人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
鹿児島交通 日野U-HT2MPAA +日野車体
前回の記事から暫くお休みしておりました、このブログ。
でも、「突然の休止」というわけではありません。実は、鹿児島県+αへ行っておりました。
今月は、その道中に撮影したものを中心に取り上げてゆきます。
従って、鉄道関連は基本お休み、バスも少々順番が変わることになると思います。

さて、まず取り上げるのは、今回鹿児島市内で見かけた車両。
鹿児島交通など、いわさきグループ各社は、近年大量の移籍車両を導入しております。
その中には通勤輸送の象徴のような3扉車も含まれているのが特徴です。
郊外線仕様のオリジナル車との差が目立つようにも感じるのですが。

その中に、あらたにお目見えしたのがこの車両。
鹿児島交通 日野U-HT2MPAA +日野車体_e0030537_23343823.jpg
・鹿児島交通 日野U-HT2MPAA +日野車体 2009年5月 鹿児島県鹿児島市

最初見たときは、いわさきバスネットワーク(旧・林田バス)のもと千葉海浜交通の車両かと思ったのですが、
椰子の木がカラフルだし、窓が銀サッシの2段窓・・・・。
これは、もと京成バスの車両、それも登録番号からして再デビューしたばかりのようです。
もと船橋(茜浜)の幕張新都心用なのか、それとも長沼の検見川~さつきが丘用なのか気になるところですが
廃車時期から、後者ではないかと思われます。
それにしても、こんな車両まで移籍するとは・・・。



鹿児島交通 日野U-HT2MPAA +日野車体_e0030537_21515989.jpg
・鹿児島交通 日野U-HT2MPAA +日野車体 2009年5月 鹿児島県鹿児島市

両者で、仕様が若干異なるようです。
by hiro_hrkz | 2009-05-04 23:41 | バス(日野車体) | Comments(7)
Commented by wonderfulscarlet at 2009-05-05 00:16
ご無沙汰しております。
体調を崩しておりまして休止中ですが
地元のバスの一つの再就職という事で、おじゃまします。
京成のU-HT最終グループは前扉側のバックミラーの縦長ミラーの上部に
補助ミラーを全車、追加していたのですが
これは廃車時に京成側で外してしまっているので
ミラーを判断材料にするのは微妙かもしれませんが
廃車時期と再就職先の登場時期を考えると
長沼の確率が高いと思います。
車両が車両だけに、再就職は期待していなかったので嬉しい限りです。
レッドライン
Commented by wonderfulscarlet at 2009-05-05 00:54
字数の関係で二回目の投稿で恐縮です。
画像の様子から運賃箱部分にステンレスパイプがある様子ですが
実は、京成では
茜浜にはパイプがあり、
長沼にはパイプが無いのですが、
それでも、茜浜に付いていたパイプとも形状が異なる様子ですので
無い場所に新規で後付けと言う事を想像してみると
やはり長沼の確率がという事になるのかもしれません。
参考にならないかもしれませんが
私のブログで京成系に特化している分身ブログがありすので、この画像でパイプを
ご覧頂けたらと思います。http://redline115.exblog.jp/6652116/
いつも長文ですみません。レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2009-05-05 21:45
>>レッドラインさん
ありがとうございます。
非常に参考になりました。
京成のバックミラーの差は、年式によるものだったのですね。

茜浜車の運賃箱横の手摺りと見比べてみたところ、形状や取り付けられている方向が異なっています。また、別に撮影した画像を確認したところ、座席のモケットの色が赤地の柄つきでした。従って、もと長沼の車両と断定してもよいと感じました。

ただ、もう1台の同型車(鹿児島200か870)という車両を見ています。
こちらの運賃箱前の手摺りは、茜浜車と見比べてみると、
ゴムのカバーをつけただけのように見えます。

茜浜と長沼の両方から入ったとすれば、面白いですね。
Commented by wonderfulscarlet at 2009-05-06 21:54
なんと!もう一台移籍していたのですか。
複数とは驚きです。

最後の最後まで残っていたのは長沼のN427と茜浜の4557で
両方とも2008年9月に廃車になりましたので
やはりこの両車が移籍した可能性が高いと思われます。
前扉ミラーはPJ代に3つタイプで納車されてから
既存のU代最終グループ以降、KL代まで、3つタイプに改造されました。
こちらの記事を御参照頂けたらと思います。
http://scarlet11.exblog.jp/5887114/
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2009-05-07 23:46
>>レッドラインさん
茜浜で最後まで残ったのは、マリーンズの広告車になったものでしたね。
長沼のほうが後々まで残っていたような気がしていましたが、どちらも同じくらいに廃車になっているとは考えていませんでした。
これは、ちょっと面白いことになりました。

ミラーの件、了解しました。
後付改造なんですね。
Commented by wonderfulscarlet at 2009-07-03 23:05
こんばんは。
あれから、なんとか元社番を特定しようと
あれこれ検索していると
U-HT2MPAAは、か868号車~か871号車までの4台が存在している模様で、
結局、最末期に居たN427~N429と4557の計4台全てが移籍したと判断しても良いかもしれません。
なかなか時間を作る事が出来ないのですが
益々、鹿児島へ行きたくなりました(汗)
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2009-07-05 00:46
>> レッドラインさん
いわさきグループは、まとめて全部お買い上げ・・・という傾向があるので
全部持っていったというほうがしっくりきますね。
鹿児島にはP-LVもおりますので是非。