人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
道の島交通 日デU-UA440LAN/U-UA510LAN +富士7E
奄美交通から道の島交通に引き継がれた車両には、
富士重工を架装した車両も含まれています。
いずれも、奄美交通の親会社だった鹿児島交通の車両と、ほぼ同じ仕様です。
e0030537_21283433.jpg
・道の島交通 富士重工U-UA440LAN +富士7E 2009年5月 鹿児島県奄美市(名瀬)

市内線仕様の前中ワイドドア車。鹿児島市内でよく見かける仕様です。
メトロ窓である点から、車外スピーカーの位置など様々な点で鹿交の車両と同じ。
調べていないのでわかりませんが、完全な共通設計車かもしれません。
唯一異なるのが、椰子の木の代わりにツツジ?がちりばめられている点。
4台ほどが在籍しています。今回見かけたのは3台で、うち2台は黒糖焼酎の広告車になっていました。
e0030537_21411874.jpg
e0030537_21413534.jpg
・道の島交通 富士重工U-UA510LAN +富士7E 2009年5月 鹿児島県奄美市(名瀬)

こちらは、トップドアの中距離線仕様で、珍しい高出力(8気筒)エンジン車。
これまた、鹿児島交通グループらしい車両です。
鹿交本体の車両とは、やはり外装が違う程度。3台ほど在籍しています。
この日は、奄美空港~名瀬~古仁屋の長距離線の1台が、残り2台は貸切で使われていました。



これで奄美諸島の報告は終わります。

「・・・・・ちょっと待った!お前の本当の目的は違うんじゃないのか?」
というお叱りの声が聞こえてきそうですが、なんでしたっけ? 

と、ボケても仕方ないので白状いたしますと、
八丈島の回で書いたように、たしかに富士7E/8Eを目的に行ったわけですが
結論から申せば「惨敗」でした。

道の島交通には、岩崎バス時代にP-LV314L(もと自家用)が移籍しておりましたが、
今年3月に車検切れを迎え、そのまま廃車となったようです。
車庫の片隅で部品をもぎ取られた状態で留置されていました。
西表島交通(・・あちらは、どうやら2日遅かっただけのよう)に続く、なんとも無念な結果でした。
前々回書いたように、「運を使い果たした・・」という予感が当たってしまったのです。

一方、徳之島総合陸運ですが、目的だったRM210ESNは既に影も形もありませんでした。
この車両、前中引戸の2段サッシ窓で日産ディーゼル車と、同社オリジナル車とは全く異なる仕様で、
各部の特徴から、サンプルカーであると思っていたのですが、この目で確認することはできませんでした。
離島のバスは塩害や気候の関係で、思ったよりも代替スピードが早いので、注意が必要ですね。
また、もとスクールバスのU-LT232J+富士7Eが、貸切用で在籍しているのですが、これは車庫に頭から突っ込んでいて万事休す。
島だけに取り付く島もなく・・・でございました。

もっと早くに行くんだったとは思いますが、
興味のベクトルを考えれば、数年前に石垣・宮古を差し置いて徳之島へ行くなど考えなかったのも当然ですし、その頃に行った場所で見たものの価値を考えれば、それはそれで仕方がないのでしょう。

とういうことで、徒労に終わった徳之島・・といいたいのですが、
ちょっとしたボーナストラックがありました。
私のサイトではこれまで原則取り扱わなかった、白ナンバーで一般人が乗れない車両なのですが、
ちょっと珍しいので、画像を加工した上で、載せたいと思います。
e0030537_2242468.jpg
島内を旅していると、こんな富士重工7Eが野原の真ん中に置いてあるのが見えました。
廃車体かと思いましたが、近寄ってみればナンバー付きで荒れた様子もなく、現役の模様。
しかし、なんか違和感を感じる・・・・一度離れて、リヤ側を見てみたらビックリしました。
e0030537_22485915.jpg
車内最後部の出っ張りと、エンジン開口部の特徴ある形状がわかりますでしょうか?

はい、日デU-UA510LAN、それもサブエンジンクーラー車だったのです。
UA510+7Eは、サンプルカーの宮城交通を除けば、鹿児島交通とその系列の奄美交通にしか在籍していないと思われていましたが、昨年、琉球バス交通に移籍したもと自家用車を1台発見。
そして、今回の1台。自家用では、もっと存在している(いた)のかもしれませんね。

高出力エンジン+サブエンジンなら真夏でも難なく走りそうですね。
by hiro_hrkz | 2009-05-15 22:15 | バス(富士重工) | Comments(2)
Commented by MAKIKYU at 2013-05-15 15:32 x
こんにちは。

道の島交通では車両のダウンサイズ化が急速に進み、大型中4枚扉車は風前の灯、写真の中4枚扉車ですら彼の地ではさほど古くないにも関わらず運用離脱してしまった様で、残っている中4枚扉車も、先月の奄美大島訪問時には稼動している姿を見る事ができませんでした。

その代わりデラックスなトップドア車は空港線をはじめ、北大島線(与儀又~佐仁)などで結構走っており、中型車はまだ昭和の車も残っている状況でした。

旧奄美交通の親玉では、写真の7E4枚扉車よりもずっと古い車両も多数走っており、最近は何でもありといった状況で各地の中古を買いあさり、老朽車淘汰に躍起になっていますので、そんな状況を踏まえると、7E4枚扉車の相次ぐ退役は惜しい気もします。
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-17 20:50
>>MAKIKYUさん
道の島交通移管後、だいぶダウンサイズ化が進んでいるようですね。
たしか社長がなるべくなら車種統一をしたいとか書いてたと思うので
少数派の都市型大型路線車は行き場を失くしたのかも知れません。
それにしても、まだP-が残っているなかで、消滅とは・・・勿体ないですね。