人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
同和鉱業片上鉄道 キハ311
鉄コレ第10弾は気動車ネタ、そのラインナップ発表で盛り上がりを見せているようです。
まあ、最近は、ラインナップ発表直後しか盛り上がっていないようにも見え、
少々食傷気味という気もしますが・・・・。個人的にはバス窓を使って、何かをでっち上げたいとこですが
2/10しか入っていない、しかも関東ネタとなれば高騰は目に見えているので頭が痛いところです。

閑話休題、キハコレのメインはキハ41000および、その類似車ですね
(だからといって横荘の湘南形バケットカーまで入るのは予想外でしたが)。
岡山県にあった同和鉱業片上鉄道のキハ3000→キハ300もラインナップされています。
この形式には製品化予定の国鉄払い下げ車のほかに、自社発注のキハ3004・3005→キハ311~312も存在しました。
1953年宇都宮車輌製で、ほぼ同じ寸法・窓配置ながら、張り上げ屋根、埋め込み形ヘッドライト、前面2枚窓、乗務員扉付きと随分イメージの異なる車輌です。1966年にヘッドライトの腰2灯化、1967年に改番を、1967・69年の液体変速機化・総括制御化を経て、廃線までおなじみのスタイルとなるわけです。
同和鉱業片上鉄道 キハ311_e0030537_1261381.jpg
同和鉱業片上鉄道 キハ311_e0030537_1264113.jpg
・同和鉱業片上鉄道 キハ311(保存?) 1995年8月 ドライブイン菊ヶ峠(岡山県赤磐郡吉井町)

画像は、廃線まで残り現在も動態保存されているキハ312ではなく、1985年に一足早く廃車になったキハ311。1964年に車内のロングシート化が行われていたのが仇となったのでしょうか?
廃車後は、国道484号線菊ヶ峠にあるドライブインに保存されました。14年前の夏、現地へ行ってみると、広大なドライブインの敷地には見当たらず一瞬愕然としました。しかし、ふと振り向くと、道路の反対側の雑多なものが詰まれた一角に赤い車体が見えるではありませんか。近寄ってみると、放置状態でボロボロでしたが、特に荒れてはいませんでした。今はどうなっているのでしょう・・・。

ちなみに、これも保存車狂時代の一枚。
この日は岡山を起点に、長船→片上→佐伯町(備前矢田)→柵原・吉ヶ原→周匝→英田町→菊ヶ峠→旭川荘→池田動物園と辿るスケジュール。これを岡山~長船を除き、バスだけで行ったと書いたら、随分驚かれましたが、片上鉄道沿線は別として、英田町~岡山は、宇野自動車の林野・湯郷温泉方面への路線バスが1時間に1本は走っているので、どうにかなったのです。
保存車めぐりの後は、たしか姫路まで戻ってムーンライト九州で厚狭まで行ったんだったか・・・山陽路を毎日夜行快速で移動して旅費を浮かすなど、若かったものです。はい。
by hiro_hrkz | 2009-04-08 01:40 | 鉄道(非電化) | Comments(4)
Commented by 12号線 at 2009-04-08 07:31 x
元は同僚であった、別府キハ101も最近解体されたようです。
流浪の果てに生涯を閉じるケースの多いキハ41000系統ですが、鉄博のそれは強運の持ち主ですね。
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-08 23:12
>>12号線さん
別府のも、この頃にみたことがありますが、当時から結構荒れていました。ついに・・という思いがします。
鉄博のは、前の場所での保存経緯もいろいろあったようですね。収蔵されて本当によかったと思います。
Commented by So What? at 2009-04-09 20:28 x
ウチでは余る予定ですので>バス窓

羽後の客車も用意しないといけませんね、困った困ったw
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-10 01:45
>>So What?さん
では、その暁には是非ともお願いいたします。
狭幅の湘南顔という点でも貴重かもしれませんね。

>羽後の客車
自社発注と、都電と、鉄道省中型の3種類が必要ですね(w。