人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~黄昏迄~
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_1321579.jpg
・マリックスラインのフェリー「クイーンコーラル8」 2009年5月 亀徳新港(鹿児島県大島郡徳之島町)

これまで、1都1道2府43県・韓独墺台中と旅してきたが、その手段(交通機関)は偏りがある。
鉄道・バスは言わずもがな。かつて嫌いだった飛行機も、気がつけば搭乗は30回を上回り、いろいろと興味も出てきた。
それに対して、めっきり経験が少ないのが船。
かつては鉄道マニアなら青函・宇高の連絡船を体験するのは必須だったと思うが、私が中学生のときに廃止になっているから、経験なし。で、乗った船といえば、殆どは有明海や瀬戸内海の比較的短い航路(三角~島原、八幡浜~別府、神戸~高松)ばかりで、外海に出る船は、しいて言えば、今は無き高知特急フェリーに大阪→高知で乗船しただけという有様。

さて、今回、奄美に行くにあたって頭を悩ませたのが、その運賃の高さ。
奄美大島だけでも宮古島を上回るほどで、徳之島まで絡めると恐ろしい額になる。しかもANAが飛んでいない・・・正直、奄美行きをためらっていたのはこれが理由だった。
ところが、今年は工場勤務ということもあり、休日が移動したため、GWがいつもより長い!
ということで、宮崎まで飛行機で飛び、鹿児島へ移動して、そこから船で渡るという手段をとった(直接鹿児島に行かなかったのは、単に宮崎のほうが5000円安かったから)。
初の外洋を行く船ということで、船酔いにおびえながらも、期待していたのも事実。



月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_1494852.jpg
鹿児島から奄美諸島を経由して沖縄の那覇へ行く船は一日一便。マルエーフェリー(旧・大島運輸)とマリックスラインが一日おきに運行している。これでも鹿児島から徳之島までは約1万円(2等和室)で、決して安くは無い。

鹿児島新港を出た船は、桜島を見ながら錦江湾内をゆったりと進んでゆく。
私が乗ったのはマルエーフェリーの「あけぼの」で、導入されて間もない新鋭船とのこと。
船内は広く空いていれば快適である。展望デッキから風景を眺め、食堂で夕食をとれば、なるほど、船の旅が優雅といわれるのを、こんなフェリーでも感じることになる。
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_159628.jpg
・食事は社食や学食のようなカフェテリア方式。値段は割りに良心的だと思うが、営業時間が短いので注意が必要。

そして、シャワーを浴びた後、酔い止めを飲んで就寝。
朝目覚めれば、どこまでも続く蒼い海原の向こうに、徳之島の島影が見えて感動的だった。
なるほど、かつて「ブルートレイン」のてこ入れ策として導入されたものは、フェリーにその原形があったのか・・と気づいた。列車から旅情が無くなったとお嘆きの鉄道マニアには、船の旅を味わってもらいたい・・と感じた。
(ちなみに私にとって長距離列車は移動手段の一つでしかないので、あまり旅情がどうたらとは感じないのですが)。
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_250180.jpg
このように往路では、船内もそれほど混んでおらず、長距離路線の割りには地元に密着したローカル線という感じがした。しかし、復路のフェリーに乗った際、私はそのことが持つ別の意味を感じざるを得なかった。

復路の乗船日は5月1日夜発。GW初日を控え、名瀬のターミナルは、たくさんの人でごった返していた。
閑散としていた鹿児島新港とは大きな差である。
その中には、沢山の中高生がいる。その殆どはスポーツチームのメンバーで、見送りの親がいる。そして待合室のあちこちで、壮行の挨拶が行われている。
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_2105267.jpg
やがてやってきたフェリーには、与論島・沖永良部島・徳之島からも、そんな子供たちが乗っていた。
船内はにぎやか。老夫婦から子供連れまで肩を寄せ合って寝ていた。

このとき、ふとある思いを感じた。
「船とは島のものである」ということを。
かつて、北海道出身の人が「青函連絡船は特別な存在」と話すのを聞いても、理屈では理解しても感情的には解らない部分が多かった。
しかし、今自分の目の前に在る景色を見て、それを思い返していた。

沖縄は別として、島は本土に対して付属してくるものという意識が強い。そして、本土に対して離島の持つ立場が弱いというのは事実だろう。目の前にいる子供たちは、どこかで大会があるにしても、それ以外で試合をするにしても、島の外に行かねばならない。大会が島に来ることは殆ど無いのだから。
島にとって本土との繋がりは必須。だから船は生命線である。

逆に言えば、本土の人間にとっては離島だろうと山間の村だろと、地域の一つ以上の感覚はない。
船も数多くの交通手段の一つに過ぎないものである。
それは、本土の人間は離島が解らないということでもある。高速道路1000円で大渋滞のニュースを翌日聞くことになるが、そのとき、その恩恵を受けられない人が少なからず存在することを思っていた。
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_2204570.jpg
夜はゆれが激しかったが、なんとか寝てしまったので問題はなかった。
そして、翌朝、船は再び錦江湾まで戻ってきた。
デッキから鹿児島の風景を、親子連れがじっと見つめていたのが印象的だった。
月末の雑感 ~黄昏迄~_e0030537_229848.jpg

細い階段を下りて、岸壁に足をつければ、それぞれの旅が再び始まる。
そして、今日も船は行く。
島の人と産品と思いを載せて。
by hiro_hrkz | 2009-05-31 02:33 | 言いたい放題 | Comments(9)
Commented by かねとしがばなー at 2009-05-31 09:04 x
船旅はいいもんですよ…とか言いながら、最近は乗ってませんけどね。明石海峡大橋が開通するまでは、徳島への帰郷の際にはどこかで一度は船に乗らねばなりませんでした。一番多く利用したのは、大阪港(天保山)~津名(淡路島)間の高速船ですね。揺れさえ気にしなければ、広々として、今の高速バスよりも快適でした。
あと、日本海を敦賀~小樽間の日本海フェリーも2泊3日で、ゆったりしてよかったですね…ただ15年も前の話ですが。
Commented by とよぽん at 2009-05-31 09:39 x
歳が歳なんで、青函連絡船も宇高連絡船もリアルタイムで経験していますが、自分にとっての船と言えば広島港~松山観光港の瀬戸内海汽船・石崎汽船ですね。
高知が両親の実家でしたから盆暮れ正月にはお世話になりました。
当時最新鋭の水中翼線や双胴船のシーパレス。懐かしい…

♪私 フェリーにしたの

だって 飛行機も汽車も

涙乾かすには 短すぎるでしょう
Commented by hiro_hrkz at 2009-06-01 02:36
>>かねとしがばなーさん
徳島方面といえば、一度、「私鉄の連絡船」、南海フェリーに乗ってみようと思っているのですが、機会がないまま今にに至っています。和歌山側の衰退も激しく、昔日の面影はないのでしょうが。
北海道方面への航路というと、♪苫小牧初仙台行きフェリー~などは憧れがありますが、そこまで余裕のある旅は定年になるまで組めそうにありません・・・。

>>とよぽんさん
おお、村下孝蔵「松山行きフェリー」の世界ですね。私はこの続きといえる「夢の跡」が大好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=KSv6x_HqQ48&feature=related
松山の景色が浮かんでくるようです。

>フェリー埠頭
だと、あまりにベタなので、タイトルはこっちの歌から頂きました。
♪世界中を船で廻ろうと 飽きる程一緒に居ようと
Commented by かねとしがばなー at 2009-06-01 21:21 x
南海フェリーも早く乗らないと、廃止の憂き目に会うかもしれません(高速1000円の影響は大きそうです)。
また、徳島にこられた折には、鳴門市内まで足を伸ばして、「鳴門市営渡船」に乗船されてはいかがですか? 今は民間委託ですが、料金無料で味のある渡船ですよ。詳しくは、鳴門市のホームページなど参考にしてください。
Commented by hiro_hrkz at 2009-06-02 23:51
>>かねとしがばなーさん
明石海峡大橋ができてからの凋落振りは凄いようですね。
南海自体、高速バスを走らせていますからね・・・。
高松には行く用があっても、四国に行く用がなかなかできないのが難しいところです。
鳴門は昨年行きましたが、気がつきませんでした。
Commented by かねとしがばなー at 2009-06-03 00:34 x
南海は、小松島港にあった高速船の航路を徳島港に移した後、橋開通後に高速船を廃止、フェリーも便数・船数もぎりぎりまで減らしています。
橋の威力はすごかったですね…開通から2年余りで、徳島~阪神間、淡路島~阪神間を結ぶ海路は、阪神フェリー、徳島高速船、甲子園フェリーなど、軒並みだめになりましたね。唯一、たこフェリーの頑張りが光ります。

航路廃止の代わりに、その部分で働いていた人の受け皿として「本四海峡バス」という高速バスの会社ができたんですけどね。
Commented by hiro_hrkz at 2009-06-04 02:21
>>かねとしがばなーさん
橋の威力といえば、私がよく使うジャンボフェリーも凄まじかったのを思い出します。今は加藤汽船1社だけでさびしくなりましたが、その分集客に力を入れてるのか、送迎バスの充実や、神戸側の発着場所変更など、公共交通だけでアクセスする人間にとっては、皮肉にも便利になった感じもあります。

瀬戸内では島に橋がかかると、バス会社が一つ増えますね。
最近なら、瀬戸内産交やあきなだ高速が、そんな一例でしょうね。
Commented by MAKIKYU at 2013-05-15 14:55 x
こんにちは。

こちらも先月奄美・沖縄方面へ初めて足を運ぶ機会があり、このクイーンコーラル8にも乗船する機会がありました。

喜界航路(裏航路)や阪神航路の船などにも乗船しましたが、古くて小さい裏航路や、付帯設備が簡素化されて客室定員が少ない阪神航路の船とは異なり、大型で新しく綺麗、設備面もそこそこ充実しており、また奄美や沖縄へ足を運ぶ機会があれば是非…と感じたものです。

鹿児島~沖縄航路では、2等和室利用のノーマルチケットであれば、途中下船可能(有効期間1週間)なのも注目で、沖縄への往復どちらかで奄美大島で道草する場合などに、通し運賃と同額で乗船できる上に、2社の船を乗り比べられるのも魅力ですが、途中下船制度利用の場合はマルエーフェリー他航路乗船(名瀬~那覇間での阪神航路利用など)ができないのは惜しい限りです。

またフェリー内の食事は、HPでもメニューを紹介しているマリックスの方が力を入れている印象があり、内容的には本場の有名店には叶いませんが、奄美名物の鶏飯などが用意されている点も評価できると感じたものです。
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-17 21:15
>>MAKIKYUさん
マリックスとマルエーでは、後者のほうが就航してから新しいのか、設備のほうは新しい雰囲気でしたね。
船旅は時間があれば、旅費の節約にもなりよいですね。奄美途中下車制度は知りませんでした。これで奄美再訪もよいかもしれません・・・(なにせ奄美は先島よりも行きにくいので)。

食堂に関しては、営業時間が短いのがネックですね。
鹿児島を出航したら、有無を言わずに食べておしまい・・・という感じでした。