人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
徳之島総合陸運 三菱KC-MK219J +MBM
今回の旅の真の目的地、それは鹿児島県でも本土ではなく、奄美諸島。
鹿児島新港からマルエーフェリーに揺られること15時間、まず上陸したのは徳之島でした。
人口約2万7千人、面積247.76平方kmの椰子の実形の島です。
島内は山がちで、東側に徳之島町(亀津)、南側に伊仙町、西側に天城町(平土野=へとの)と3っつの自治体があります。

この島内の路線バスを運行しているのが徳之島総合陸運。社名が示すように様々な事業を行う会社の一部門です。
車両は路線と貸切を合わせてもは全部で15台に満たないささやかなもの。
路線車は日野リエッセが過半数を占めます。
それよりも大きな車種として在籍するのが、この三菱MKです。
徳之島総合陸運 三菱KC-MK219J +MBM_e0030537_22441516.jpg
・徳之島総合陸運 三菱KC-MK219J +MBM 2009年4月 鹿児島県大島郡徳之島町(亀津)

トップドアでメトロ窓と、リエッセなど小型車そのままの仕様で、2台が在籍しています。
徳之島は観光需要が太いわけでもないため貸切専用車は殆ど在籍していません。
従って、この車両は貸切車としての使用も考慮されているようです。
広告が「黒糖焼酎」なのが奄美諸島らしいところ。




九州・沖縄地方の人を除けば、南西諸島の配列というのは頭の中に入っていないもの。
なんとなく鹿児島があって、屋久島・種子島があって、奄美大島があって、沖縄本島があって、石垣島があって台湾がある・・くらいにしか思いません。

徳之島は奄美大島より一つ沖縄側に存在します。ここから、沖永良部島、与論島、そして沖縄本島の辺土岬は約20~30kmで並んでいます。実は、地理的には奄美諸島と沖縄諸島で一つなのです。かつて、奄美が琉球王国の一部だった時代もあります。

しかし、実際には与論島と辺土岬の間で分けられて、沖縄諸島と遥か離れた先島諸島が一つになって沖縄県。奄美は鹿児島県になります。薩摩の琉球侵攻以来の区分けは、地理的なことよりも遥かに大きな文化的・経済的な差を生み出しているように感じました。

徳之島といって思い浮かぶのは、せいぜい泉重千代翁と五ッ子、それに徳州会に金権選挙と、そのくらいでしょう(・・それだけ思い浮かぶだけマシかもしれませんが)。もちろんトライアスロン大会などもありますが、観光需要は非常に小さく、国内のありふれた離島の一つに過ぎません。それが何かと観光需要で生きている沖縄の島々との大きな差に感じました。流通業の面でもマックスバリューなどもなく、亀津の商店が繁盛しているという状態。島外との交通の面で見てもフェリーや航空機の本数は石垣島や宮古島と比べるべくもありません。それだけ行きづらいわけですが、その分島内は極めて素朴で、生のままのよさが楽しめると感じました。

ただ、ご他聞に漏れずバスの乗客は過疎化とモータリゼーションによりは減る一方。
現在は廃止代替路線となっていますが、抜本的な対策として今年中にデマンド型乗合タクシーを含めた新たな交通体系に刷新されるとのことです。総合陸運の車両にも影響があるかもしれませんね。
参考サイト http://www.yui-amagi.com/rk/files/tm_dl1/21tokunosimakoutuu.pdf
徳之島総合陸運 三菱KC-MK219J +MBM_e0030537_23161013.jpg
・伊仙町の犬田布(いぬたぶ)にて 南国の空と海の青をバックにバスが走る。
by hiro_hrkz | 2009-05-08 23:23 | バス(三菱/呉羽) | Comments(2)
Commented by MAKIKYU at 2013-05-15 15:23 x
こんにちは。

こちらは先月奄美大島・沖縄本島と共に、徳之島へも足を運びましたが、島の大きさや人口の割に路線バスは振るわず、少ない路線・便数のリエッセでも、席が埋まる事は…という状況でした。

離島にしては珍しく私立高校が存在し、島内各地へスクールバスを大々的に走らせているため、地方バスではお得意様と言える、学生の通学利用が…という状況に加え、レンタカーが安過ぎる事(軽自動車が1980円~)も、路線バスの運営を厳しくしている要因と感じたものでした。

こちらは旅行中にレンタカーを利用する事は殆どなく、自家用車も保有していない身ですが、さすがに徳之島ではレンタカーを利用しないと…という状況で、観光も車利用を前提にしており、宿泊しているホテルでもレンタカー利用を勧められた程でした。
(一応総合陸運の路線バスにも乗車しているのですが…)
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-17 20:55
>>MAKIKYUさん
徳之島は観光客の数も少なそうですし、路線バスは島の総合商社というか何でも屋というのか、そういう立場の会社が細々とやっている感じですね。島内の南半分を路線バスでぐるっと回りましたが、その数少ない観光地に対するアプローチも全く考慮されておらず、非常に利用しにくく思いました。

某私学のバスは島内各所に留置されているのを見ました。
こちらは大型車ばかり、それも珍品が混ざっているなど、
実はこれがいちばん楽しめました。