人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
10年の雑感 ~夢見る頃を過ぎても(2) ~
さて、私がサイトを公開した10年前。まだ、HTMLとスタイルシートによる「構造とデザインの分離」が浸透していない時期で、私のサイトもご他聞に漏れず、HTMLだけで構成されています。最初はFrontPageExpressなんぞを使っていましたが、途中からテキストエディタを使ったタグ打に変更しています。ああいう自動生成のHTMLタグは余計なものが多いですので。

サイトは、とにかく軽く・・ということを目指しました。たしか、当時地方私鉄系ファンなら必ず目を通していた(はずの)「私鉄車両絶滅危機図鑑」の三大テーゼに影響されたものだと思います。自分自身が重たいサイトに辟易していたということもあるのでしょう。簡素だけど見やすいページが目標でした。

 壁紙含めて余計な画像ファイルは使わない。
 画像は重くて16KB。1ページ内のファイルの大きさの総計は100KB以下。

・・・・こうやって書いてみると、もう隔世の感すらありますね。
私のサイトの画像が小さくて画質が悪いのはそんなためです。
今でも、ブログを含めて画像の大きさをなるべく40KB以下にしてしまうのは、この頃の癖ですね。

また、ページの見付けも昔の800×600ピクセルの画面で丁度いいくらいになっています。文字に標準より一まわり小さい大きさを指定しているのもそのため。画像の明るさも、当時のCRTに合わせたためです。
それが2006年に、CRTが故障して急遽液晶に買い換えたら、あまりの白っぽさに唖然としたものです。画面も1280×1024になったものですから、文字は小さくなるは画像は左によるは、もう慣れないったらありゃしない・・・環境によって変わるというのは、コンピュータの世界の悪い面ですね。いや、ヴァージョンによる差に本業のほうで苦労していたので・・。

サーバは、最初は当時の大家さんがODNで、そこのスペースを借りました。が、途中で某社に乗っ取られてサービスが悪くなったので、ぷららに乗り換え。今はそちらのスペースを借りています。ところで、今回、特別ページのために無料スペースを借りたのですが、今はフリーで50MBまで使えるということに唖然。いやはや、かつては画像が500枚越えていたら驚異とかなんとか言いましたけど、今や自分のサイトくらいは無料サイト一つで収まってしまうんですね。ちなみにこのブログの画像容量は1GB、気が遠くなります・・・というのはジジイの証拠か?。

さて、サイトにはその後、面影紀行を加えましたが、ネタに新鮮味がないので、10回で休止。一方で2002年末の初の海外旅行をまとめた「大韓民国旅行記」は意外に好評だったため、その後2回の旅行記を加えました。このときは、別にネットに書こうという前提ではありませんでしたが、旅先で見たもの乗ったもの食べたもの、みなメモに残しておいたことが有用でした。やはり、記憶だけでは書けないようです。



閑話休題、そんなわけで鉄道ネタは大して盛り上がらない状況の中、2005年にはじめたのがこのブログです。転職時の2ヶ月の暇つぶしにはじめたものですが、鉄道系の友人に「今まで何を撮影してきたんだ?」と言われたのもキッカケ。鉄道系はサイトも本も充実しているので、自分の気の向くまま軽く書こうと思いました。そういう意味では何かをまとめる必要性のないブログは向いていたのです。
 で、鉄道だけでなく、「バスは富士重工しかないのか!」という言葉に応えて?他メーカのバスについても取り上げることにしました。別に富士じゃなくても興味のはありますので。カテゴリ分類が、事業者でもシャーシメーカでも地域でもなく、車体メーカで分類しているのが特徴でしょうか? いずれにしても読んで楽しいものを目指していますが、それが出来ているかどうか・・は、わかりません。

ところで、弊ブログには国鉄・JR(私有貨車は除く)は1回も登場していないことに気がつきましか? そちらは、いくらでも詳しいサイトがあるから・・と思っています。
そもそも、国鉄やJRは基本的に趣味の対象外なのです。自分の鉄道に対する興味の度合いは
 地方電化私鉄>路面電車>地方非電化私鉄>都市私鉄>専用線>地下鉄>国鉄/JR>国鉄転換3セク>その他 |別格で海外
(かつて公開していた100質より)ですから。ただ、本来は各路線に各々の魅力があるものだと思っています。京葉線などは割と好きです・・・ただ、それは鉄道趣味者としての視点ではないでしょうね。


最後に。
私が10年の間、更新を続けられたのは・・・サイトに関しては事実上富士重工製路線バスのページだけですが・・・ネット参加時点で、勤め人になっていたことが大きいと思います。もしスタート時、学生だったなら、こうは行かなかったでしょう。そして、続けられたことは嬉しいのですが、一方で本来この10年の間に、一般の社会人が当然経験すべき幾つかのことを経験できなかったから、年齢に境遇が不相応だからという思いが時としてよぎり、言葉にできない複雑な思いを抱くのです。

この後、このサイトはどうなるか解りません。
ただ、そろそろ潮時・・という思いも浮かぶ今日この頃です。
突如として長期放置になる可能性もありますが、今後も読者の皆様の心に残るサイトであれば、幸いです。
by hiro_hrkz | 2009-04-26 01:34 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/10121304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たろう at 2009-04-26 22:00 x
10年間、お疲れさまです。

当時参加していたBBSでサイトを開設された旨伺い、以後更新されるたびに「次回はアレを見に行こう!」という目標にさせていただきました。
『バスメディア』誌の「バスの形式を覚えてみよう」から入ったこの世界、大好きな5Eが首都圏からほぼ姿を消した今でも、意識的にバスを見ているのは広瀬さんから受けた大きな影響のひとつです。

かく言う自分も、その影響を受けてサイトもどきを始めましたが…時間のあったはずの学生時代はあっという間に過ぎ去り、結果として続けているのは流行に乗ったブログのみ、というお粗末な有様です。
改めて「継続は力」ということを感じずにはいられません。

当時から今でもお付合いのある方は数えられるほどになってしまいましたが、サイトがある限り繋がっていられるという思いは残っています。
長期放置もよいですが閉鎖にはならぬことを、ファンの一人として願ってやみません。

次の10年をまたお祝いできますように!
Commented by hiro_hrkz at 2009-04-27 23:29
>>たろうさん
ありがとうございます。
今となっては負の面が語られることが多いバスメディアですが、私もあの企画で随分と謎が解けました。そういう意味では、趣味の原点は、某社の赤いバスということも含めて、そんなに違わないのかもしれませんね。

富士5Eを意識的に見るようになったのは、実はあのBBS内での幾つかのやりとり・・もちろん、たろうさんも含めて・・がキッカケでした。それまでは、3EやBU+川崎を見たいという思いが強かったのが、徐々に変わっていったんですね。いろいんな意味で、あのBBSがなければ今の自分はないと思っています。

ブログだけでも続けられているだけ、立派だと思います。
自分の場合、無理した部分が少なからずありました。
「自分の出来る範囲でいちばんいい表現をする」というのは大切だな・・と思います。

10年後・・もう新7Eの最終製造グループですら車齢17年。
きっと、富士重工のバスは北村のバスと同じような視点で見られているのでしょうね。
わたくしはアラ○○○ですが、理想とする自分の未来を歩きながら、このサイトを維持できていれば・・と思っています。

・・・・50週年は迎えたいかも(笑)。