人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
伊豆大島の富士重工架装車
離島にバスを求めて・・・の、第4弾に選んだのは、伊豆大島。
アンコ椿と三原山で知られる関東地方の島です。伊豆諸島で緑ナンバーの路線バスが走っている3っつの島の中では、唯一の民営、かつその規模が最も大きいものです。もともと、伊豆や小笠原の島々と東京を結ぶ航路を運航する東海汽船の直営でしたが、2003年に分社化され、現在は大島旅客自動車(通称 大島バス)による運営となっています。
 
 大島バスの車種は、殆どが三菱と日デです。路線用車輌も例外ではなく、しかも離島では珍しい11.5mサイズの標準床貸切タイプを使用しているのが特徴です。
伊豆大島の富士重工架装車_e0030537_2328371.jpg
・大島旅客自動車 日デU-UA520RAN +富士7B 2009年3月 東京都大島町(岡田港)

このうち、日産ディーゼルは1990~1993年に投入された車輌が主力です。
登山路線を抱える事情からか、8気筒エンジン車を採用し、車体は富士7Bを選択しています。
乗合登録と貸切登録がありますが、車体の仕様に大きな差はないようです。

この8気筒+富士7Bの中には異色の存在も。
伊豆大島の富士重工架装車_e0030537_2331032.jpg
・大島旅客自動車 日デU-UA520RAN +富士7B 2009年3月 東京都大島町

同じような仕様の車輛ですが、その塗装が怪しいですね。
もとは某電機系企業の送迎車ではないかと思われます。

このように貸切タイプの車輌を揃えてきましたが、近年異変が。
本土から純粋な路線タイプの車輌、それも9m大型以下のものが数台やってきました。
いずれも、もと関東バスの車輌で、この点でも珍しいものです。
伊豆大島の富士重工架装車_e0030537_2371488.jpg
伊豆大島の富士重工架装車_e0030537_2394715.jpg
・(上から)
 大島旅客自動車 日デU-RP210GAN +富士7E
 大島旅客自動車 日デU-RM210GSN +富士8E 2009年3月 東京都大島町

先ず、9m大型のRPが1台。続けて中型のRMが2台入りました。
塗装は在来車と打って変わって黄色一色。前面に書かれた青いロゴが、ワンポイントとなっています。
昔、富士3Bあたりが主力だった頃をイメージしたものなのでしょうか?
車内などは、あまり手を加えられていないようです。

ちなみに、当日は全車車庫でグースカピー・・でして、空振りに終わりました。東海汽船時代にもと東京都営のUA33KとU32Kを購入して走らせたものの、すぐに潰した前科があるので気になるところですが、いろいろなサイトを拝見すると元町港~大島公園や三原山への路線でも使われているようなので、一安心。

さて、大島バス以外に緑ナンバーのバスは見かけませんでした。
あとは、ホテルなどの送迎用となっています。
その中で見かけたのが、この車輌。運営は東海汽船系列のようで、車種はやはり日デです。
伊豆大島の富士重工架装車_e0030537_23221870.jpg
・(自家用) 日デU-UA440LAN※ +富士7B 2009年3月 東京都大島町(岡田港)

U-UA+富士7Bのトップドア車。
かつ窓は2段窓で、サブエンジンクーラーという、少々特徴的な車輌です。
もとはどこかの特定輸送用だった模様。
うーん、八丈島で見た8Bと塗装が似ているのは気のせい?

※2009年4月12日修正
by hiro_hrkz | 2009-04-10 23:26 | バス(富士重工) | Comments(4)
Commented by バス親父 at 2009-04-12 06:09 x
自家用車(品川200は234)は、

平成5年式、U-UA440LANですよ。
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-12 14:26
>>バス親父さん
失礼いたしました。
書き写しの際のミスです。
Commented by ルルラン踏切 at 2009-04-13 04:02 x
パパイヤ・マンゴーなどのような、『南の島のバス』らしいカラーになった関東バスの中古車、魅力的です!


U-UA+富士7Bのトップドア車は思い当たるものがあります。東京・八王子にある短大のスクールバス(八王子22や・XXX 社番No.2)に間違いないと(型式は調べていませんが…)私は見ています。八丈町営バスの記事を拝見して、同校のバス(社番No.3)を購入して塗装の手直しをしたものではないかと思いながらもコメントとして表せずに今日までいました。当方のblogに学校時代の映像がありますのでよろしければご覧ください。ただ私の思いちがいかも知れず、現車は排ガス対策を施してまだ八王子にいるかも?ですので、ご参考まで。
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-13 23:12
>>ルルラン踏切さん
ブログ拝見いたしました。
塗り分け以外にも、屋上の換気扇/通風口の数やバックミラー、バックアイ付きなど様々な点で、同型車と推定できました。
特に、7Bのほうは特徴的な窓配置ですので、断言してもよいかと思います。
情報、ありがとうございました。