人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
野上電気鉄道 三菱P-MK116J +呉羽
先日、野上のモハ24を取り上げましたが、同じ日に撮影したバスが本日のテーマ。

野上電鉄にもささやかながらバス部門がありました。
貸切は1974年に分社(野鉄観光)後、電鉄以外の資本が増えて系列を離脱しており、20年前の時点では路線バスだけが残っていました。路線は、鉄道に並行する路線を基本に、それぞれ両端を延ばすような形で日方から和歌山市へ、また鉄道が未成に終わった登山口から神野市場方面に路線がありました。これは、会社解散後、大十にそっくりそのまま引き継がれましたが、現在は運行本数等は縮小されているようです。

野鉄のバスは、三菱車で統一されており、また狭隘区間が存在するためか、全て中型以下でした。
塗装は緑の濃淡に白線を入れたという渋めのもの。
そういえば、お隣の貴志川線の電車の色や、当時の南海御坊バス、そして紀州鉄道の塗装と、
どれをとっても緑色系だったんだなあ・・とアルバムをひっくり返した時に感じました。
野上電気鉄道 三菱P-MK116J +呉羽_e0030537_0593423.jpg
・野上電気鉄道 三菱P-MK116J +呉羽 1989年7月 和歌山県海草郡野上町

画像は、登山口の車庫前に停まっていた時に撮影しました。
今なら、なんで後ろのモノコック車を撮影していないんだ・・と思うところですが。
このバスの営業所の敷地もそっくりそのまま大十に引き継がれています。
ただ、廃線後に訪問したら、昔の駅舎を壊して、そこも車庫に取り込まれていましたが。

この車両は、比較的新しかったので、大十に引き継がれました。
1世代あとのP-MKの中には、大十で廃車後、北陸鉄道グループに移籍したものもあるそうです。

※2014.7.16 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2009-07-12 02:06 | バス(三菱/呉羽) | Comments(2)
Commented by かねとしがばなー at 2009-07-14 22:06 x
メーカーも車種も違いますが、車体の色・デザインが、わが「鳴門市営バス」に似ている気がします。
以前に和歌山県白浜町の「明光バス」というところのバスが、「徳島市営バス」と同じカラーでしたね(ほぼ20年ほど前ですが)
海峡を挟んで、何か関係があるのでしょうか。
Commented by hiro_hrkz at 2009-07-15 00:22
>>かねとしがばなー
明光の旧々塗装も銀地に青線で、
たしかに徳島市交と似ていましたね。
徳バスは確かに南海の資本が入っていますけど、他はそういう面では関係ないでしょうね。でも風土が似ているところは、同じような塗装を好むのかもしれません。九州に行くと、北九州市交~大分バス~宮交~九産交と、青系塗装の多さを感じます。