LR312J +IK? 2008年8月 甲府駅前
e0030537_23521297.jpg
・山梨交通 いすゞP-LR312J +IK 2003年8月 甲府駅前
e0030537_23521290.jpg
・山交タウンコーチ いすゞP-LR312J +IK 2014年8月 甲府駅前
e0030537_00131258.jpg
・山交タウンコーチ いすゞP-LR312J +IK 2009年9月 韮崎駅前(山梨県韮崎市)

 山梨交通は昭和54年排ガス規制から中型車を大量導入しています。昭和58年排ガス規制のP-LRも50両近くが導入されました。初期の車両は前中扉。1988年式以降は後部方向幕付きで、出入り口表示がステッカーになっています。
 1989年式以降は、扉配置が前後引戸に変更されています。なお、同時期の大型車(キュービック P-LV314K)は1989年式以降しか導入していないため、前後扉しかありません。
e0030537_23521234.jpg
・山梨交通 いすゞU-LR332J +IK 2016年8月 甲府駅前
e0030537_23521243.jpg
・山梨交通 いすゞU-LR332J +IK 2014年8月 甲府駅前
e0030537_00273527.jpg
・山梨交通 いすゞU-LR332F +IK 2003年8月 甲府駅前

 平成元年排ガス規制適合のU-LRになりましたが、基本的な仕様は平成元年式以降のP-LRに同じです。ただし導入台数は絞られ18両に留まっています。下の画像の車両は赤紫色の部分が紫色になっていますが、これはバイオディーゼル試験車を意味します。
U-LRの最終導入となった1995年式では、再び前中扉に戻る一方、長さは短尺(軸距3700mm)のU-LR332Fが選択されました。2両が導入されています。画像の車両は、当時発売されていた乗車ICカードにクレジットカードを一体化させたバスOMCカードの広告車になっていました。
e0030537_23521217.jpg
・山梨交通 いすゞKC-LR333F +IBUS 2016年8月 甲府駅前
e0030537_23521252.jpg
・山梨交通 いすゞKC-LR333J +IBUS 2003年7月 甲府駅前

 平成6年排ガス規制適合のKC-LRは、1996~1997年式では1995年式のU-LRを踏襲した仕様で導入されました。6両が導入されています。しかし1998年式は長尺に戻り、しかもCNG車となりました。この仕様は6台が投入されました。CNG中型はエルガミオにモデルチェンジ後も導入が続きました。
# by hiro_hrkz | 2019-10-24 00:01 | バス(川重/IK/IBUS) | Comments(0)
十和田観光電鉄の西工96MC 2題
十和田観光電鉄も旧・国際興業系らしく車両はいすゞ+川重系で固めていましたが、
近年はそれに限らず様々な車両が入っています。
e0030537_01335479.jpg
・十和田観光電鉄 日野KC-HT2MMCA +96MC 2018年8月 青森県三沢市
e0030537_01340232.jpg
・十和田観光電鉄 いすゞKC-LV280N +96MC 2018年8月 青森県上北郡六戸町

 画像は西工96MCを架装した車両で、2012年に廃止になった鉄道線の代替バスということで白地に赤と青が入った旧塗装になっています。上は日野HT、下はいすゞLVでどちらももとは阪急バス。よく見ると屋上のベンチレータやホイールの色に片鱗が残っています。前乗り前降りのためか、側面の方向幕はつかっておらず白地表示のまま。最も、いすゞのほうは側面の幕はもともと存在していませんが。
# by hiro_hrkz | 2019-10-18 01:49 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)
欧州へ行ってきました
e0030537_21421080.jpg
e0030537_21420036.jpg
2011年のトルコ イスタンブール以来8年ぶりに海外に行ってきました。
今回の目的地は、ドイツのマンハイム~ハイデルベルク~ヴァインハイム~マンハイムを走るOEG。
そして、スウェーデンの首都、ストックホルムを走る各路線です。
今後、まとめてゆきたいと思いますが、来月以降は多忙が予想されるため、これからはブログの在り方を変更して対応してゆきたいと考えております。
# by hiro_hrkz | 2019-10-11 21:45 | そのほか | Comments(0)
箱根登山鉄道のエアロスターK
箱根登山の路線バスから、今回はふそうのエアロスターKを2つほど取り上げたいと思います。
e0030537_01194435.jpg
・箱根登山鉄道 三菱ふそうP-MP218M +呉羽 1998年3月 小田原駅(神奈川県小田原市)

現在は自社発注車ばかりで移籍車を出す側の箱根登山ですが、かつては多数の移籍車を受け入れる側でした。その主力だったのが同じ小田急グループの神奈川中央交通の車両で、ふそうの大型はこれがばかりだった頃がありました。ただ、その多くはいわゆるブルドックで、エアロスターは少数派だったと思います。
 前面左側面側ヘッドライト上に設けられていた運賃表示窓は撤去されていますが、細長い行先表示など神奈中の初期のエアロスターの特徴は残されていました。
e0030537_01194257.jpg
・箱根登山鉄道 三菱ふそうP-MP218M +呉羽 1998年12月 小田原駅(神奈川県小田原市)

一方、こちらは横浜市交通局からの移籍車。神奈中が車両の使用年数を伸ばしだしたため、手頃な車両が入手できなくなったからのなのでしょうか? (再)放出がはじまった横浜市営の車両を真っ先に入手しました。最も、移籍したのはこの1両だけで、その後は移籍車の導入そのものが無くなっています。
前面のセーフティーウィンドウが存在しないため神奈中に近い印象を受けますが、側面の窓配置はだいぶ違ったものになっていました。
# by hiro_hrkz | 2019-09-29 01:44 | バス(三菱/呉羽) | Comments(0)
近畿日本鉄道信貴線・西信貴鋼索線 信貴山口駅
e0030537_22432832.jpg
京阪神の近郊は山が近く、また歴史的な寺社が多いことから、それに向けた参詣路線やケーブルカーがいろいろとあります。その一つが、奈良県にある信貴山朝護孫子寺へ向かう近鉄信貴線。今回は、その終点であり西信貴鋼索線に乗り換える信貴山口駅を取り上げたいと思います。
e0030537_22121661.jpg
e0030537_22121705.jpg
e0030537_22121118.jpg
近鉄大阪線の河内山本駅で分岐してわずか2駅。この間にも40‰勾配が存在するなどして、なるべく高度を稼いだところにあります。ケーブルカーとの乗換駅ですので、当然片側は全て斜面。駅のホームは2両編成がなんとか止まれる長さしかありません。信貴線のホームは1面2線で、ホーム全体が木骨の大屋根で覆われています。
e0030537_22121778.jpg
最も、当初は駅の東側にもう1線があったようで、そのあとが残っています。1960年代の航空写真を見る限り、既に撤去済みであるようですが、いつごろまで存在していたのかはわかりません。その更に反対側には広告看板のステーがありますが、ここに何もないのは、このご時世ではどこでも同じこと。
e0030537_22121644.jpg
駅舎そのものは比較的新しいこじんまりとしたもの。周囲は住宅地が広がっているとはいえ、駅の立地からして利用者は限られているものと推測されます。
e0030537_22121104.jpg
e0030537_22121120.jpg
e0030537_22121140.jpg
信貴線のホームと凡そ直角の位置に、駅舎から見ればそのままストレートにケーブルカーの西信貴鋼索線のりばがあります。同じ会社なので当然改札は無し・・・ですが、意外とこういう形態のところは少ないですね。中間改札があったり、改札外を10分以上歩くなどはザラですから。ホームは2面あり乗降分離できる構造になっていますが、普段は片側しか使っていません。

 この駅は、1930年に信貴山への参拝ルートとして開業したもの。信貴線は近鉄の前身である大阪電気軌道(大軌)による運行でしたが、ケーブルカーは傍系の信貴山急行電鉄による運行でした。ただし、このケーブルカーで登った先にあるのは高安山。そこから山上を信貴山までバスで移動することが必要です・・・これが戦前には電車であったことは、それなりに知られた話なので、今回は割愛。

 信貴山は仁王門や門前町の位置関係から解るように、その東にある王寺側から参詣するのがメジャーなルートだったようです。こちらには信貴生駒電鉄(現在の近鉄生駒線)および同社運営のケーブルカー(後の近鉄東信貴鋼索線)が存在していました。それを、大阪からアクセスしやすいこのルートを開業することで、人の流れを一変させたわけです。
 レジャーが多様化し、またモータリゼーションが進んだ現在では、寺社参詣は初詣を除けばそれほど集客力がある事業ではないのだと思います。それでも、このケーブルカーと山上のバスを40分間隔で走らせているところに、近鉄の朝護孫子寺に対する義理の硬さのようなものを感じるところです。

・いずれも2019年9月 撮影。
# by hiro_hrkz | 2019-09-26 23:02 | 鉄道施設 | Comments(0)
熊本市交通局・熊本都市バスの富士8E架装車
熊本市交通局とその事業を引き継いだ熊本都市バスの車両のうち
富士8Eを架装した車両を取り上げたいと思います。
e0030537_23053007.jpg
・熊本市交通局 日デU-RM210GSN +富士8E 2009年8月 交通センター(熊本市)
e0030537_23053122.jpg
・熊本都市バス 日デU-RM210GSN +富士8E 2012年5月 交通センター

熊本市交通局は日デに富士重工を架装した車両の導入事例があります。ただし平成元年排ガス規制(U-)以降では中型車のみで、その数はそれほど多くはありません。U-RMは1993年に5両が導入されました。
サスペンションはリーフサス。また、前中折戸で中扉は通しガラスでしたが、都市バスオリジナルの外装になってからは下半分が潰されています。これはこのあとに紹介する各車に共通しています。
e0030537_23053098.jpg
・熊本市交通局 日デKK-RM252EAN +富士8E 2009年8月 交通センター
e0030537_23053050.jpg
・熊本都市バス 日デKK-RM252EAN +富士8E 2009年8月 交通センター

平成6年排ガス規制(KC-)では採用事例が無く、平成10年排ガス規制(KK-)になってから2002年に2両導入されました。そしてこれが熊本市交通局が最後に発注した富士重工架装車となりました。
KK-RM+富士8Eで軸距3.9m(短尺)を採用したのは、全国でもこれが唯一の事例です。ボディーそのものはマイナーチェンジをした最終期タイプ。サスペンションはエアサス、中扉は引き戸ですが下半分にも窓が設けられています。ワンステップ車のため、低床車専用の外装で登場しました。
e0030537_23053009.jpg
・熊本都市バス 日デKC-RM211GSN +富士8E 2012年5月 交通センター

熊本市交のバス事業の受け皿として在熊民間事業者各社の出資で発足した熊本都市バスは、積極的な移籍車の導入を進めます。この中にも何両かの富士8E架装車が存在しています。
KC-RMは、もと横浜市交通局の車両でワンステップ車。なお、都市バスに移籍したRMは西工架装の低床車のほうが多く、富士は影の薄い存在です。
e0030537_23053093.jpg
・熊本都市バス いすゞKC-LR333J +富士8E 2012年5月 交通センター
e0030537_23053097.jpg
・熊本都市バス いすゞKC-LR333J +富士8E 2014年7月 交通センター

一方、こちらはいすゞLRに架装したワンステップ車で、もとは京成電鉄。
分離子会社を経由して2両が移籍しました。
側面の行先表示はKC-RM共々移設されていますが、移置が両者で異なっています。
e0030537_23053082.jpg
・熊本都市バス 日デKC-JP50NTN +富士8E 2012年5月 交通センター

そして、中型幅10.5m級の日デKC-JPはもと京王バス。
1998年導入の3両が移籍しました。
# by hiro_hrkz | 2019-09-21 00:27 | バス(富士重工) | Comments(0)
養老鉄道 7700系
e0030537_20463784.jpg
東急7000系といえば、1988~1992年に各地の中小私鉄に多数が譲渡され旧型車を置き換えたことで知られます。それから約30年、平成も終わるというのにそれをもう一度見ることになるとは、正直想像だにしませんでした。
e0030537_18225830.jpg
・養老鉄道 7906 2019年9月 美濃津屋
e0030537_18225800.jpg
・養老鉄道 7706 2019年9月 美濃津屋

 2007年10月に近鉄養老線から経営分離された養老鉄道は、2018年に8月に東急から7700系15両(3連×3本、2連×2本)の購入を発表。マニアの多くを驚かせました。親会社の近鉄で通勤車の新車投入が滞っている中、どのようにして車両更新をするのかは注目されていましたが、置き換える車両とあまり変わらぬ車齢(1963~1966年製)の車両を購入し、しかも今後20年は使う予定というのは予想の斜め上の展開と言ってよいでしょう。
 とはいえ、東急7000系をベースにしているとは言うものの、1987年の7700系への改造時に、走行関係の機器、台車、車内内装と車体の鋼体以外は全て取り換えられているといっても過言ではないので、そちらを基準に考えるべきなのかもしれません(VVVFインバータの寿命は気になりますが)。養老鉄道は20.5m級車が入線できるのだから他にも候補となりそうな車両がありそうなのに・・・と思いましたが、こういった点も判断されたのかもしれません。ともあれ、オールステンレスカーは強い・・。
e0030537_18225795.jpg
・養老鉄道 7712 2019年9月 美濃津屋
e0030537_18225872.jpg
・養老鉄道 7812 2019年9月 美濃津屋

 今回、購入の事業主体となったのは第二種鉄道事業者の養老鉄道ではなく、第三種鉄道事業者の養老線管理機構。池上線・東急多摩川線で最後まで使われた6編成(7701+7801+7901、7703+7803+7903、7705+7805+7905、7706+7806+7906、7712+7812+7912、7714+7814+7914)が入線しました。このうち、7712、7714が所謂「歌舞伎塗り」、他が全面に赤帯だけです。現在、3連2本(7701、7712)、2連2本(7703、7706)が竣工していますが、7712、7706は赤帯を養老鉄道のイメージカラーである緑の濃淡に変更しています。車番は東急時代と変わっていません。
 車内は、3両編成の中間車が一部転換クロスシートになり、そのほかの座席のモケットが取り換えられています。機器構成は、7700系は電動車は1C4M、片側の先頭車(クハ7900)が制御車でCP、SIVを搭載しているので、編成短縮に伴う大きな改造はしていないと思われます。前面にスカートをとりつけたこと、そしてパンタグラフがシングルアームになっていることが外観では目につく差です。
e0030537_18225781.jpg
・未改造で西大垣に留置されている7701
# by hiro_hrkz | 2019-09-14 22:20 | 鉄道(近代形電車) | Comments(0)
船木鉄道 日野P-RR172BA +日野車体
船木鉄道のバスについては、以前いすゞLT+キュービック日デ・いすゞの富士重工架装車を取り上げてますが、今回は昭和58年排ガス規制の日野レインボーを取り上げたいと思います。
e0030537_21400693.jpg
・船木鉄道 日野P-RR172BA +日野車体 1998年9月 山口県宇部市

まずは一般的な路線タイプの前後扉車から。型式から解る通り、エアサスを採用していました。
車体そのものは2段窓のごくごくオーソドックスなものですが、船鉄の路線車は前中扉を採用しており、前後扉は異端の存在でした。どのような事情があったのやら。
 
e0030537_21394816.jpg
・船木鉄道 日野P-RR172BA +日野車体 2000年8月 山口県美祢市

そしてもう1台はトップドアの貸切兼用車。
車内はハイバックシート、側面はメトロ窓で色付きガラスと貸切車としての側面が重視された仕様となっています。更に、ヘッドライトは角目2×2灯というオプションを選択し、バンパーは鍍金仕上げ、塗装も赤帯がグラデーションした特別なもので、扉脇にはレインボーのエンブレムが取り付けられるなど一般車とは随分と差別化された外観となっています。

船鉄の路線車はルーラル路線ばかりな割には代替が早く、2段窓のほうはとっくに無くなってます。
が、この貸切兼用のほうは貸切専用になったものの、今年7月時点での目撃情報があるなど、例外的に長生きしているようです。
# by hiro_hrkz | 2019-09-06 22:05 | バス(日野車体) | Comments(0)