人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題
特定輸送を手がける事業者の中では、全国的に見ても規模の大きいほうに属するのが中日臨海バス。
その名の通り、本社は中京の三重県四日市市にありますが、関西(大阪堺支店)と関東(京浜支店)にも拠点があるのが特徴です。このうち京浜支店は川崎市臨海部を中心に事業を展開しており、特に東扇島および浮島町の企業が顧客となっているようです。

この京浜地区は、以前より新車・移籍車ともに特徴ある仕様の車両が多いことで知られています。
しかし、特定輸送という性格上、土日の稼働率は低く、撮影のハードルはなかなか高いものがあります。
今回は、その中で撮影した富士重工架装車から3台ほどを取り上げます。
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題_e0030537_1234956.jpg
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題_e0030537_1324460.jpg
・中日臨海バス(京浜支店) いすゞKC-LV280N? +富士7B 2009年7月 川崎市川崎区

先ずは、前後折戸、メトロ窓を持つ、いすゞLV+富士7Bです。
側面の巨大な行き先表示から、自社発注車と思われます。これは中日臨海のオリジナル車では幕時代からの特徴で、ここに企業名などが表示されます。
また、もう一点注目されるのが、バンパーが丸みを帯びた新デザインのものであること。8Bでは、KC-以降の多くの車両で採用されていますが、7Bではその数は少なく、ちょっと珍しい存在です。

続いては、いすゞと日デの富士7E。
いずれも、もとは川崎市内にある企業の自家用車を転用したものと考えられ、
前中引戸でメトロ窓と仕様は同じです。しかし、日デの方は特に曲者なのです。
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題_e0030537_132165.jpg
中日臨海バス京浜支店の富士7B・7E 3題_e0030537_124280.jpg
・(上から)
 中日臨海バス(京浜支店) いすゞKC-LV280L +富士7E 2008年6月 川崎市川崎区
 中日臨海バス(京浜支店) 日デKC-UA521NAN +富士7E 2009年7月 川崎市川崎区

型式でお分かりになった方もいらっしゃると思いますが、8気筒エンジンを搭載した高出力車。
その癖に、軸距は4.72mという珍車中の珍車です。
以前、静岡県御殿場市の某所に軸距4.72mの日デ高出力車が存在することをとりあげましたが、仕様がそっくりです。実は、静岡と全く同型の車両が川崎にいるということを趣味の先輩から聞きつけて、今回の撮影に及んだのでした。

また、いすゞ車の方は戸袋とメトロ窓の間に縦長の細い窓が入るのが特徴。
この窓配置のバスは、10年以上前に川崎の浮島町で、ある企業の送迎車として見ています。
従って、御殿場の1台を含め、そこからの移籍車と考えています。
なお、当時の所有主とは全く異なる契約先で使われているようです。
by hiro_hrkz | 2009-07-06 01:46 | バス(富士重工) | Comments(4)
Commented by 加山@濱のメリー at 2009-07-07 22:20 x
先日はお疲れ様でした。

くだんのバスは毎朝、京浜国道で見かけます(笑)
たまに帰路便を夕方見かけたり。
見るのはいいが乗るようになるのは考え物のバスですな。
書生の時分は「奴隷船」なんて酷称をつけてました(コラ
Commented by hiro_hrkz at 2009-07-09 00:19
>>加山くん
日曜は、お疲れ様でした。

>乗るようになるのは考え物
東扇島って、シルミドだったのか(違)。
でも、あの市営バスをぶっちぎる走りっぷりは、少々惹かれるものがあります(笑)。
Commented by abc at 2010-06-11 13:50 x
3台目のバスってhttp://www.fujibus-sales.co.jp/zaiko_04/detail.php?num=136 でしょうか>
Commented by hiro_hrkz at 2010-06-11 22:37
>>abcさん
私からはなんとも言えません。