人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
10年の雑感 ~夢見る頃を過ぎても(1)~
本日、2009年4月25日、本サイト「創作鉄道資料館」の開設から10年を迎えました。
先ずは、サイトをご覧頂いている皆様に感謝申し上げる次第です。

10年が経ったからといって、特別な感情があるというわけでもありません。
これまでも開設1年目こそ特集を組んだりしましたが、そのあとは、毎年、通常の1日に過ぎませんでした。本日も、通常の一日ではありますが、折角の10年目なので、いろいろ述べていこうと思います。自分語りは嫌われる原因ですが、今回はお許しを。

私がサイトを開設した前後の1997~2000年は、いろいろなバス関連のサイトが雨後の筍の如く開設された時期であります。1998年の時点では、未だネット人口は少なく、掲示板では時として「おこぼれ」情報が書かれることも。本名で活動される方も多かったと思います。私が本名を名乗ってサイトを開設したのも、当時を考えると決して不自然なことではありませんでした。しかし、その後の情勢を考えると、私設サイト(+掲示板かつ本名可)という形が主流なのは、この頃が最後。あとは2ちゃんねる→ブログ→ミクシー/wikipediaと匿名性が強いもの・身分を隠せるもの、あるいは刹那的なものが、日本語環境下のネット世界で主流になっていたような気がします。そういえば、現在までコンスタントに更新の続いてるバス関連のサイトの多くは2000年頃までに開設しているのではないでしょうか?

私がサイトを作ろうと思ったのは、自分の「責任編集」で書けることに魅力を感じたため。当時は学生時代の失敗の記憶も未だ生々しく、大学鉄研の同人誌で書いた買収国電について、やり直したい、そして多くの人に読んでもらいたいという思いが生じたためです。「創作鉄道資料館」なるタイトルがついたのは、そのため。実は、買収国電について調べた理由の一つに、神奈電の存在があるのです。神奈電があるからこそ買収国電を調べたとも、買収国電を調べたから神奈電の車両設定が存在するとも、言えます。私の中で買収国電と神奈電は不可分だったのです(当時)。

しかし、当時既に自分の趣味の主体はバスに移っておりました。正確には、子供の頃から電車よりバスが身近な環境で育ったので、その存在は常に意識していました。が、情報の少なさから鉄道の知識だけが深まるという、ありがちなパターンです。で、自分の場合、予備校時代のバス通学ならびに神保町でバス関連の書籍の存在を知ったことから、ようやく知識がつきはじます。それが自分の中で体系化して、一気に面白くなり始めたのが1996年頃のことでした。このとき、地方私鉄・保存車というテーマが一旦尽きかけていたので、バスに傾いたのは自然な流れでした。貨車研究やろうかとも思ったんですけどね・・水が合わなかった。

そんなわけで、バスに関するページも作ることにしました。テーマは、正直に言えば何でもよかったのですが、誰も手を出していない内容、奥が深いもの、かつ特定の事業者に拘らないもの・・ということで「富士重工のバス」を選びました。そして、その内容は初心者向けの記述が少ないバスに関して、何かガイドとなるものが書けたらいいなあ、と・・・型式別解説があるのは、そのためですね。

こうして、「買収国電のプロフィール」と「富士重工製路線バスのページ」の2本を柱に開設しました。が、その後の発展はご周知の通り、買収国電は停滞し、バスのほうは加速度的に伸びてゆきます。このあたりの理由は過去に書いたので省略しますが、ことバスに関しては書きしろが沢山あったということになります。
 バスを撮影してはサイトに掲載というのを長く続けました。開設1年後くらいだったでしょうか? 那覇交通に5Eが移籍したのを現地で目撃した結果、他のサイトと事実上のスクープ戦の様相を呈したこともありましたねぇ・・・。

しかし、一方で自分のコンテンツの精読をろくにしなかったツケが、時々起きていたのもこの頃。日野のエンジン配置をRT/RUとHT/HUでアベコベに書いたまま1年放置していたなど、とんでもないことも幾つか・・・。形式は間違い、型式が正しいと知ったのもこの頃。

で、創作鉄道そのものはどうなったか?というと、これも最初から開設するつもりしたがまあ、ネット空間でどう表現するかというに悩むことになります。当時既に「架空鉄道」のサイトというのは幾つもありましたが、その内容に辟易してしまい、一方で自分はどうなのかと考えたら、おいそれと作れなくなってしまったのですね。少なくとも、ネット上の「架空鉄道」とは距離を置こうと思ったのは事実。結局開設まで、2年近くかかりました。


サイト開設の頃を思い出しながら、ちょっと書いてみました。
続きは、次回に。
by hiro_hrkz | 2009-04-25 04:02 | 言いたい放題 | Comments(4)
Commented by orange-train101 at 2009-04-25 10:49
おはようございます。
開設10周年おめでとうございます。 これからも楽しみに拝見させていただきますね。
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-26 01:59
>>orange-train101さん
ありがとうございます。
貴ブログ、いつも興味深く拝見しております。
これからも、弊サイトをよろしくお願いいたします。
Commented by イーチコ at 2009-04-28 20:39 x
開設10周年おめでとうございます。

HPやブログを拝見して楽しんでいます。折に触れての主張が自分でもいろいろと考えるきっかけになっています。インターネットに接続する以前はバス趣味も自己満足で完結していましたから、わからないことがあってもそのままでしたし、自分が興味のない分野はほったらかしです。

ネットを介して、自分と異なる視点でバスを見る方との出会いは大きかったです。自分がバス趣味を長年続けていても、知らずにすませていたことが実に多いことを実感させられました。

おかげさまで、まだまだバスに関して調べてみたいこと、確認しておきたいことがたくさんあります。これからもいろいろと参考にさせてください。楽しみにしています。
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-29 01:21
>>イーチコさん
ありがとうございます。

バスを趣味とする人口は、ネットを介して加速度的に増えましたね。
全国各地にいろいろなバスがあって、その情報が逐次手に入るとは
夢のようです。私も、知らないことを沢山知ることができました。

バス趣味は人口の少なさや歴史が短い分、個々の考え方を主張できる余地が、鉄道や飛行機に比べ、沢山あると思います。ただ、最近ネットで見たことそのものを、自分で見たこと・考えたことと錯覚しているような風潮があるのは、気になっています。やはり、自分で訪ねたり、調べたことや感じたことを書いてゆけたら・・と思っています。